FC2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

このマンガがすごい!2012≪オトコ編≫

kage

2012/01/01 (Sun)

このマンガがすごい2012

2012年のオトコ編第1位は、原作・宮崎克、作画・吉本浩二の『ブラック・ジャック創作秘話 ~手塚治虫の仕事場から~』、オンナ編第1位は久住昌之が原作を手がける『花のズボラ飯』でした! 

手塚治虫の壮絶なマンガ(アニメ)製作の現場を描いた『ブラック・ジャック~』ですが、マンガの神様のあくなき探究心には驚きと感動すること間違いなしです! 

そして『花のズボラ飯』は水沢悦子が描く主人公・花さんの「うんまぁ~い!」恍惚食事シーンが話題に!!


このマンガがすごい! 2012

宝島社
売り上げランキング: 92,955






 オトコ編

★ 第1位 ★
『ブラック・ジャック創作秘話 ~手塚治虫の仕事場から~
宮崎克(作)吉本浩二(画)
(秋田書店) 113pt


「マンガの神様」が見せる本気の生き様の気迫!

ブラック・ジャック創作秘話 ~手塚治虫の仕事場から~ (少年チャンピオン・コミックス)

“漫画家は医者を創った。医者は漫画家を救った。”

漫画史にきらめく不朽の名作「ブラック・ジャック」!!

漫画の神様・手塚治虫先生の創作の現場を関係者の証言で再現するマンガ・ノンフィクション!!

Arika注目1hマンガの為なら命を削る気迫!
「マンガの神様」が見せる本気の生き様と鬼気迫る仕事ぶり!
 
深刻なスランプに陥ったのち、名作『ブラック・ジャック』をきっかけに第2次黄金期を迎えた「マンガの神様」こと手塚治虫。昭和40年代半ばの劇画ブームのなか、手塚は何を描いても売れず、アニメスタジオの虫プロモ倒産。失意の天才に「週刊少年チャンピオン」の名物編集長・壁村が声をかける―――という「創作秘話」はあっさり触れられるだけ。本編で語られるのは、そんな経緯でまた第一線に躍り出た手塚の凄まじい仕事ぶり。「1本でも10本でも同じ」と言って、来る注文拒まず。そのくせ面白さには妥協せず、空気を読まないアシスタントに「イマイチ」だったと言われたらまるで違うストーリーで描き直し、どんな過酷でも3つの案を出して編集者に意見を求める。創作の現場に立ち会った者たちは言う。「神様」は新人と同じ気持ちでマンガを描く「人間」だったと。マンガの神様というより、もはや「マンガの鬼神」!その情熱と執念を、多くの関係者への取材で再現した実録が今ここに!泥臭い絵柄で力強く描かれた尋常ならない汗量が鬼気迫る仕事ぶりを伝えられる。周囲を巻き込む「人間・手塚」の放つ魅力に触発され、不朽の名作を支えて命を削った人々の生き様を垣間見ると、2012年度のすごいマンガのオトコ編トップに輝いたは当然だろう。



★ 第2位 ★
『グラゼニ』
森高夕次(作)アダチケイジ(画)
(講談社) 105pt


グラウンドに埋まる銭を掘って掘って掘りまくれ!

グラゼニ(2) (モーニングコミックス)

年俸1800万vs.1億8000万!

「負けられませんよ……!給料『1対10』だけど……」


――プロ入り8年目で年俸1800万円の中継ぎ投手・凡田夏之介。

対戦相手の年俸チェックをするたびに気になるのは、「倍数」!

セ・リーグには夏之介と1歳違いで10倍もらってる選手が一人だけいる。

その選手は、試合前にもかかわらずクラブで豪遊&朝までチャンネーはべらかしていて……俄然意識しちゃうんです!!

Arika注目1hグランドに埋まる銭を掘って掘って掘りまくれ!
職業という観点からプロ野球選手にフォーカスした本作は、そんなプロ野球ファンが「こんなマンガが読みたかった!」と喝采した逸品。主人公・凡田夏之介の趣味は、選手名鑑でほかの選手の年俸をチェックすること。現役選手として脂が乗った年齢であるにもかかわらず、夏之介は引退後の不安に襲われ続ける。1800万円と年俸は同世代のサラリーマンと比べれば破格だが、プロ野球選手としては全然ダメ。運・不運も含めて数字がすべてという想像を絶するシビアな状況下で、プロ野球選手―――とりわけ1軍と2軍のボーダーラインにいる選手たちは戦っているのだ。原作者の森高夕次は野球マンガの第一人者・コージィ城倉の別名。一方、作画のアダチケイジは「モーニング・ツー」出身のニューカマー。年俸・数千万クラスのベテラン漫画家が、マンガ収入でいえば雀の涙であろうド新人とタッグを組んで、いきなりスマッシュヒットを飛ばしたという点もまた痛快で!野球マンガの新球種というか、「花形職業の地味な人」という着目点が最高!ありそうでなかった月見草のようなプロ野球選手たちの泥臭い生き様を、ユーモアペーストで包み込んでいる。なんとなく見ていたプロ野球がグランドに埋まる銭を少しでも掘り出すべく、マウンドで仕事をこなす「ドラマ」に見えてくる。プロ野球界は超格差社会だったんだね。



★ 第3位 ★
『ましろのおと』
羅川真里茂(講談社) 89pt


津軽三味線の音をマンガで感じる!?

ましろのおと(4) (講談社コミックス月刊マガジン)

「赤ちゃんと僕」「しゃにむにGO」羅川真里茂が贈る、今一番アツい津軽三味線×青春ストーリー!!

少女漫画界を牽引し続ける作家、羅川真里茂が次に飛び込んだフィールドは少年漫画。

テーマは『津軽三味線』。

「ずっと描きたかったテーマ」と羅川真里茂が語る、壮大な“自らの音を探す旅”がここに幕を開ける。

貴方の音もきっと見つかる。


津軽三味線甲子園「松吾郎杯」に向けて切磋琢磨する愛好会の面々。指導者・大俵先生の発案により“夏合宿”に向かうことに‥‥松吾郎杯まで残り僅かな時間の中、それぞれの課題を克服できるのか!? 雪の団体戦への出場を知り全国の猛者たちも動き出す!

Arika注目1h静かに、おちてはねる♪ 
津軽三味線の音をマンガで感じる!?

空気の振動で喚起される津軽三味線の音色。幼い頃から津軽三味線を習ってきた主人公・澤村雪は、師匠である祖父を亡くしたあとに単身上京。雪は社会性が乏しく、表現力が拙い。そんな彼が友人やライバルたちと交わり、感情を表出させ、そして自分だけの「音」を見つけていく。それは個人としてぶつかったり、愛好会のなかで自分の立ち位置を模索したり、雪の人間的成長がそのまま演奏力の向上と結びつくドラマ展開になっている津軽三味線を題材にした異色の音楽マンガ。日常で触れる機会が少ない音なのに、雪の最初の演奏シーンで津軽三味線をバチで叩くと、周囲の空気がビリビリと響き、空気を振るわす振動が伝わり、ハッキリとその音、その音楽を感じ魂を揺さぶられる。最新刊での雪は、高校の津軽三味線愛好会の仲間たちとともに津軽三味線甲子園出場を目指す。そこで雪は誰と出会い、どのような音を見つけ出すのか、より進化した彼の音を体感できることを心待ちにしたい。



★ 第4位 ★
『HUNTER×HUNTER』
冨樫義博(集英社) 86pt


「ジャンプ」の枠を超えたキメラアント編、ついに終幕!

HUNTER X HUNTER29 (ジャンプコミックス)

ユピーとプフの力により、王が復活。

だが王は一時的に記憶が混濁していた。

このチャンスに邪魔なコムギ抹殺を狙うプフ。

それを守るハンター達!!一方カイトの下へ向かったゴンは、ピトーの告白に衝撃を受け…。



★ 第5位 ★
『3月のライオン』
羽海野チカ(白泉社) 59pt


進むべき道を見つけた零の成長に涙

3月のライオン 6 (ジェッツコミックス)

学校で友達をかばったために、いじめに合うひな。

周りに負けず戦う彼女のために零はできることを必死に捜す。

零は元担任の林田先生に「お前にできることを一つずつやりなさい。」と諭され、ひなのために戦うことを誓う。

すべての読者の心を感動で震わす「3月のライオン」。戦いの第6巻ここに登場です。

arikaおすすめ

「今は勝ちたい どうしても勝ちたい」(6巻93ページ)
まわりの人々の思いを背負い新人戦の決勝に臨む零の横顔に風格が。

将棋に迷い、生きることにも迷っていた17歳のプロ棋士・桐山零がついに本気を見せる!これまで周りに支えられてきた零。しかし、学校で友だちをかばったためにいじめを受ける川本家の次女・ひなた、友人でライバルでもある二海堂の苦境、今まで彼らに励まされてきた零が、今度は彼らの思いを背負って立ち上がる。その若獅子のような凛々しい姿が胸を打つ。物語は燃え上がってきたが、新人戦の決勝の描写ほか、本作が描き出すのは青い炎のような静かな熱さだ。攻めるだけでなく、きちんと守る。それが今の零で、それこそ本物の強さ。繊細さだけでなく風格も感じさせてきた本作は、第4回マンガ大賞2011と、第35回講談社漫画賞(一般部門)をW受賞。しかも、このマンガすごいも毎年、順位をアップしているのもまたスゴイ!作品が持つ強さもまた本物になってきた。





★ 第6位 ★
『どげせん』
板垣恵介(協)RIN(著)
(日本文芸社) 57pt


前代未聞の「土下座マンガ」、登場ッッ!!

どげせん 3 (ニチブンコミックス)

無敗の守護神VS瀬戸!どちらが「下」なのか、大激突!?

土下座。それは、命への執着の究極形態、 命恋(いのちごい)である。 ヤクザに追われる女がいた。訳ありの女を助けたのは、1人の中年男。女を助けるために男のとった行動、それは…土下座だった。交差点のど真ん中で、何台もの車が行き交う中、土下座をしたまま男はヤクザに言う。 「この…通りでございます」「どうか…お赦しを」 ヤクザは踵を返し、男の前から立ち去った。平凡な中年男が、土下座によって本職のヤクザを追い込み、女を救ったのだ。 男の名は、樫宮高校教師・瀬戸発。食堂の頑固親父も一言居士の評論家も、彼の土下座の前に折れざるを得ない。今、瀬戸を中心にして、日本中に土下座旋風が吹き荒れようとしていた!!!!!



★ 第7位 ★
『あの日からのマンガ』
しりあがり寿(KADOKAWA) 56pt


「3・11」に真正面から挑んだ問題作、緊急出版!!

あの日からのマンガ (ビームコミックス)

3.11…史上最悪の震災によって、すべてが変わってしまったあの日。

それ以来、しりあがり寿は、誰にも追いつけないスピードとヴィヴィッドさで、東日本大震災をテーマにしたマンガを描き続けている。

震災からわずかひと月後に掲載され、ネットや新聞・雑誌などに大きな反響を呼んだ月刊コミックビーム発表作を中心に、朝日新聞夕刊連載の4コマ『地球防衛家のヒトビト』など、未曾有の危機の時代に挑むように、アグレッシブに天才が発し続けたマンガ作品を集め、今だからこそ、緊急出版。



★ 第8位 ★
『進撃の巨人』
諫山創(講談社) 55pt


巨人とはなんなのか? いよいよ核心へ!

進撃の巨人(6) (週刊少年マガジンコミックス)

巨人がすべてを支配する世界。

巨人の餌と化した人類は、巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。

だが、名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の闘いが始まってしまう。

エレンの生家に眠る「巨人の謎」を求め、壁外調査に乗り出した調査兵団。

そこにはアルミンやミカサらの姿も。

順調かと思われた道中、突如としてアルミンの前に「女型の巨人」が現れて陣形を破壊し‥‥。



★ 第9位 ★
『めしばな刑事タチバナ』
坂戸佐兵衛(作)旅井とり(画)
(徳間書店) 54pt


中年刑事が大衆グルメを「食っぴく」警察ドラマ!?

めしばな刑事タチバナ(3)[カップ焼きそば選手権] (TOKUMA COMICS)

「お前たち、食(しょ)っぴくぞ! ! 」

庶民派グルメ刑事タチバナが、B級・C級グルメについて熱~く薀蓄を語るリアルグルメコミック。


警視庁城西警察署刑事課に転属してきた立花刑事。風采のあがらないオヤジだが、実は本庁に籍を置いたこともあるエリートで、食についての知識は群を抜く。通称「めしばな」と呼ばれる変わりダネだ。捜査や取調べに得意の知識と情報を生かして事件の真相に迫る。第3巻ではカンヅメ、しょうが味噌ラーメン、袋入りカレーうどん、カップや焼きそば、世界の即席そばに関するウンチクが全面展開されます!痛快B級グルメ漫画!



★ 第10位 ★
『信長協奏曲』
石井あゆみ(小学館) 49pt


現代っ子のサブローが戦国時代を奔走!

信長協奏曲 5 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

戦国の梟雄・松永久秀登場!

上京したサブロー信長は、天下布武に向かって進み始める!

だが、将軍・足利義昭との関係は悪化の一途をたどり、連戦連勝を続ける越前・朝倉攻めでもまさかの事態がサブローを襲う!

絶体絶命の危機で、サブローの決断は!!?

ゲッサン掲載時に大反響を呼んだ「金ヶ崎編」完全収録!

待望の第5巻!!


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック