FC2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

このマンガがすごい!2012≪オンナ編≫

kage

2012/01/02 (Mon)

このマンガがすごい2012

2012年のオトコ編第1位は、原作・宮崎克、作画・吉本浩二の『ブラック・ジャック創作秘話 ~手塚治虫の仕事場から~』、オンナ編第1位は久住昌之が原作を手がける『花のズボラ飯』でした! 

手塚治虫の壮絶なマンガ(アニメ)製作の現場を描いた『ブラック・ジャック~』ですが、マンガの神様のあくなき探究心には驚きと感動すること間違いなしです! 

そして『花のズボラ飯』は水沢悦子が描く主人公・花さんの「うんまぁ~い!」恍惚食事シーンが話題に!!


このマンガがすごい! 2012

宝島社
売り上げランキング: 92,955




 オンナ編

★ 第1位 ★
『花のズボラ飯』  
久住昌之(作) 水沢悦子(画)
(秋田書店) 123pt


30歳かわいい人妻の奔放な「うんま~い」飯百景

花のズボラ飯

とにかくかわいい! とにかくおいしそう!

谷口ジロー先生もジョージ朝倉先生も今日マチ子先生もTAGRO先生も…みんな花が大好き!

連載開始時から話題騒然!


本作は2009年6月号から婦人漫画誌『エレガンスイブ』で始まったグルメ・ショートコミック。

原作は超ロングセラー漫画『孤独のグルメ』の久住昌之、作 画は日本一女の子をかわいく描ける漫画家・水沢悦子。

驚異のコンビが、かわいくって、おかしくって、でもちょっぴり寂しいときもある一人暮らしの主婦・花 の毎日を描きます。

誰も予想し得なかった、新しい『孤独のグルメ』の誕生です。

【あらすじ】単身赴任の夫を持つ主婦、駒沢花(こまざわ・はな)、30歳。花は今日も自分のためだけに、ズボラだけど美味しいご飯を作ります!

Arika注目1h発売されるや否や話題騒然!!!
日本全国にズボラ飯ブームを巻き起こし、このマンガがすごい!
 
オンナ編第1位に輝いたグルメコミック! 『孤独のグルメ』の原作者・久住昌之が、甘い絵柄を得意とする水沢悦子を作画担当に迎え、主婦向けの『エレガンスイブ』誌上にて30歳主婦の「ズボラ」な自炊風景を描く驚き。単身赴任の夫を持つ主婦・花は、今日もひとりごはん。もちろんズボラしちゃいます。花の「ズバラ」ぶりは徹底している。もちろん、わざわざ特別な食材を買ったりはしない(ただし、「ゴロさん」と一緒の時は別💛)。花の「うんま~い」顔は、特別な食材なんてなくたって「食べる」行為自体が、「幸せ」だということを私たちに思い出させてくれる。一見自由で幸せな花だが、単身赴任の夫、子なし、仕事はアルバイト…と考えてみれば、実態は疑似的な「孤独」状態ともいえる。少しの不安を、目の前のご飯を楽しんで埋めるオンナの孤独との付き合い方がそこにある。オトコの孤独を描いてきた久住昌之が、水沢悦子という新しい力を得て、いま、オンナの「孤独」を描く。おいしくて可愛いグルメ・ショート! もちろんズボラ飯のレシピも満載! 花と一緒に、笑って、泣いて、お腹を空かせてください!



★ 第2位 ★
『昭和元禄落語心中』
雲田はるこ(講談社) 112pt


ムショ帰りの与太郎が請うは、昭和最後の大名人の弟子

昭和元禄落語心中(1) (ITANコミックス)

満期で出所の模範囚。だれが呼んだか名は与太郎。

娑婆に放たれ向かった先は、人生うずまく町の寄席。

昭和最後の大名人・八雲がムショで演った「死神」が忘れられず、生きる道は噺家と心に決めておりました。

弟子など取らぬ八雲師匠。惚れて泣きつく与太郎やいかに……!?

昭和元禄落語心中・与太郎放浪篇、いざ幕開け!!

Arika注目1h粋な師匠と弟子との絡みにもニンマリ。
人気急上昇中の実力派が心底惚れ込む落語の世界へようこそ!
 
ずば抜けた人間描写で他を圧倒する漫画家・雲田はるこ。そんな雲田さんが、同じく「人間描写」を生業とする噺家さんを題材に挑むときたら、面白くないはずがありません。「いかにもうまく落語を演じるか」に重点を置いた作品が多い落語マンガのなかにあって、本作は、過去にあった出来事や絡み合う人と人の思惑など、人間描写が中心となっている。本来、落語とは日常のなかに潜むおかしみや哀しみ、恐れなどをすくい取るもの。だからこそ、登場人物が背負うストーリーをふまえて高座のシーンを読むと、その趣いっそう味わい深いものになる。登場するのは、自分の道を信じて疑わないムショ帰りの与太郎こと強次と、その師匠で洗練された芸を持つ当代一の落語家・八雲、その盟友の娘である小夏、もはや老練の域に入った老噺家とその弟子……。昭和という時代と、落語の世界との親和性の高さ。絵柄も素敵で、一見クラシカルな絵柄と思いきや、高座にあがった八雲が発散する色気や繊細な指の動きに、心情を物語る目の動き、しなの作り方など。特に1巻65ページで、高座で艶っぽい女を演じ、上方の名人・萬歳師匠の息子をして「あんな女と寝てみたい」と言わせしめた八雲の芸、色気だだ漏れ!のシーンはBL腐女子的にもたまらん艶っぽさ。粋な師匠と弟子との絡みにもニンマリ。また「死神」という題目は、作中で重要な位置を占める噺の1つ。大名人・八雲の「死神」に引き込まれてゆく与太郎の目つきの鋭さにヤバいものに出逢ってしまったワクワク感が滲みでている「うまさ」を痛感させられる。一見、白い画面もまた、、適度な緊張感や絶妙な間合いを生み出している。優れた作品は未知なる世界へ読者を誘う道するべで。人気急上昇中の実力派が心底惚れ込む落語の世界へ誘う。



★ 第3位 ★
『うどんの女』
えすとえむ(祥伝社) 80pt


35歳女子と21歳男子のもどかしい年の差ラブ

うどんの女 (Feelコミックス)

年齢のわりにはなかなかいいラインを保っている――と鏡を見て自己評価する食堂のおばちゃん(?)村田チカと美大生・木野はお互いが気になる存在。

きっかけが掴めないふたりに、チカの元ダンナで講師の田中まで絡んで来て…。

35歳バツイチ女×21歳草食美大生の真剣恋愛!

描きおろし後日談収録。

Arika注目1h食とエロは表裏一体、
うどんがきっかけで始まる14歳の年の差恋愛模様!
 
美大の学食で働く35歳のバツイチ女と、21歳の男子学生の年の差ラブ。毎日毎日、94円の素うどんを食べにくる線の細い学生が、だんだん気になってくる村田さん。「おばちゃん、うどん」などと無残な呼称で注文を受けているのにもかかわらず、「もしかしたら私のことを?」と妄想を繰り広げる。一方、21歳の美大生・キノくんも、単なる学食のおばちゃんだと思っていた彼女の華やかな私服とギャップに、妄想モードに突入。もどかしい気持ちをキャンパスに叩きつけた結果、じつに官能的なうどんの絵が完成する。それを繁々と眺めながら「色気がある」などと評価する田中先生が村田さんの元旦那だったりするのだが、三角関係のドロドロは描かれず、キノくんの妄想が膨らんでいくだけ……という演出が良い。互いの気持ちを確認しあってからは、改めて年の差という壁が立ちはだかるのだが、ここで下手に落とさないところが、えすとえむの才媛たるゆえんで、軽妙な二人のやりとりのなかに繊細な駆け引きが行われる終盤のシークエストなシーンには膝を打ってニヤニヤ。惜しむのは単巻で完結したこと。二人のその後が気になるけれど、腹八分目くらいが丁度いいかも。食とエロは表裏一体と言うけれど、うどんがこんなにエロく官能的とは!?オバサーにはわかる、煮え切らなさともどかしさがたまらなさ。学食のおばさん×イケメン学生という熟女AVのごとき設定とタイトルも、えすとえむの手にかかれば、無理なく読ませる上質なロマコメに仕上がるのだから脱帽です。スタイリッシュな作風とユニークな視点が持ち味のえすとえむ氏。主戦場にしてきたBL誌、ヤングレディース誌のみならず、青年誌(「月刊「IKKI」にて『Golond‐nina ゴロンドりーナ』連載中)にも進出するなど、活躍の場をさらに広げている模様。



★ 第4位 ★
『姉の結婚』
西炯子(小学館) 78pt


恋愛を下りたアラフォー女性の揺れる心

姉の結婚(2) (フラワーコミックスα)

オトナの女性に贈るラブストーリーの新定番

女、岩谷ヨリ。色恋沙汰に疲れ、故郷に戻り、図書館勤務の地味なシングルライフを送るつもりだったアラフォー女子。

男、真木誠。「ホワイトポーク」とあだ名された暗黒の中学時代を経て、別人のように生まれ変わったイケメン精神科医。

出会うはずのなかった2人が、出会うべくして出会ってしまった…!?

恋愛とは? 結婚とは? そして不倫とは…?

男女間最大のテーマにズバリ切り込んだ西炯子の新・恋愛バイブル最新刊!



★ 第5位 ★
『地上はポケットの中の庭』
田中相(講談社) 91pt


幸福とは何かを庭のなかから見つめる

地上はポケットの中の庭(1) (ITANコミックス)

紅茶の香りに似たアザミが咲きほこる庭、人の言葉を話すコガネムシがやってくる庭、焼きたてのミラベルのタルトと笑い声に包まれた庭、47歩先に壊れたアシカのプールが見える庭……。さまざまな“庭”を舞台に、生きるものの繋がりを描くITAN掲載シリーズをはじめ、満場一致で大賞を受賞したデビュー作を含む短編5作を収録。人間の愛しさを豊かに伝える鮮烈な才能!



★ 第6位 ★
『ちはやふる』
末次由紀(講談社) 57pt


競技かるたにかける情熱があふれ出る!

ちはやふる(15) (BE LOVE KC)

全国大会団体戦、決勝トーナメント。

各ブロック予選を勝ち上がった強豪8校がぶつかりあう負けたら終わりの勝ち抜き戦。

そこには、千早たちが目に焼き付けたクイーン位挑戦者決定戦の舞台を知る逢坂恵夢の姿も――。

“クイーン候補”率いる注目校の猛攻に、瑞沢高校かるた部は!?


高校かるた選手権、団体戦決勝トーナメント。千早たち瑞沢高校は精鋭ぞろいの常勝校・富士崎と対戦。それぞれが格の違いを感じるほどに手強く苦戦を強いられるなか、同じタイプ「感じのいい」理音とあたった千早は、これ以上離されてはいけないと、流れを引き寄せるために果敢に攻めにいく。しかし札に飛び込んでいった矢先、その指に激痛が走る。窮地に立たされた千早は…? 太一の戦いが運命の鍵を握る決戦の15巻。



★ 第7位 ★
『海街diary』
吉田秋生(小学館) 56pt


傷ついても、人は立ち直れると信じたい――

海街diary 4 帰れない ふたり(flowers コミックス)

鎌倉に移り住んで2年。

季節は巡り、大人になりゆく中学生・すずに、恋のさざ波が…!?

家族の情景を鮮やかに、優しく切り取った感動物語。



★ 第8位 ★
『ぴんとこな』
嶋木あこ(小学館) 55pt


歌舞伎に打ち込む“ぴんとこな”な男たち!

ぴんとこな 5 (Cheeseフラワーコミックス)

歌舞伎への自信もあやめも失い、自暴自棄になる一弥。そんな一弥の様子に、恭之助は、あやめを傷つけたことを責めることも忘れ、衝撃をうける。さらに、一弥は驚くべきことを伝える。『もういいんですカブキやめるつもりですから』一弥の引退発言を受け、想像以上に狼狽えてる自分に驚く恭之助だが、その気持ちの正体は分からない。恭之助にとって、目障りな存在のはずの一弥。だけど、辞めてほしくない。一弥に何とか引退を思いとどまらせようと、恭之助はある行動に出る――!



★ 第9位 ★
『ミラーボール・フラッシング・マジック』
ヤマシタトモコ(祥伝社) 50pt


欲望と純情が交錯するホンネの短編集

ミラーボール・フラッシング・マジック (Feelコミックス)

純愛は欲望を呼ぶ――

中学生に口説かれる女、夫に肉体交渉する妻、10年来の片想いが終わる女、毒舌教師の裸を妄想する男子高生、すけべなシングルマザーの赤子を抱く悪人……など、恋と欲望、友情を凝縮した10編を収録。濃密かつ爽やかな強力作品集!年の差愛にまつわる描き下ろし3編を収録。『アイアムアヒーロー』の花沢健吾、推薦!



★ 第10位 ★
『ライアー×ライアー』
金田一蓮十郎(講談社) 46pt  


弟が恋した相手は……女子高生姿の姉(わたし)だった!

ライアー×ライアー(2) (デザートコミックス)

義弟×私×あこがれの人=禁断の同時進行!!?

まさかの……モテ期なのか!!?


高槻湊(たかつき・みなと)20歳。友達の高校時代の制服で変身中、義理の弟・透(とおる)に別人として惚れられてしまい、その透の一途さに押され、一度つきあうことに……!

しかし、タイミング悪く小学生の時のあこがれの人・烏丸(からすま)くんからも告白をされてしまって!?

話題沸騰!二重恋愛コメディー第2巻!




関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック