FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

(2017年メディアミックス作品)11月18日に映画公開される原作&コミック

kage

2017/11/18 (Sat)

とり

2017年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■ 映 画 化 作 品(11月18日全国公開)

11月18日(土)公開
・機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER
・サムライせんせい
・小さな橋で
・泥棒役者  


映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!

映画公開前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!






ジャンル:アニメ作品|SF
 機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER   【11月18日公開】

機動戦士ガンダムサンダーボルト 1 (ビッグコミックススペシャル)/サンライズ

¥価格不明
Amazon.co.jp

機動戦士ガンダム サンダーボルト 2 (ビッグコミックススペシャル)/太田垣 康男

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
待望の太田垣版一年戦争!!

いよいよ総力戦へまっしぐらとなったサンダーボルト宙域の戦局が、イオとダリル、ふたりのパイロットにさらに重い運命を背負わせる。連邦の魔物・ガンダムに対抗すべくジオン軍が用意した驚異のMS、それは…!?

機動戦士ガンダム サンダーボルト 3 (ビッグコミックススペシャル)/太田垣 康男

¥価格不明
Amazon.co.jp

機動戦士ガンダム サンダーボルト 4 (ビッグコミックススペシャル)/太田垣 康男

¥価格不明
Amazon.co.jp

機動戦士ガンダム サンダーボルト(5) (ビッグコミックススペシャル)/富野由悠季

¥価格不明
Amazon.co.jp

機動戦士ガンダム サンダーボルト(6) (ビッグコミックススペシャル)/富野由悠季

¥価格不明
Amazon.co.jp

機動戦士ガンダム サンダーボルト(7) (ビッグコミックススペシャル)/富野由悠季

¥価格不明
Amazon.co.jp

機動戦士ガンダム サンダーボルト 8 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)/太田垣 康男

¥価格不明
Amazon.co.jp

機動戦士ガンダム サンダーボルト 9 (ビッグコミックススペシャル)/太田垣 康男

¥価格不明
Amazon.co.jp

機動戦士ガンダム サンダーボルト 10 (ビッグコミックススペシャル)/太田垣 康男

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
もう一度逢いたい。命を削り合う、戦場で。 南洋同盟のクローディアを捕虜として伴い、水上都市リグからジオンのエース・ダリルがアジトに帰還! だが、その道程でダリルとクローディアの間に思いがけない出来事が…!? ダリルの目に揺るぎない野心と覚悟が仄暗く灯り始める! 一方、地球連邦軍のイオはかつての恋人・クローディアが宿敵・ダリルの手に渡ったと知り…!? イオとダリル。二人の殺し合う宿命は、いま再びの発火点に向けてカウントダウンを始めた!!

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1待望の太田垣版一年戦争!!  
一年戦争末期、旧サイド4・ムーア再興を悲願とする連邦軍部隊「ムーア同胞団」が、サンダーボルト宙域奪還を目指して傷痍兵たちのスナイパーMS部隊「リビング・デッド師団」と戦うスピンオフ作品。戦争を戦争として、乾いた人物像と、緻密かつ暗いタッチで描く。そもそも戦争で壊れるのは、いや壊されるのは身体だけではない。しかし、精神だけでもない。それ何れもだ。登場人物たちの抱える複雑な想いと、泥臭い戦いの中で生まれていく因縁がなかなか興味深かったですね。連邦軍どんだけガンダム作ってんだよというのはおいておいて、デブリ地帯にスナイパー伏せておいて宙域を制圧するというのは非常に有効な戦略だな!と言わざるを得ない。主人公達の振る舞いや絵柄が、バタ臭くてジョジョっぽいのが、最初は違和感あったけど、ストーリーは読ませる。こういうゴテゴテしたメカニックは地味に好みだったりします。




■映画ストーリー
地球連邦軍のイオ・フレミングとの戦いを制したダリル・ローレンツは、ジオン残党軍の一員として奪われたサイコ・ザクの情報を探るため地球で諜報(ちょうほう)活動を行っていた。一方イオは、新たな仲間と共に「サンダーボルト作戦」に参加する。あるとき、イオの前に南洋同盟国境守備隊隊長を名乗るクローディア・ペール中佐が現れる。やがてジオン残党軍、地球連邦軍、さらには南洋同盟が加わり、三つどもえのモビルスーツ戦に発展し……。

★映画チェック★
地球連邦軍とジオン公国軍が戦った一年戦争終結後の新たな戦闘を描いた配信アニメ第2シーズン全4話に、オリジナルシーンを追加した特別編。南洋を舞台にジオン残党軍、地球連邦軍、南洋同盟が三つどもえのモビルスーツ戦を繰り広げる。監督を務めるのは、同シリーズやテレビアニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」などの松尾衡。音楽をジャズミュージシャンの菊地成孔が担当。ボイスキャストとして中村悠一、木村良平、古川由利奈らが参加する。海中や氷原、ジャングルなどで激しい死闘が展開する。

■スタッフ
原作: 矢立肇 / 富野由悠季
漫画原作・デザイン: 太田垣康男 / スタジオ・トア
監督・脚本: 松尾衡
アニメーションキャラクターデザイン: 高谷浩利
モビルスーツ原案: 大河原邦男
アニメーションメカニカルデザイン: 仲盛文 / 中谷誠一 / カトキハジメ
美術監督: 中村豪希
色彩設計: すずきたかこ
CGディレクター: 藤江智洋
モニターデザイン: 青木隆
撮影監督: 脇顯太朗
編集: 今井大介
音楽: 菊地成孔
音響監督: 木村絵理子
音響効果: 西村睦弘
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年11月18日
配給:松竹
制作:サンライズ

■キャスト(役柄:声の出演)
イオ・フレミング: 中村悠一
ダリル・ローレンツ: 木村良平
ビアンカ・カーライル: 古川由利奈
ビリー・ヒッカム: 逢坂良太
ビンセント・パイク: 杉田智和
クローディア・ペール: 行成とあ
カーラ・ミッチャム: 大原さやか




ジャンル:時代/タイムスリップ
 サムライせんせい   【11月18日公開】

サムライせんせい (クロフネコミックス)/リブレ出版

¥価格不明
Amazon.co.jp

サムライせんせい (二) (クロフネコミックス)/リブレ出版

¥価格不明
Amazon.co.jp

サムライせんせい三 (クロフネコミックス)/リブレ出版

¥価格不明
Amazon.co.jp

サムライせんせい四 (クロフネコミックス)/リブレ

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
ちょんまげ頭に着物で颯爽闊歩するぼくらの先生は、お侍。なぜだか分からないけど、幕末からやってきたらしい? 見慣れぬ文明に右往左往する先生は、町の皆さんの好奇の目に晒されて……。 笑いあり、感動ありの侍タイムスリップ!

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1幕末武士が現代の塾の先生に!?  
まず表紙の背景がすっごい違和感。タイトルのとおり…サムライ(武市先生)が現代にタイムスリップしたらというお話。タイムスリップものはありがちなのだけど、まさか、あの真面目一徹、武市半平太が主人公というのが面白い。幕末の尊王攘夷の志士・土佐藩の武市半平太が150年後の世界にタイムスリップしてオロオロ…\(◎o◎)/ …そこにたまたま出くわした佐伯先生は時々行為人に出会ってるのかなぁと思ったくらい落ち着いてた(笑)。元々の武市先生のド真面目な性格のせいか現代の人との落差が笑える。掃除機テレビ自動販売機にビビる可愛い武市先生にニコニコ。コミュニティを築く過程はシリアスでちょい真面目。一味違って面白かった(≧∇≦) 確かにギャグすれすれだけど、周囲の視線だとか主人公の葛藤だとかに、自分だって周り知らない人ばかりの所に行ったら、こんな気持ちになるかもと、しんみり。特に自分のことより同志や妻を心配する場面にぐっときた。いささか「テルマエロマエ」感をすごく感じるけど、武市先生がずっと自分のいた世界について真剣に考えてるシリアス感がこの作品で好きなところ。サッちゃんのヤンキー発言が笑える。ギャグ漫画かと思うようなゆるさと、読みやすい絵。タイムスリップモノって、現代人が過去に行くパターンが多いけど、こちらは過去から現代に来たオサムライさん。現代人の反応がこれまたリアル。武市半平太って、実在の人物だったのですね。幕末モノに関心が薄すぎて初めて知りました。




■映画ストーリー
日本中が尊王攘夷か公武合体かで揺れる幕末。失脚して投獄中の土佐勤王党盟主・武市半平太(市原隼人)は、なぜか平成の日本にタイムスリップしてしまう。ぼうぜんとする半平太は、学習塾を経営する老人・佐伯に助けられ、佐伯家に当面の間住まわせてもらうことにする。そして幕末と現代のギャップに困惑しながらも佐伯の学習塾を手伝ううちに、周囲から信頼されるようになる。

★映画チェック★
幕末の志士・武市半平太を主人公にした、2015年にテレビドラマ化もされた黒江S介の人気漫画を実写映画化。現代の日本にタイムスリップした半平太が、居候先の学習塾を手伝ううちに子供たちや周囲の人々から慕われていくさまを描く。見慣れぬ文明に右往左往する半平太に『ホテルコパン』などの市原隼人がふんするほか、ドラマ版にも出演した忍成修吾、ベテラン螢雪次朗らが共演。『新選組オブ・ザ・デッド』などの渡辺一志が監督を務める。

■スタッフ
監督: 渡辺一志
原作: 黒江S介
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年11月18日 (TOHOシネマズ高知ほか)
上映時間:1時間33分
製作:ヴァンブック
配給:ピーズインターナショナル

■キャスト(役柄:俳優)
武市半平太: 市原隼人
楢崎梅太郎(坂本竜馬): 忍成修吾
武市冨: 奥菜恵
佐伯寅之助: 押田岳
サチコ: 武イリヤ
佐伯: 橋爪功
螢雪次朗




ジャンル:時代劇
 小さな橋で  【11月18日公開】

橋ものがたり (新潮文庫)/新潮社

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
様々な人間が日毎行き交う江戸の橋を舞台に演じられる、出会いと別れ。男女の喜怒哀楽の表情を瑞々しい筆致に描く傑作時代小説。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1橋を渡ることで新しい人生への出発  
一つ一つの話における男女の関係に憧れる。タイトルから設定が泣かせますねえ。橋に往来する人々の人間模様をさりげないながらも時折含蓄のある泣かせる言い回しをまじえ、つづる人情物短編集。最初の「約束」なぞは読み始めて結末がある程度予想できてしまうのですが、ああキタキタと思いつつも、つい読み進めてしまう藤沢ワールド全開の作品です。そんな調子ではまっています短編集は現実のいやなことも藤沢作品に触れることによって浄化されてしまう一種の特効薬であります。橋をモチーフにして、人生の過去と現在そして未来へとのつながりがうまく描写してあると思う。故・井上ひさし氏の解説も絶品。




■映画ストーリー
ばくちが原因で父・民蔵(江口洋介)が行方をくらましてから4年。10歳の広次(田中奏生)は、飲み屋で必死に働く母のおまき(松雪泰子)に複雑な思いを抱いていた。母と言い合いばかりしていた姉のおりょう(藤野涼子)も、妻子ある男と駆け落ちしてしまい、飲み屋の常連客にすがろうとする母に嫌気が差した広次は、家の仕事をさぼっていたときに民蔵と偶然再会する。

★映画チェック★
「たそがれ清兵衛」などで知られる藤沢周平の短編集「橋ものがたり」の一編を原作とした人情時代劇。テレビドラマ「北の国から」シリーズなどの杉田成道が監督、『バッシング』などの小林政広が脚本を務め、ある家族の物語を描く。一人で子供たちを育てる母親を『フラガール』などの松雪泰子が演じるほか、『天空の蜂』などの江口洋介、『ソロモンの偽証』シリーズなどの藤野涼子らが共演。

■スタッフ
原作: 藤沢周平
監督: 杉田成道
脚本: 小林政広 製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年11月18日 (テアトル新宿)
上映時間:1時間35分

■キャスト(役柄:俳優)
おまき:松雪泰子
民蔵:江口洋介
広次:田中奏生
おりょう:藤野涼子
銀平:筧利夫
周兵衛:笹野高史
おとみ:松井玲奈
惣平衛:中村梅雀





ジャンル:喜劇
 泥棒役者  【11月18日公開】

泥棒役者 (角川文庫)/KADOKAWA

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
かつて鍵開けの名人だったはじめは、泥棒から足を洗い小さな町工場で働いていた。しかし出所した先輩泥棒の畠山に脅され、泣く泣く盗みを手伝わされることに。忍び込んだ先は絵本作家の豪邸だった。嫌々ながらもふたりで金品を物色していると、不意に何者かが玄関に入ってきた。はじめは自分が家主であると嘘をつき必死に演じるが、今度は“本物の”家主である絵本作家がリビングに現れ・・・・・・。曲者たちの騙し合いの結末は!?

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1一軒の豪邸で巻き起こる、8人のだまし合い!  
泥棒に入った家で主と出くわし、来客者も加わるが様々な勘違いから溶け込んでいく主人公。主人公は、かつての不良仲間に脅されて、泥棒の手伝い。空き巣のはずが主が在宅、勘違いから起こるドタバタ喜劇。オリジナル作品のような読み応えはないけれど、この映画ならごっつ面白そうな気はします。ハードルを下げていたせいか、そこそこ笑ってしんみりも。帯の映画キャストの写真と照らし合わせながらだと凄くイメージし易く。市村正親、ユースケ・サンタマリア、高畑充希と共演陣も楽しそう。映画への期待が膨らむ。舞台でやっても面白いかも。




■映画ストーリー
泥棒だった過去を隠し、恋人と幸せに暮らす溶接工員の大貫はじめ(丸山隆平)は、かつての泥棒仲間・則夫に脅され渋々盗みを手伝うことに。絵本作家の豪邸に忍び込むも次々と人に見つかり、出会った人から豪邸の主人、絵本作家、編集者と勘違いされてしまう。泥棒であることを隠すため、はじめは各人物に成り切ってその場をしのごうとするが……。

★映画チェック★
『怪物くん』シリーズなどの脚本や『小野寺の弟・小野寺の姉』などで監督を務めた西田征史が、作・演出を担当した舞台を自ら映画化。盗みに入った豪邸で出会う人から豪邸の主人、絵本作家、編集者と間違われた泥棒が、素性を隠すためそれぞれのキャラクターに成り切ろうとするさまを描く。西田の作・演出による2012年の舞台「BOB」でもタッグを組んだ、関ジャニ∞の丸山隆平が主演を務める。

■スタッフ
監督・脚本: 西田征史
音楽: 遠藤浩二
製作: 村田嘉邦 / 隅田壮一 / 藤島ジュリーK. / 加太孝明 / 水野道訓
企画・プロデュース: 松本整 / 明石直弓
プロデューサー: 小松重之 / 大畑利久
アソシエイトプロデューサー: 成瀬保則
ラインプロデューサー: 梅本竜矢
撮影: 相馬大輔
美術: 五辻圭
照明: 佐藤浩太
録音: 小松将人
装飾: 折戸美由紀
編集: 日下部元孝
音響効果: 西村洋一
スタイリスト: 篠塚奈美
ヘアメイク: 百瀬広美 / 森岡真紀 / 北原果
スクリプター: 大西暁子
助監督: 山口隆治
制作担当: 和氣俊之
VFXプロデューサー: 赤羽智史
アニメーション制作: 朝倉真愛 / 姫田真武
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年11月18日 (TOHOシネマズ 新宿ほか)
上映時間:1時間54分
製作:「泥棒役者」製作委員会
制作プロダクション:ROBOT
配給:ショウゲート

■キャスト(役柄:俳優)
大貫はじめ: 丸山隆平
前園俊太郎: 市村正親
奥江里子: 石橋杏奈
畠山則男: 宮川大輔
高梨仁: 片桐仁
藤岡美沙: 高畑充希
米村真由美: 峯村リエ
轟良介: ユースケ・サンタマリア

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック