FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

2018年冬、連続ドラマW『バイバイ、ブラックバード』

kage

2018/03/24 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★2月17日スタート 

WOWOWプライム 毎週土曜 22:00~23:00

 連続ドラマW「バイバイ、ブラックバード」

Arika注目1h伊坂幸太郎、初の連続ドラマ!

伊坂幸太郎の小説、初の連続ドラマがWOWOWに登場します!

伊坂さんは堺雅人さん主演で映画化され、本屋大賞も受賞した「ゴールデンスランバー」などで知られる人気エンタメ作家。

主演に高良健吾、相手役に城田優。共演には石橋杏奈、前田敦子、臼田あさ美、戸塚祥太(A.B.C-Z)、板谷由夏ら豪華キャストが結集!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:伊坂幸太郎「バイバイ、ブラックバード」(双葉文庫)
脚本:鈴木謙一
監督:森義隆
音楽: 安川午朗
プロデューサー:武田吉孝、平体雄二、宮田幸太郎

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
星野一彦:高良健吾多額の借金を抱え、5人の女性と付き合う5股男
“謎の組織”への借金のかたに連れ去られる運命となった、無職の青年。会って引かれる女性全てと付き合うため、いつの間にか5股をかけてしまうようなダメ男だが、憎めない性格で根は優しいのだが、悪気なく結果的に誰かを傷つけている。母親を突然の事故で亡くしたトラウマから、自分が姿を消す前に女性たちにきちんと別れを告げたいと、繭美に願い出る。

繭美:城田優星野一彦を見張る“怪女”
“謎の組織”から、星野を監視するために派遣された女性。「身長3m、体重200kg、金髪でハーフ」と本人もうそぶく男性プロレスラー並みの体形で、強烈なインパクトを放つ。そのうえ「常識」「愛想」「悩み」「色気」「上品」など、自分に必要のない単語を黒く塗りつぶした“マイ辞書”を持っており、誰に対しても「おまえ」呼ばわりする。

廣瀬あかり:石橋杏奈
不倫明け女子。フラッとひとりで訪れた苺狩りで星野と出会い、不倫地獄から救われる。可愛らしい見た目とは裏腹、繭美に対して臆することなく言い返す、気の強い性格。

霜月りさ子:板谷由夏
バツイチのシングルマザー。元夫の浮気が原因で離婚後、息子の海斗と2人暮らしをしている。大手銀行勤務。映画『フレンチ・コネクション』のごとく、車を持っていかれ狼狽している星野のところにりさ子が通りかかり、星野の話に耳を傾けたことから交際がスタート。

如月ユミ:前田敦子……第3話に登場。
ひとりキャッツアイ。ロープ一本で“ビルから降りたい”という野望を持つ。ロープ片手に怪しい恰好で深夜に徘徊していたところ、星野に声をかけられる。人が嘘だと思うようなことでも、信じてしまう不用心(?)もとい素直な女の子。

神田那美子:臼田あさ美……第4話に登場。
ゴロ合わせ好きのリケジョ。耳鼻科で点滴をしていたとき、隣で同じく点滴をしていたのが星野だった。税理士事務所に勤めており、数字で物事考えるという変な癖がある。数字を見てゴロ合わせをするのが好き。鬼門の番号は元彼の名前で「105(トウゴ)」。

有須睦子:関めぐみ
ゴロ合わせ好きのリケジョ。耳鼻科で点滴をしていたとき、隣で同じく点滴をしていたのが星野だった。税理士事務所に勤めており、数字で物事考えるという変な癖がある。数字を見てゴロ合わせをするのが好き。鬼門の番号は元彼の名前で「105(トウゴ)」。

大学生風の男:戸塚祥太……第6話に登場。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
高良健吾主演で伊坂幸太郎作品初の連続ドラマ化。城田優が異色のヒロインを熱演! 
第5回本屋大賞、第21回山本周五郎賞を受賞し、映画化された作品も多い人気作家・伊坂幸太郎の同名小説を、初の連続ドラマ化。高良健吾演じる、多額の借金を抱えた5股男・星野一彦が、城田優扮する“謎の組織”から見張りとして送り込まれた“怪女”繭美と共に、星野が交際する5人の女性に別れを告げて回る不思議な数日間を描く。5股をかけられる女性役として、石橋杏奈、板谷由夏、前田敦子、臼田あさ美、関めぐみが出演。鈴木謙一が、伊坂原作の映画「アヒルと鴨のコインロッカー」「ゴールデンスランバー」に引き続き脚本を手掛け、映画「聖の青春」「宇宙兄弟」の森義隆が監督を務める。

┏━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┓
 みどころ①伊坂幸太郎の小説、初の連続ドラマ!
┗━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┛
小説家の伊坂幸太郎さんを知っていますか?

代表作は、首相暗殺の濡れ衣から逃げるエンタメ小説「ゴールデンスランバー」(第5回本屋大賞、第21回山本周五郎賞などを受賞)。映画もされた人気作品です。

しかし同書での直木賞はノミネートを辞退しました。しかし過去6作品が直木賞候補になった作家さんです。

私は伊坂さんの小説は大好きで、最新作「ホワイトラビット」まで、ほぼ全ての34作品は読んでいます。映画も全て見ているのですがドラマは初!

と思ったら後に劇場公開されたWOWOWのドラマ『チルドレン』がありました。ただ、連続ドラマは正真正銘の初です。

┏━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┓
 みどころ②伊坂幸太郎の原作小説は珍しい執筆!!
┗━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┛
ここで、原作本を紹介します。

実は二つの珍しい方法で製作されました。

執筆方法が特異
2009年に双葉社が企画した「ゆうびん小説」(※1話50名限定で抽、選当選者宛てに郵便で届けられた小説のこと。)として執筆された作品。

2010年、その「ゆうびん小説」に書下ろしの最終話を追加して単行本が刊行されました。

文豪のオマージュ
太宰治の未完の絶筆「グッド・バイ」から、着想を得たと言われています。「何人もの女性と同時に付き合っていた男が、その関係を清算するために、全く恋愛関係になかった女性の協力を得て一人ひとりを訪ねて歩く」という内容を踏襲したのです。

オマージュ自体は他の作家もやりますが、伊坂幸太郎作品には特異で、ドラマ放送時は唯一。そもそも伊坂さんの小説は他の誰も書かない、書けないもの。だから珍しいのです。

伊坂作品には、しゃべるカカシ、死神、能力のある銀行強盗、泥棒で探偵の黒澤、砂漠に雪を降らす(?)大学生、殺し屋たちなど多彩なキャラが登場します。本ドラマでもヒロイン、繭美(城田優)は魅力的です。

もちろん家裁調査官など普通の舞台もありますが、その「チルドレン」でさえ荒唐無稽です。ぜひご一読を。

タイトルは1926年に発表されたジャズ「Bye Bye Blackbird」から。

┏━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┓
 みどころ③高良健吾×城田優!!
┗━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┷━┛
このドラマの見どころは、5股男を演じる高良健吾と城田優演じる“怪女”との凸凹コンビ。

テンポよくトップギアで繰り広げる会話劇が展開します。

繭美は、原作を読んでいるときは、その大きい体型からマツコ・デラックスをイメージしていました。

ただ、場面写真の城田さんは怪女そのもの。…高良さんも映画出演多数ですし、2人ともトップ俳優なので安心して見れそうです。

伊坂作品といえば濱田岳の出演が多いのですが、今回は常連さんはいません。関めぐみさんぐらいです。『アヒルと鴨…』以来ですが、クライマックスでの名演が思い出され楽しみです。

常連ではないですが、原作ファンの戸塚祥太さんの出演も見どころですね。





----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年1月28日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
“ある組織”への多額の借金の清算として、「とてもじゃないけど人間の生活が送れない」という場所に<あのバス>で連れ去られることになった無職の青年・星野一彦(高良健吾)。バスの出発日まで彼を監視する役目となったのは、プロレスラー並みの体格で猛烈な毒舌を放つ怪女・繭美(城田優)。

女性関係はだらしないが根は優しい星野は、連れ去られる前に、5股をかけていた5人の恋人たちに会ってきちんと別れを告げることを望む。かくして星野は、繭美と共に、大切な人にさよならを告げる“お別れ行脚”の日々をスタートさせる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年1月‐日更新】
■ あらすじ(第1話  2018/2/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
借金のかたに、目的地の分からぬバスで連れ去られる運命の星野(高良健吾)は、謎の組織から監視役として送り込まれた繭美(城田優)に、5股をかけていた恋人たちに別れを告げたいと頼み込む。繭美への「絶対服従」を条件として、星野は繭美との‘お別れ行脚’をスタート。しかし、1人目のあかり(石橋杏奈)は「繭美と結婚するから別れてほしい」と切り出す星野に怒りをあらわにする。そこで、繭美がある提案をするが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年2月23日更新】
■ あらすじ(第2話  2018/2/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
星野(高良健吾)とお目付け役の繭美(城田優)による‘お別れ行脚’の2人目は、バツイチのシングルマザー・りさ子(板谷由夏)だ。息子の海斗(梅垣然太)とも心を通わせていた星野は、その別れに心を痛める。繭美に無神経な言葉を浴びせられても「星野と出会えて良かった」と別れを受け入れたりさ子のために、星野は‘あること’をしようと思い付き、繭美に協力を求める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年2月25日更新】
■ あらすじ(第3話  2018/3/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
星野(高良健吾)と繭美(城田優)による‘お別れ行脚’も3人目。星野が深夜のオフィス街で出会ったユミ(前田敦子)は、ビルの屋上からロープ1本で建物の中に侵入したいという欲求を持つ‘ひとりキャッツアイ’だった。繭美が悪態をついても動じず、星野との別れも「じゃあね、星野っち」とあっさり受け入れるユミに、2人はペースを乱される。その帰途、戸惑う星野に、繭美はひそかにつかんだユミの計画について話し始めて…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年3月8日更新】
■ あらすじ(第4話  2018/3/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
星野(高良健吾)と繭美(城田優)による‘お別れ行脚’も、残すところあと2人となった。星野が受診した耳鼻科で出会った那美子(臼田あさ美)は、税理士事務所に勤務する語呂合わせ好きの‘リケジョ’。「真面目にこつこつ計算することにささやかな喜びを感じる」という那美子にも、繭美は容赦なく暴力的な言葉を浴びせる。那美子をかばおうとする星野だったが、那美子から乳がんの疑いがあるという予想外の告白をされて…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年3月13日更新】
■ あらすじ(第5話  2018/3/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
星野(高良健吾)と繭美(城田優)による‘お別れ行脚’もとうとう最後の1人。相手は女優の睦子(関めぐみ)で、CMの撮影現場を見学に行った星野が女優と知らずに声を掛けたのが交際のきっかけだった。睦子は別れを促す繭美に対し、「そのつもりはない」と毅然(きぜん)とした態度を崩さない。一方、星野らは睦子と共演者の不倫疑惑が写真週刊誌に取り上げられたと知る。そんな中、睦子のマンションに取材陣が押し掛けてくる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年3月19日更新】
■ あらすじ(第6話  2018/3/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
監視役の繭美(城田優)と共に、5人の恋人たちとの‘お別れ行脚’を終えた星野(高良健吾)は、‘あのバス’でこの社会から連れ去られるのが3時間後と知って、動揺を隠せない。聞かされている行き先は「とてもじゃないけど人間の生活が送れない」場所だという。それでも星野は、この1週間そうしてきたように、繭美と食堂へ。その後、ゲームセンター、家電量販店などで時間をつぶすが、突如、アクシデントに見舞われる。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック