FC2ブログ
2021 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 05

2018年春、水曜ドラマ『特捜9』

kage

2018/06/13 (Wed)

Arikaシネマ2014b4

★4月11日スタート 

テレビ朝日系 毎週水曜 21:00~21:54

 特捜9

Arika注目1h9係がイノッチ主演×新班長・寺尾聡でリューアル!

故・渡瀬恒彦さん主演の人気シリーズ「警視庁捜査一課9係」が新ドラマ「特捜9」となって生まれ変わります! 

9係ファンには嬉しいニュースですね!

イノッチをはじめとする9係メンバーが新部署「特別捜査班」に再集結! 新班長には、2017年「陸王」でもシブい演技で魅せてくれた寺尾聰を迎えます。

新班長・宗方(寺尾聰)は娘と2人暮らしなのでなんと9時-5時勤務!

クセが強すぎる元9係のメンバーたちをイノッチと寺尾聰がどうまとめていくのか、楽しみです!

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:深沢正樹 岡崎由紀子 真部千晶 瀧川晃代 徳永富彦 ほか
音楽:吉川清之
監督:杉村六郎 新村良二 長谷川康 吉田啓一郎 ほか
ゼネラルプロデューサー:大川武宏(テレビ朝日)
プロデューサー:神田エミイ亜希子(テレビ朝日)金丸哲也・小髙史織(東映)
制作:テレビ朝日、東映

主題歌:Crazy Rays/V6

E13-b043.gif
外部サイト:特捜9

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
警視庁幹部
神田川 宗次朗/里見浩太朗
警視総監。
免罪と警察の隠蔽体質を誰よりも嫌い、元警察庁の首席監察官で現法務大臣の高森を危険人物と感じている。倫太郎がテロ対策室に出向になり、解散の憂き目に遭った9係を高く評価していて特別捜査班として再結集を宗方朔太郎に託す。

応援

警視庁刑事部・特別捜査班
浅輪直樹【主任】/井ノ原快彦
警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級・巡査部長。
新班長・宗方から最初に召集。
正義感が人一倍強い性格。
加納倫太郎の娘・石川倫子と結婚。
┣新班長・宗方から最初に召集された特捜班のメンバー。正義感が人一倍強く、曲がったことが大嫌いな性格の持ち主。頭の良さや運動能力に関しては二十代で捜査一課に抜擢されただけのことはある。倫太郎の娘の、恋人・倫子とついに結婚。


小宮山志保 /羽田美智子
警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級・警部補。
仕事に生きてきたが、ついに結婚も視野?
頼りになる女性としての一面も健在。捜査では手腕も発揮していく。
┣仕事に生きる女として覚悟を決めていたが、直樹からの特捜メンバー召集の連絡にこれまでとは異なる反応を見せるなど、ついに結婚も視野に入れている様子。一方で、頼りになる女性としての一面も健在。捜査では手腕も発揮していく。

村瀬健吾 /津田寛治
警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級・警部補。
大学卒業後、ノンキャリアとして警視庁に入る。自己の能力はキャリア以上と自信を持つ。
頭の回転がよく、品行方正のそつのなさを誇る。
┣大学卒業後、ノンキャリアとして警視庁に入るが、自分の能力はキャリア以上と信じて疑わない自信過剰な男。実際、頭の回転はよく、品行方正で、何をやってもそつのないエリート刑事で、出世しか頭にないようだが、実は熱い刑事魂を内に秘めている。

青柳靖 /吹越満
警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級・警部補。
反骨精神の塊。金持が大嫌いな皮肉屋。
恋人の垣内妙子と同居している(暴力団から青柳が救出した)
•妙子との関係をよく思わない警察に葛藤し辞職。無職となったが、再び戻る。
┣反骨精神の塊のような男で、金持ちと上流階級が大嫌いな皮肉屋。同居中の恋人・垣内妙子は、暴力団から青柳が救出した。それゆえに反社会勢力の事件には過剰反応する。妙子との関係を良く思わない警察組織の中で、刑事という職業を巡り葛藤。辞表を提出し無職となっていたが、再び刑事の道に戻る決心をする。

矢沢英明 /田口浩正
警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級・巡査部長。
大らかな心で、変人・青柳の相棒。聞き役やサンドバック、時には厳しく叱る
妻の矢沢早苗は売れっ子の漫画家。
退職した青柳を特捜班に勧誘。
┣持ち前の大らかな心で、変人・青柳を受け止めて、聞き役やサンドバックに徹することもできれば、時には厳しくしかることもできる優れた相棒。妻の早苗は売れっ子の漫画家。今回も退職した青柳を相棒として、直樹と共に特捜班に勧誘する。

D01-c008.gif新藤亮/山田裕貴
警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級は巡査。
新たな特捜班に加入する元新宿中央警察署の若手刑事。
積極的で実直ではあるが、その一方でゆとり世代的な若者気質の持ち主。
そんな性格から、時に軽々しい発言をしてしまい、直樹に怒られたり、特捜班のメンバーとも衝突したりすることも?

D01-c008.gif宗方朔太郎【捜査班長】 /寺尾聰
警視庁捜査一課特別捜査班刑事。特捜の班長(警視総監・神田川から直々に任命)。階級・警部。元人事課職員。
かつて監察官補佐として警察内部の事件に関わっていた。
5年前のとある事件をきっかけに2歳の桜庭琴美を引き取り、退職。
妻は他界し一人で琴美を育てているため「9時5時勤務」が復帰条件だった。
┣神田川警視総監から直々に特別捜査班班長に任命された元人事課職員。かつて監察官の補佐として警察内部の事件に関わっていたが、5年前のある事件をきっかけに2歳の桜庭琴美を引き取り退職。妻と共に琴美を育てていたが、その妻が他界。現在1人で琴美を育てている。「子育て優先の9時5時」が復帰の条件。一風変わった謎の多い男。


東京都監察医務院
早瀬川真澄 /原沙知絵
東京都監察医務院に勤務する監察医。
元々、大学の法医学研究室の法医学者。
転職動機はどうやら近親者の不審死らしいが、詳細不明。
志保とは仲が良い。
┣事件遺体に関する臨床例を求めて大学の法医学研究室から転職した法医学者。その動機はどうやら近親者の不審死らしいが、詳細は明かされていない。遺体に関する徹底的なプロフェッショナル。女同士、そして友達がいない者同士、志保とは仲が良い。

警視庁刑事部鑑識課
猪狩 哲治/伊東四朗
警視庁鑑識員。小宮山志保が所轄に配属していた時に同じ所轄の鑑識だった。S.3第7話で小宮山と再会→事件を解決した後に定年退職→嫁いだ娘の住むスペインのバルセロナへ移住→その後帰国し、鑑識の腕を買われ再雇用(S.10第3話より)、現役として活動している。口数の少ない職人肌の仕事人だが、懐の深い頼り甲斐のあるベテラン。彼の心ある一言が事件解決のヒントになるもとも。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

浅輪倫子 /中越典子
パティシエールとして活躍中。倫太郎の娘。
直樹と出会い、好感を持つ。
しかし亡き母を苦しめた父・倫太郎を恨むため、警察官が大嫌いだった。
直樹とは今回めでたく結婚し、新婚生活をおくっている。
┣直樹と出会い好感を持つが、亡き母を苦しめた父・倫太郎を恨むが故に、警察官が大嫌いだった。直樹とは紆余曲折あったが、めでたく結婚。新婚生活を謳歌している。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
井ノ原快彦主演で「9係」から「特捜9」へ! さらなる魅力を加えて“新時代”を築く! 
2006年4月にスタートし“9係”の愛称で幅広い層に愛された本格刑事ドラマ「警視庁捜査一課9係」がリニューアル。9係解散から1年後、元メンバーが新部署「特別捜査班」のメンバー“特捜9”として再集結する。主人公は井ノ原快彦演じる浅輪直樹となり、羽田美智子、津田寛治、吹越満、田口浩正、原沙知絵、中越典子らおなじみのメンバーの続投はもちろん、特捜班をまとめる新班長・宗方朔太郎に寺尾聰が扮し、新たな部署で再び難事件に立ち向かう。「9係」で創出したバリエーションある難事件と、それに付随する人間ドラマを描き出す伝統は同作でも継承。さらに新たな魅力を加えて新しい時代を築く。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年4月日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
加納倫太郎(渡瀬恒彦)に率いられ、盤石のチームプレーで難事件を解決してきた警視庁捜査一課9係だったが、係長の倫太郎が内閣テロ対策室に派遣されたことでチームは解散。9係のメンバーはバラバラになってしまう。
しかし、1年間の空白期間をへて、神田川警視総監(里見浩太朗)は、初動捜査から送検まで早期の事件解決を目指す独立した捜査班結成を指示。そのメンバーとして、浅輪直樹(井ノ原快彦)ら元9係のメンバーが再結集することになった。
また、元9係メンバーを「特別捜査班」として率いる班長・宗方朔太郎(寺尾聰)は、数年前のとある事件を機に退職していたが、神田川の説得に応じて復職する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年4月9日更新】
■ あらすじ(第1話・初回拡大SP「一万年の殺人」  2018/4/11放送夜9:00~10:09)
----------------------------------------------------------------------------------------
9係の解散後、所轄署で働く直樹(井ノ原快彦)はある日、ショッピングモールに逃げ込んだ宝石強盗を逮捕する。翌日、警視総監の神田川(里見浩太朗)に呼び出された直樹は、新設の「特別捜査班」への異動を命じられる。特捜班の班長として紹介されたのは、前日、宝石強盗逮捕に協力してくれた宗方(寺尾聰)だった。子育て優先を公言する宗方から班員集めを任された直樹は、志保(羽田美智子)ら元9係の面々に声を掛けるが…。

ゲスト
井出博光(文部科学大臣・考古学教授)…宮川一朗太
木場真一(井出の部下)…堀地直殻
野村美穂(井出の部下・被害者)…実咲凛音
富岡 貴子(井出の部下)…笠木泉

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年4月14日更新】
■ あらすじ(第2話「花嫁消失」  2018/4/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
直樹(井ノ原快彦)らはウエディングドレス姿の遺体が河川敷で見つかった事件の捜査に乗り出す。現場には、特捜班に配属されたという新藤(山田裕貴)も臨場。刑事部長が特捜班を探るために送り込んできたようだ。やがて被害者が現場近くのホテルでその日に挙式予定だった真希(中島亜梨沙)と判明。真希と新郎の武村(黄川田将也)は同ホテルの従業員で、前夜、真希はホテル内に宿泊、武村はフロント業務についていたという。

ゲスト
武村茂明(ホテルのフロント係・斎藤の婚約者)…黄川田将也
向笠博子(歌手)…平塚千瑛
斉藤真希(武村と同じホテルのコンシェルジュ・被害者)…中島亜梨紗
中垣 稔(武村が勤めるホテルの社長)…新井康弘
島沢 敏之(観光文化庁局長)… エド山口
島沢 薫(島沢の娘)…高山侑子

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年4月23日更新】
■ あらすじ(第3話「殺人都市計画」  2018/4/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
建築家・亜紀子(冨樫真)の刺殺体が自宅兼仕事場で見つかった。現場では、亜紀子が参加予定だった保育園の設計コンペ用の模型が壊されていた。コンペ相手が亜紀子の師匠の著名建築家・大屋(下條アトム)と聞いた新藤(山田裕貴)は、直樹(井ノ原快彦)の許可も得ず、一人で勝手に大屋に会いに行く。直樹らは、靴跡が一致した大屋を住居侵入容疑で連行する。そんな中、新藤は独断で大屋の妻・千鶴(洞口依子)を尾行する。

ゲスト
大屋千鶴(大屋の後妻)…洞口依子
大屋源治(建築家)…下條アトム
森田亜希子(建築家)…冨樫真
北原里香(森田のアシスタント)…長尾純子
中岡孝(クリエイトレジデンス都市計画部 課長)…中野剛
江波多門(不動産会社「クリエイトレジデンス」都市計画部 主任) - 伊嵜充則(5歳:川原瑛都 / 10歳:篠原湊大)…伊嵜充則
大屋家の近所の主婦 …榎本由希、斉木きょうこ

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年5月2日更新】
■ あらすじ(第4話「床下の白骨死体」  2018/5/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
民家の床下から白骨遺体が出てきた。鑑識の猪狩(伊東四朗)によると、死後5年以上が経過しているという。住人の加奈子(松岡由美)は、母親が亡くなり父親が施設に入居する昨年までは、家族3人で暮らしていたと話す。直樹(井ノ原快彦)らは両親の犯行を疑うが、加奈子の父親は猪狩の知人の元警察官・泰三だった。施設にいる泰三は、認知症で話がかみ合わない。しかし、なぜかリフォームという言葉に激しく反応する。

ゲスト
三好泰三(元警視庁交通機動隊 副隊長・グループホーム「優の樹」入所者) - 小松政夫
三好加奈子(泰三と節子の娘・フリーライター) - 松岡由美
村田肇(リフォーム工事業者) - 伊東孝明
対馬遙香(グループホーム「優の樹」介護福祉士・泰三の担当) - 沢井美優
三好節子(泰三の妻・去年死亡) - 阪上和子
中原通(シロアリ詐欺師・前科5犯・偽名「西村佑」) - 西興一朗
野村堅太(中原の元詐欺仲間) - 兒玉宣勝
山川高志(大工) - 関健介[18]
小島均(秋葉原の商店主・通称ヒヨコ) - 三島ゆたか
明石利久(害虫害獣駆除専門店「ミツダホームクリーン」社員) - 青木一平
チラシ配りのメイド - 小嶋さくら[19]

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年5月2日更新】
■ あらすじ(第5話「殺人ハーモニカ」  2018/5/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
人形師の涼子(大谷直子)が自宅工房で殺された。第一発見者は、野球のボールを取りに来た少年・啓太(大嶺創羽)と、学童保育指導員の菜々子(篠原ゆき子)だった。菜々子によると、子どもに厳しくすぐに叱りつける涼子に対し保護者からクレームがあり、定期的に訪問していたという。志保(羽田美智子)らは14年前の涼子の夫・貴志(並樹史朗)の事故死を再捜査。直樹(井ノ原快彦)らは涼子が1週間前に訪ねた美術館に向かう。

ゲスト
三橋涼子(人形師) - 大谷直子
酒井菜々子(学童クラブの従業員・通称ハーモニカのお姉さん) - 篠原ゆき子
西川大吾(小学校教師・5月人形のモデル) - タモト清嵐
柴田啓太(野球をやっていた小学生) - 大嶺創羽
三橋貴志(人形師・涼子の夫で故人) - 並樹史朗
西川麻由(大吾の母親) - 阿南敦子


----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年5月2日更新】
■ あらすじ(第6話「赤い花の殺意」  2018/5/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
映画プロデューサー・瑠未(遊井亮子)の刺殺体は赤い花をくわえていた。直樹(井ノ原快彦)らは瑠未に解任された監督の国井(バッファロー吾郎A)に会う。花は観葉植物「グズマニア」と判明。青柳(吹越満)は女優・あゆみ(里久鳴祐果)のタブレット端末の待ち受け画面写真がグズマニアだと気付く。一方、瑠未の前作の撮影中、主演の順一(瀬川亮)が事故で両足が不自由になり、弟の徹(三浦孝太)が代役に選ばれたと分かる。

ゲスト
近藤瑠未(映画プロデューサー)- 遊井亮子
宇田川順一(靴デザイナー・映画「南太平洋の誓い」の撮影中の事故で降板し俳優業引退)- 瀬川亮
宇田川徹(順一の弟・映画「南太平洋の誓い」の主演俳優を務めるはずだった順一の代わりに主演を務める)- 三浦孝太
国井康夫(映画「南太平洋の誓い」の監督) - バッファロー吾郎A
金子あゆみ(映画「南太平洋の誓い」の続編のヒロインを演じるはずだった女優) - 里久鳴祐果
佐竹恭子(靴職人) - 李千鶴

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年5月20日更新】
■ あらすじ(第7話「殺しの紙幣」  2018/5/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
神社の石段の下に不動産会社社長の西田(青山勝)と部下の中島(村上剛基)が重なって倒れていた。下の西田は死亡、中島は意識不明で病院に搬送される。意識を取り戻した中島は、直樹(井ノ原快彦)らの事情聴取に犯行を自供する。だが、検視で西田は別の場所で撲殺されたと判明。やがて、西田の行きつけのスナックのママ・恵子(大島さと子)の亡夫が、21年前に火事に巻き込まれた中島の命の恩人だったことが分かる。

ゲスト
太田恵子(西田の馴染みのスナックのママ) - 大島さと子
福島ゆり(西田の馴染みのスナックのチーママ) - 菅井玲
中島達也(不動産会社 従業員) - 村上剛基
西田正義(不動産会社 社長) - 青山勝
中島温子(中島の母親) - 榊原るみ
太田仁志(恵子の息子) - 広田亮平
春風亭昇太(本人)

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年5月24日更新】
■ あらすじ(第8話「無限大の殺人」  2018/5/30放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
社長夫人の康子(舟木幸)の他殺体が自宅プールで見つかり、直樹(井ノ原快彦)らが捜査に乗り出す。強盗殺人と思われたが、屋敷の防犯カメラは故障しており、何も写っていなかった。青柳(吹越満)は、第一発見者のハウスクリーニング業者社員・奈々(岡村いずみ)の不審な行動に気付く。捜査が進む中、奈々が康子からパワーハラスメントを受けていたと分かり、青柳らは奈々の勤務先の社長・幸太(出合正幸)に事情を聞く。

ゲスト
水上洋次郎(おもちゃ会社「ノーニ」社長) - 団時朗
水上康子(洋次郎の妻) - 舟木幸[40]
片山浩之(洋次郎の秘書) - 佐伯新
和田幸太(ハウスクリーニング会社「IN&ON」社長) - 出合正幸[41]
音無奈々(ハウスクリーニング会社「IN&ON」社員) - 岡村いずみ[42]
水上翔(康子の連れ子・おもちゃ会社「ノーニ」営業課 課長) - 森岡龍[43]
広田伸夫(ゲノムアナリシス 社員) - 福本伸一
三沢義孝(おもちゃ会社「ノーニ」専務) - 津村和幸
神崎裕紀(ハウスクリーニング会社「IN&ON」社員) - 恩田隆一
川畑彰(宅配業者) - 園山敬介
おもちゃ会社「ノーニ」秘書 - 田口寛子
ゴルフ場の従業員 - 羽村純子
和田君代(和田の母・2年前死亡) - 奏谷ひろみ

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年6月2日更新】
■ あらすじ(第9話「連続殺人者X」  2018/6/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
板橋区内の公演で、75歳の女性が頭頂部を殴打されて殺害されているのが見つかった。臨場した直樹(井ノ原快彦)は、遺体の口が不自然に膨らんでいるのに気付く。なんと被害者の口の中にあったのは、ニセモノの警察バッジ。犯人は警察を挑発しているのだろうか…!? 実は、この管内では被害者の口から警察バッジが見つかる殺人事件が過去2件、発生したいた。そのため、見村岳(伊藤洋三郎)をはじめとする所轄署の刑事たちは同一犯による犯行と見て、”連続殺人犯X”を追い始める。

ゲスト
佐野真一郎(板橋南警察署 署長) - 伊藤洋三郎
見村岳(板橋南警察署刑事課 係長) - 笠兼三
丸川徹(暴力団「大達組」組長) - 江良潤
小田晃一(暴力団「大達組」構成員) - 外川貴博
大橋剛(暴力団「塚源組」構成員) - 中松俊哉
加藤仁美(慶徳大学3年生) - 三輪晴香
上野哲也(ビル清掃員・元警察学校学生) - 徳秀樹
八木智子(文化住宅に住む高齢者) - 今本洋子
藤井正巳(プロッサムエージェンシー 社長) - 窪寺昭
警視庁管理官 - 森永徹
長江伸二(文化住宅を管理していた不動産会社の社員) - 国枝量平
上野の近所の主婦 - 松本海希
山中ひろみ(プロッサムエージェンシー 社員) - 咲谷ゆい
キャリア組の警察署署長 - 野口雅弘、松澤仁晶
暴力団「大達組」構成員 - 金井俊太郎
加藤由紀江(仁美の母) - 澤純子
江川大輝(小学生) - 加藤瑛斗
山原真司(暴力団「塚源組」構成員) - 銭本邑人
板橋警察署刑事課 捜査員 - 田中瑛祐、濱仲太
ラブホテルの受付 - 渡辺利江子
ラブホテルの掃除婦 - 松宮かんな

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年6月11日更新】
■ あらすじ(第10話・拡大スペシャル「3つの時の殺人」  2018/6/13 21:00~22:09放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
高森徹也法務大臣(中原丈雄)が殺害されたという一報が入り、直樹(井ノ原快彦)ら特捜班は現場に急行する。ところが、殺害されたのは高森の妻・静江(藤井かほり)で、一同は混乱。しかも、そこへ組織犯罪対策部第三課=”組対”が荒々しく乗り込んできた。

1年前の合同捜査で9課を解散に追い込んだ組対の 安達芳雄(山下徹大)は、早くも凶器と思われるナイフを発見。組織犯罪撲滅を推進する高森大臣を恨む暴力団関係者が、高森と間違えて静江を殺害したと結論づける。たしかに、静江は夫と御揃いのジャケットと帽子を身に着けており、高森もまた「妻は自分の身代わりに殺された」と涙ながらに世間に訴えていた。

しかし、監察医・真澄(原沙知絵)の解剖と鑑識:佐久間(宮近海斗)の鑑定から、犯人の偽造が発覚。犯人は静江を刺した後、ジャケットと帽子を遺体に着せていたことがわかったのだ。つまり高森と間違えて殺害したように見せかけ、最初から静江を狙っていたことになる。

そんな折、直樹と宗方(寺尾聰)は、神田川警視総監(里見浩太朗)から呼び出される。神田川は直樹の前で、宗方が5年前に警察を辞めるまでどんな任務を就いていたかを明かす。これまで一切語られることのなかった、宗方の衝撃の過去とは…!?

その上で、 宗方は今回の事件の真相に迫るには、自分が警察を辞めることになった5年前の事件、そして9課が解散させられた1年前の事件を調べ直す必要があると直樹に告げる。

宗方によると、2つの事件には共に高森が関わっているというのだが、いったい5年前、宗方に何があったのか…? そして9課の解散と高森の関係とは…?

ゲスト
川勝雄太郎(共新党幹事長) - 大門正明
安達芳雄(組織犯罪対策課第3課 課長) - 山下徹大
高森静江(徹也の妻) - 藤井かほり
小出智之(5年前の事件の容疑者 1年前に死亡) - 崔哲浩
並河康弘(1年前まで組織犯罪対策課第3課刑事 謹慎の後に死亡) - 横山一敏
川勝雄司(徹也の秘書 雄太郎の息子) - 聡太郎
須山一平(暴力団「龍丸組」構成員) - 細川洪
山根秋乃(キャバクラ勤務 5年前に死亡) - 雪中梨世







関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック