FC2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

(天才軍師・黒田官兵衛⑫)歴史REAL戦国最強の軍師黒田官兵衛と竹中半兵衛/洋泉社

kage

2018/03/08 (Thu)

知性を武器に活躍した軍師たち

2014年NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』の影響で、

当時、書店にも軍師ブームが到来!

戦国乱世に活躍した天才軍師から、近代日本の偉大なる参謀まで。

彼らの優れた頭脳と魅力的な人物像に迫ります。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

秀吉に天下を取らせた不敗の男
天才軍師・黒田官兵衛


 歴史REAL戦国最強の軍師黒田官兵衛と竹中半兵衛/洋泉社

歴史REAL戦国最強の軍師黒田官兵衛と竹中半兵衛 (洋泉社MOOK 歴史REAL)




Arikaアイコン(小)1黒田官兵衛と盟友の竹中半兵衛、
秀吉を天下人にした二人の名軍師の生涯をビジュアルに概観できる。 

秀吉を天下人にした二人の名軍師・黒田官兵衛と竹中半兵衛を特集するという、戦国時代の軍師マニアにはある意味たまらない「二兵衛」のピックアップかもしれませんね。「二兵衛」とはうまい表現で、大河ドラマの岡田くんと谷原さんの顔が浮かんで秀吉を陰で支えたのはこの二兵衛だったのかと…。どちらを欠いても、秀吉の天下取りはなかったかもしれない。逆にいえば、有能な人材を配下にした秀吉の器量や人間的な魅力があったればこそだ。甲冑も個性的なのが多い。ほかにも黒田家16代当主のインタビュー、大河ドラマの一部写真も掲載されていて、内容的に結構読ませるなと思いました。人物への理解に関しては相関図も含めて明瞭です。二兵衛の数々の逸話や子孫同士の関わりなども分かりやすくまとめられています。珍しいのは福岡城天守についての考察である「官兵衛ゆかりの城を探る!」です。私が中学時代は黒田家は徳川幕府に遠慮して天守を造らなかったという説でした。しかし現在では「細川家文書」などから福岡城に天守があったことが事実とされていること。しかもその天守の外観の略図まで発見されていたという驚きと両兵衛の亡き後の黒田家と竹中家の係わりは濃密、黒田騒動にも関わっていたのは驚いた。人物相関図も内容も珍しいものが掲載されていて、同じような他のMOOKの特集本より読み応えがありました。構成が官兵衛から半兵衛の順に掲載されているが、ここは逆にしてほしかったところ。半兵衛から官兵衛へ、入れ替わるように登場した二人の天才軍師。束の間の邂逅に長政の命を救う友情。この展開が良いのにね。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック