FC2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

2018年春、木曜ドラマ『警視庁・捜査一課長』

kage

2018/06/14 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★4月12日スタート(初回は2時間SP) 

テレビ朝日系 毎週木曜 20:00~20:54

 警視庁・捜査一課長

Arika注目1h内藤剛志×安達祐実の家なき子コンビでシリーズ3に突入!

内藤剛志主演の刑事ドラマ「警視庁・捜査一課長」のシーズン3がスタート! 安達祐実が「家なき子」以来23年ぶりの共演!

ナイツ・塙が側近の運転手として参戦します。

一課長・名物の大福=斉藤由貴さんは、やはりスキャンダルでおろされてしまったでしょうか? でも新キャストが安達祐実さんなら新しい期待が膨らみます。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:安井国穂 / 田辺満 / 谷口純一郎 / ほか
監督:濱龍也 / 池澤辰也
音楽:山本清香
ゼネラルプロデューサー:関拓也(テレビ朝日)
プロデューサー:秋山貴人(テレビ朝日)/ 島田薫(東映)/ 高木敬太(東映)
制作:テレビ朝日 / 東映

主題歌:All Of Us/GLIM SPANKY

E13-b043.gif
外部サイト:警視庁・捜査一課長

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
大岩純一 /内藤剛志
警視庁捜査一課長。
400人を超える精鋭集団・捜査一課を束ねるリーダー。
都内で起きた凶悪事件の現場すべてに臨場し、指揮に当たる。
ノンキャリアで叩き上げの刑事として捜査員からの信頼も厚い。
一人娘を病で失った過去があり、月命日には娘の好物だったカレーとプリンを食べることに決めている。
各捜査本部の指示からマスコミの対応までこなすため職務は多忙を極める。
┣内藤さんは、このドラマを『ライフワークのような作品なので、戻ってこられて嬉しい』とコメントしています。

谷中萌奈佳 /安達祐実
警視庁広報課セルフブランディングルーム室長。
幼少期は柔道の国民的スターだったが、期待に背きメダル獲得ならずに引退、警察官になった。
挫折や人生経験が豊富なゆえ、人間の本質を見抜く力を持っている。
若いながらも人生経験を積んできたため、人の本質を見抜く力を持っている。
大岩の新たな右腕として捜査を進める新機軸となる。

笹川健志 /本田博太郎
警視庁刑事部長で、大岩の上司。
捜査に行き詰った大岩を激励する。
捜査方針をめぐって重大なリスクが生じる場面でも、その責任を部下には決して背負わせず、自らがすべてを被ろうとする男気の強い人物。

武藤広樹 /矢野浩二
警視庁捜査一課・鑑識課主任。
犯罪を人一倍憎む鑑識官。
検視官としての能力も高く、現場検証において瞬時に状況を見極め、臨場する大岩らに事件解決へのために必要な情報を的確に提供する。

天笠一馬 /鈴木裕樹
警視庁捜査一課刑事。
遊軍刑事として、現場の最前線で事件捜査に当たる。
事件発生時には管理官・小山田と共に行動することが多い。
大岩が乗りこむ公用車の運転を担当していたこともあり、一課長からの信頼も厚い。

奥野親道 /塙宣之(ナッツ)
大岩の公用車の運転を担当する刑事。
元々優秀な刑事だったが、妻の病死後、子育てのためしばらく事務職に移り、再び現場に戻ってきた異色の刑事。
主夫経験で得た生活の知恵や女子力を武器に事件捜査に奔走する。
大岩からは“ブランク”というあだ名で呼ばれている。
大岩の側近として一課長の苦悩や本音を唯一聞くことができる希有な存在でもある。

小山田大介 /金田明夫
警視庁捜査一課・庶務担当管理官。
大岩の右腕的存在(大岩の右腕となって捜査を進めていく)。
多数の捜査員を動員して行う“大捜索”で目標物を探し出す能力が人一倍秀でているため、“見つけのヤマさん”ともよばれている。
恐妻家で、妻には弱い。

大岩小春 /床嶋佳子
大岩の妻。
愛娘の死を乗り越え、多忙を極める夫・大岩をいつも笑顔で支えてきた。
小春との何げない日常会話から、大岩が事件を解決するきっかけ(ヒント)を得ることも多い。

🐈ビビ:黒豆君…黒岩家の愛猫。
┣黒豆…内藤剛志さんの事務所の社長さんの猫。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
内藤剛志演じる“最強刑事”のもとに、安達祐実ら新戦力が加入してパワーアップ!! 
内藤剛志が演じる、ヒラから捜査一課長まではい上がってきたノンキャリアのたたき上げ刑事・大岩純一が、信頼する部下たちと共に都内で発生する凶悪事件を解決する刑事ドラマの第3弾。

2012年の「土曜ワイド劇場」からスタートし、16年、17年と連続ドラマ化された人気シリーズで、今回は、安達祐実とナイツ・塙宣之がメンバーに新加入する。内藤と安達の連ドラでの共演は、「家なき子」(日本テレビ系)での親子役以来23年ぶり。安達は大岩の新たな右腕として捜査を進める谷中萌奈佳を、塙は主夫経験を持つ女子力高めの異色刑事・奥野親道を演じる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ【警視庁捜査一課長】シーズン3の見どころ
----------------------------------------------------------------------------------------
見どころ➊:大福から最中(もなか)へ
なんと言っても名作『家なき子』でのコンビ、内藤剛志さんと安達裕実さんの23年ぶりの共演でしょう。あのドラマの影響からか、”二人は仲が悪い”と思われていたとか。2014年の【科捜研の女】で安達裕実さんがゲスト出演した際に、撮影の合間に二人で話していたら。周囲がザワついていたと言うエピソードを話しています。しかし、内藤さんは安達さんに、ずっと娘のような不思議な絆を感じていて、ふたりで「『家なき子』を超えるものをやりたいねと話していたので、今回のキャスティングは嬉しい」とコメントしていました。名物だった”大福”こと斉藤由貴さん演じる平井真琴がいなくなりましたが、今度は”もなか”とのコンビで難事件を解決してくれるでしょう。差し入れも”もなか”に変わるのかも(笑)

見どころ❷:運転手が田中圭から塙宣之へ
シーズン2で大岩一課長が乗る公務車の運転を担当していた、田中圭さん演じる刑部公平が塙宣之演じる奥野親道に変わります。田中圭さんももちろんよかったのですが、今回は同局の同クールで主演の【おっさんずラブ】と被ってしまうので変わったのかもしれません。設定としては『大岩の側近として一課長の苦悩や本音を唯一聞くことが出来る存在』という刑部公平と全く同じ立ち位置。しかし、「おくのちかみち」と言うふざけた名前と、ナイツの塙ということを考えると、勝手な捜査をしては小山田管理官に怒られていた刑部とは違う感じになるのではないでしょうか。それに何と言っても「ヤホー」などの小ネタをブっ込んでくるのか?そして一課長はそこをツッこむのか?に期待が高まります。

見どころ❸:黒岩一課長の愛猫ビビちゃん
本名は黒豆君。内藤剛志さんの事務所の社長さんの家の猫ちゃんだそうです。ビビちゃんは、黒岩が捜査で疲れ、家に戻った時に奥さんと共に黒岩を癒してくれる大事な役なんです。撮影以外の時も内藤さんらの癒し担当なんだそう。そしてもちろん演技もなかなかのものです(笑)

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年4月1日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
警視庁捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)は、400人以上の精鋭集団・捜査一課を束ねるリーダー。都内で起きた全ての凶悪事件の現場に臨場し、各捜査本部の指揮に当たっているため多忙を極めている。

“ヒラから成り上がったたたき上げの刑事”でもある大岩は、捜査員たちからの信頼も厚い。中でも、人間の本質を見抜く洞察力を備えた警視庁広報課セルフブランディングルーム室長の谷中萌奈佳(安達祐実)は、大岩にとって頼れる存在で、大岩の公用車の運転を担当している奥野親道(塙宣之)は、大岩の側近として苦悩や本音を唯一聞いている。

そうした信頼する部下たちと共に、大岩は今日も凶悪事件と立ち向かい、重責を果たしていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年4月9日更新】
■ あらすじ(第1話  2018/4/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
18年前に流行した洋服を着た女性の他殺体が見つかる。警視庁捜査一課長の大岩(内藤剛志)には被害者の服装に見覚えがあった。18年前に死んだ警察学校時代の友人・谷中(中村梅雀)が持っていた写真の女性が同じ洋服を着ていたのだ。写真の女性は谷中が独自に捜査していた事件の関係者と思われたが、谷中の死で真相は全て闇の中だ。大岩は、谷中の娘で警視庁広報課所属の元柔道選手・萌奈佳(安達祐実)と捜査に乗り出す。

ゲスト
高島礼子、田中美奈子、相島一之、いとうあさこ、中村梅雀 ほか

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年4月14日更新】
■ あらすじ(第2話  2018/4/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
大岩(内藤剛志)はパーティードレス姿の刺殺体が見つかった事件の捜査を指揮。被害者のバッグにあった祝儀袋は金額欄に100万円と書かれていたが、中は千円札1枚だった。被害者の会社員・圭子(宮田早苗)は前日、部下の貴代(柳ゆり菜)と親会社社長の息子・淳史(岩永徹也)の結婚式に参列したが、披露宴には姿を見せていない。さらに、式のブーケトスで、貴代の同期・美穂に投げられた花を圭子が横取りしていたという。

ゲスト
黒川智花、柳ゆり菜、蟹江一平、宮田早苗、岩永徹也 ほか

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年4月23日更新】
■ あらすじ(第3話  2018/4/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
繁華街のスクランブル交差点で男性が絶命。別の場所で刺され、歩行中に息絶えたようだ。被害者は元編集者の星川(中林大樹)で、捜査が進む中、星川が勤務先の出版社の倒産後、素人作家に自費出版を持ち掛ける出版詐欺をしていた可能性が高まる。星川の口座に金を振り込んだ一人・透子(青山倫子)が、事件直前まで星川と会っていたことを認め、犯行を自供する。しかし、大岩(内藤剛志)には彼女の犯行とは思えない。

ゲスト
青山倫子 、森田涼花、中林大樹、久世星佳、建みさと ほか

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年5月2日更新】
■ あらすじ(第4話  2018/5/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
郊外の雑木林でリクライニングチェアに座った遺体が見つかる。遺体を運ぶために利用したようで、キャスター付きのそのチェアには廃棄物処理シールを剥がした形跡が。大岩(内藤剛志)は粗大ごみを回収した地区を調べるよう指示する。やがて被害者が都心に住む菅原(吉田ウーロン太)と判明。菅原はインターネットで話題のインストラクター・里美(吉木りさ)目当てで、わざわざ郊外のスポーツジムに通っていたらしい。

ゲスト
吉木りさ、松田悟志、内田 慈、吉田ウーロン太 ほか

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年5月9日更新】
■ あらすじ(第5話  2018/5/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
下町の空き地で自治会長の村越(春海四方)の他殺体が見つかる。被害者はベビーカステラを握っており、ポケットから国会議員の今日子(山本未來)の名刺が出てきた。大岩(内藤剛志)は遺体の肩が赤く腫れていることに気付く。やがて、村越がみこしの愛好家で、前日も近所の祭りでみこしを担いでいたと分かる。今日子も同じ祭りに参加していた。さらに、村越が伝説のみこし担ぎ‘向島の龍’ともめていたとの情報が入る。

ゲスト
山本未來、天野浩成、鈴木友菜、春海四方、近江谷太朗 ほか

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年5月12日更新】
■ あらすじ(第6話  2018/5/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
 隅田川近くの廃工場でジョギング姿の他殺体が見つかった。被害者は不動産会社社長の荒井(ベンガル)で、死亡推定時刻直後に現場から逃走するピンクのウエアを着た人物が目撃されていた。大岩(内藤剛志)の指揮で捜査が始まる。ジョギングが趣味の荒井はワンマン社長で、全社員にマラソン大会への参加を強要していた。萌奈佳(安達祐実)が女性社員・晴美の部屋を訪問すると、ベランダにピンクのウエアが干されていて…。

ゲスト
柳原可奈子、ベンガル、中原果南、逢沢りな、山田純大 ほか

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年5月24日更新】
■ あらすじ(第7話  2018/5/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
大岩(内藤剛志)は、男性の刺殺体が見つかった恵比寿の現場に出動。遺体が所持していた脅迫状にはバニラの香りがする染みが付いており、防犯カメラには現場から走り去る制服を着た女性が写っていた。やがて、被害者が吉祥寺の印刷会社に出向中の松川(猪野学)と判明。さらに、現場から逃走した女性が、マンション管理員の律子(室井滋)と分かる。無類のおせっかい焼きの律子は、管理業界では有名人だった。

ゲスト
室井滋、田中律子、猪野 学、和田聰宏 ほか

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年5月26日更新】
■ あらすじ(第8話  2018/5/31放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
大岩(内藤剛志)らは、日本橋の船着き場でドレス姿の女性の他殺体が見つかった事件を捜査。被害者のモデル・礼香(佐藤乃莉)が、近くで開かれていたファッションモデルの表彰式に出席していたことが分かる。会場でモデル仲間の彩音(新山千春)とトラブルになったようだ。防犯カメラには礼香を追い掛ける彩音が写っていた。一方、礼香の靴やドレスの裾についていた泥から高尾山周辺に生息するスミレの花粉が検出される。

ゲスト
新山千春、篠井英介、佐藤乃莉、菊池麻衣子、瀬奈じゅん ほか

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年6月6日更新】
■ あらすじ(第9話  2018/6/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
手首に輪ゴムをはめた女性の遺体が、府中の河川敷で発見された。被害者は小岩のスナックで働くホステス・乙部美栄(下垣真香)で、前夜、何者かによって橋の上から突き落とされたようだった。

臨場した捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)は、輪ゴムの下の皮膚がうっ血していないことに気づく。そのことから、輪ゴムは被害者が死亡した後、犯人がわざわざ左手首にはめたものと推測された。また、谷中萌奈佳(安達祐実)は橋の上から落とされたにもかかわらず、遺体がキッチリと“気をつけ!”の姿勢をして、衣服に乱れもないことを不審に思う。

まもなく、被害者の美栄には窃盗と傷害致死の前科があったことが判明する。8年前、美栄は交際相手の甲田太(中村公隆)と共に会社役員宅に空き巣に侵入。逃走する際、たまたま通りかかった小学生・堅物星也(田中士道)を甲田が突き飛ばし、死亡させてしまったのだ。
 
調べたところ、なんと甲田は事件当日、刑期満了で出所していたことが発覚! 出所したばかりの甲田の仕業なのか…!? それとも、美栄に恨みを持つ星也の親の犯行なのか…!? 萌奈佳は手がかりを求め、星也の母で弁護士の英理子(安藤玉恵)を訪ねる。英理子は自分に厳しいキッチリとした性格で、なんと左手首に輪ゴムをはめていたが、その直後、また輪ゴムをはめられた遺体が発見される事件が起きて…!?

ゲスト
安藤玉恵、螢 雪次朗、早乙女友貴 ほか

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年6月12日更新】
■ あらすじ(第10話・最終回スペシャル  2018/6/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
北区の荒川沿いで、両手指すべての指紋がない男性の遺体が発見された。臨場した捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)は、遺体の顔を見て驚く。実は34年前、谷中萌奈佳(安達祐実)の父・明彦(中村梅雀)が重要参考人の男を取り逃がしたことがあり、その男とよく似ていたのだ。萌奈佳もまた、被害者と会ったことがあると言い出す。先週末に開催された防犯イベントでグッズを配っていた際、自分を遠くから見つめていたため、話しかけたところ、もどかしい表情を浮かべながら一言も話さず去っていったという。

まもなく、遺体の身元は34年前、殺人容疑で指名手配された佐原佳男(佐渡稔)とわかる。34年前、商社社長が殺され、現金と腕時計を奪われる事件が発生したが、事件翌日、腕時計を質店に持ち込んだのが、社員の佐原だったのだ。当時、捜査本部の一員だった明彦は「佐原は“シロ”だ」と主張したが、上層部は全国指名手配を決断。結局、逮捕に至らぬまま、1999年に時効が成立していた。
 
そんな中、建設現場の作業員として働いていた佐原の所持品の中から、銀座の高級クラブのママ・伊能弥生(片瀬那奈)の名刺が発見された。事件当日の夕方、近くの防犯カメラに佐原が弥生と口論する姿が映っていたこともわかるが、弥生は「銀座の女は口が堅いんです」と言って一切語らず、大岩と萌奈佳の追及にも動じなかった。また、佐原の荷物からはもうひとつ、不可思議なものが見つかっていた。なんと“萌奈佳グッズ”が大量にしまいこんであったのだ。佐原は生前、「娘に会いたいが、二度と会えない」と作業員仲間に語っていたという。もしや、萌奈佳の本当の父は、佐原なのか…!?
 
萌奈佳は苦悩を抱えながらも、34年前と現在にまたがる2つの事件の解明に奔走する…! だが、萌奈佳の出生の秘密をかぎつけた週刊誌記者・島岡義斗(山崎銀之丞)が、執拗に大岩につきまとってきて…!? はたして大岩一課長は2つの事件すべての謎を解き明かし、親友の娘・萌奈佳を守ることができるのか!?決死の捜査が、最大の危機と衝撃の展開を招く!!

ゲスト
中村梅雀、片瀬那奈、山崎銀之丞、坂口芳貞、佐渡 稔、葉山レイコ、西田 健 ほか


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック