FC2ブログ
2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

(1月の特集本)ベルナのしっぽ/ 郡司ななえ(著) きたやま ようこ (イラスト)

kage

2018/01/12 (Fri)

2018年1月の特集本:動物の文庫①
犬の文庫

犬本に描かれる世界観は、世知辛い世の中とは無縁の”強い絆”で触れている。

恰好良くて頼りがいがあって、でもちょっとドジだけど、愛情表現が半端でない。

ここにあるのは、人間同士では得られない多幸感や、人間関係のなかで少なくなってしまった無償の愛そのものです。

人に対する”絶対的で圧倒的な信頼関係”である。

だから犬は相棒であり、パートナーであり、親友であり、兄弟である。

どうして犬たちは、こうも人を愛してくれるのだろう。

ぎゅっと抱きしめてくれるような深くて、深くて、大きな愛に満ちあふれた文庫を紹介。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

 ベルナのしっぽ/ 郡司ななえ(著) きたやま ようこ (イラスト)

ベルナのしっぽ (角川文庫)/角川書店

¥価格不明
Amazon.co.jp

「郡司さん、ベルナです。黒のラブラドール種、メス、一歳六カ月、大型犬です」…27歳で失明した著者は、子育てをするため、犬嫌いを克服して盲導犬とパートナーを組む決意をする。訓練所でのベルナとの出会いには、とまどいを隠せなかったが、タバコの火をおしつけられてもほえもせず逃げずにじっと我慢するベルナとの間に、やがて強く確かな絆が結ばれていく。しかし、家族の大事な一員となったベルナとも、やがて別れの時が…。人間と犬という境を越えて育まれた感動の愛の物語。

Arikaアイコン(小)1盲導犬の賢さと、
人間よりよっぽどあるであろう忍耐力は見習わないとです。

大人になってから盲目となった著者と盲導犬の一生を愛情たっぷりで綴られた書。ベーチェット病により27歳で失明した著者。幼少のトラウマで犬嫌いだったが、赤ちゃんの育児を行うために一大決心で盲導犬と共に生きる道を選ぶ。そして訓練所で出会ったラブラドールレトリバーのベルナとのふれあいと成長を描いていく。盲導犬の育成の厳しさ、共に生きるパートナーの資格、知らなかった裏側。必要な人へのサポートが昔より充実してきた今でこそ、心無い人の言葉や行為は無くならない。その発端の多くは無知が引き起こす。様々な試練を共に過ごした彼女のプライドと愛情表現、そして最期の時が胸を締め付けられる。盲導犬とその飼い主の繋がり、絆が生まれるまでの苦難、盲導犬との生活が当たり前になってからのラストシーン。全てが感動で心の奥から感情が湧いてきてしまうグッとくる物語。盲導犬の話は、何度か見たり聞いたりしたことがあるけれど、盲導犬になる訓練は相当なものなんだろうな。素質も当然必要でしょうが。ベルナがとってもキュート!盲導犬の賢さと、人間よりよっぽどあるであろう忍耐力は見習わないと。ベルナとの別れは辛かったと思いますが、幹太くんの「心のなかで生きている」って言葉がよかったです。



Arikaシネマ2014b4

★1998年3月6日 

フジテレビ系「金曜エンタテイメント」 21:00-22:52

 愛と感動の実話・さよなら盲導犬ベルナ

■キャスト(テレビドラマ)
ななえ - 大竹しのぶ
郡司幸治 - 内藤剛志
綿引勝彦
名古屋章
中原早苗
下川辰平
水野久美
大高力也

■スタッフ(テレビドラマ)
原作 - 郡司ななえ
脚本 - 南ちひろ

Arikaシネマ2014b5

 ベルナのしっぽ   【2006年9月30日公開】

ベルナのしっぽ [レンタル落ち]/作者不明

¥価格不明
Amazon.co.jp

■キャスト(映画)
元永しずく - 白石美帆
元永隆一 - 田辺誠一
塚田俊子 - 市毛良枝
伊藤啓子 - 板谷由夏
鈴木美樹子 - 根岸季衣
稲垣道雄 - 北見敏之
樫山徹 - 螢雪次朗
元永隆太 - 中村咲哉
タバコの男 - 津田寛治
井上勇造 - 伊藤洋三郎
駅員 - 佐藤正宏

■スタッフ(映画)
監督 - 山口晃二
脚本 - 鈴木智
音楽 - 和田貴史
主題歌 - 広瀬香美「情熱+」
製作総指揮 - 井川幸広、奥山和由、川野真寛
製作者 - 福田浩幸、岡田菜実代
プロデューサー - 中林千賀子
キャスティング - 星久美子
撮影 - 釘宮慎治
照明 - 田辺浩
製作 - 有限会社BSプロジェクト(クリーク&リバー社、インベストメントデザイン)
配給 - シネカノンパブリシャーズ
上映時間 - 102分


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック