FC2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

(1月の特集本)まさお君がくれたもの:旅いぬ・まさお君が届けてくれた笑顔、元気、おっきな愛。/講談社MouRa (編)

kage

2018/01/29 (Mon)

2018年1月の特集本:動物の文庫①
犬の文庫

犬本に描かれる世界観は、世知辛い世の中とは無縁の”強い絆”で触れている。

恰好良くて頼りがいがあって、でもちょっとドジだけど、愛情表現が半端でない。

ここにあるのは、人間同士では得られない多幸感や、人間関係のなかで少なくなってしまった無償の愛そのものです。

人に対する”絶対的で圧倒的な信頼関係”である。

だから犬は相棒であり、パートナーであり、親友であり、兄弟である。

どうして犬たちは、こうも人を愛してくれるのだろう。

ぎゅっと抱きしめてくれるような深くて、深くて、大きな愛に満ちあふれた文庫を紹介。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

 まさお君がくれたもの:旅いぬ・まさお君が届けてくれた笑顔、元気、おっきな愛。
 /講談社MouRa (編)




ちょっぴりドジで、女のコが大好きで食いしん坊。でも、ホントはかしこくて繊細で、とっても優しいコ。

日本全国を旅した天然キャラ犬・まさお君の、愛情いっぱいの6年間。

これは、まさお君と、まさお君を愛した、たくさんの人たちの物語です。


Arikaアイコン(小)1人気番組『ポチたま』で全国に笑顔を届けた
“旅いぬ”まさお君と、まさお君を愛した、たくさんの人たちの物語

番組開始からずっと観ていたので、まさお君に対する思い入れは深いつもりです。黒ラブの女の子には弱く筋金入りの食いしん坊。そんな、まさお君が大好きでした。たった7年、犬としては短い一生だったけれど、皆を愛して愛されて、とっても濃い一生だったと思う。涙無しには読めなかった・・・。だってまさお君、愛に溢れてる。無償の愛って、こういう事だよって改めて感じた本でした。テレビに映っているのは、松本君とふたりだったけれど、カメラの後ろにいるスタッフ皆から愛されて、そして君も皆のことを大事に思っていたんだね。テレビを通してしか君のことを知らなかったけれど、こんなに涙が次から次からあふれるなんて。最後のページの写真、やさしい顔で「そんなに泣かなくていいよ」と言ってくれているようで・・・また泣いちゃいます。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック