FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

【分冊百科▶映像と音楽が付くエンターテインメント▶映画・テレビ・芸能】隔週刊 ミステリー・ゾーンDVDコレクション/アシェット・コレクションズ・ジャパン(編)

kage

2018/02/22 (Thu)

分冊百科

CMなどでもおなじみのDVDや模型といった付録がついたマガジン、分冊百科。

週刊、隔週刊で少しずつ手元に届く喜びろシリーズとして楽しめる深さが共感を呼び、大人にも子供にもますます大人気。

なかでも、「これ追究してるな!」と思った選りすぐりの注目分冊シリーズをご紹介。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

【分冊百科▶映像と音楽が付くエンターテインメント▶映画・テレビ・芸能

すべてのマガジンが映画や音楽、人気番組を収録したCD、DVD付き。

見て、読んで2倍楽しめるシリーズ。

 隔週刊 ミステリー・ゾーンDVDコレクション
 /アシェット・コレクションズ・ジャパン(編)


隔週刊 ミステリー・ゾーンDVDコレクション 2015年 1/7号 [分冊百科]

ミステリー・ゾーンDVDコレクション(62) 2016年 1/20 号 [雑誌]

ミステリー・ゾーンDVDコレクション 2015年 2/18 号 [雑誌]

隔週刊 ミステリー・ゾーンDVDコレクション 2014年 12/24号 [分冊百科]

※分冊百科シリーズ値段=790~1790円

Arikaアイコン(小)1いざ、ミステリーゾーンへ、ようこそ!!
エピソードは教訓めいた話より余韻が深い話の方が好きです。 

1959年から放送され、毎週全米200万人の視聴者を獲得してきたアメリカを代表するテレビシリーズを日本初のDVDコレクション化。50年くらい前の作品ですが、スピルバーグなどのオムニバス「トワイライトゾーン」の映画が公開された25年くらい前にも、深夜に再放送されており、ビデオに撮ってずっと見ていた記憶がある。世代ではありませんが、子供の頃読んでいた漫画『アウターゾーン』の作者がこの作品に影響を受けたと言っていた。今よくテレビでタモリの解説で『世にも奇妙な物語』などでやっている進行方法はこのストーリーテラー、ロッド・サーリングが始めたものです。50年前くらいの作品なのでSFの回などは今見れば稚拙な演出もあるかもしれませんが、考えさせられる問題点をいつも残して教訓になる話ばっかりです。また声優さん達の演技にも味があって、第1話「死神につかれた男」で、露天商である主人公の声をアテているのは、今はなき滝口順平さんだと思うが、演じるエド・ウィン本人以上に魅力的な口上を聞かせてくれる。毎号3話のDVDに加え、登場する女優についてや放送時のエピソードなどもマガジンで詳細に綴られている。デジタルリマスター版なので、幼いころにあった白黒テレビで観るよりも間違いなく綺麗な画面で観賞できるのは嬉しい。分冊百科としては初回は安いが次号以降は値段が高いと思うが、画質を修正しているのならこの値段でも納得です。


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック