FC2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

2017年秋-2018冬、土曜ドラマ『オーファン・ブラック~七つの遺伝子~』

kage

2018/01/27 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★12月2日スタート 

フジテレビ系 毎週土曜 23:40~24:35

 オーファン・ブラック~七つの遺伝子~

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:BBC「ORPHAN BLACK」
脚本:青柳祐美子
演出:村上牧人/渋谷未来/金子与志一
プロデューサー:松本圭右/渋谷未来/野田健太

主題歌:MY ID/JY

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
青山沙羅(知英)
孤独なシングルマザー。施設で育ち、里親の冴子に引き取られ養子になったが、冴子と性格が合わず中学卒業と同時に家出。さまざまな職を転々とし、現在は昼は工場、夜はキャバクラで働く生活。ある日、仕事のせいで娘の萌絵が病気になり、萌絵を冴子に奪われてしまう。お金さえあれば、萌絵と一緒に生活でき、幸せにすることができると思っている。

椎名真緒子(知英)
自殺で亡くなる、沙羅と同じ顔をした神奈川県警の刑事。自殺の1カ月前に、強盗事件の重要参考人を銃で死なせてしまう事案を起こし、そのことで精神的に追い詰められていたと思われている。なりゆきで、沙羅が真緒子に成りすますことになる。

岩城槙雄(山崎育三郎)
真緒子の恋人で同棲している。一見ハンサムで誠実な男性だが、笑顔の裏にミステリアスな雰囲気をかもし出している。沙羅が成りすます真緒子のおかしな行動を心配するが、冷めた視線を見せることも。心にある闇を抱えている。

脇田(竹中直人)
巨大医療機関に所属する科学者。槙雄と、あるつながりが。沙羅の存在にも興味を持ち始める。

青山冴子(麻生祐未)
沙羅の養母。自堕落な生活をする沙羅から萌絵を引き離し、 「お金さえあれば萌絵を幸せにできる」と思っている沙羅に対して、厳しく接する。それらは全て母としての愛情からで、沙羅に「変わってほしい」と強く願っている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
海外ドラマのリメークで知英が7役を演じる、予測不能でスピーディーなサスペンス! 
BBCアメリカで放送された人気海外ドラマ「ORPHAN BLACK」を、アップテンポで刺激的なストーリー、サスペンスフルな展開はそのままに、ヒューマンドラマの要素を加え、日本版としてリメーク。生活に困窮し娘と離れ離れの生活を送るシングルマザーが、自分と同じ顔を持つ女性の自殺に遭遇し、その女性に成り代わったことから、次々と同じ顔の女性が現れて予測不能な事象に巻き込まれていくさまを描く。

主人公の青山沙羅をはじめ、沙羅が成り代わる刑事・椎名真緒子のほか、大学院生、暗殺者など同じ顔の7人を演じ分けるのは、元KARAの知英。共演者には山崎育三郎、竹中直人、麻生祐未らが名を連ねる。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年12月1日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
元孤児のシングルマザー・青山沙羅(知英)は、娘の萌絵との生活のために、昼は工場、夜はキャバクラで働いていた。しかし、仕事が重なり萌絵を肺炎一歩手前まで追いやってしまったことから、沙羅の養母・冴子(麻生祐未)に萌絵を奪われてしまう。
自分だって、普通の母親のようにずっと萌絵のそばにいてやりたい。お金さえあれば一緒に暮らせるのに…。そう思う沙羅の前に、取り乱した様子の女性が現れる。なんとその顔は、沙羅と瓜二つだった。衝撃を受ける沙羅が止める間もなく、女性は電車に飛び込み、高級そうな鞄が遺された。沙羅は鞄を手に取り、その場を逃げるように立ち去る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年12月1日更新】
■ あらすじ(第1話  2017/12/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
施設育ちのシングルマザー・沙羅(知英)は仕事も続かず、孤独な生活を送っている。見かねた養母・冴子(麻生祐未)は沙羅の一人娘を取り上げてしまう。ある日、沙羅は駅のホームで自分と同じ顔をした真緒子(知英=2役)が自殺する現場に遭遇。衝動的に真緒子のバッグを持ち去った沙羅は、彼女の家へ。真緒子には槙雄(山崎育三郎)という婚約者がおり、裕福な暮らしをしていた。沙羅は、真緒子と入れ替わることを思い付く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年12月1日更新】
■ あらすじ(第2話  2017/12/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
沙羅(知英)と、うり二つの女性・オク(知英)が乗った車が襲撃され、オクは即死する。そこへ、沙羅が持つ真緒子(知英)の携帯電話に女性から電話が。沙羅がオクの死を告げると、女性はオクの毛髪と血液を持ってくるよう命じる。真緒子の成り済ましはやめることにした沙羅は、真緒子の金が入ったバッグを持ち、義弟・薫(西銘駿)の家を出る。だが、バッグの中に金はなく、真緒子が起こした誤射事件の書類があった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年12月14日更新】
■ あらすじ(第3話  2017/12/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
沙羅(知英)は自分と同じ顔をした2人の女性・主婦のリカ(知英)と大学院生の泉(知英)から、自分たちはクローン人間だと告げられるが、信じられない。一方、自殺した真緒子(知英)に成り済ます沙羅は、刑事への復帰を認められる。それは沙羅にとって、槙雄(山崎育三郎)が気付く前に、同僚刑事の金城(岡田浩暉)に奪われた真緒子の金を取り戻すチャンスだった。だが、その矢先、沙羅が埋めたオク(知英)の遺体が掘り出される。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年12月18日更新】
■ あらすじ(第4話  2017/12/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
沙羅(知英)はオク(知英)を殺害したエレナ(知英)と廃虚でもみ合いになる。沙羅に鉄の棒で脇腹を突き刺されたエレナはその場から逃走し、沙羅はエレナが残したナイフを持ち去る。ナイフから自分たちの情報が警察に知られることを防ぐためだ。その頃、エレナは住宅に侵入し、裁縫用の針で自身の傷を治療する。やがて、警察はエレナの情報を入手し、金城(岡田浩暉)と真緒子(知英)に成り済ます沙羅は潜伏先へ行く。だが、指紋は一切検出されず、金城は不審に思う。そんな中、沙羅の元にエレナから電話が入る。

※12月30日の放送はお休みです。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年1月5日更新】
■ あらすじ(第5話  2018/1/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
沙羅(知英)がエレナ(知英)から呼び出された場所は、真緒子(知英)が射殺した智子(鳥居みゆき)の部屋だった。沙羅はエレナと智子の関係が分からず戸惑う。夜、沙羅は拘束され機械を装着された夢を見る。翌朝、体の異変で夢が現実だと知った沙羅の元に槙雄(山崎育三郎)が現れる。槙雄が自分たちを監視する「モニター」だという推測を信じたくない沙羅。一方、重傷のエレナは、謎の男・宇賀神(大杉漣)に介抱されていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年1月8日更新】
■ あらすじ(第6話  2018/1/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
沙羅(知英)は、槙雄(山崎育三郎)が医療機関「ダイアード社」と取引し、「モニター」として真緒子(知英)の監視を引き受けたことを知る。そんな中、沙羅の前にエレナ(知英)が現れ、他のクローンの居場所を教えなければ沙羅を殺すと迫る。その後、沙羅は理華(知英)と泉(知英)に一連の出来事を報告。エレナの先手を打つためには、理華と泉は自身のモニターを把握することが必要だった。理華は、夫の勇(岩尾望)を疑う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年1月15日更新】
■ あらすじ(第7話  2018/1/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
沙羅(知英)の娘・萌絵(庄野凛)がエレナ(知英)に連れ出され、交通事故に遭う。沙羅はエレナ殺害を決め、理華(知英)を呼んで拳銃を借りる。理華と鉢合わせした冴子(麻生祐未)はクローンの存在を知る。その頃、ダイアード社では脇田(竹中直人)が全てのクローンを管理下に置くために動き始めていた。ダイアード社に忍び込んだ槙雄(山崎育三郎)はある女性と顔を合わせ、驚く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年1月24日更新】
■ あらすじ(第8話  2018/1/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
沙羅(知英)は槙雄(山崎育三郎)を救出するため彼が拉致された廃屋へ向かうが、ダイアード社の人間に捕らえられる。その報告を受けたダイアード社の幹部・ヒロカ(知英)は、槙雄ともども沙羅を‘削除’するよう部下に命令。同じ頃、科学者の泉(知英)は、沙羅や理華(知英)を守ろうと決意し、脇田(竹中直人)の元を訪ねる。理華は自身の取るべき行動に悩んでいた。一方、ナイフを向けられた沙羅の前に、エレナ(知英)が現れる。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック