FC2ブログ
2018 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 09

(1月の特集本)南極犬物語/綾野まさる(著) くまおり 純 (イラスト)

kage

2018/01/28 (Sun)

2018年1月の特集本:動物の文庫①
犬の文庫

犬本に描かれる世界観は、世知辛い世の中とは無縁の”強い絆”で触れている。

恰好良くて頼りがいがあって、でもちょっとドジだけど、愛情表現が半端でない。

ここにあるのは、人間同士では得られない多幸感や、人間関係のなかで少なくなってしまった無償の愛そのものです。

人に対する”絶対的で圧倒的な信頼関係”である。

だから犬は相棒であり、パートナーであり、親友であり、兄弟である。

どうして犬たちは、こうも人を愛してくれるのだろう。

ぎゅっと抱きしめてくれるような深くて、深くて、大きな愛に満ちあふれた文庫を紹介。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

 南極犬物語/綾野まさる(著) くまおり 純 (イラスト)

南極犬物語 (ハンカチぶんこシリーズ)
綾野 まさる
ハート出版
売り上げランキング: 335,382



Arikaアイコン(小)1あの有名映画の書籍版!
厳しい環境を1年間生き抜いた犬たちの感動の物語。 

映画でも有名な日本の南極観測の仕事を支えた15頭のカラフト犬たちのお話。南極に置き去りにされてしまった犬たちと1年後に起きた奇跡を描いています。物語に登場する「タロ」と「ジロ」を描いた本はたくさんありますが、中でも読みやすい作品の1つです。図や写真も多く、実際の犬たちの写真も掲載。本書は小学生向けになっていますが、ページ下部には南極にまめ知識として南極条約の話や隕石の話などが所々に配置されており勉強になりました。タロとジロが生きていてよかった。ご主人様の隊員をずっとずっと待っていて探していたのかもしれない。みんなのためにソリをひいてくれてありがとう。


関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック