FC2ブログ
2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

(11月の特集本)ブラック・ドッグ/葉真中 顕(著)

kage

2017/11/12 (Sun)

2017年11月の特集本
怖いはエンターテインメント2

秋の夜長を楽しめるホラー&怪談のセレクト。

手に汗握るエンタメ巨編あり、文豪の名作あり、リアルな心霊体験を描いた実話あり。

”怖い”はエンターテインメント!

海外のモダンホラー&推理小説の代表作にも触れてみよう!

気になる作品から手にとって、盛り上がる国産ホラー&怪談シーンを体感!

「怖いもの見たさ」という言葉もありますし、

「怖そうだからやめておこう」という選択肢を捨てると、

きっとゾクゾクする新しい「恐怖を楽しめる」世界が広がると思います。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

恐怖を楽しめる国内単行本
 ブラック・ドッグ/葉真中 顕(著)

ブラック・ドッグ/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

Arikaアイコン(小)1巨大な獣を使ったテロが発生!生命倫理を問う問題作。
タイトル通りに犬系パニック+動物保護共存問題系。世界規模で活動する過激な動物愛護団体DOG。廃棄動物の譲渡会とペット販売が行われるイベント会場に彼らが放ったのは、巨大な黒い獣だった。ホールに閉じ込められた関係者は次々に獣の犠牲になってゆく! 人と動物の関係を鋭く問う、怒涛のエンタメ巨編。冒頭、差別・種別を語り、後はとにかく理不尽さの無い逃げる&パニック。色々な人の視点から逃げる&パニック。敵側視点も追う&トラブル。かなりのボリュームの本だが、それを感じさせなかった。謎の黒い獣が容赦なく人々を襲い続けるパニック・ホラーのままでは終わらない。読み終えてから、本作で示される審判について、繰り返し考えを巡らせてしまうに違いない。テロ的動物愛護団体の容赦ない行動。華やかなペットブームの裏を知りショック。異形な物(者)は排除する世の中への問題提起を思った。ハリウッド映画にありそうなパニックあり登場人物の背景物語あり。休日に映画観るか、本読むか迷った時にお勧め。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック