FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

2018年春、ドラマ25「宮本から君へ」

kage

2018/06/29 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★4月6日スタート 

テレビ東京系 毎週金曜 24:52~25:23

放送局:テレビ東京・テレビ大阪・テレビ北海道・TVQ九州放送(4/6深夜から)

地方局の放送日:
•テレビ愛知:4月19日(木)スタート、毎週木曜 深夜1時~
•奈良テレビ:4月22日(日)スタート、毎週日曜 深夜1時30分~
•テレビ和歌山:4月21日(土)スタート、毎週土曜 夜11時30分~

 ドラマ25「宮本から君へ」

Arika注目1h池松壮亮の熱い演技に注目!

2018年春ドラマのテレ東・ドラマ25枠は、新井英樹の名作漫画『宮本から君へ』を実写化!

主演は、実力派俳優・池松壮亮!

テレ東では「銀と金」以来の1年3ヶ月ぶり主演! 

池松壮亮に新井英樹も太鼓判! 頭を丸めての体当たり演技に期待です!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:新井英樹「定本 宮本から君へ」(太田出版)
脚本:真利子哲也
監督:真利子哲也
プロデューサー:大和健太郎、藤野慎也、清水啓太郎、加藤賢治

主題歌:Easy Go/エレファントカシマシ
エンディング:革命/MOROHA

E13-b043.gif
外部サイト: ドラマ25「宮本から君へ」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
文具メーカー「マルキタ」
宮本浩/池松壮亮
┣文具メーカー「マルキタ」の新人社員。
┣恋も仕事も不器用な営業マンだが、泣き、笑い、怒り、自分の存在の小ささにいら立ちながらも、必死に前に進もうと奮闘し成長していく。

田島薫 /柄本時生
┣「マルキタ」の新人社員。
┣宮本の同期で、良き相談相手。
┣トレードマークは関西弁。

小田三紀彦/星田英利
┣「マルキタ」の営業部課長。宮本や田島の上司。

大芝/新名基浩
┣「マルキタ」の新人社員。
┣宮本の同期。とぼけた性格で、たびたび周囲をイラつかせる。

岡崎部長/古舘寛治
┣「マルキタ」の営業部部長。
┣宮本が仕事で失敗するたびに説教するも、小田に説得され、いつも尻拭いをする。

神保和夫/松山ケンイチ
┣宮本の勤めるマルキタの先輩社員。
┣人づきあいがうまく営業先でも人気者。
┣独立するためマルキタを退職予定で、営業先を宮本に引き継ぐ。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

甲田美沙子/華村あすか
┣「トヨサン自動車」の受付嬢。
┣宮本が駅のホームで一目ぼれをする美しい女性。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

安達辰也/高橋和也
┣宮本と神保の取引先の文具問屋ハタダの営業マン。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

益戸景/浅香航大
┣ライバルメーカー・ニチヨンの手ごわい営業マン。
┣策略家。
┣手段を選ばない。宮本と神保の最大のライバル。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

島貫康治/酒井敏也
┣文具の仲卸業者ワカムラ文具の営業部長。
┣ワカムラからハタダ経由での大手製薬メーカーの案件を、宮本らの勤めるマルキタ、益戸の勤めるニチヨンに競わせる。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

中村靖子/蒼井優
┣神保の友人で一緒に会社を立ち上げる仲間の一人。
┣飲み会の席で宮本と出会い意気投合する。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
池松壮亮主演。
不器用な新米サラリーマンのほろ苦く厳しい毎日を描く青春物語! 

新井英樹の名作漫画を原作に、池松壮亮主演で新米サラリーマンのほろ苦く厳しい日常を描く青春グラフィティー。恋にも仕事にも不器用な、文具メーカー「マルキタ」の新人社員・宮本浩(池松)が、営業マン、そして人間として成長していく姿を描く。原作に出てくる名言の数々も健在。

脚本と監督を務めるのは、映画「ディストラクション・ベイビーズ」で第69回ロカルノ国際映画祭にて新進監督コンペティション部門・最優秀新進監督賞を受賞した真利子哲也。主題歌を、原作者の新井が大ファンと公言しているエレファントカシマシが担当するのも注目。

----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ【宮本から君へ】の原作:新井英樹
----------------------------------------------------------------------------------------

定本 宮本から君へ 1

ドラマ【宮本から君へ】の原作は新井英樹の『定本 宮本から君へ』です。

「宮本から君へ」の原作は、講談社『モーニング』にて、1990年35号~1994年34号まで連載された、新井英樹の初連載作品。

同作は1992年、第38回小学館漫画賞の青年一般部門を受賞しました。

2009年、描き下ろし「はんぶんくらい」を加えた『定本 宮本から君へ』(太田出版)が全4巻の豪華本で出版されました。

著名人にもファンが多く、各業界からも絶大な支持を受けています。


新井英樹が出演!主演の池松壮亮にも太鼓判!

新井英樹が第5話にて、宮本の父親役で出演します!

撮影で見た主演の池松壮亮には、”あ、完全にいける!”と太鼓判を押しています。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年4月1日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
大学を卒業して都内の文具メーカー「マルキタ」の営業職になった宮本浩(池松壮亮)は、営業スマイル一つできず、自分が社会で生きていく意味を思い悩んでいた。そんな宮本には、通勤途中に代々木駅のホームで一目ぼれした、トヨサン自動車の受付嬢・甲田美沙子(華村あすか)がいた。

何度かチャンスはありながらも、なかなか行動に移せずにいた宮本だったが、ある日決死の思いで声を掛ける。そこから宮本は、恋と仕事の中で成長し、自分の生き方を見つけていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年4月5日更新】
■ あらすじ(第1話  2018/4/6 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
大学を卒業して文具メーカー「マルキタ」の営業マンになった宮本(池松壮亮)は、自分が社会で生きていく意味を思い悩んでいた。そんななか、通勤途中に代々木駅のホームで一目ぼれしたトヨサン自動車の受付嬢・美沙子(華村あすか)に声をかけるタイミングをうかがっていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年4月10日更新】
■ あらすじ(第2話  2018/4/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
岡崎部長(古舘寛治)に、得意先へ顔を出していないことがばれた宮本(池松壮亮)。謝りに行くも、怒る店長に営業マンとしてあるまじき言葉を放ってしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年4月14日更新】
■ あらすじ(第3話  2018/4/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
美沙子(華村あすか)と一緒に通勤しはじめた宮本(池松壮亮)。ある日、美沙子が「仕事をさぼりどこかに行こう」と提案してきて、戸惑いつつもデートをする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年4月23日更新】
■ あらすじ(第4話  2018/4/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
美沙子(華村あすか)を逃げ場にするのは卑怯と考える宮本(池松壮亮)。「逃げている間は彼女を抱かない」とこだわるが、美沙子から詰め寄られ、葛藤する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年5月2日更新】
■ あらすじ(第5話  2018/5/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
美沙子(華村あすか)との恋愛に終止符を打った宮本(池松壮亮)。忘れられない宮本は、一人暮らしを始めるが、それがきっかけで父親(新井英樹)と飲みに行く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年5月2日更新】
■ あらすじ(第6話  2018/5/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
宮本(池松壮亮)は、神保(松山ケンイチ)に付いて行く決意をする。ある日、神保から飲みに誘われ居酒屋へ向かうと中野靖子(蒼井優)らが集まっていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年5月18日更新】
■ あらすじ(第7話  2018/5/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
仲卸業者の島貫部長(酒井敏也)は、コンペの競合相手に肩入れしている。神保(松山ケンイチ)と宮本(池松壮亮)は、コンペに力が入るも打開策が見つからない。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年5月24日更新】
■ あらすじ(第8話  2018/5/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
宮本(池松壮亮)と神保(松山ケンイチ)が出した勝負の見積価格。しかし、ニチヨンの益戸(浅香航大)に漏れて、マルキタより安価な提案をされてしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年5月26日更新】
■ あらすじ(第9話  2018/6/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ライバルにつかみかかり、安達(高橋和也)から営業失格の烙印(らくいん)を押された宮本(池松壮亮)。反省し丸刈りにするが、コンペを諦めきれず…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年6月10日更新】
■ あらすじ(第10話  2018/6/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
高級感あるデザインを見つけ出した宮本(池松壮亮)。神保(松山ケンイチ)と小田課長(星田英利)の3人だけで秘密裏にコンペへの再提案を進めていたが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年6月17日更新】
■ あらすじ(第11話  2018/6/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
帝皇製薬にサンプルを提出すべく、島貫部長(酒井敏也)に時間をもらった宮本(池松壮亮)。だが、その前に益戸(浅香航大)と一緒に会社を出る姿を目撃する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年6月17日更新】
■ あらすじ(第12話  2018/6/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終話】
コンペ結果が出る日。「仕事取れなかったらどないするつもりや」…強気だった宮本の心に、小田課長(星田英利)の一言が突き刺さる。営業から戻ってもまだ連絡はなく、不安にさいなまれる宮本。神保和夫(松山ケンイチ)、小田課長、岡崎部長(古舘寛治)らも神妙な面持ちだ。そんな中、宮本の携帯電話に着信が…。コンペの結果を伝える、安達辰也(高橋和也)からの電話だった。はたしてコンペの結果は如何に!?





関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック