FC2ブログ
2021 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2021 04

2018年冬、木曜ドラマ『リピート~運命を変える10か月~』

kage

2018/03/15 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★1月11日スタート 

日本テレビ系 毎週木曜 23:59~24:54

 リピート~運命を変える10か月~

Arika注目1h時間旅行で過去は変えられる?

「プラチナイト 木曜ドラマF」とは…

「F」が意味するものは、ドラマの特徴を語る「F」から始まる様々なキーワードを意味します。

「リピート」のキーワード“F”は、「Fortune(運命)」

貫地谷しほり主演!

本郷奏多、ゴリ(ガレッジセール)、六角精児さんなど豪華キャストも集結。

原作は、どんでん返しが話題の映画「イニシエーション・ラブ」で知られる乾くるみ氏の小説で初ドラマ化。

タイムスリップで過去に戻り、人生をやり直すSFサスペンス&ラブミステリー。

視聴者の想像を超える展開が待ち受けます。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:乾くるみ「リピート」(文春文庫)
脚本:泉澤陽子
監督:蔵方政俊/湯浅弘章/片桐健滋
チーフプロデューサー:岡本浩一
プロデューサー:沼田賢治/中間利彦/村本陽介/古賀俊輔/長坂淳子

プラチナナイト:木曜ドラマF「リピート~運命を変える10か月~」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
■□■□■3人で謎解き■□■□■

篠崎鮎美(33):貫地谷しほり…図書館司書
図書館司書。子どもの頃から人付き合いが苦手で、本の世界に安らぎを求め、図書館司書となる。本音が言えない性格だが、内心では毒を吐いたり相手への仕返しを妄想する一面もある。リピートの中で、年下の圭介に徐々に惹かれていく。
┣・幼少期から人が苦手で、本音が言えないため本の世界に安らぎを求めた。妄想好きで、心の中では毒舌を吐き、相手に仕返しする。
┣・図書館で一流商社マンとの運命の出会いから1年半、プロポーズを期待するタイミングでリピートの誘いを受ける。
┣・年下の圭介(本郷奏多)に徐々に惹かれていく。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毛利圭介(23):本郷奏多…フリーター
フリーター。カメラマンを目指しアシスタントの仕事に励んでいたが、あるトラブルがきっかけでその夢を諦め、キャバクラで働くフリーターとなる。一見遊び人風に見えるが根は真面目。リピートの中で鮎美に心を動かされ、生き方が変わっていく。
┣・カメラマンを目指してアシスタントを頑張っていたが、ある事件で夢を諦め、キャバクラでバイト生活。金さえ手に入ればいい生き方をする。
┣・彼女がいるが、自己中心的な性格に振り回されるので別れたいと思っていた時、リピートの誘いを受ける。
┣・鮎美(貫地谷しほり)に夢の大切さを気づかされ変わっていく。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

天童太郎(40):ゴリ(ガレージセール)…カフェオーナー
カフェのオーナー。フランクな性格で誰に対しても臆することなく意見を述べる性格。離婚を経験しており、一人息子がいる。息子に関することで一つだけ大きな後悔があるため、リピートへの参加を決意。リピートに参加したメンバーを引っ張る中心的な存在。
┣・フランクな性格。誰も遠慮せずに堂々と意見できる。
┣・離婚した妻ともうけたひとり息子に対し、深い後悔がある。その解決のためリピートに…。
┣・鮎美や圭介を引っ張りながら、リピートに秘められた謎に迫っていく中心的な人物。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

町田由子(21):島崎遥香…圭介の彼女
お金持ちのお嬢様。見た目はキレイ系で甘え上手。圭介のことを愛しているが、独占欲が強く嫉妬深い。お金をちらつかせて、攻撃的に圭介を籠絡していく。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

久瀬一樹(38):松田悟志…鮎美の彼氏
大手商社に勤めるサラリーマン。鮎美との結婚を考えている。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

風間 (50):六角精児…8人の男女をリピートにいざなう謎の男
感情を表に出さず、何らかの意図を持って鮎美たちを導く。しかし、何を考えているのかは不明で、その目的がリピートの謎に大きく関わる。
┣・リピートを主宰する謎の男。
┣・頭の回転が速く弁も立つが、感情を表に出さない。
┣・電話番号をてきとうに押してつながった人間をリピートに招待した。しかし本当の理由は隠してる(!?)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□■リピートされる仲間たち■□■□■

高橋和彦(45):福田転球…トラック運転手
競馬で金儲けしたいとリピートに参加する。リピーターの中で、最も前のめり。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

郷原俊樹(51):清水圭…サラリーマン
お金に常に困っている人生から抜け出したいと金目的でリピートに参加する。当初は冴えない風貌だったが…。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

坪井要(20):猪野広樹…東大を受験を目指す予備校生
東大を目指し浪人中。二次試験に間に合うならとリピートに参加。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

横沢佐知子(55):手塚理美…専業主婦
愛する夫との思い出作りのためリピートに参加。一樹との結婚を意識している鮎美のよき相談相手。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大森知恵(35):安達祐実(特別出演)…食品化学の研究員
クールな理系女子。
┣・バイオ食品開発で会社から認められたいとリピートに参加。
┣・非科学的なことは信じられないためリピートも否定。
┣・分析力と勘を使い、事態の解決方法を導く。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
人生をやり直そうとする人々のラブ・ミステリー。乾くるみの小説が初のドラマ化! 
作家・乾くるみの同名小説を連続ドラマ化。貫地谷しほり、本郷奏多、ゴリのトリプル主演で、10か月前の過去に戻り人生をやり直そうとする人間たちの愛憎劇やタイムスリップの謎をミステリータッチで描く。

図書館司書で一流商社マンからのプロポーズを期待していたタイミングで、未来から過去に戻る時間旅行“リピート”の誘いを受ける篠崎鮎美を貫地谷しほり、鮎美と次第に惹かれ合っていく青年・毛利圭介を本郷奏多、リピートに秘められた謎を追う中心的な人物となる天童太郎にガレッジセールのゴリが扮する。脚本は「オトナ女子」(フジテレビ系)、「IQ246~華麗なる事件簿~」(TBS系)を手掛けた泉澤陽子が担当する。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2017年12月31日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
図書館司書として働く篠崎鮎美(貫地谷しほり)のもとに、ある日突然、謎の男から「今から1時間後の6時45分に地震が起きます」という電話がかかってくる。鮎美はいたずら電話だと思っていたが、1時間後に実際に地震が発生。すると先ほどの男から再び電話がかかってくる。
風間と名乗るその男は、未来から過去へ戻って人生をやり直しており、その時間旅行“リピート”に、鮎美をゲストに招きたいと誘ってくる。その誘いに参加したのは鮎美、毛利圭介(本郷奏多)、天童太郎(ゴリ)ら計8人。それぞれが“過去の後悔”を理由にリピートをするが、そこでは予想を超えた出来事が待ち受けていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年1月1日更新】
■ あらすじ(第1話  2018/1/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
図書館司書として働く篠崎鮎美(貫地谷しほり)のもとに、ある男から「1時間後に地震が起きます」という電話があった。ただの悪戯かと思ったが、電話が切れた1時間後に予言通りに地震が起こり、鮎美は驚く。すると先ほどの男から再び電話が!男は「風間」と名乗り、「未来から過去のある時点へと戻って人生をやり直しているので、未来に起きることをすでに知っている」と言うのだ。風間(六角精児)はその時間旅行を『リピート』と呼び、鮎美をゲストに招きたいと誘う。そして、鮎美に毛利圭介(本郷奏多)、天童太郎(ゴリ)を含めた見知らぬ男女8人で、10か月前へ遡る『リピート』の旅へ出ることになるが、過去に戻った先では、驚きの大どんでん返しが待っていた…!!

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年1月15日更新】
■ あらすじ(第2話  2018/1/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
「リピート」で10カ月前から人生をやり直した鮎美(貫地谷しほり)は、一樹(松田悟志)から無事にプロポーズされる。しかし風間(六角精児)によると、一緒に参加した高橋(福田転球)はリピート直後に死亡したという。一方、圭介(本郷奏多)は由子(島崎遥香)との関係を断ち切ろうと行動を始めるが、勤務先のキャバクラにリピート前にはいなかった新人が入店してくるなど、何かがおかしい。数日後、鮎美は一樹の両親に紹介される。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年1月20日更新】
■ あらすじ(第3話  2018/1/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
リピート仲間が相次いで死亡した。ショックを受ける鮎美(貫地谷しほり)は、一方で婚約者・一樹(松田悟志)のことで思い悩む。一樹が女性とキスをしているのを目撃してしまったのだ。そんな中、鮎美と圭介(本郷奏多)は、天童(ゴリ)が実は交通事故で亡くした息子の淳史(南出凌嘉)を生き返らせるためにリピートに参加したことを知る。しかし、風間(六角精児)からは、リピート中に人の生死に関わることは固く禁じられていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年1月28日更新】
■ あらすじ(第4話  2018/2/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
鮎美(貫地谷しほり)はリピートしても人生を変えることはできなかったが、由子(島崎遥香)と別れたかった圭介(本郷奏多)はリピートの目的を果たすことができたようだ。ところが、圭介に執着して部屋に隠しカメラを設置した由子は、天童(ゴリ)と共に圭介の部屋を訪ねた鮎美に嫉妬の炎を燃やし、利用者に成り済まして鮎美が働く図書館に現れる。同じ頃、リピート仲間の郷原(清水圭)が、圭介が働くキャバクラに来店する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年2月3日更新】
■ あらすじ(第5話  2018/2/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
鮎美(貫地谷しほり)が何者かに押されて階段から転落する。病院で目を覚ますと心配顔の圭介(本郷奏多)がいた。一方、天童(ゴリ)は坪井(猪野広樹)が郷原(清水圭)の死に関わっているのではと疑い、監視を続ける。やがて坪井がリピート前から郷原と連絡を取り合っていたと分かる。仕事に復帰した鮎美の前に再び由子(島崎遥香)が現れた。ある夜、由子は鮎美の家にまで押し掛けてくる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年2月13日更新】
■ あらすじ(第6話  2018/2/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
 鮎美(貫地谷しほり)の言葉に励まされ、圭介(本郷奏多)は再びカメラを手にする。モデルを頼まれた鮎美はそんな圭介の変化がうれしい。一方、天童(ゴリ)の店に由子(島崎遥香)が客として現れた。天童はリピートの話題を持ち出した由子に慌てる。由子は知恵(安達祐実)にも電話をしてリピートについて嗅ぎ回っているらしい。リピートの秘密を握った由子は、公表されたくなければ今まで通り自分と交際するよう圭介に迫る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年2月21日更新】
■ あらすじ(第7話  2018/2/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
由子(島崎遥香)の身に起きた出来事に責任を感じた鮎美(貫地谷しほり)は罪を告白するつもりだったが、天童(ゴリ)に引き留められる。警察の捜査でリピートの秘密が暴かれるかもしれないからだ。天童は、もう一度リピートして、この状況をなかったことにしようと言い出す。圭介(本郷奏多)はその案に同意するが、鮎美は決断できない。2週間後、由子の行方を捜す興信所の調査員・谷本(清水伸)が、鮎美の働く図書館に現れる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年2月25日更新】
■ あらすじ(第8話  2018/3/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
鮎美(貫地谷しほり)は、圭介(本郷奏多)を訪ねてきた興信所の調査員・谷本(清水伸)と鉢合わせしてしまい、動揺する。そんな中、鮎美らは坪井の死を知る。坪井が死の直前に知恵(安達祐実)と会っていたことを知った圭介は、彼女を疑う。知恵を信じるという天童(ゴリ)と圭介は口論になり、2人は決裂。天童も信じられなくなった圭介は、風間(六角精児)が出入りするマンションを再び訪ね、かつてそこで男性が転落死したことを聞く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年3月6日更新】
■ あらすじ(第9話  2018/3/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
リピートせず、この世界にとどまることを願うようになった鮎美(貫地谷しほり)。由子を殺した事実を消すためにリピートを主張する圭介(本郷奏多)と話し合うが、結論が出ない。一方、監禁された天童(ゴリ)は、風間(六角精児)と知恵(安達祐実)が以前から仲間だったことを知る。一連の殺人の「犯人」を知った天童は、知恵が鮎美に会うつもりだと聞いて心配する。そんな中、圭介は坪井殺害の容疑者逮捕のニュースを見て混乱する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年3月13日更新】
■ あらすじ(第10話  2018/3/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
圭介(本郷奏多)は、リピートした人々を殺した「犯人」にたどり着く。それを確認した風間(六角精児)は圭介に、鮎美(貫地谷しほり)がこれから40分後に交通事故に巻き込まれる運命だと告げ、彼女を見捨てるなら次のリピートに連れて行くと言い出す。人の運命を弄ぶかのような風間を許せない圭介は、鮎美を救うため、飛び出していく。圭介から全てを聞いた鮎美も、同じ事故に遭うという幼稚園児らを見捨てることができず…。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック