FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

2018年春、日曜ドラマ『崖っぷちホテル!』

kage

2018/06/17 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★4月15日スタート 

日本テレビ系 毎週日曜 22:30~23:25

 崖っぷちホテル!

Arika注目1hJSB岩田剛典が底辺ホテルを大改革!?

JSB岩田剛典が連ドラ初主演!

共演はカメレオン女優・戸田恵梨香

クセもの+ダメ人間スタッフがばかりで破産寸前の老舗ホテルを、岩田剛典が立て直すという痛快シチュエーション・コメディ。

「王様のレストラン」みたいなストーリーになるのか?

「愛してたって、秘密はある。」「トドメの接吻」とミステリーが続いた日曜新ドラマ枠。

コメディ投入でヒット作を生み出すことができるか?

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:土田英生
音楽:松本晃彦
演出:猪股隆一
プロデューサー:福井雄太・柳井久仁子(AXON)
制作協力:AXON
製作著作:日本テレビ

E13-b043.gif
外部サイト:崖っぷちホテル!

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
宇海直哉 :岩田剛典…いったい何者? 自由過ぎる謎の訪問客
┣ホテルに現れた謎の客。ある日崖っぷちホテルに超絶ラフな格好でやってきた謎の客。その格好に人々は不快な顔を示す。しかしそんなことにはお構いなく、次々と破天荒な注文をホテル側につけていく。まさかコイツは金も払わず逃げようとするやっかいな客か?…と疑われるが、彼の目的は他にあった。
┣何を考えているかわからない飄々とした態度をとりながら、自分の哲学の思いのまま動く男。そのせいであまり他人に興味がないように思われるが、実はズバ抜けた洞察力により、誰よりも人間を観察している。
┣服装のせいもあって宿泊客からはこのホテルの副支配人だとは認識されないが、彼独特の嗅覚で客達の見えざる部分を察知することが出来る。思ったことはズケズケと言葉にし、常に確信を突き続けるが、なぜか憎めない男。
┣熱心な趣味に「懸賞」があり、誰もが全くいらないと思うものを懸賞で当てては少年のようにそれを自慢したりする。


ホテル グランデ インヴルサ
桜井佐那 :戸田恵梨香…、“威厳ゼロ”の新人総支配人
┣ホテル グランデ インヴルサ(崖っぷちホテル)の総支配人。
┣父・剛が亡き後、29歳という若さでこのホテルの総支配人に就任した女性。剛が病床に伏してから3年の間でホテルが抱えた負債は3億円。それは、代理で総支配人を務めた兄・徳十郎のせいであったのだが、その兄は行方不明。そして父の死後、誰もがホテル存続を放棄しようとしていた中、このホテルの総支配人にただ一人、自ら名乗りを上げ、その実現までこぎつけた。
┣性格は真面目で一本気で、まっすぐに生きてきた女性。が、そのまっすぐさ故に捻じ曲がった「クセ者」揃いのホテルスタッフたちからは煙たがられ、若さも由来してなめられ続け、正に威厳0の総支配人となってしまっている。お客さんの前やスタッフの前ではキチンと接する彼女だが、その年齢の女性らしく、たった1人総支配人室に入った時には本音的に愚痴を零すことも多々あり……。
┣そんな彼女が数か月後、日本中から「怪物」と呼ばれるホテル界の豪傑となることを今はまだ誰も知らず……。

■管理・営業部


丹沢昭人 :鈴木浩介…自己チュー事務責任者
損得勘定しか頭にない自己中心的な事務責任者。人事、経理、総務の管理や社外の営業・イベントのプランまでこなす何でも屋。高飛車でダメな人材ぞろいのこのホテルの従業員をいつも冷静に小バカにしているが、仕事はできる。口を開けば借金の文句など金のことばかり。嫌みにかけては天下一品だが、自身にはある大きなコンプレックスがある。

時貞正雄 :渡辺いっけい…絶賛資金横領疑惑?の副支配人
佐那の下で副支配人を務める古株。佐那の父が総支配人をしていた時代から働いていた。若い佐那のことを完全になめきってホテルを勝手に牛耳っており、ホテルが抱える莫大な借金にも何がしか絡んでいるといううわさもある。プライドが高く高圧的だが、実はめちゃくちゃ小心者。唯一の所帯持ちでありながら、枝川に好意を寄せ、ダサい口説き文句で枝川を誘うが一方通行の状態。

■料飲部


枝川梢 /りょう…24時間ほろ酔い状態のバー責任者
営業時間前からカクテル片手に24時間ほろ酔いのバー責任者。美人で品があり、今の状態のホテルに一番似つかわしくない。自由な時間に出社し、皆が制服を着る中、自由な格好でホテル内を闊歩する。仕事をしているのか、していないのかも分からない謎の人物。

鳳来ハル :浜辺美波…まったく空気が読めず、思いのまま突き進む毒舌新人パティシエ。
最近ホテルで働き始めた新人パティシエ。天真らんまんで全く空気が読めず、自分のリズムで話を繰り広げる。屈託のない笑顔で誰もがその空気の読めなさを許してしまう無敵の人物。

江口竜二 :中村倫也…競艇狂いの総料理長
腕はいいのに手抜き仕事で競艇狂いの総料理長。ただし、社員として包丁を握るのは、江口とハルの2人だけ。客が全く来ない状況に、やる気は失われ、今や厨房で競艇新聞を読みながらダラダラと指示を出すだけ。性格はぶっきらぼうで職人気質。前の料理長やスーシェフが次々と辞めたことで、なし崩し的に今の座にいる。

服部 要蔵:佐伯大地…存在感0、気配を消して盗み聞きする神出鬼没のウエイター。

■宿泊部



吉村 尚美:西尾まり…元腕利き清掃員、現アメニティ泥棒。

阿部 長吉:宮川大輔…愚痴ばかりのダラダラ清掃員。

ピエール田中: チャド・マレーン…英語がしゃべれないビビりなベルマン。

大田原 大志:くっきー(野性爆弾)…謎の強面で客をビビらす強面のフロントマン。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
岩田剛典が民放連続ドラマに初主演! 破産寸前のホテルを舞台にした痛快コメディー! 
EXILE、三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEの岩田剛典が民放連続ドラマに初主演! 破産寸前のホテルに突如訪れる謎の客・宇海直哉を岩田が、ヒロインとなる真面目な総支配人・桜井佐那を戸田恵梨香が演じる。

登場するロケーションは、客室、ロビー、レストランなど全てホテルのみというシチュエーションドラマ。視聴者がホテルに“宿泊”したような気分になれるのも大きな魅力となる。“崖っぷち”に立たされたド底辺ホテルが、宇海と佐那という出会うはずのない正反対の2人によってどのように変わっていくのか、また、プライドばかり高いクセ者ぞろいのホテルスタッフたちと繰り広げるコミカルなやりとりは見どころ。

----------------------------------------------------------------------------------------
■【崖っぷちホテル】の見どころ
----------------------------------------------------------------------------------------
崖っぷちに建つ一軒の小さな老舗ホテル「ホテル・グランデ・インヴルサ」。3億を超える多額の負債をかかえ、経営に頭を悩ます総支配人桜井佐那(戸田恵梨香)、しかも従業員はみなヤル気0の一癖も二癖もある者ばかり。

そのスタッフはと言うと…

┣•空気が全く読めない新人パティシエ
┣•四六時中ほろ酔い状態のバー責任者
┣•競艇狂いの総料理長
┣•存在感が全くないウエイター
┣•アメニティをくすねる清掃員
┣•愚痴ばかりで仕事をしない清掃員
┣•見た目は外人だが、英語がしゃべれないビビりなベルマン
┣•強面で客を怖がらせてしまうフロントマン
┣•自己中心的な事務責任者
┣•横領疑惑のある副支配人

とまあ、ひどいあり様。

そんな崖っぷち状態のホテルにラフな格好をした宇海直哉(岩田剛典)が宿泊し、面倒な注文ばかりを佐那に押し付ける。

振り回される佐那。

スタッフたちは、面倒はゴメンと見て見ないふり。

しかし、この宇海の行動には、ある意味があった。実は彼は超一流のホテルマンだったのだ。

宇海に振り回されながら、ホテルはいつしか立ち直っていく…

見どころ①伝説のホテルマンがスタッフを爽快に叩きなおす
クセ者のスタッフばかりが集まった、サービスも接客も最悪なホテル。そんなホテルをひとりの若い宿泊客が立て直してしまうというコメディーなので、主人公”宇海直哉”はクセ者たちを上回る独特なキャラクターの設定になるのではないでしょうか。鍵は主人公の設定の中の「自分の哲学の思いのまま行動」と言う部分。彼は、謎の伝説的ホテルマンという設定なので、きっと接客業としての常識を当たり前のこととしてズバズバ言い、ホテルマンとしてのあり方を教え込んでいくのではないでしょうか。そして爽やかな岩田さんのキャラで、ひとりずつギャフンと言わせるような展開で気持ちよく日曜の夜を過ごさせてくれると思います。どんな展開でスタッフの意識改革がなされ、笑いと感動を振り撒きながらホテルが生まれ変わっていくのか楽しみですね。

見どころ②:リアルなホテル内
詳しい場所はわかりませんが、撮影はセットではなく客室、ロビー、プレイルーム、レストランなど全てがホテルの敷地で行われたようです。リアルな画の中でドラマは展開されていくでしょう。

見どころ③:濃いメンバーが集結
ホテルのダメダメスタッフのメンバーに、若手からベテラン、果てはお笑い芸人さんまで、個性的でクセのある役が似合いそうな役者さん達が勢ぞろいしました。これだけ濃いメンバーを見ただけで面白くなりそうな予感がプンプンですね。



----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年4月₁日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
郊外にたたずむクラシカルな一軒のホテル。かつては栄華を誇った老舗ホテルだったが、今は負債総額3億円に迫る破産寸前のド底辺ホテルに変貌していた。

弱冠29歳ながら総支配人を務める桜井佐那(戸田恵梨香)はホテルの立て直しに一生懸命だったが、従業員たちはやる気も実力もゼロ、プライドだけは人一倍というクセ者だらけで悪戦苦闘する。そんなある日、超絶ラフで全くホテルに似つかわしくない風貌の謎の客・宇海直哉(岩田剛典)が訪れる。従業員たちは不快な顔を示すが、彼は気にせず次から次へと破天荒な注文をホテル側に突き付けてくる。

彼は一体何者なのか? 

そして、“崖っぷち”に立たされたホテルに起こる奇跡とは!?

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年4月10日更新】
■ あらすじ(第1話  2018/4/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
斜陽の老舗ホテル。やる気のないくせ者ぞろいの従業員に振り回される総支配人・佐那(戸田恵梨香)は、借金だらけのホテル経営に悩んでいた。そんな中、場違いにラフな格好で現れた客の宇海(岩田剛典)。スイートルーム宿泊を申し込んだ宇海は、奇妙な雑誌の購入や閉鎖中のプール使用など厄介なことばかりを要求する。一方、5年に一度、スイートルームに泊まる加奈子(松原智恵子)が、孫の奈菜美(鈴木梨央)を連れてやって来る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年4月18日更新】
■ あらすじ(第2話  2018/4/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
佐那(戸田恵梨香)の依頼で転職してきた宇海(岩田剛典)は自ら副支配人の座に就き、時貞(渡辺いっけい)を宿泊部主任に降格、ハル(浜辺美波)を料理長に昇格させるなどの人事異動と設備改修を発表。従業員の反発は大きく、佐那も意見するが、宇海は気に留めない。そんな中、ハルが10年前の人気ケーキの復活を思い付き、宇海はプレオープンイベントでそれを出すことを決める。当日、やって来た高校生・茜(吉川愛)は…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年4月24日更新】
■ あらすじ(第3話  2018/4/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
時貞(渡辺いっけい)と江口(中村倫也)は宇海(岩田剛典)による降格人事に不満を抱き、それぞれ副支配人と総料理長に戻すよう、佐那(戸田恵梨香)に訴える。宇海からの条件は、それぞれ企画を考え、より客に喜んでもらえた方の要望を受け入れるというもの。ベッドメイクを教えたいという長吉(宮川大輔)も交え、時貞の豪華宿泊企画、江口の料理企画の三つが始動する。やがて、小山内(川栄李奈)ら各企画への参加客が訪れる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年5月5日更新】
■ あらすじ(第4話  2018/5/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
事務責任者の丹沢(鈴木浩介)が近くに建設予定のホテルに移ると言い出し、清掃担当の尚美(西尾まり)、フロント担当の大田原(くっきー)まで一緒に行くという。佐那(戸田恵梨香)は引き留めたいが、宇海(岩田剛典)が従業員の募集を決め、時貞(渡辺いっけい)と枝川(りょう)に面接試験のチーフを任せる。やがて、面接試験が行われ、丹沢の後釜として、不動産開発を手掛けていたという男性・小山内(長谷川初範)が仮採用される。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年5月10日更新】
■ あらすじ(第5話  2018/5/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
宇海(岩田剛典)はホテルで結婚式を手掛けることを従業員に伝える。式はなんと5日後。宇海はプランナーを枝川(りょう)に依頼する。一方、清掃担当として雇われた裕子(川栄李奈)は、宇海の行動に不審感を抱き、彼を調査すると佐那(戸田恵梨香)に一方的に宣言する。枝川は張り切って結婚式のプランを練る。ところが、海外にいる依頼者から、ケーキの大きさや式の進行などに想定外の細かい要望が次々と一方的に入ってきて…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年5月20日更新】
■ あらすじ(第6話  2018/5/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
佐那(戸田恵梨香)の元に、時貞(渡辺いっけい)から暴力を振るわれたとの告発状が届く。だが、時貞は心当たりがないと言う。そんな中、元常連で自治会長の後藤(でんでん)が来館する。宇海(岩田剛典)は手厚くもてなすよう従業員に指示するが、後藤が告発状の送り主とにらむ裕子(川栄李奈)らは騒動に発展することを心配。やがて後藤が娘を連れて再び現れ、屋根裏部屋への宿泊を希望。そして、使用できないと知ると怒り出す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年5月24日更新】
■ あらすじ(第7話  2018/5/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
佐那(戸田恵梨香)の兄・誠一(佐藤隆太)が無一文になって帰ってきた。驚く佐那らに、誠一は総支配人の座に再び就いてホテルのために生きると宣言。宇海(岩田剛典)は誠一に従う態度を示すが、佐那らは不安を抱く。やがて、誠一は構造改革と称して仕事の担当替えを敢行。宇海は副支配人に留まったものの、佐那が清掃、ハル(浜辺美波)がフロントなど大幅にシャッフルされる。一方、時貞(渡辺いっけい)は誠一に呼び出され…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年5月30日更新】
■ あらすじ(第8話  2018/6/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
某国の王女7人の滞在が決まり、緊張する佐那(戸田恵梨香)ら一同に対し、ホテルの認知拡大の好機だと喜ぶ宇海(岩田剛典)。王女らは王位の継承を巡り、長女イレーネ(小川紗良)、次女ニーナ(泉はる)の2派が対立中で、来館早々、ベッドメークの不満を口にし、大型テレビの設置を要求する。一方、対立に距離を置く七女のナディア(山口まゆ)は佐那に、「忘れられないディナー」を経験してくるよう父王から言われたと話す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年6月4日更新】
■ あらすじ(第9話  2018/6/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ホテルの創立50周年イベントに、宇海(岩田剛典)が長年の夢だという花火大会を企画し、佐那(戸田恵梨香)らも賛同。折しも、テレビ局がホテルを密着取材中で、一同はディレクターの藤井(神尾佑)から質問を受ける。ところが、その内容は宇海や佐那に関することばかりで、裕子(川栄李奈)らは藤井がよからぬ特集を組もうとしているのではと疑う。そんな中、宇海が佐那や従業員全員を集め、花火大会にこだわる理由を明かす。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年6月17日更新】
■ あらすじ(第10話  2018/5/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
 宇海(岩田剛典)が以前勤務していた「バリストンホテル」の総支配人・道源(山田明郷)が、宇海を引き抜きに来た。本人の意思を尊重すると佐那(戸田恵梨香)は返すが、内心不安を抱く。そんな中、ある島のホテルの従業員が団体で業務見学に訪れる。総支配人・久美(谷村美月)によると、同ホテルは経営不振で、奇跡の復活を遂げたこの「グランデ・インヴルサ」に学びに来たという。裕子(川栄李奈)は彼らを見てあることに気付くと同時に、宇海がここを去り、島のホテルで働こうとしているのではと推理する。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック