FC2ブログ
2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

2018年冬、月曜ドラマ『海月姫』

kage

2018/03/19 (Mon)

Arikaシネマ2014b4

★1月15日スタート 

フジテレビ系 毎週月曜 21:00~21:54(第1話15分拡大)

 海月姫

Arika注目1h朝ドラヒロイン芳根京子がクラゲオタクの腐女子を熱演!

朝ドラヒロイン芳根京子がクラゲオタクの腐女子に。

同名マンガが原作となっていて、これまでにアニメ化・実写映画化されるなど人気作品。

そして主演には、NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」でヒロインを演じた芳根京子さんが選ばれ、主人公のクラゲ大好き・クラゲオタク役に挑戦!!

これからの追加キャストにも注目が集まっています。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:「海月姫」東村アキコ(講談社「Kiss」所載)
脚本:徳永友一
編成企画:渡辺恒也
プロデュース:小林宙
演出:石川淳一
OP:カフェラテ噴水公園「Goサインは1コイン」
主題歌:Beverly「A New Day」(avex trax)

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
🏠天水館の住人(尼〜ず)
┣月海をはじめ、オタクな女子達が共同生活を送るレトロな雰囲気のアパート。男子禁制。

倉下月海(20):芳根京子……クラゲが大好きなクラゲオタク
メガネに三つ編み、すっぴんという地味な見た目の女子。イラストレーター志望。夢のために鹿児島から上京したが、専門学校に通うわけでも、イラストを売り込むわけでもなく、男子禁制アパート「天水館」で、オタク女子たちと一緒に楽しく暮らす。病死した母親と幼い頃に一緒に見たクラゲに「お姫さまのドレスみたい」と魅了されて以来、人生のほとんどをクラゲに費やしてきた生粋のクラゲオタク。外見に無頓着で自信もないため、化粧気はなく服装はほぼスウェット。とある人物との出会いをきっかけに、変わっていく。

千絵子:富山えり子……着物が大好きな和物オタク
尼〜ずの一人。着物が大好きな和物オタク。ポッチャリした体型でメガネをかけている。母親が天水館の管理人をしているが外出することが多く、代理で管理人を務めることも。しっかり者の常識人で社交性もあり、みんなから頼りにされることも多いリーダー的存在。着物好きで、常に和服を着用している。自ら仕立てる事も多いため、和裁が得意である。非常に速い運針に長けており、クラゲのドレス作りでは才能を十分に発揮している。また趣味として市松人形を収集しており、それぞれ全てに名前を付けて我が娘として可愛がっている。蔵子(蔵之介)の男のような言葉遣いや言動をきちんとたしなめる事もあり、蔵之介には比較的協力的である。

まやや:内田理央……三国志オタク
尼〜ずの一人。団塊ジュニア世代。三国志オタク。身の回りのものや人間を三国志の登場人物に当てはめる「当てはめトーク」は一度始まるとなかなか止まらない。NHK『みんなのうた』の後に放送していた三国志の人形劇を見て以来、三国志に傾倒し始めた。特に特定の国・武将が好きということもないが、董卓は敵として認識しているのか、目覚まし時計の音が「董卓討つべし!」である。漢王朝の復興を願っている。背が高く、自分の目を嫌い髪で隠しているが、実は美しいモデル体型である事が発覚し後に活躍の場が与えられる。奇妙な動きが多く、奇声をあげ取り乱すことも。

ばんばさん:松井玲奈……鉄道オタク
尼〜ずの一人。うるう年の2月29日生まれ。鉄道オタク。身長は低めで、天然パーマのアフロヘアのような髪型が特徴。太いシマシマ模様のトレーナーを着ている。口調は男っぽいが、やる気はあまりない。しかし鉄道や食べ物となるとやや興奮する。落ち着いたテンションでいることが多く、尼〜ずの仲間が困っているときに助け舟を出すこともある。まややと仲がよく、一緒に買い物に行ったり、ファミレスに行ったりする。良質な肉などプリン体が多い食物を見抜く能力を持つ。『廃線跡を歩く』という番組を見て鉄道趣味に目覚めた。都電荒川線のレトロ車両を見るとつい乗ってしまう。鉄道模型収集も行っている。原作ではプラレール以外は不明であるが、アニメ版ではOゲージの模型を所有していると発言している。

ジジ様:木南晴夏……枯れ専
尼〜ずの一人。枯れ専(油っ気の抜けた枯れた中高年男性を好む嗜好)。枯れた男性の観察のため、執事カフェや、枯れた男性ウォッチングのため名曲喫茶に入り浸る。貧血気味。個性の強い仲間の中では地味で、ボブカットにメガネ、スカートを着用、猫背で内股という出で立ち。蔵之介に「影の薄い人」と言われたが、ばんばとまややが裁縫で役に立たないのに比べまともな戦力となるので、クラゲのドレス作りで出番が多くなる。また、クラゲのドレスのブランド『Jellyfish』のブログを瞬く間に作り上げてから、PCの操作が得意である事が判明し、PCを使ったクラゲのドレスの品質管理も担当する。

🏠鯉淵家
┣与党の最大派閥を率いる大物国会議員の父、その秘書の修とエリートぞろい。

鯉淵蔵之介:瀬戸康史……ファッション好きの女装男子
ファッション好きが高じて、女装まで行き着いてしまったオシャレ美男子。本業は大学生。大物国会議員・鯉淵慶一郎の愛人の子で、将来政治家にしたいという慶一郎の意向から、鯉淵家に引き取られた。舞台女優だった母譲りの端麗な顔立ちで、付き合った女性は数知れない自他共に認める美少年でプレイボーイ、そして女装すると誰もが見惚れるほどの美人に変身。女に不自由しない生活を送っていたが、月海に出会い、エリートやオシャレな人間たちとは全く違う世界を知り、月海に興味を抱き、原石を磨く楽しさに目覚め、一緒に過ごす時間が経つほどに特別な感情が芽生え始める。月海の才能を目覚めさせた人物。

鯉淵修:工藤阿須加……議員秘書/童貞
蔵之介の弟(ドラマ版の設定)。父である慶一郎の秘書として働きながら、政治家の道を継ぐべく将来を嘱望されている。高身長でなかなかのイケメンであり、いつもメガネのスーツ姿。過去のあるトラウマから女性が苦手になり、今まで付き合った女性は1人もいない“童貞エリート”。超が付くほどの真面目な性格。母から離されて鯉淵家に引き取られた腹違いの兄・蔵之介に対して、その悲しみを思い、小さい頃から大切にしてきた。月海に一目惚れするが、アプローチの仕方が分からず空回りする。

鯉淵慶一郎:北大路欣也
蔵之介と修の父親で、大物国会議員。代々政治家を輩出してきた名門・鯉淵家の現当主としてその存在感と厳格さは圧倒的だが、真摯な人柄で月海たち「尼~ず」のことを軽蔑したりせず、蔵之介と修に対しても同量の愛情を注ぐ奥深い人物。極度の女好きで、年齢・容姿に至るまでそのストライクゾーンの広さは未知数。コーヒー好き。

鯉淵容子:床嶋佳子

花森よしお:要潤
レクサスと美女を愛するという、イケメンすぎる謎の運転手。自らの経験をもとに恋愛指南を施し、月海・蔵之介・修の三角関係に影響を与えていく。

稲荷翔子:泉里香
天水地区の再開発を計画しているデベロッパー(開発業者)の女性。グラマラスな美人でプロジェクトのためには手段を選ばず、自身の容姿を武器に仕事を取っている。今回も修を泥酔させて肉体関係を持ったかのように装い、記憶がない修を半ば脅迫する形でつきまとうが、狂言自殺を演じ、心配した修に平手打ちされ、彼への想いを募らせる事になった。修に想いを寄せていて、恋心を持つ月海を敵視している。

佐々木公平:安井順平
天水地区の再開発を計画しているデベロッパー(開発業者)の男性。美人ディベロッパー・稲荷翔子の部下。元々は上司だったが、多くの仕事を取ってくる翔子に逆転されてしまった。「万年平社員」などと罵られても、どこ吹く風といった人柄の人物。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
芳根京子が月9初主演でオタク女子に!
ギャグ満載の新感覚シンデレラ・コメディー! 

ドラマ化された「東京タラレバ娘」など、漫画家・東村アキコの人気作を連続ドラマ化。オタクだらけのアパートに住む “クラゲオタク女子”が、ある出会いから、一生縁がないと思っていた恋を知り、新しい自分や生き方を見つけていく姿を、ギャグを交えて描く。

主人公の倉下月海には月9ドラマ初主演となる芳根京子、月海と三角関係になる、女装が趣味の美男子・鯉淵蔵之介には瀬戸康史、童貞エリートの蔵之介の弟・鯉淵修には工藤阿須加が扮する。脚本は「僕たちがやりました」(同系)の徳永友一、メイン演出は「リーガルハイ」シリーズや「デート~恋とはどんなものかしら~」(共に同系)の石川淳一が務める。

----------------------------------------------------------------------------------------
原作『海月姫』の紹介
----------------------------------------------------------------------------------------
原作は、『東京タラレバ娘』を描いていることでも有名な東村アキコさんによる同名作品『海月姫』。

この作品は、2017年11月13日についに最終巻が発売!!

海月姫(17) (Kissコミックス)/東村アキコ

¥価格不明
Amazon.co.jp

そして、このタイミングでのテレビドラマ化となりました。

「女の子は誰だってお姫様になれる」をテーマに、オタク女子×女装男子×エリート童貞の物語が描かれます。

2018年の冬は、オタク女子たちが活躍!お楽しみに♪




----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年1月3日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
男子禁制アパート「天水館」でオタク仲間たちと楽しく暮らす、クラゲオタクの倉下月海(芳根京子)は、ある日、クラゲのことがきっかけで、誰もが振り返るほどの美女と出会う。だが実はその美女は、ファッション好きが高じて女装を趣味としているイケメンプレーボーイ・鯉淵蔵之介(瀬戸康史)だった。

おしゃれ美人だと警戒する天水館の住人たちだったが、なぜか天水館と月海が気に入った蔵之介は、女性のふりをして入り浸るように。程なくして月海は、蔵之介の弟で、大物国会議員である父・慶一郎の秘書を務める童貞エリート・修(工藤阿須加)とも知り合う。月海はこの兄弟と関わるうちに、変化していく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年1月10日更新】
■ あらすじ(第1話  2018/1/15放送※15分拡大)
----------------------------------------------------------------------------------------
ある朝、『天水館』自室のベッドで目覚めた倉下月海(芳根京子)は、隣を見てビックリ。なんと上半身裸の男が寝ているではないか…なぜ男が?月海は昨晩のことを思い起こす。

それは10時間前、夜9時頃のこと。月海は久しぶりに近所の熱帯魚店でお気に入りのクラゲを見に行った。クラゲオタの月海がクララと名前までつけている。月海は、その水槽にタコクラゲ・クララの天敵であるミズクラゲが一緒に入っていることに気づいた。熱帯魚店の店員に注意しようと思う月海だが、相手はオシャレな男性店員。月海には大苦手の人種だ。。それでもクララのためと月海は勇気を振り絞って注意するのだが、店員は専門外らしく追い出され、店の前で倒れてしまう。

そんな店員を注意するスタイル抜群の美女が月海を助けてくれた。月海がわけを話すと、その美女はクララを買ってしまおうとお持ち帰り。美女はクララを持つ月海とともに『天水館』まで来ると部屋まで見たいと言い出した。クララの恩人を良いことに美女は月海の部屋に勝手に泊まることにしてしまい…。

そして、次の朝、目覚めた月海が大声を出すことに。美女が上半身裸の男、鯉淵蔵之介(瀬戸康史)に変身していたのだ。蔵之介によると女装は趣味らしい。月海の声を聞きつけた住人たちが集まってくる。慌てる月海は『天水館』は男子禁制の尼寺のようなところだと蔵之介に説明。メイクを直した蔵之介が月海と部屋を出ると、独特な住人たちがいて…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年1月18日更新】
■ あらすじ(第2話  2018/1/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
修(工藤阿須加)のことが気になる月海(芳根京子)は、漫画のペン入れのアルバイト中も上の空。そんな中、天水館の水道管が破裂し、修理代20万円が必要になる。だが、実家からの仕送りに頼る月海たちに金はなく、遊びに来ていた蔵之介(瀬戸康史)はフリーマーケットや月海デザインの縫いぐるみ製作で金を稼がせる。その一方、修から天水館の周辺を取り壊す再開発計画を聞いた蔵之介は、計画を阻止してくるよう月海たちに促す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年1月24日更新】
■ あらすじ(第3話  2018/1/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ある日、月海(芳根京子)は蔵之介(瀬戸康史)に背中を押され、修(工藤阿須加)と人生初のデートへ。緊張する月海は蔵之介に言われた通り、眼鏡を外して何とか修と会話をする。その頃、蔵之介は天水館で月海のデッサンのクラゲをモチーフとした服作りに挑む。食事中、眼鏡をかけた月海を見た修は、彼女が天水館のオタク女子だと気付き、動揺。彼の異変を気にしつつも帰宅した月海は、蔵之介らとクラゲの服作りに熱中することになる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年1月31日更新】
■ あらすじ(第4話  2018/2/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
蔵之介(瀬戸康史)に会おうとしてオシャレ人間が集まるクラブに迷い込んだ月海(芳根京子)ら‘尼~ず’は、彼の友人・琴音(最上もが)から格好をばかにされ、改めて彼とは住む世界が違うと気付く。そんな中、蔵之介は琴音から、今度プロデュースするミュージックビデオにクラゲのドレスを使いたいと依頼される。そこで蔵之介は、別の衣装を天水館に持ち込み、これを基に3日で10枚のドレスを作ろうと月海らに話すが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年2月6日更新】
■ あらすじ(第5話  2018/2/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
 稲荷(泉里香)は、千絵子(富山えり子)の母で天水館の所有者・千世子(富山=2役)と買収の交渉をすべく韓国へ。それを知り絶望する月海(芳根京子)たち。慶一郎(北大路欣也)が今度のパーティーで再開発賛成を表明すると知った蔵之介(瀬戸康史)も焦り、パーティー当日にドレスのショーを開こうと月海らに提案。天水館を守るためこの案に乗った一同は、人形専門のドレス職人・ノムさん(安達祐実)を助っ人に、ドレス作りに励む。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年2月14日更新】
■ あらすじ(第6話  2018/2/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
蔵之介(瀬戸康史)が女装姿で再開発反対を訴えたことでマスコミが騒ぐ中、蔵之介は注目を利用して、クラゲのドレスを売り込む。一方、月海(芳根京子)は修(工藤阿須加)から、蔵之介には内緒でドレスを1着注文したいと頼まれる。ドレスの注文が次々入り、奔走する月海ら‘尼~ず’。だが、稲荷(泉里香)には頑張っても意味はないと言われ、蔵之介が連れてきた縫製会社の女性・ニーシャからも駄目出しを受け、落ち込んでしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年2月25日更新】
■ あらすじ(第7話  2018/2/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
修(工藤阿須加)から結婚前提に付き合いたいと手紙で告白された月海(芳根京子)は大混乱。一同も驚く中、オーナー・千世子(富山えり子)が天水館の売買契約のため帰国する。蔵之介(瀬戸康史)らは洋服販売で稼いで天水館を買い取りたいと訴えるが、相手にされない。ところが、肝心の権利証が見当たらず契約は延期に。実は千絵子(富山=2役)が権利証を隠したのだ。一同は、販促のための店を出して、一発逆転を狙おうとする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年3月3日更新】
■ あらすじ(第8話  2018/3/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
やり手のアパレル会社社長・カイ(賀来賢人)に認められた月海(芳根京子)がデザイナーとしてシンガポールに誘われた。だが、蔵之介(瀬戸康史)は拒否し月海を連れて去る。そんな中、稲荷(泉里香)から天水館の売却契約が終わったと告げられた‘尼~ず’は絶望する。蔵之介も打つ手なしの状況に落ち込むばかり。修(工藤阿須加)に連絡が付かず焦った月海は、カイに天水館を買ってもらう代わりにシンガポールに行くことを決める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年3月8日更新】
■ あらすじ(第9話  2018/3/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
天水館を守るためカイ(賀来賢人)の元へ行った月海(芳根京子)。蔵之介(瀬戸康史)と修(工藤阿須加)が居場所を捜し始める中、ジジ(木南晴夏)は天水館からいずれ出て行かなければならないのなら一人一人が自立すべきだと言い、‘尼~ず’の面々は働くことを決意する。一方、蔵之介はカイの会社のモデルオーディションに参加。カイの滞在するホテルを突き止めるが、そんな蔵之介の前にカイの部下・ファヨン(伊藤ゆみ)が現れる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年3月13日更新】
■ あらすじ(第10話  2018/3/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
月海(芳根京子)は天水館を出た‘尼~ず’一同と漫画喫茶で暮らし始める。そんな中、慶一郎(北大路欣也)が反対派に回り、再開発は見直されることに。ぼうぜん自失の稲荷(泉里香)と鯉淵家を訪れた佐々木(安井順平)は、息子たちのためではと嫌みを言うが、慶一郎ははぐらかす。一方、カイ(賀来賢人)から月海の才能を捨てさせるのかと言われた蔵之介(瀬戸康史)は、一からファッションの勉強をするためブランドを解散すると宣言。そこで最後のショーをやることになり、一同は再び天水館で服作りに挑む。

----------------------------------------------------------------------------------------
link09_c1.gif 

外部リンクD01-g031.gif
海月姫 東村アキコ|Kiss|作品紹介|講談社コミックプラス
TVアニメ「海月姫」公式サイト
映画『海月姫』公式サイト
海月姫 - フジテレビ

内部リンクD01-g031.gif
(2014☆秋)12月16~31日までに映画化される原作・コミック
2018年冬、月曜ドラマ『海月姫』



関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック