FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

2018年冬‐春、連続ドラマW「イノセント・デイズ」

kage

2018/04/22 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★3月18日スタート 

WOWOWプライム 毎週日曜 22:00~23:00

 連続ドラマW イノセント・デイズ

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:早見和真「イノセント・デイズ」(新潮文庫)
脚本:後藤法子
監督:石川慶
プロデューサー:井上衛、橘佑香里、平部隆明

E13-b043.gif
外部サイト:連続ドラマW イノセント・デイズ

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
佐々木慎一:妻夫木聡
幸乃の幼なじみ。
幸乃に対して、ある負い目を持っている。
幸乃の無実を信じ、彼女を知る人々に会って話を聞いていくうちに、さまざまな人たちの心を動かしていく。

田中幸乃(中学生時代):清原果耶
祖母と共に暮らす。住んでいる場所の地域性もあり、あまり友達がおらず、一人で過ごすことが多い。
↓↓19年後↓↓
田中幸乃:竹内結子
元交際相手の妻子を焼死させたとして、死刑判決を受けた確定死刑囚。
幼い頃に母を亡くし、祖母に引き取られ育つ。
持病のため、興奮すると気を失う。

丹下翔:新井浩文
慎一と幸乃の幼なじみで、弁護士。
幸乃の死刑判決を知り、慎一と共に力になろうとするが、弁護士として名を上げたいという野心も持つ。

佐渡山瞳:芳根京子
刑務官。
拘置所にいる幸乃と接するうちに、幸乃の本当の気持ちや事件の真相を知りたいと思い始める。
裁判の傍聴マニアだった。

🏠田中家
田中美智子:余貴美子
幸乃の祖母であり、ヒカルの母親。男好きでお金に目がない。
ヒカルの死後、幼い幸乃を引き取り育てるが…

野田ヒカル:佐津川愛美
幸乃の母。美智子の元から逃げ結婚して幸せな生活を送っていた。
興奮すると気を失う持病を持っている。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

小曽根理子:長谷川京子
幸乃の中学時代の同級生。今は絵本の翻訳家。
中学時代のある出来事から幸乃の死刑判決には罪悪感と安堵を同時に感じている。

倉田陽子:ともさかりえ
旧姓、野田陽子。
幸乃の義姉であり、今は結婚して母となり幸せな日々を送っている。
義妹・幸乃の存在は夫にもずっと隠してきた。

井上敬介:池内博之
幸乃の元恋人。幸乃と別れた後、結婚して二児の父親となる。
愛情も暴力もすべてが過剰で、なぜか憎めない男。

八田聡:山中崇
IT系会社員。敬介の紹介で幸乃に出会う。
自分とどこか似た雰囲気を持つ彼女のことが気になる。

佐々木朋子:原日出子
慎一の母親で、二人で暮している。
左半身が上手く動かない。

草部武:石橋蓮司
井上敬介家族が住んでいたアパートの大家
地域の民生委員だが近所からは疎んじられている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
妻夫木聡が自ら企画したドラマで主演。
竹内結子演じる幼なじみの無実を信じ奔走する! 

連続ドラマW初出演にして初主演の妻夫木聡が、死刑判決を受けた幼なじみの女性の無実を信じて奔走し、意外な真実にたどり着く主人公・佐々木慎一を演じるヒューマン・サスペンス。原作は、第68回日本推理作家協会賞・長編及び連作短編集部門受賞作で、作者の早見和真は、妻夫木主演の映画「ぼくたちの家族」の原作者でもあり、監督の石川慶も妻夫木主演映画「愚行録」でタッグを組んだ。原作を読み映像化を強く望んだ妻夫木が、この2人を結び付けた形だ。
共演者には、死刑囚・田中幸乃役に竹内結子、弁護士・丹下翔役に新井浩文、若き刑務官・佐渡山瞳役に芳根京子のほか、余貴美子、石橋蓮司、ともさかりえ、長谷川京子らが名を連ねる。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年3月8日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
元交際相手の住むアパートに放火し妻子を焼死させたとして、死刑判決を受けた田中幸乃(竹内結子)。幸乃にある負い目を持つ幼なじみの佐々木慎一(妻夫木聡)は、幸乃が真犯人ではないと直感し、幸乃を救うために動き出す。しかし、幸乃の姉や中学校時代の同級生など、関わりのあった人々から聞かされるのは、幸乃の壮絶な半生だった。
やがて慎一は、共に幸乃の幼なじみで弁護士をしている丹下翔(新井浩文)と再会するが、次第に意見が合わなくなっていく。一方、近付いてくる死刑執行の時を淡々と待つ幸乃。刑務官の佐渡山瞳(芳根京子)は、その姿になぜか引かれ始めていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年3月‐日更新】
■ あらすじ(第1話  2018/3/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
慎一(妻夫木聡)の幼なじみ・幸乃(竹内結子)が、元交際相手・敬介(池内博之)の妻・美香(芦名星)と子を焼死させたとして死刑判決を受ける。裁判を傍聴した慎一は幸乃の無実を直感。疎遠になっていた幸乃の義姉・陽子(ともさかりえ)に会うが、幸せな生活を送る陽子は幸乃のことを忘れようとしていた。しかも陽子は過去の事実に関する慎一の誤解を指摘する。一方、慎一は弁護士になった幼なじみの翔(新井浩文)とも再会する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年3月19日更新】
■ あらすじ(第2話  2018/3/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
慎一(妻夫木聡)は、幸乃(竹内結子)が中学生時代に起こした強盗傷害事件の真相を探るべく、現在は翻訳家として活躍する理子(長谷川京子)の元へ。当時の幸乃(清原果耶)と理子(池田朱那)は、読書好きという共通点から無二の親友になるが、ある事件がその関係を壊してしまっていた。一方、幸乃は刑務官・瞳(芳根京子)らに監視され、死刑執行日を淡々と待っていた。そんな中、翔(新井浩文)はついに幸乃との面会を果たすが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年3月30日更新】
■ あらすじ(第3話  2018/4/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
慎一(妻夫木聡)は、幸乃(竹内結子)と被害者遺族・敬介(池内博之)との関係をつづったブログを発見し、管理者の聡(山中崇)に会う。敬介の友人である聡は慎一を敵対視しながらも、敬介と交際当時の幸乃について話す。一方、ベテラン弁護士・濱中(佐戸井けん太)に助言を仰いだ翔(新井浩文)は幸乃の心神耗弱を訴えて刑の執行を遅らせようと考える。それを聞いた慎一は…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年4月3日更新】
■ あらすじ(第4話  2018/4/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
翔(新井浩文)と決別した慎一(妻夫木聡)は、敬介(池内博之)と妻子が住んでいたアパートの管理人・草部(石橋蓮司)と会う。そして、草部が幸乃(竹内結子)の人柄を好ましく思っていたと聞き、勇気づけられる。一方、翔は担当刑事・水野(馬渕英里何)を訪ね、幸乃の犯行とするには矛盾があると気付く。さらに、幸乃の人生を暗転させた祖母・美智子(余貴美子)に会い、幸乃への思いを新たにした翔は、刑務官の瞳(芳根京子)に接触する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年4月9日更新】
■ あらすじ(第5話  2018/4/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
慎一(妻夫木聡)は敬介(池内博之)の居場所を突き止め訪ねていくが、相手にされない。それでも、幸乃(竹内結子)の無実を信じ、真相を知りたいと食い下がる慎一に、敬介はようやく自身が抱えてきた思いを話し始める。一方、翔(新井浩文)から、真犯人が存在するかもしれないと聞かされた瞳(芳根京子)の心は揺れ動く。そんな中、翔が慎一を訪ね、和解した2人は協力を誓い合う。慎一は翔の要望で、幸乃に再審請求を促す手紙を書く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年4月18日更新】
■ あらすじ(第6話  2018/4/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
幸乃(竹内結子)と面会を果たした慎一(妻夫木聡)はある告白をし、わびる。しかし、幸乃の思いは既に遠く離れたところにあった。慎一から幸乃が再審を望んでいないと聞いた翔(新井浩文)に、瞳(芳根京子)からメールが届く。時間がないと悟った翔は、死刑執行を阻止するためにマスコミを集めて会見を開き、慎一はその会場に現れた見覚えのある女性・ゆり子(草村礼子)に注目。そして、慎一と翔はついに事件の真相にたどり着くが…。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック