FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

【分冊百科▶映像と音楽が付くエンターテインメント▶アニメ・声優・コミック】隔週刊 ゲゲゲの鬼太郎 TVアニメDVDマガジン/講談社(編)

kage

2018/02/18 (Sun)

分冊百科

CMなどでもおなじみのDVDや模型といった付録がついたマガジン、分冊百科。

週刊、隔週刊で少しずつ手元に届く喜びろシリーズとして楽しめる深さが共感を呼び、大人にも子供にもますます大人気。

なかでも、「これ追究してるな!」と思った選りすぐりの注目分冊シリーズをご紹介。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

【分冊百科▶映像と音楽が付くエンターテインメント▶アニメ・声優・コミック

すべてのマガジンが映画や音楽、人気番組を収録したCD、DVD付き。

見て、読んで2倍楽しめるシリーズ。

 隔週刊 ゲゲゲの鬼太郎 TVアニメDVDマガジン/講談社(編)

隔週刊 ゲゲゲの鬼太郎 TVアニメDVDマガジン 2013年 12/24号 [分冊百科]

隔週刊 ゲゲゲの鬼太郎 TVアニメDVDマガジン 2014年 4/15号 [分冊百科]

隔週刊 ゲゲゲの鬼太郎 TVアニメDVDマガジン 2014年 2/18号 [分冊百科]

隔週刊 ゲゲゲの鬼太郎 TVアニメDVDマガジン 2014年 3/4号 [分冊百科]

隔週刊 ゲゲゲの鬼太郎 TVアニメDVDマガジン 2013年 12/10号 [分冊百科]

隔週刊 ゲゲゲの鬼太郎 TVアニメDVDマガジン 2014年 6/3号 [分冊百科]

※分冊百科シリーズ値段=790~1590円



Arikaアイコン(小)1さすが今もなお人気のゲゲゲ!?
水木マニアにとっては、本体雑誌が意外とお宝めっけものズラ⁉ 

今もなお人気の『ゲゲゲの鬼太郎』のテレビアニメ1~2期の全110話を完全収録した全27巻のDVDマガジン。1968年から放映が開始されたアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」。約10年毎に第5作まで作られ、いずれも高い指示を得ています。本書は1968年開始の第一期と1971年開始の第二期を完全収録した。本編以外にも水木しげる最新インタビューや、水木プロ探訪などスペシャル特典映像も多数収録。マガジンの記事としてはストーリーやキャラクターの作品解説に加え、スタッフやキャストによる裏話やインタビューを掲載。 『週刊少年マガジン』などで特集された懐かしいお宝記事もほぼ原寸大で復刻掲載。妖怪大百科などの楽しみも!

物語の随所に当時(1970年代)を彷彿とさせる絵やセリフが出てきており、ちょっとした歴史博物館のようで見ていて楽しいです。当時は鬼太郎とねずみ男が毎回レギュラーで、砂かけ婆や子泣き爺、一反木綿などはほとんど出番が無かった。第5巻特典映像は野沢雅子さんのインタビューで、野沢さんが始めて演じた主役が鬼太郎だったそうです。その他にも興味深い話をたくさん聞けます。別冊少年マガジンの月刊化にともなって、水木先生が創刊から4号までの表紙絵を描いていたそうです。いやー、知らなかった。表紙絵の縮小版が載っていて、大変楽しい。他にも何点か希少な大型イラストが再掲されていて、眺めていて飽きない。水木しげる先生の大ファンなので、昔の映像を見ることができて大変感激しました。そして約1年にわたってお送りしました「ゲゲゲの鬼太郎TVアニメDVDマガジン」最終巻(第27巻)は、水木先生の自画像の表紙が目印ズラ!?


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック