FC2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

(1月の特集本)永遠に生きる犬:ニューヨーク チョビ物語/竹内玲子(著)

kage

2018/01/05 (Fri)

2018年1月の特集本:動物の文庫①
犬の文庫

犬本に描かれる世界観は、世知辛い世の中とは無縁の”強い絆”で触れている。

恰好良くて頼りがいがあって、でもちょっとドジだけど、愛情表現が半端でない。

ここにあるのは、人間同士では得られない多幸感や、人間関係のなかで少なくなってしまった無償の愛そのものです。

人に対する”絶対的で圧倒的な信頼関係”である。

だから犬は相棒であり、パートナーであり、親友であり、兄弟である。

どうして犬たちは、こうも人を愛してくれるのだろう。

ぎゅっと抱きしめてくれるような深くて、深くて、大きな愛に満ちあふれた文庫を紹介。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

 永遠に生きる犬:ニューヨーク チョビ物語/竹内玲子(著)

永遠に生きる犬 ニューヨーク チョビ物語 (講談社文庫)/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp


Arikaアイコン(小)1運命? 一目惚れした子ハスキーと
NY在住のエッセイストが怒り、笑った犬と2人きりの約17年。 

ニューヨークで、ハスキー犬・チョビと暮らした日々を綴ったエッセイ。「5番街ゲットーを1周し、高級デパートをハシゴした後ロックフェラーセンターで」。チョビとのウィンドーショッピングや散歩のくだりは、犬好きにはたまらない。けれどチョビとの幸せな時間は確実に残り少なくなっていき……。 ニュージャージーのモールにあるペット・ショップで一目惚れしたハスキーの♀・チョビ。 アメリカニューヨークでの愛犬との生活、そして別れ。犬との暮らしが生き方を変えていく。 犬は可愛い、愛しい。 明るい著者とチョビに笑いっぱなし。「寂しさや悲しみ、喪失感や苦しみもまた、体になじんで良きものとなり、全てが自分のものになっていくような、それは誠に不思議な感覚である。」というのが印象的。高島礼子さんの「推薦のことば」も素敵です。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック