FC2ブログ
2019 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 11

(2017年メディアミックス作品)12月23日に映画公開される原作&コミック

kage

2017/12/23 (Sat)

とり

2017年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■ 映 画 化 作 品(12月23日全国公開)

12月23日(土)公開
・勝手にふるえてろ
・二十六夜待ち
・未成年だけどコドモじゃない


映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!

映画公開前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!







ジャンル:恋愛
 勝手にふるえてろ   【12月23日公開】

勝手にふるえてろ (文春文庫)/文藝春秋

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
江藤良香、26歳。中学時代の同級生への片思い以外恋愛経験ナシ。おたく期が長かったせいで現実世界にうまく順応できないヨシカだったが、熱烈に愛してくる彼が出現!理想と現実のはざまで揺れ動くヨシカは時に悩み、時に暴走しながら現実の扉を開けてゆく。妄想力爆発のキュートな恋愛小説が待望の文庫化。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1 片思い以外経験ナシの26歳女子が、
時に悩み時に暴走しつつ「現実の扉を開けてゆくキュートで奇妙な恋愛小説」 

芥川賞受賞作家って凡人の私にはついていきづらいのよと思いつつ読む。まさか休みがほしい(会社にいたくない)からと言って相手もいないのに妊娠したなんていう女性は何でもありが信条の私が若干たじろいだ。相変わらず比喩表現はすごいし、話のテンポの良さを残しつつもしっかり純文学をやっていてやはり綿矢さんは文章を書くために生まれた人なのかなと思う。片想いの相手が「イチ」だから、コクってきた相手を「ニ」と名付けたり、駄目出し&アドバイスされたときのことを「頼んでもいないのに目の前で鳩を出された気分」で、「この鳩は私が育てなあかんのか」と思ってみたり、前世がおでんの具だったのかもしれないと想像したり、この感性は大好き。松岡茉優の素晴らしき脳内変換。イタくて切なくてカワイイ。結構読みやすく、この感性すき。 最後にニを名前で呼べるようになってよかった。それにしても、この映画なら演技はいらないのではなかとすら思わせる。イチと二とふたりの恋人(?)の間で揺れ動く高齢処女が語り手、主人公だ。主人公と初恋のイチとの中学時代のもやもやした交流(またはアンチ交流)は芥川賞の「蹴り背」を彷彿させて、もしやあの主人公=語り手の成れの果てこそ江藤良香なのか。イチの本名は一宮だが、二は二宮か、二前か、二山、あるいは二川、と思わせといてのラストでした。




■映画ストーリー
初恋相手のイチを忘れられない24歳の会社員ヨシカ(松岡茉優)は、ある日職場の同期のニから交際を申し込まれる。人生初の告白に舞い上がるも、暑苦しいニとの関係に気乗りしないヨシカは、同窓会を計画し片思いの相手イチと再会。脳内の片思いと、現実の恋愛とのはざまで悩むヨシカは……。

★映画チェック★
19歳で芥川賞作家となった綿矢りさの恋愛小説を実写映画化。突然告白してきた職場の同期と、中学時代から片思いしていた同級生との間で揺れ動く女性の暴走する恋の行く末を描く。初恋相手を思い出しては胸をときめかせ、毒のある本音を吐き出す不器用なヒロインを、『ちはやふる』シリーズなどの松岡茉優が好演。松岡とは『放課後ロスト』でも組んだ大九明子がメガホンを取る。

■スタッフ
原作: 綿矢りさ
監督・脚本: 大九明子
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年12月23日 (新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、 シネ・リーブル池袋ほか)
上映時間:1時間57分
製作幹事:メ~テレ / ホリプロ
配給:ファンム・フィルム

■キャスト(役柄:俳優)
江藤良香(ヨシカ): 松岡茉優
イチ: 北村匠海
ニ: 渡辺大知






ジャンル:孤独な魂を抱え、身を寄り添わせる男女の恋愛劇
 二十六夜待ち   【12月23日公開】

光の闇/扶桑社

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
聴覚、視覚、嗅覚、脚、声、記憶…。“欠損感覚”に問いかけた新感覚小説。身体の一部を失ってからの人生の一幕を描く。アスベスト禍により身体的欠損感覚を抱え、“欠損”と共生する日々から綴りあげた連作短篇集。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1聴覚、視覚、嗅覚、脚、声、記憶
身体の一部をうしなってからの人生の一幕を描いた連作短篇集  

聴覚、視覚、嗅覚、脚、声、記憶…“欠損感覚”に問いかけた、新感覚小説。目が見えないこと。耳が聞こえないこと。足が無いこと。声を発せられないこと。臭いが嗅げないこと。記憶がないこと。それぞれを主題にした七篇の短編集。ただし、途中に震災があります。欠損を抱えた方々のどなたも、その状態が当たり前、普通に暮らしていらっしゃることに少々驚きました。それでは不便でしょう、と思うのはこちらの傲慢、思い上がりです。障害を持つ人の日常の行動や感性が、障害者の立場で描かれる。日頃、ここまで立ち入って話しをしたことがないので興味深く読めた。そして、これらの短篇の間に、あの震災が来てしまい、喪失というテーマが海と陸を襲った悲劇にもリンクする。やっぱり佐伯さんの作品はいろいろと考えさせられるものが多いですけど、佐伯さんの、許容範囲の広い温かな視線に、自分の狭量を思い知らされました。「奥新川。面白山高原。山寺。」が好み。温泉場で震災に遭遇した英国人夫妻の不安感が身につまされる。




■映画ストーリー
震災ですべてを失い、福島県いわき市の叔母の工務店に身を寄せている由実は、小さな飲み屋“杉谷“で働き始める。店主の杉谷は、料理をしていたこと以外すべての記憶を失くし、孤独を抱えていた。由実と杉谷は次第に惹かれ合い、心と体を寄り添わせていく。

★映画チェック★
「海辺の生と死」の越川道夫監督が佐伯一麦の同名小説を映画化し、東北の小さな町を舞台に紡ぐ大人のラブストーリー。震災ですべてを失い、福島の叔母の工務店に身を寄せる由実は、路地裏にある小さな飲み屋で働くことに。店主の杉谷は過去の記憶を失っており、覚えていることは手が料理をしていたということだけ。周囲の温かな人々に囲まれながらも、杉谷の心はいつも怯え、自分が何者か分からない孤独を抱え込んでいた。ともに心に傷を抱えた由実と杉谷は、やがて引き寄せ合うように心と体を寄り添わせるようになるが……。杉谷を井浦、由実役を黒川が演じる。

■スタッフ
監督:越川道夫
原作:佐伯一麦
脚本:越川道夫
プロデューサー:藤本款、狩野善則
撮影:山崎裕
照明:山本浩資
録音:近藤崇生
音響仕上げ:山本タカアキ
美術:平井淳郎
衣装:宮本まさ江
ヘアメイク:寺沢ルミ
編集:菊井貴繁
音楽:澁谷浩次
助監督:張元香織
制作担当:金子堅太郎
製作年:2017年
製作国:日本
配給:フルモテルモ
上映時間:124分
映倫区分:R18+

■キャスト(役柄:俳優)
杉谷:井浦新
由実:黒川芽以
由実の叔母 :天衣織女
由実の叔父 :鈴木晋介
常連の客1:杉山ひこひこ
常連の客2:内田周作
常連の客3:嶺豪一
冷やの客:信太昌之
冷やの客の連れ:玄覺悠子
由実の兄 :足立智充
工務店の従業員 :岡部尚
作業員1 :潟山セイキ
作業員2:新名基浩
里見:岩﨑愛
広島弁の客1 :吉岡睦雄
広島弁の客2:礒部泰宏
広島弁の客3:井村空美
由実の従姉 :宮本なつ
義足のひと :山田真歩
大沢:鈴木慶一
木村:諏訪太朗





ジャンル:恋愛
 未成年だけどコドモじゃない   【12月23日公開】

未成年だけどコドモじゃない コミック 全5巻完結セット (少コミフラワーコミックス)/小学館

¥価格不明
Amazon.co.jp

未成年だけどコドモじゃない: 映画ノベライズ版 (小学館ジュニア文庫)/小学館

¥価格不明
Amazon.co.jp

未成年だけどコドモじゃない 完結ファンブック (フラワーコミックススペシャル)/小学館

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
高校の王子様・鶴木尚に一目惚れした、世間知らずなお嬢様・折山香琳。

「これって運命の恋よね!」と思うのも無理もない。16歳の誕生日に、両親からプレゼントされたのは、尚との”結婚”だったから!
だけど尚にとっては”金目当て”の政略結婚。しかも「顔で結婚を決めるような女、大っ嫌いなんだ」と超冷たい。香琳は尚を振り向かせようと努力するけれど―?

そんな中、香琳に想いをよせる、幼なじみの海老名五十鈴に”絶対秘密の結婚”がバレてしまい、離婚を迫られてしまう!「俺が香琳の望み、全部叶える」果たして、香琳の運命の旦那様はどっち…?

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1 結婚から始まる突然の三角関係!!
結婚に憧れる全女子に贈るキラ婚ラブコメディ! 

主人公・折山 香琳(おりやま かりん)高校1年生、お金持ちの家に生まれ育った超ワガママお嬢様だけど憎めない。「なんかデジャヴ感があるな」と思いながら読んでいたら、”白鳥麗子でございます!”の主人公・白鳥麗子とキャラ設定が似ている。お嬢様育ちだけど頑張って自立しようとしてるところに好感がもてる。箱入りわがままなお嬢様がずっとロックオンしてた先輩と政略結婚から始まります。どちらも殴りたくなるほどムカつくのに、忘れたころにくるキュンでやられた感。学校一のイケメン・鶴木 尚(つるぎ なお)結婚して、これからどうなるのか??絵が少女漫画らしくキラキラしていて、私の趣向ではなかったけど、話の内容とイケメンのキャラのおかげで楽しく読めた。




■映画ストーリー
世間知らずなお嬢さまの折山香琳(平祐奈)は16歳の誕生日に、初恋の相手で学校一のモテ男・鶴木尚(中島健人)との結婚を両親からプレゼントされる。片思いの相手と送る新婚生活に有頂天になる香琳に対して尚は、顔で結婚を決める女は嫌いだと言い放つ。一心に尚のことを思う香琳は、家事や勉強に果敢に挑戦し、そのさまを見ていた尚の心境に変化が起こる。ある日、二人の結婚が香琳を好きな幼なじみの海老名五十鈴(知念侑李)に知られてしまい……。

★映画チェック★
水波風南の少女漫画を映像化した、高校生ながら結婚するモテ男とヒロイン、幼なじみによる三角関係を描くラブコメディー。勉強もスポーツもできる主人公を『心が叫びたがってるんだ。』などの中島健人、彼を振り向かせようと奮闘するヒロインを『ReLIFE リライフ』などの平祐奈、ヒロインに思いを寄せるライバルを『金メダル男』などの知念侑李が演じる。監督を務めるのは『ハンサム★スーツ』や『ヒロイン失格』などの英勉。

■スタッフ
原作: 水波風南
監督: 英勉
脚本: 保木本佳子
音楽: 横山克
主題歌: Hey! Say! JUMP
製作: 市川南
エグゼクティブプロデューサー: 山内章弘
プロデューサー: 佐藤善宏 / 馬場千晃
ラインプロデューサー: 森太郎
プロダクション統括: 佐藤毅
音楽プロデューサー: 杉田寿宏
撮影: 山田康介
美術: 岩城南海子
照明: 渡部嘉
録音: 益子宏明
助監督: 大庭功睦
制作担当: 相川真範
編集: 相良直一郎
スクリプター: 赤澤環
VFX: 鎌田康介
スタイリスト: 荒木里江
装飾: 松田光畝
ヘアメイク: 百瀬広美
スーパーバイジングサウンドエディター: 勝俣まさとし
選曲: 武田拓也
宣伝プロデューサー: 中村由佳
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年12月23日
上映時間:1時間45分
製作:「みせコド」製作委員会
製作プロダクション:東宝映画
配給:東宝

■キャスト(役柄:俳優)
鶴木尚: 中島健人
折山香琳: 平祐奈
海老名五十鈴: 知念侑李
松井沙綾: 山本舞香
鏑木: 村上新悟
鶴木怜華: 生田智子
折山明里: シルビア・グラブ
折山和紀: 高嶋政宏




関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック