FC2ブログ
2020 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 12

2018年冬、プレミアムドラマ「平成細雪」

kage

2018/01/28 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★1月7日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週日曜 22:00~22:54≪全4回≫

 プレミアムドラマ 平成細雪

Arika注目1h「細雪」を35年ぶりに映像化

谷崎潤一郎の小説『細雪』の6度目のドラマ化で、1983年公開の映画『細雪』(市川崑監督)以来35年ぶりの映像化。

蓬莱竜太の脚本により、時代設定を平成に置き換え、バブル崩壊後を生きる女性たちの物語として描く。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:谷崎潤一郎「細雪」
脚本:蓬莱竜太
演出:源孝志
制作統括:嘉悦登/伊藤純
プロデューサー:川崎直子/石崎宏哉

公式サイト(外部):プレミアムドラマ「平成細雪」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
🏠蒔岡家
蒔岡吉次郎 :長塚京三
蒔岡家先代当主。四姉妹の父。元禄時代に呉服商として創業して以来の歴史を持つ、大手アパレルメーカー・マキオカグループの総帥。

🌸蒔岡鶴子:中山美穂
蒔岡家の長女。通称・いとはん。高校生の時に亡くなった母から、本家の「御料(ごりょん)さん」として、家族を背負って生きる使命を託される。大阪・船場にある、先祖代々の家と財産を守り、かつての栄華の記憶を胸に誇り高く生きようとする。

蒔岡辰雄:甲本雅裕
蒔岡本家の当主。鶴子の夫婿養子)。銀行員。蒔岡の家を守るために奔走する。かつて職場の上司の仲介で雪子のお見合いを段取るが、雪子の思わぬ理由で断る羽目になった。

🌸蒔岡幸子:高岡早紀
蒔岡家の次女。結婚して、兵庫・芦屋の瀟洒(しょうしゃ)な分家に暮らしている。夫・貞之助との間に一女・悦子がいる。妹の雪子をなんとかして結婚させようと、数々のお見合いを実現させるが、姉の鶴子にひっくり返されてきた。

蒔岡貞之助:神尾佑
蒔岡分家の当主。幸子の夫(婿養子)。一流商社マン。幸子との夫婦仲はよく、雪子の結婚の実現のためにも労を惜しまない。

🌸蒔岡雪子:伊藤歩
蒔岡家の三女。通称・きあん(雪姉)ちゃん。芦屋の分家に暮らす。30代半ばになり、姉夫婦たちから結婚を望まれているが、人の欠点が目についてしまう性格もあり、お見合いしてもなかなか実らない。

🌸蒔岡妙子:中村ゆり
蒔岡家の四女。通称・こいさん。本家で暮らしていたが、駆け落ち事件を起こして以来、分家へ。家の束縛を嫌い、自ら服をデザインして販売し、自立を志している。ある晩、関西を襲った台風に巻き込まれる。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

奥畑啓三:福士誠治
船場の貴金属商の三男。通称・啓坊(けいぼん)。妙子と結婚しようとするが、姉たちに反対されたため、駆け落ち事件を起こし、週刊誌スキャンダルになってしまう。

板倉潤一 :柄本佑
写真家。かつてパリで写真の勉強をし、帰国後は生活のために奥畑家の運転手をしていた。妙子の作った服の写真を撮っていたことから、徐々に親しくなる。

●その他
┣濱田マリ
┣熊谷真実

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
中山美穂、高岡早紀、伊藤歩、中村ゆりが四姉妹を演じる平成版「細雪」! 
文豪・谷崎潤一郎の名作「細雪」が、バブル崩壊後の平成の世を生きる女性たちの物語としてよみがえる。幸福への価値観が急速に変化していった平成という時代に、中山美穂、高岡早紀、伊藤歩、中村ゆり演じる四姉妹が、それぞれあらがったり、流されたり、受け入れたりしながら、それでも懸命に生きていくさまを描く。共演には、福士誠治、柄本佑、甲本雅裕、神尾佑、濱田マリ、水橋研二、松尾スズキ、石黒賢、熊谷真実、ムロツヨシ、長塚京三ら多彩な演技派が脇を固める。脚本を手掛けるのは、岸田國士戯曲賞・鶴屋南北戯曲賞受賞の蓬莱竜太。

📺テレビドラマ
┣1957年:日本テレビ系/脚本:西村みゆき/出演:坪内美詠子、萬代峯子、谷崎恵美子、清水将夫ほか
┣1959年:NET(現・テレビ朝日)系/脚本:菊田一夫/出演:乙羽信子、浦島千歌子、八千草薫、太刀川洋一ほか
┣1965年:日本テレビ系/脚本:井手俊郎/出演:淡島千景、草笛光子、司葉子、水野久美ほか
┣1966年:フジテレビ系(『夜の十時劇場』枠)/出演:浦島千歌子、児玉利和、岡田茉莉子、神山繁ほか
┣1980年:よみうりテレビ系(『木曜ゴールデンドラマ』枠)/演出:田井洋子/出演:島田陽子、新珠三千代、加茂さくら、吉沢京子ほか

テレビ映像化という意味では『平成細雪』は6回目のドラマになります。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年12月31日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
平成4年の春。大阪・船場を代表する名家の蒔岡家は会社を人手に渡して、元禄以来の歴史を閉じた。蒔岡家の四姉妹は、それまで何不自由なく生きてきたが、それぞれ新たな人生に向かうことになる。

長女の鶴子(中山美穂)は、かつての栄華の記憶を胸に誇り高く生きようとするが、現実はままならない。次女・幸子(高岡早紀)は、心優しい夫に不満はないが、妹たちの不可解な行動に振り回されている。三女・雪子(伊藤歩)は、周囲から結婚を望まれ、見合いを繰り返すが実らない。四女・妙子(中村ゆり)は、家の束縛を嫌い、恋多き奔放な生活をおくる。そんななか、ある夜、妙子が関西を襲った台風に巻き込まれてしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年1月5日更新】
■ あらすじ(第1話  2018/1/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
文豪谷崎潤一郎の名作「細雪」がバブル崩壊後を生きる女性たちの物語としてよみがえる。

年始を飾る華やかで美しく、せつなくて、笑えるゴージャスなドラマ。


1992(平成4)年春、大手企業マキオカグループの総帥・吉次郎(長塚京三)が経営破綻を発表。大阪船場を代表する名家・蒔岡家は会社を譲渡し、元禄以来の歴史を閉じた。誇り高い長女・鶴子(中山美穂)は辰雄(甲本雅裕)を婿養子とし、本家を守っている。兵庫・芦屋の分家で夫・貞之助(神尾佑)と暮らす次女・幸子(高岡早紀)は、三女・雪子(伊藤歩)と四女・妙子(中村ゆり)に振り回される日々。そんなある日、雪子は見合いに臨む。

■ゲスト□■□■
┣第1話
瀬越 徹:水橋研二
雪子の見合い相手。外資系企業社員。外資系企業社員としてフランスに住んでいた。一見、感じの良い男に見えたものの酒が入るとかなり饒舌に。

蒔岡 吉次郎:長塚京三
蒔岡家先代当主。四姉妹の父。元禄時代に呉服商として創業して以来の歴史を持つ大手アパレルメーカー・マキオカグループの総帥。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年1月8日更新】
■ あらすじ(第2話  2018/1/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
四女妙子はなぜ別の男と歩いていたのか?

三女雪子の新しいお見合い相手とは?

名作「細雪」の平成版。美人四姉妹を巡る展開はますますドラマチックに!


妙子(中村ゆり)は、老舗貴金属商の三男でかつて駆け落ちまでした腐れ縁の啓坊こと啓三(福士誠治)から指輪を贈られる。だが、妙子は写真スタジオ店主・板倉(柄本佑)と急接近していた。一方、雪子(伊藤歩)の次の見合い話が持ち込まれる。大学でマグロ先生と慕われているという相手の野村(松尾スズキ)は変わり者で、幸子(高岡早紀)夫婦を驚かせる。翌日、啓坊が妙子を訪ねてくるが、その頃妙子は暴風雨に巻き込まれて…。

■ゲスト□■□■
┣第2話
野村 博実松尾スズキ
雪子の見合い相手。マグロ養殖の研究者。40代ながら著しく老けて見える。妻を亡くしている。独り言を言う癖あり。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年1月15日更新】
■ あらすじ(第3話  2018/1/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
今回は、の雪子のお見合い相手はルックスも性格も非の打ち所のない男。

妙子夫婦は、今度こそ話をまとめたいと切望するが…。

平成によみがえった「細雪」第三話。


妙子(中村ゆり)と板倉(柄本佑)のあいびきを目撃した啓坊(福士誠治)は、妙子が板倉に贈った大切な物を壊し、激しくなじる。一方、雪子(伊藤歩)は、製薬会社の専務で、妻を亡くして娘と2人で暮らす橋寺(石黒賢)と見合いをする。理知的で穏やかな橋寺は素晴らしい人物だったが、雪子は思いがけない行動に出る。その頃、本家の鶴子(中山美穂)の元を、啓坊の両親が訪れていた。

■ゲスト□■□■
┣第3話
橋寺 誠:石黒賢
雪子の見合い相手。製薬会社専務。妻を亡くし、高校生の娘と暮らす。新薬の開発に没頭し今まで再婚は考えてこなかった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年1月24日更新】
■ あらすじ(第4話  2018/1/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】

妙子に愛を伝えようと向かう途中、板倉は交通事故に。

一方、雪子の新しい見合い相手は、型破りな自由人!

四姉妹がそれぞれ新たな道を歩みだす。


事故に遭った板倉(柄本佑)の容体は悪く、妙子(中村ゆり)はショックを受けていた。雪子(伊藤歩)は、旧子爵家出身で大手広告代理店勤務の御牧(ムロツヨシ)と見合いをすることに。当日、御牧は半ズボンで現れ、雪子らを庶民的な中国料理店に案内。食事マナーもひどいものだったが、雪子との会話は弾む。本家では辰雄(甲本雅裕)の東京転勤が決まった。だが幸子(高岡早紀)は鶴子(中山美穂)が東京で暮らせるわけがないと反対する。

■ゲスト□■□■
┣第4話
御牧久麿:ムロツヨシ
雪子の見合い相手。大手広告代理店社員。京都の旧子爵家の次男坊。お見合いに冬なのに半ズボンで現れた。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック