FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

(戦国の名参謀⑤)文藝春秋 SPECIAL 2013年 12月号/文藝春秋:季刊版

kage

2018/03/16 (Fri)

知性を武器に活躍した軍師たち

2014年NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』の影響で、

当時、書店にも軍師ブームが到来!

戦国乱世に活躍した天才軍師から、近代日本の偉大なる参謀まで。

彼らの優れた頭脳と魅力的な人物像に迫ります。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

智をもって乱世を生き抜く
戦国の名参謀

 文藝春秋 SPECIAL 2013年12月号/文藝春秋:季刊版

文藝春秋 SPECIAL (スペシャル) 2013年 12月号 [雑誌]

最高の執筆陣が日本人の心の琴線に触れる

日本の軍師100人-日本人には「知恵」がある!

【スペシャル対談】
軍師の条件
半藤一利×保阪正康
保阪「秋山真之以来、名参謀は変人、奇人でなくてはならない、という風潮も生まれましたね」
半藤「本当は、最もよき参謀は、常識が豊かな人でなきゃいかんのですよ」

【2014年NHK大河ドラマの「顔」】
今、なぜ「軍師官兵衛」なのか:中村高志

【特別企画】
「現代の軍師」16人の素顔
菅義偉、後藤田正晴、下村治、白州次郎、藤沢武夫、牧野茂ほか

【スペシャルインタビュー】
鈴木敏夫、三谷幸喜


Arikaアイコン(小)1日本の軍師100人-日本人には「知恵」がある!
大特集は「日本の軍師100人」。50歳以上の読者1000人にアンケートを行った理想の軍師ランキングから、写真で見る黒田官兵衛の実像、日本史を動かした10人の軍師の逸話など「軍師」というキーワードをあらゆる側面から検証した充実のMOOKです。季刊毎に内容が変わるのですが、大特集「日本の軍師100人」では、山本五十六などが登場しており軍師というよりもNo.2特集の色が強いかも。軍師=切れ者という考えが一般的だが調整型、引き出し型などいろいろな型があるみたい。スペシャル対談「軍師の条件:半藤一利×保阪正康」では、優れた軍師とは私心が無く分をわきまえ功を求めず、決断を下すのは自分の仕える人物で黒子に徹する事が絶対条件であるよう。歴史上の人物の内容が多かったが現代を生きる方々の寄稿も寄せられていた。自衛隊幕僚経験者の寄稿は非常に参考になりました。司令と幕僚(昔で言う参謀)は、そもそも価値の判断基準が異なるので意見の相違は当たり前という指摘はサラリーマンにも言えると思います。太田光代氏の寄稿も面白く、氏への印象が変わった。普段はあまり読まない経済人の特集やインタビューも読むことができて面白かった。色んな視点で楽しめる本です。


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック