FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

(天才軍師・黒田官兵衛⑤)軍師黒田官兵衛 その戦略と生涯 (別冊宝島 2096)/八幡和郎(監修)

kage

2018/03/01 (Thu)

知性を武器に活躍した軍師たち

2014年NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』の影響で、

当時、書店にも軍師ブームが到来!

戦国乱世に活躍した天才軍師から、近代日本の偉大なる参謀まで。

彼らの優れた頭脳と魅力的な人物像に迫ります。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

秀吉に天下を取らせた不敗の男
天才軍師・黒田官兵衛


 軍師黒田官兵衛 その戦略と生涯 (別冊宝島 2096)/八幡和郎(監修)

軍師黒田官兵衛 その戦略と生涯 (別冊宝島 2096)

戦わずして勝つことこそ最高の戦術なり

大河ドラマ主人公の知られざる実像 
“絆”を大切にした男の名言と知恵


【2大特集】
築城技術が生み出した 戦略的な城下町
中国大返し 奇跡の逆転

清正を凌ぐ驚異の築城術の秘密
『天主 信長』著者が語る官兵衛


Arikaアイコン(小)1「軍師官兵衛」の入門テキストとして最適!
豊富な写真と資料で解説した大判ビジュアルブック

近江源氏の流れを汲むといわれる黒田官兵衛ですが、秀吉の知恵袋であるだけでなく、広島、高松、福岡、姫路、大坂といった戦国の都市づくりに卓越した才能を発揮したという話は、実はあまり知られていません。本誌は他誌では見られない秘蔵の資料とともに、黒田官兵衛の生きざまを多数の著者が多角的に描き出していて、黒田官兵衛・長政親子の魅力的な人物像、戦略図を交えながら、官兵衛の戦いを分析したり、奇跡の大逆転と呼ばれた「中国大返し」、さらには大いに才能を発揮した戦国の都市築城術の秘密まで。軍師・官兵衛について豊富な写真と資料で解説した大判ビジュアルブック。週刊誌的に写真・文章ともによくまとまっている。官兵衛の入門テキストとしても最適。黒田官兵衛をマニアックに学ぶムックなら、これを手に取ると良いと思います。


著者略歴
八幡 和郎
┣1951年、滋賀県生まれ。
┣作家、評論家、徳島文理大学大学院教授、国士舘大学大学院客員教授。
┣東京大学法学部卒業後、通商産業省(現経済産業省)に入省、フランス国立行政学院(ENA)留学。大臣官房情報管理課長、国土庁長官官房参事官などを歴任した。
┣著書に『江戸三〇〇藩 最後の藩主 うちの殿さまは何をした?』(光文社新書)、『最終解答日本古代史』『最終解答 日本近現代史』(ともにPHP文庫)、『誤解だらけの韓国史の真実』(イースト新書)、『アメリカ歴代大統領の通信簿』(祥伝社黄金文庫)、『皇位継承と万世一系に謎はない』『日本と世界がわかる最強の日本史』『世界と日本がわかる最強の世界史』(すべて扶桑社新書)ほか多数がある。


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック