FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

2018年冬、土曜ドラマ24「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」

kage

2018/03/31 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★1月13日スタート 

テレビ東京系 毎週土曜 24:20~24:50

 土曜ドラマ24「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」

Arika注目1h野村周平×西野七瀬で桂正和原作漫画実写化!

このドラマは桂正和さん原作の『電影少女』初のドラマ化。

同漫画は、『週刊少年ジャンプ』全盛期に連載され、累計発行部数1400万部を誇るSF恋愛漫画の金字塔!

ドラマは2018年1月に放送開始予定、テレビ東京系で土曜24時の枠です。

キャストは注目の若手人気俳優・野村周平さんが発表となっています。ビデオガールのキャスト発表には、いまから注目です。

ビデオを再生してみると、“ビデオガール”が画面から飛び出してきた!? 設定は2018年で、普通の高校生と電影少女の不思議な共同生活を描きます。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:桂正和「電影少女」(集英社)
脚本:喜安浩平
監督:関和亮
チーフプロデューサー:浅野太(テレビ東京)
プロデューサー:五筒公貴(テレビ東京)、倉地雄大(テレビ東京)、巣立恭平
制作:テレビ東京、ROBOT
製作著作:「電影少女~VIDEO GIRL AI 2018~」製作委員会
主題歌:tofubeats「ふめつのこころ」

テレビ東京:土曜ドラマ24「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
天野アイ: 西野七瀬(乃木坂46)
1990年代からタイムスリップしてきた“ビデオガール”。25年ぶりにVHSのビデオテープから出てきたため、以前とはかなり様変わりした世界に戸惑う。男っぽい性格で、「おまえのいいとこ、ひとつめーっけ」が口癖。寿命は、ビデオテープが再生を終えるまでの3カ月間。

弄内翔:野村周平
高校生。原作漫画の主人公・弄内洋太(もてうちようた)の甥。ごく普通の高校2年生。両親の離婚を機に、叔父である洋太の家に居候することに。絵を描くのが得意。学校では、ひそかに恋心を抱く奈々美と、奈々美の思い人でもある親友の智章と一緒に、アニメ研究会に所属し、キャラクターデザインを担当している。

弄内洋太:戸次重幸
翔の叔父。42歳。かつて、ビデオガール“天野あい”と暮らした経験を持つ。原作漫画では、ビデオテープからアイを呼び出した張本人で、現在(原作の25年後)は、絵本作家になって全国を飛び回っている。原作の最後、洋太と暮らした“天野あい”は人間になったが…。

柴原奈々美:清水尋也
弄内翔と同じクラスで、翔が片思いしている学校のマドンナ。思いを寄せる智章に文章を褒められたことから、アニメ研究会に所属。脚本を担当し、翔や智章と一緒にアニメコンクールに出品する作品を作っている。誰に対しても分け隔てなく接するため、相手をその気にさせてしまう小悪魔的一面も。

古矢智章:清水尋也
弄内翔の幼馴染で親友。柴原奈々美がずっと好意を寄せている男性。翔と奈々美とともに、アニメコンクールをめざし、アニメ制作を引っ張るリーダー的存在。

大宮リカ:大友花恋
翔と智章が通っていた中学校の、一つ下の後輩で、翔たちとは別の高校に通う高校1年生。中学の文化祭で翔に音楽を褒められて以来、翔に思いを寄せている、可愛らしい後輩。

清水浩司:村上淳
マルチメディアクリエーター(原作漫画ではダンサー)。元ダンサーで、25年前、ビデオガール“天野あい”に救われた過去が。天野あいのおかげで、病床に伏していた最愛の人・夏美と再会を果たす。ドラマでは、原作の25年後、仕事があまりないが、かつて大ヒット映画をあてたプロデューサーとして登場。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
西野七瀬&野村周平がW主演! SF恋愛漫画の金字塔が現代を舞台によみがえる 
桂正和の代表作で、SF恋愛漫画の金字塔「電影少女」を、原作の続編として現代を舞台に実写ドラマ化。ドラマ初主演となる乃木坂46・西野七瀬と、野村周平のダブル主演でおくる。

野村演じる弄内翔は、戸次重幸演じる原作の主人公・弄内洋太の甥。古いビデオテープを再生したことでテレビ画面から飛び出してくる“ビデオガール”の天野アイを西野が演じ、現代によみがえった“ビデオガール”と翔の不思議な同居生活を描く。

共演には飯豊まりえ、清水尋也、大友花恋のほか、原作で登場した清水浩司役で村上淳が出演。脚本は、映画「桐島、部活やめるってよ」の喜安浩平が手掛ける。



----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年1月2日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
ごく普通の高校生・弄内翔(野村周平)は、両親の離婚を機に、絵本作家の叔父・弄内洋太(戸次重幸)の家に居候することに。学校では、同じクラスの美少女・柴原奈々美(飯豊まりえ)にひそかな恋心を抱いているが、奈々美は翔の親友・古矢智章(清水尋也)に好意を抱いているという一方通行状態。

そんなある日、翔は洋太の家の納戸で、テープが入ったままの壊れた古いビデオデッキを見つけ、何かにひかれるかのように、必死でデッキを修理する。そしてビデオを再生すると、テレビ画面から“ビデオガール・天野アイ”(西野七瀬)と名乗る女の子が飛び出してきた。翔とアイの、3カ月におよぶ奇妙な共同生活が始まる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年1月9日更新】
■ あらすじ(第1話  2018/1/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
高校生の翔(野村周平)は、両親の離婚を機に、絵本作家の叔父・洋太(戸次重幸)の空き家で一人暮らしを開始。学校では同じクラスの奈々美(飯豊まりえ)に恋心を抱いているが、彼女は翔の親友・智章(清水尋也)を思っていた。ある夜、翔は家のクローゼットから壊れたビデオデッキを発見。デッキを直して入ったままのテープを再生すると、アイ(西野七瀬)と名乗る女の子の映像が流れる。しかも、そのアイが突然、画面から飛び出してくる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年1月16日更新】
■ あらすじ(第2話  2018/1/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
25年前、翔(野村周平)の叔父・洋太(戸次重幸)はビデオガールのアイ(西野七瀬)と暮らしていた。役割を全うしたアイは、ビデオデッキと共に25年間、大切に保管されていた。洋太が言うにはアイの再生時間は3カ月で、再生後はテープの中に戻るらしい。朝食を用意するけなげなアイの姿を見た翔は、事態を受け入れ始める。そんな中、奈々美(飯豊まりえ)が家にやって来る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年1月24日更新】
■ あらすじ(第3話  2018/1/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
アイ(西野七瀬)の後押しもあり、翔(野村周平)は憧れの奈々美(飯豊まりえ)とデートをすることに。「翔のそばにいること」が役割のアイは2人を尾行するが、途中で見失ってしまう。そんな中、アイは智章(清水尋也)に遭遇する。智章は、両親が離婚したばかりの翔を心配していた。一方、映画を見終えた翔と奈々美は感想を言い合ううちに、少しずつ打ち解けていく。奈々美の智章への思いを知りつつも、翔は喜びを隠せない。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年1月28日更新】
■ あらすじ(第4話  2018/2/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
翔(野村周平)はアイ(西野周平)と外出中、中学校の後輩・リカ(大友花恋)と再会。アイは「懐かしい」という人間らしい感覚をうらやましく思う。一方、奈々美(飯豊まりえ)と付き合い出した智章(清水尋也)は、アニメプロデューサー・清水(村上淳)にシナリオを見てもらう約束を取り付ける。だが、プロの意見は厳しく、コンクールまで時間がない中、3人は大げんかしてしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年2月6日更新】
■ あらすじ(第5話  2018/2/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
アイ(西野七瀬)と翔(野村周平)の初デートは延期になる。一方、翔が描いたキャラクターデザインを見たアニメプロデューサー・清水(村上淳)は、ある目的のために弄内家へやって来る。清水は、アイの正体を知っているようだ。清水の思惑を知らない翔たちはアニメを見てもらえて大喜びする。清水は、翔たちに音楽をどうするのかと指摘。アイは先日、街で会った翔の後輩・リカ(大友花恋)が音楽をやっていたことを思い出す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年2月14日更新】
■ あらすじ(第6話  2018/2/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
人気トラックメーカーで女癖の悪いカオル(富田健太郎)は、翔(野村周平)たちのアニメ音楽を作曲する条件にアイ(西野七瀬)とのデートを要求。アイのことが心配な翔がデートの後をつけていると、リカ(大友花恋)の姿が。リカは自分の身代わりになったアイに後ろめたさを感じていた。翔たちはカップルを装って尾行を始める。そんな中、翔とリカは、アイたちに見つかってしまう。アイは2人が一緒にいることに不機嫌になる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年2月24日更新】
■ あらすじ(第7話  2018/2/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
アイ(西野七瀬)が失踪した。1週間たっても行方は分からず、翔(野村周平)は体調を崩してしまう。見舞いに訪れた奈々美(飯豊まりえ)らに「アイは叔父の元へ帰った」とうそをついた翔。そんな翔に好意を寄せるリカ(大友花恋)は、アイの代わりに翔の世話をして、距離を縮める。一方、アニメコンテストのサイトに翔らの作品がアップされ、称賛の声が集まる。清水(村上淳)はその動向を見ながら、ある策略を巡らせていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年2月25日更新】
■ あらすじ(第8話  2018/3/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
アイ(西野七瀬)が失踪し、彼女への好意に気付いた翔(野村周平)に、リカ(大友花恋)からメッセージと動画が届く。動画は翔がデザインしたアニメと実写のアイがミックスされたもので、既に‘謎のアイドル’として話題になっていた。智章(清水尋也)が売ったアニメ素材を使い、清水(村上淳)が仕掛けたのだ。清水の元にアイがいると知った翔は、彼女を取り戻すためにスタジオへ急ぐ。ところが、アイは翔を覚えていなかった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年3月8日更新】
■ あらすじ(第9話  2018/3/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
智章(清水尋也)は清水(村上淳)のアシスタントになるが、スタジオで会ったアイ(西野七瀬)は智章のことを一切覚えていなかった。翔(野村周平)はアイを取り戻すため、再び清水のスタジオを訪れる。一方、清水が公開したアイの動画は「ブレーク必至の謎のアイドル」としてテレビや雑誌で話題に。何も知らなかった奈々美(飯豊まりえ)は智章を非難。智章もアイの記憶喪失について翔を問い詰め、3人の関係に亀裂が入る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年3月13日更新】
■ あらすじ(第10話  2018/3/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
アイ(西野七瀬)は街で翔(野村周平)を見掛け、完全に記憶が戻る。しかし、翔の隣には奈々美(飯豊まりえ)がいた。居場所を失ったアイは、清水(村上淳)の元で再生期間を全うする決意をする。アイのアイドルとしてのデビュー曲お披露目会見が2週間後に迫る中、清水のスタジオに洋太(戸次重幸)がやって来る。アイで金もうけしようとする清水に、彼女を自由にしてほしいと懇願する。2人は25年前に会ったことがあるらしい。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年3月19日更新】
■ あらすじ(第11話  2018/3/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
洋太(戸次重幸)が高熱にうなされるアイ(西野七瀬)を車で連れ去り、翔(野村周平)は必死に追い掛けるが見失う。洋太からはその後「アイを熱で停止させないためだ」と連絡が入るが、翔はまたしてもアイを失ってしまう。一方、アイが目覚めると、自分とそっくりな人間が「私の名前は天野あい」と話す。あいは25年前、奇跡が起きたことで人間になったと説明。アイは自分も人間になることができるのではと期待を抱く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年3月26日更新】
■ あらすじ(第12話  2018/3/31放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
アイ(西野七瀬)の再生時間はあと2日。人間とビデオガールは互いに好きになってはいけない存在だが、翔(野村周平)とアイは別れを惜しむかのように夜通し語り合う。そして迎えた最後の日、2人は念願のデートをする。翔に買ってもらった洋服を着てテンションの高いアイ。翔はそんな彼女をとっておきの場所に案内する。一方、智章(清水尋也)と奈々美(飯豊まりえ)は翔に協力し、アイのためにサプライズ計画を進めていた。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック