FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

このマンガがすごい!2014≪オトコ編≫

kage

2014/01/01 (Wed)

このマンガがすごい2014あ

2014年オトコ編は松井優征の『暗殺教室』が、

オンナ編は 穂積の『さよならソルシエ』がそれぞれ第1位に輝いた。

『暗殺教室』は2016年にた実写映画も公開され、フルCGの「殺せんせー」が話題となりました。

『さよならソルシエ』は『式の前日』『うせものの宿』でおなじみの著者・穂積の初連載作。

2016年にミュージカルも上演されています。

さらに、2位以降には日本一超絶クール、いや超絶クーレストな七三メガネ男子が登場!?


このマンガがすごい! 2014/宝島社

¥価格不明
Amazon.co.jp




 オトコ編

★ 第1位 ★
『暗殺教室』  
松井優征(集英社) 116pt


暗殺者は生徒、暗殺対象は超生物の殺せんせー!  

暗殺教室 6 (ジャンプコミックスDIGITAL)

殺せんせー最大の弱点は水!?

水殺の機会を窺うE組の生徒達だが、妨害工作を行う裏切り者が現れる。

彼の手引きをしていたのは、あの2人だった──!!

Arika注目1h教育への幻想が死に絶えた学校が「暗殺教室」に!? 
満月を永遠に三日月に変えた超パワーの先生が標的、生徒達は殺し屋。起立、礼の後に弾幕の嵐! 学級崩壊どころじゃない緊張がみなぎるはずの教室は、殺意と和気藹々がブレンドされた空間。マッハ20で弾幕をかいくぐって出欠をとる超生物に、ついた名前が『殺せん』+先生=殺せんせー。タコみたいなラクガキ顔と触手を持つ怪物は、軍隊さえ舐めきってる絶望的な力の差の証。人類を地球ごと消し去ろうという殺せんせーが担任する3年E組は、妙に明るい。進学校の勉強についていけない落ちこぼれ、「エンド」の「E」たちは100憶円の報酬を約束されて即席の殺し屋とされたのだ。選ばれた人間は勝ち続け、秀でるべきでない人間は常に下に向け続ける。そんな『教育方針』に踏みつけられるE組に、殺せんせーは一人ひとりに真摯に向き合い指導する。生徒にとっては懐の深い大人であり、一致団結できる共通の敵である。E組をつなぐのは「暗殺」、死が分かつまで続く腐れ縁である。こんな異常な教室はありえない。が、ありえないから、「劣等生たちが世界を救う」というファンタジーと、身もフタもない学力格差のリアルが直結して胸を打つ。果たして、E組の本当の敵は殺せんせー? それとも学力格差社会?やりつくされた感のある教師モノにこんな鉱脈が!と驚きとともに作家の”技”にうならされる。

ここに注目
夏休みが終わり、2学期からは応用、実践編に。時には間違ったりもしながら、身につけた技術や教訓を駆使してまとまり、答えを見つけ、成長していくE組の姿。
触手の秘密は殺せんせーの過去と物語の核心に深くかかわっているようだ! 
殺伐とした設定なのに、笑いあり、ときに感動ありという構成がとても素敵。




★ 第2位 ★
『坂本ですが?』  
佐野菜見(KADOKAWA) 88pt


七三×メガネの超イケメン、そのスタイリッシュすぎる日常

坂本ですが? 2 (ビームコミックス)

見るもの全てを魅了する、クーレスト高校生・坂本の学園生活。

入学以来、県立学文高校の注目の的であり続ける坂本に、様々な脅威が立ちはだかる。

同級生・久保田の母親、角刈りの体育教師・角田、そして2年をしめるカリスマヤンキー・8823(ハヤブサ)……。

坂本と、そのスタイリッシュに引き寄せられた者たちとの戦いを描く第2巻!

Arika注目1h重版に次ぐ重版でスタイリッシュ旋風のカッコよさ!
蜂のように舞いハチのように刺すクール&エレガンス男子⁉
 
超イケメン高校生・坂本、その高校生活は彼専用のビッグステージといってもいいほど。教室のドアに仕掛けられた黒板拭きをエレガントなポーズでキャッチ。椅子と机を隠されれば、窓辺に腰をかけてみせアンニュイなムードで女子の嬌声を浴びる。教室に侵入した蜂を、コンパスで豆つかみで撃退。ボヤを消すのに、高速の反複横跳びで風を起こして消火、と思いきや振動でピンチを外部に伝えるのが実は真意だったりする。 要するに「毎回なんでそんなにいちいちスタイリッシュというメンドクサい行動を選ぶんだっ!?」とツッコミたくなるトンデモキャラなのだが、そのトンデモっぷりがエレガントすぎて、ギャグ要素を突き抜けて、いつしか彼の馬鹿馬鹿しいほどの華麗さに見惚れてしまう。それは、坂本の同級生よろしく、完全に彼の華麗なる世界観に巻き込まれていく。いつでもクールさを失わず、どんな相手にも礼儀正しく振る舞うのが流儀。最終的に相手をやりこめても、恨みは買わない。その手腕の華麗さにコワモテの不良すら「キュ~ン」としてしまう。不良には媚びず、しかしいじめられっ子にも安易な同情は寄せず、背中を押す。コトを荒立てずに問題解決に導くが、いわゆるジェントルマンでもなく、とにかく狂気と紙一重の攻撃性を見せつける危うい魅力がたまらない。たとえ何かに失敗しようとも全てが絵になる男、それが坂本だ。あくまで自分の美学と論理に添って行動する性格とお見受けするが、その底知れなさから読者は目が離せない!

ここに注目
主人公よりリアクションをがんばる、脇がいい仕事をしている。
意外だらけの行動はページをめくるまで何が起こるのかまったく予測不能!どんなにピンチに見舞われても、優美な笑顔と知的で対抗。一般人の想像のナナメ上をいく行動をとる。
スタイリッシュでもおバカはおバカ、日常的なテーマをここまでおもしろく出来るのは素晴らしい。




★ 第3位 ★
『亜人』  
桜井画門 
第1巻はストーリー担当 三浦追儺
(講談社) 83pt


絶対不死者・亜人に隠された真相とは……!?

亜人(3) (アフタヌーンコミックス)

既存の人類との共生か、それとも敵対か――。

亜人となった永井圭が最初に接触を試みた同朋、「帽子」こと佐藤の正体は凶暴なテロリストであった。

自分に凄惨な人体実験を行った当局の研究員の命をめぐって、永井圭は皮肉にも佐藤との全面対決に踏みきる。

Arika注目1h上半期に大ブレークしたホラー・ファンタジー⁉
目隠しの隙間から見るような、手が止まらない困った一作。
 
2013年の梅雨ごろ、全国の書店から忽然と姿を消した作品がある。それが『亜人』。3月に第1巻が発売されると、ダークな世界観や亜人の設定を活かしたバトル・シーンが口コミとネットでじわじわと高評を博し、第2巻の発売を機に大ブレーク!「『(衝撃の)巨人』の次は『亜人』か⁉」と、センセーショナルな評価が世間の耳をさらった。

人類にとって亜人の存在は厄介このうえない。「死なない」だけで外見上は変わらない。だが、死なない人間に対して、既存な社会規範や意識は無力。そのことは、研究所を襲撃した亜人・佐藤の戦術を見ても明らかである。死亡と蘇生を繰り返しながら突撃してくる相手なんて、防御がしようがない。亜人同士がコミュニケーションを形成するようになれば、これまでの人類が築き上げてきた社会秩序は崩壊してしまう。だからこそ人類は、亜人を捕まえて管理下に置き、確実に殺す方法や利用方針を考えるしかない。そういった人類側の行動に、既存の「支配I被支配」の構造が覆されることへの恐怖が、通奏低音として存在する。亜人というファンタジーな姿を借りているが、この作品は「現代の恐怖」に立ち向かっている。

物語冒頭、主人公・圭は、同級生の目を気にするあまり、目立つ存在(=旧友の海斗)を無視してしまう。私たちは身のまわりの「亜人」を、作中の人類同様、暗黙のうちに殺していないだろうか。同調圧力の奴隷になっていやしないか。「不死」の亜人も、まわりの人に「不死」だってことに目をつむってもらえれば丸く収まるだけに、スルースキルの大切さを痛感させる⁉ 

ここに注目
「死なない」亜人独特な戦い方が新鮮と同時に、死ねない主人公は、どのような未来を選び取るのか。興味はつきない。
どこか壊れた男の子、永井圭の、時折見せる優しさに救いを見る。ああ、"この子達"はどうなってしまうのか。?永井の考えている事、感じている事が掴めない。主人公は誰なんだ?
佐藤に狂気を感じる。人を殺すことが好きだし、言葉にフェイクはあるし、観衆を味方につけ、大きなことをやろうとしている。頭がキレるのが正しいのか…亜人の正体は不明だ!!!




★ 第4位 ★
『重版出来!』
松田奈緒子(小学館) 82pt


本気で仕事する快感に目頭が熱い!

重版出来!(2) (ビッグコミックス)

今年の話題騒然作、出版業界チーム戦記!!

編集者から書店員までのチーム戦!!

新米編集者が味わう漫画リアル奮闘記。

チームで漫画を仕掛ける戦略、矜持、涙。興奮。

本気の醍醐味、極上の元気をあなたへ贈ります!!



★ 第5位 ★
『七つの大罪』
鈴木央(講談社) 76pt


剣と魔法×浪花節の豪速球ファンタジー!

七つの大罪(5) (週刊少年マガジンコミックス)

メリオダス、英雄か死神か……!?

団長メリオダス、巨人族ディアンヌ、不死者バン、妖精王キングと四人の仲間が集った〈七つの大罪〉。

しかし、聖騎士は不気味に軍備の増強をつづけ、ついに、恐るべき魔神の力をも利用しようとしていた!

聖騎士に対抗し、民を救うため、〈七つの大罪〉陣営が集めるべきは、残る三人の仲間と六つの神器!

聖騎士vs.〈七つの大罪〉!

渦巻く因縁は、辺境の街バイゼルで激突する!!



★ 第6位 ★
『進撃の巨人』
諫山創(講談社) 74pt


巨人VS巨人! そして、まさかの敗北! 予想外にもほどがある!!

進撃の巨人(12) (週刊少年マガジンコミックス)

巨人がすべてを支配する世界。

巨人の餌と化した人類は、巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。

だが、名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の闘いが始まってしまう。


超大型巨人と鎧の巨人の正体が発覚。エレンとユミルは、彼らに連れ去られてしまう。二人を奪還すべく調査兵団が動き始めるが、エレンとユミルの間に亀裂が走り……!! かつて苦楽を共にした104期の仲間達が、敵味方にわかれて戦うことに!



★ 第7位 ★
『ひきだしにテラリウム』
九井諒子(イースト・プレス) 72pt


圧倒的な才能! これぞ、マンガならではのショートショート

ひきだしにテラリウム

ようこそ、ショートショートのワンダーランドへ。

笑顔と涙、驚きと共感。

コメディ、昔話、ファンタジー、SF……

新進の気鋭、九井諒子が描く万華鏡のようにきらめく掌編33篇。

Web文芸誌マトグロッソでの、
2011年8月~2012年12月の約1年半の連載分全篇のほか、
「えぐちみ代このスットコ訪問記 トーワ国編」「神のみぞ知る」、描き下ろし作品も収録。



★ 第8位 ★
『甘々と稲妻』
雨隠ギド(講談社) 64pt


子育て×淡い恋(?) 料理コミックブームの枠にとどまらない

甘々と稲妻(1) (アフタヌーンKC)

妻を亡くし、ひとりで娘の子育てに奮戦する数学教師・犬塚。

料理が苦手で小食で味オンチな彼は、

ひょんなことから教え子・飯田小鳥と、一緒にごはんを作って娘と3人で食べることに!!

月刊「good!アフタヌーン」誌上で連載開始当初から話題沸騰!

愛娘&女子高生と囲む、両手に花の食卓ドラマ、開幕です!!



★ 第9位 ★
『オンノジ』
施川ユウキ(秋田書店) 63pt


3・11直後から綴られた少年と少女の始まりの物語

オンノジ (ヤングチャンピオン・コミックス) (ヤングチャンピオンコミックス)

鳥と少女と無人街。 非日常系ギャグ4コマ!!

ある日突然、世界から人がいなくなり、ひとりきりになった少女・ミヤコ。

少し奇妙な無人の街で過ごすうち、“何か"の存在に気付いたミヤコは それをオンノジと名付けてーー。

笑ったり、驚いたり、そして泣いたり。

非日常世界で暮らす少女とオンノジの日常4コマ。



★ 第10位 ★
『宝石の国』
市川春子(講談社) 62pt


天才漫画家の初長編作品は“宝石擬人化”マンガ!?

宝石の国(1) (アフタヌーンコミックス)

今から遠い未来。地上の生物が海に沈み、海底の微小な生物に食われて無機物となり、長い時間をかけて結晶となった宝石生命体、のような存在が生まれた。その宝石のカラダを持つ28人は、彼らを装飾品にしようと襲い掛かる月人(つきじん)に備えるべく、戦闘や医療などそれぞれの持ち場についていた。月人と戦うことを望みながら、何も役割を与えられていなかったフォスは、宝石たちを束ねる金剛先生から博物誌を編むように頼まれる。漫画界で最も美しい才能が描く、戦う宝石たちの物語。

今から遠い未来、宝石のカラダを持つ28人は、彼らを装飾品にしようと襲い掛かる月人に備えるべく、戦闘や医療などそれぞれの持ち場についていた。月人と戦うことを望みながら、何も役割を与えられていなかったフォスは、宝石たちを束ねる金剛先生から博物誌を編むように頼まれる。


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック