FC2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

(オトナ女子が読みたいエロ系文庫:映画)ミクマリ(「ふがいない僕は空を見た」掲載)/ 窪 美澄(著)

kage

2018/03/29 (Thu)

オトナ女子R15あ

世の中には星の数ほどの文学賞がありますが、最近「女性による女性のためのR-18文学賞」という名前の文学賞を受賞した作家の作品をよく読んでいる気がします。

書くのも読むのも女性限定!

「女による女のためのR-18文学賞」は、新潮社が主催する公募新人文学賞です。

単にR-18文学賞ともいわれる。

これじゃ、女はイケないでしょ―――。「女による女のためのR-18文学賞」創設のきっかけは、男性視点の官能小説に異を唱える、女性編集者たちのそんな声だったという。女性が自然に感じることのできる性をテーマにした小説の追求―――だがそれは、その趣旨に創作意欲を刺激された新たな書き手たちによって独自の進化を遂げていった。

ちょっとディープなものから日常的な気分に寄り添えるものまで枝分かれし、気負いなく性を読むことのできる作品が次々と登場している女性向けエロ系文庫の盛況ぶり。かつて男性のものだったエロ小説は、今や女子の手中に!?どんどん進化を遂げる、その奥深い魅力に迫ります!

アイコン・リス今回の書籍案内人・・・・Arika

映画になった「R-18文学賞」受賞作品5/5

第7回(2008年度)R-18文学賞大賞受賞
 ミクマリ/ 窪 美澄(著)

ミクマリ


Arikaアイコン(小)1第8回R-18文学賞大賞受賞作
男子高校生の目線で描かれる性と生の物語。  

「ぁああああ、むらまささま、もうだめですぅ、いきますぅ」――あんずにナンパされたのは、高校に入ってすぐ、友だちに無理矢理連れて行かれたコミケで。あんずはおれよりも十二歳も年上で、結婚もしていた。以来、学校が終わると週に1、2回はこの部屋に来て、やりまくっている。「なにかのアニメのなんとかという役」のコスプレをして。あんずが書いた台本どおりに。それがあんずの条件なのだ……。男子高校生の目線で描かれる性と生の物語。

R-18文学賞を受賞した「ミマクリ」は、高校生の主人公=斉藤卓巳が子供のいない主婦=あんずの元に通い、彼女が指定するままコスプレ衣装を纏い、セリフを言い、セックスに興じる、というストーリー。勿論不道徳極まる、とんでもない話なのですが、何処か明るくてユーモラス。ことに「うすらぼんやりしたガキの典型的で健康的なセックスライフの道を大きく外れてしまったような気がする」という主人公の感慨ともいうべき一言、可笑しいのです。 人の心は謎だらけ。人を好きになる理由も謎だらけ。


窪 美澄(くぼ・みすみ)
┣1965年東京生まれ。
┣広告制作会社勤務を経て、出産後、フリーランスの編集ライターに。
┣妊娠、出産、子育て、女性の体と健康を中心にすえ、占星術、漢方などをテーマに、書籍、雑誌、webの世界で活動中。


E13-b043.gif
R‐18文学賞出身作家によるドキドキが止まらない文庫


Arikaシネマ2014b5
劇場公開日:2012年11月17日
 ふがいない僕は空を見た 

ふがいない僕は空を見た

■映画ストーリー
高校生の卓巳(永山絢斗)は友人と出掛けたアニメの同人誌販売イベントで、アニメ好きのあんずこと主婦の里美(田畑智子)と出会う。やがて二人は深い仲になり、里美は卓巳に自分の好きなアニメのキャラクターのコスプレをさせ、情事にふけっていた。そんなある日、卓巳は前から気になっていた同級生の七菜(田中美晴)に告白され……。

★映画チェック★
『赤い文化住宅の初子』『百万円と苦虫女』のタナダユキがおよそ4年ぶりに監督を務め、窪美澄の小説を映画化した青春群像劇。男子高校生と主婦の不倫関係を中心に、ごく普通の人々が直面する生きることの葛藤や性への衝動を映し出す。第24回山本周五郎賞受賞の原作の登場人物をダブル主演で演じ切ったのは、『ぱいかじ南海作戦』の永山絢斗と『ハッピーフライト』の田畑智子。狂おしくて切なく、そしていとおしさや驚きに満ちた何げない日々の描写が胸に突き刺さる。

■スタッフ
監督: タナダユキ
原作: 窪美澄(『ふがいない僕は空を見た』新潮社)
脚本: 向井康介
製作: 福原英行 / 古玉國彦
エグゼクティブプロデューサー: 加藤和夫
プロデューサー: 佐藤現 / 木村俊樹
音楽プロデューサー: 津島玄一
音楽: かみむら周平
キャスティングディレクター: 杉野剛
ラインプロデューサー: 坂井正徳
撮影: 大塚亮
美術: 松塚隆史
録音: 土屋和之
編集: 宮島竜治
助監督: 加藤文明
制作担当: 鎌田賢一
製作年:2012年
製作国:日本
日本公開:2012年11月17日
上映時間:2時間21分
配給:東京テアトル

■キャスト(役柄:俳優)
斉藤卓巳:永山絢斗
岡本里美:田畑智子
福田良太:窪田正孝
あくつ純子:小篠恵奈
松永七菜:田中美晴
田岡良文:三浦貴大
岡本マチコ:銀粉蝶
斉藤寿美子:原田美枝子
長田光代:梶原阿貴
西村あや:吉田羊
野村:藤原よしこ
岡本慶一郎:山中崇
有坂研二:山本浩司
良太の母:峯村リエ







関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック