FC2ブログ
2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

(12月の特集本)極上の酒を生む土と人 大地を醸す/ 山同敦子(著)

kage

2017/12/11 (Mon)

2017年12月の特集本:
酒と本

美味しいお酒とご飯と過ごす、幸せな夜。

いつか本で読んだ食事の描写を思い浮かべて、今夜は何を食べ、何を飲もうか?

そんな思いを巡らせる時間もいい。

酒好き、本好き…いいものを知ってる食いしん坊が多い。


アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


〔1〕伝統文化としての日本酒の素晴らしさを知る本

 極上の酒を生む土と人 大地を醸す/ 山同敦子(著)

極上の酒を生む土と人 大地を醸す (講談社+α文庫)


Arikaアイコン(小)1その土地に息づく風土や文化を発信しようと、
原料作りから情熱を燃やす蔵元たちを描くノンフィクション

農産物を原料に、微生物の力を借りて醸される酒。自然の恵みと人類の叡智によって生み出される酒。酒は農産物の延長線上にあるもので、単に工場で生産される工業製品ではありません。そんな信念をもとに、その土地に息づく風土や文化を発信しようと、情熱を燃やす蔵元たちの様子を描いたノンフィクション。日本の食や、農業の未来についても考えさせられます。本格焼酎の時代を変えた「百年の孤独」から、新世代の日本酒を牽引する、「喜久醉」「会津娘」「秋鹿」「松の司」「根知男山」。そして、ニュージーランドで世界を驚嘆させたワインを醸す「KUSUDA」まで。土にこだわり、農業に取り組み、極上の酒を生み出す蔵を酒と食に詳しいジャーナリスト・山同敦子が徹底取材。蔵元さんたちの情熱に感動しつつ、読むと日本酒が飲みたくなります。読みながら飲むのもいいかもの一冊。


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック