FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

(天才軍師・黒田官兵衛⑬)時空旅人 Vol.17 「黒田官兵衛と軍師たち」 2014年 01月号/三栄書房・男の隠れ家特別編集・時空旅人

kage

2018/03/09 (Fri)

知性を武器に活躍した軍師たち

2014年NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』の影響で、

当時、書店にも軍師ブームが到来!

戦国乱世に活躍した天才軍師から、近代日本の偉大なる参謀まで。

彼らの優れた頭脳と魅力的な人物像に迫ります。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

秀吉に天下を取らせた不敗の男
天才軍師・黒田官兵衛


 時空旅人 Vol.17 「黒田官兵衛と軍師たち」 2014年 01月号
 /三栄書房・男の隠れ家特別編集・時空旅人


時空旅人 Vol.17 「黒田官兵衛と軍師たち」 2014年 01月号 [雑誌]

■ 四季うらら わたしの歳時記
■ NHK 大河ドラマ
「軍師官兵衛」軍師官兵衛、誕生のドラマ
■ 戦いの影に策士あり 黒田官兵衛と軍師たち
■ 黒田官兵衛年表

■ 第一章 播磨時代
・放浪の末、播磨の国に身を落ち着けた 謎多き黒田氏のルーツ
・小寺家の家老として戦国乱世に登場す 播磨の地に現れた天才軍師
・主家存亡をかけて織田家への臣従を選択 秀吉との運命の出会いを生む
・〝二兵衛〟と呼ばれた竹中半兵衛と出会う 播磨統一の戦いに奔走
天下統一への戦い
・秀吉の容赦なき城攻めが発揮される 干殺しにされた播州三木城
・因幡でも展開された地獄の籠城戦 渇殺しにされた鳥取城
・官兵衛、奇想天外な水攻めを進言す 孤立無援となった備中高松城
・秀吉に幸運をもたらす奇跡の反転攻勢 中国大返しと山崎の合戦
・官兵衛と元親の智略が真っ向から衝突 秀吉軍の四国討伐の戦い
・九州を制圧した強敵島津を大軍で下す 西日本制覇成る!
●【現地ルポ】
天下へと続いた道で黒田官兵衛の足跡を追う 備中、播磨、山城 決戦の地へ

■ 第二章
幻に終わった天下取り
・九州平定とともに下された少なすぎる恩賞 豊前12万石の大名となる
・関東の雄・北条氏を天下の兵で攻略 遂に秀吉が天下統一
・豊臣政権の奉行たちとの対立を生んだ 秀吉の暴挙、朝鮮出兵
・ともに天下を目指して奔走した秀吉の死 大乱の予感が世を覆う
・ついに巡って来た天下を窺う千載一遇の好機 稀代の軍師、九州に勇躍す
筑前時代
・福岡の地にて 刀を収め隠居生活
・わが子、長政へ受け継ぐ 戦国の魂
・その名言、水のごとし 軍師の遺訓
●【現地ルポ】豊前中津を拝領した黒田官兵衛、天下分け目の戦いへ 中津と石垣原合戦の地へ

■ 第三章
官兵衛から如水へ
・幼少期から青年期まで その生い立ちにみる知略と軍略の源泉
・天下人との微妙な距離感 秀吉に恐れられた、類まれなる知勇と器量
・名将いるところ名城あり 築城にも遺憾なく発揮された
・軍略家・官兵衛の頭脳 官兵衛、改宗の真相に迫る
・なぜキリシタンになったのか?
・数多の戦をへて…… 晩年に達した境地、文化人としての如水
・幕末まで12代続いた 黒田親子が遺した福岡藩のその後

■ 第四章
戦国の名軍師たち
・三国志にみる軍師たちの原点
・時代を影で支えた戦国時代を駆けた軍師たち
山本勘助 真田幸村 豊臣秀長 竹中半兵衛 直江兼続 小早川隆景 安国寺恵瓊 真田幸隆・昌幸 片倉小十郎 島 左近 本多正信 太原雪斎 天海

■ 第五章
時代を動かした人物の軌跡
●【現地ルポ】軍師を育成した中世の最高学府
・足利学校の訓え
・幕末から太平洋戦争まで時代を動かした人物の軌跡
坂本龍馬 大久保利通 保科正之 秋山真之 山鹿素行 石原莞爾 土方歳三 井上成美 小栗忠順 服部卓四郎 児玉源太郎 辻 政信

Arikaアイコン(小)1戦国時代の軍師13項目14人紹介。
黒田官兵衛の辿った時代とともに活躍を知ろう!!

興味のあるところだけ、つまみ食い。全5章で、ほぼ黒田官兵衛に焦点が当てられている(第1章~第3章)。軍師として大功あるにもかかわらず、結果的に豊前12万石しか与えられなかったのは、よくいわれるように官兵衛の凄みの証かもしれない。秀吉死後の混乱した政情を見て、最後のバクチを打とうとしたあたりも並みの人物ではない。軍師官兵衛の写真も数枚使われています。後半には三国志の軍師・戦国時代の軍師が紹介されていますね。三国志はほとんど孔明さんだけですが…。戦国時代の軍師として取り上げられているのは、山本勘助、真田幸村、直江兼続、豊臣秀長、小早川隆景、竹中半兵衛、安国寺恵瓊、片倉小十郎、真田幸隆・昌幸、島左近、本田正信、太原雪斎、天海の13項目14人。 人物相関図は普通のもので、まあ無難にまとまっているかな、といった感じのMOOKでした。本誌末尾の「時代を動かした人物の奇跡」の項は、一部人選に異議あり。それはともかく、黒田官兵衛の辿った時代とともに活躍を知ることができました。


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック