FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

2018年春、木曜ドラマ『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』

kage

2018/06/14 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★4月19日スタート 

フジテレビ系 毎週木曜 22:00~22:54(初回15分拡大)

 モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―

Arika注目1hディーン・フジオカが復讐劇で新境地?

フジの木曜劇場は、ディーン・フジオカが歴史上の人物・巌窟王を演じるドラマ!

フランスの小説家・アレクサンドル・デュマ・ペールの作品で、日本では『巌窟王』の名で知られている小説が原作となっています。

ディーン・フジオカが愛憎に塗れるダーク・ヒーローで再ブレイクなるか!? 

共演は高橋克典、新井浩文ら曲者バイプレイヤーとヒロイン山本美月。

新タイプの復讐ドラマ誕生となりそうです。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:アレクサンドル・デュマ「モンテ・クリスト伯」
脚本:黒岩勉
演出:西谷弘、高野舞、野田悠介
プロデューサー:太田大、荒井俊雄
制作・著作:フジテレビ

主題歌:Echo/DEAN FUJIOKA

E13-b043.gif
外部サイト:モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
柴門暖 :ディーン・フジオカ
冤罪で地獄に突き落とされたが這い上がり、自らを陥れた者たちへ「復讐」をしていく、鬼と化した主人公。無実の罪で投獄され、15年間もの長い期間、獄中生活を送る。恋人や、今までの生活を根こそぎ奪われた孤独と怒りから、別人となって自らを陥れた者たちの前へ現われ、復讐をくわだてる。

南条幸男 :大倉忠義…暖の復讐の最大のターゲット
暖の後輩で売れない役者。仲の良い先輩である暖と暖の愛する女性・目黒すみれ(山本美月)との婚約を祝福しながらも、すみれに秘かな恋心を抱き暖に嫉妬の念を抱いている。愛する女性も出世も手にした暖に憎悪を抱き、暖を葬る最後のボタンを押す人物。暖の復讐の最大のターゲットとなる。

目黒すみれ:山本美月・・・暖の最愛の婚約者
暖が無実の罪により投獄されたことをきっかけにそれまでの幸せな生活が一変、地獄の苦しみを味わう暖の最愛の婚約者。必死に、暖を救おう・帰りを信じて待ち続けようとするが、次なる人生を歩み出す決断をしてしまうという重要な鍵を握る人物。

神楽清 :新井浩文…暖を亡き者にしたい最も恐ろしい策略家!
暖が勤める漁業会社の先輩社員で学歴はないが地頭が良い。あらゆることへの損得勘定が働き、愛情の観念が欠落している。表向きは暖の良き先輩を演じているが、自分の出世の邪魔となる暖を陥れるため、暖への嫉妬を抱える南条を利用。暖のことを誰よりも心配しているようだが、実は暖を亡き者にしたい最も恐ろしい策略家である。

神楽留美:稲森いずみ
神楽清の後の妻となる女性。夫・清から愛情を注いでもらえず孤独な日々を送り、その虚無感を埋めるべくこれまでの経験から金で男をはべらせるようになる。暖の出現で運命の歯車が狂っていく。


入間公平 :高橋克典…保身のために、暖を無実の罪で牢獄へと送り込んだことを隠しながら生きている!
警察官。暖が復讐をしかけていく第三の男。将来有望でキレ者だが、過去に暖を無実の罪で牢獄へと送り込んだことを隠しながら生きる、警視庁公安部外事第三課の警察官。

守尾信一朗:高杉真宙
柴門が勤める漁業会社の社長で恩人・守尾英一朗の一人息子。職員全員からかわいがられ、「ある事件」を機に後に会社を継ぐこととなる真面目で心優しく明るく素直な青年。

安堂完治:葉山奨之
警視庁・参事官の入間と大きな接点を持ち、過去に隠された重大な真実・壮絶な生い立ちに翻弄されていく青年。若き実業家という表の顔がある一方、魅力的な笑顔と巧みな会話術で人を欺くこともいとわないという黒い裏の顔も持ち合わせている。

入間貞吉:伊武雅刀
公平の父。世界的な巨大ファンドを設立・運用していたが、ある取引事件の疑いをかけられたことで単身海外へ逃げる。暖を無実の罪で投獄するきっかけを作る人物。

入間瑛理奈:山口紗弥加
入間公平の後妻で表向きは「良妻」を演じているが、自身の欲のためにとんでもないもくろみを持った恐ろしき悪女。

入間未蘭:岸井ゆきの
公平と前妻との間の娘で、最愛の実母に死の間際に言われた「お父さんは本当は弱い人だから、あなたが支えてあげて」という言葉に囚われ続けている。「従順な娘」であることを心掛け、継母や義理の弟のことを気にかけてばかりいる。

寺角類:渋川清彦
暖と神楽の先輩で地元のチンピラだが、頭の良さと口の鋭さでは神楽にかなわずいつも使われている。

柴門恵:風吹ジュン
暖を女手一人で育てあげてきた芯のある心優しい母親。夫と旧知の仲だった守尾英一朗(木下ほうか)に頼み込み暖を雇ってもらうなど、暖を献身的に支え続けている。

守尾英一朗:木下ほうか
暖や神楽そして外国人船員など、社員たちを実の家族のように愛する情に厚い人物で暖にとっての恩人。

江田愛梨:桜井ユキ
南条幸男のマネジャー。暗い過去を持つ謎めいたこの美女が暖の復讐に大きく絡んでいく。

土屋慈:三浦誠己
暖の忠実な秘書で、衝撃的な過去を持つ。

ファリア真海:田中泯
暖が無実の罪で投獄された独房の隣の地下牢に収監されていた謎多き人物。十数年に渡る獄中生活の中で自身の持てるすべての知恵を暖に授け、第二の人生を導いていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
ディーン・フジオカが、愛憎に満ちた“復讐鬼”となってターゲットに迫る! 
日本では「巌窟王」の名称で知られる、アレクサンドル・デュマによる名作「モンテ・クリスト伯」を原作にした、華麗な復讐劇。舞台を現代の日本に移し、ディーン・フジオカ演じる主人公・柴門暖が、無実の罪で投獄された後に別人となって舞い戻り、自分を陥れた男たちに制裁を下していく姿を描く。暖の婚約者・目黒すみれを山本美月が演じ、暖の復讐のターゲットとなる3人の男性には、関ジャニ∞の大倉忠義、新井浩文、高橋克典がそれぞれ扮する。脚本は「僕のヤバイ妻」(同系)の黒岩勉が手掛け、演出は「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」「刑事ゆがみ」(共に同系)の西谷弘らが務める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【モンテ・クリスト伯】の原作紹介
----------------------------------------------------------------------------------------

1815年、フランス・マルセイユの船乗りエドモン・ダンテスは、航海中に死んだ船長の遺言で、ナポレオン・ボナパルトの流刑先であるエルバ島に立ち寄る。そこでナポレオンの側近のベルトラン大元帥から、パリのノワルティエという人物に宛てた手紙を託される。航海から戻ったダンテスは、船長の死に伴い船主のモレル氏から新たな船長への昇格を約束される。それを聞いた会計士のダングラールは、若輩であるダンテスの出世を妬み、ダンテスの恋敵のフェルナンを唆して、検事のもとに「ダンテスがミュラからナポレオン宛ての手紙を委託されてエルバ島に届け、代わりにナポレオンから支持者に向けて送った秘密文書を預かった」という嘘の密告書を届けさせる。そんなこととは知らないダンテスは、婚約者のメルセデスとの結婚式の準備を進めるが、婚約披露のパーティーの最中に逮捕されてしまう。

ダンテスを取り調べたのは検事代理のヴィルフォールだった。ヴィルフォールに対して、ダンテスは「自分は船長の遺言に従っただけで、預かった手紙もベルトラン大元帥の私的なものだ」と弁明し、託された手紙を見せる。ところが、手紙の宛先であるノワルティエとはヴィルフォールの父親であり、手紙の内容はナポレオン軍の再上陸に備えて準備を進めるよう命じる指示書であった。「王政復古の世の中において、身内にナポレオン支持者がいることは身の破滅につながる」と考えたヴィルフォールは、手紙を隠滅した上で、宛先を知るダンテスを政治犯が収容されるマルセイユ沖のシャトー・ディフ(イフ城)に投獄し、生涯出所できないよう手配する。常に陽の当たらない土牢の奥でダンテスは無為の日々を過ごし、遂には餓死自殺を図るが、やがて隣の独房に投獄されていたファリア神父という老人に出会う。ダンテスから事情を聞いたファリア神父は、「ダングラールとフェルナンが検事に密告し、ヴィルフォールが自己保身のためダンテスを投獄したのではないか」と推測する。ファリア神父のもとで様々な学問を学ぶダンテスだったが、やがて神父は病に倒れてしまい、モンテクリスト島に隠された財宝の在り処をダンテスに託して息を引き取る。神父の遺体と入れ替わることによって、シャトー・ディフからの脱獄に成功するダンテスだったが、既に投獄から14年の月日が過ぎ、20歳前だった彼は34歳になっていた。

モンテクリスト島の財宝を手に入れたダンテスは、収監される前から現在までの出来事を独自に調査し、ファリア神父の推理が正しいこと、ダングラール、フェルナン、ヴィルフォールがそれぞれ財産や地位を手に入れ今や時の人となっていることを知る。そして9年にわたる準備の末、イタリアの貴族モンテ・クリスト伯爵を名乗って仇敵の3人に近づき、富と権力と知恵を駆使した復讐を開始する。

原作『モンテ・クリスト伯』より抜粋

出典:Wikipedia



無罪の罪で投獄された男が脱獄し、巨万の富を手に入れ自身を陥れた者たちに復讐していくというストーリー。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年4月10日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
小さな漁師町。柴門暖(ディーン・フジオカ)は、恋人の目黒すみれ(山本美月)との結婚が決まり、幸せの絶頂にいた。ところが、すみれを奪おうとする恋敵・南条幸男(大倉忠義)、暖の出世をねたむ先輩・神楽清(新井浩文)、ある事情を抱え保身に走る警察官・入間公平(高橋克典)らの陰謀によって、異国の監獄に送られてしまう。無実の罪で15年間もの獄中生活を送っていた暖は、愛するすみれも自分の未来も奪われたが、思わぬ幸運で獄中から逃れることに成功。巨万の富を手に入れ、別人となって舞い戻り、3人への復讐をくわだてる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年4月18日更新】
■ あらすじ(第1話  2018/4/19放送 初回15分拡大)
----------------------------------------------------------------------------------------
恋人のすみれ(山本美月)との結婚を間近に控えた漁師の暖(ディーン・フジオカ)らが乗り込んだ遠洋漁船が遭難。数週間後、けがで亡くなった船長のバラジ(ベヘナム)に代わって、暖が船員を率いて奇跡的に帰港する。退院した暖は、その技術と人柄を認められ、先輩の神楽(新井浩文)を差し置いて次期船長に選ばれる。数日後、バラジに託された手紙を届けるため東京に向かう予定だった暖を、刑事の入間(高橋克典)が訪ねてくる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年4月23日更新】
■ あらすじ(第2話  2018/4/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
暖(ディーン・フジオカ)がダバン共和国の地下牢(ろう)に幽閉されて8年が経過。ある日、独房の床が崩れ、日系3世の老人・ファリア真海(田中泯)が顔を出す。ファリアも囚人で、脱獄用のトンネルを掘っていたのだ。暖はファリアの話から、自分が刑事の入間(高橋克典)や漁師仲間の神楽(新井浩文)にだまされ、無実の罪を着せられたことに気付く。暖はトンネルの掘削を手伝いながら、ファリアからあらゆる教養を学んでいく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年5月2日更新】
■ あらすじ(第3話  2018/5/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
モンテ・クリスト真海と名を改めた暖(ディーン・フジオカ)の復讐が始まる。真海はシーカヤック中に漂流した明日花(鎌田英怜奈)と愛梨(桜井ユキ)を救助する。明日花は料理研究家のすみれ(山本美月)と俳優の幸男(大倉忠義)の娘で、愛梨は幸男のマネジャー。真海は夫妻を別荘でのホームパーティーに招く。パーティーには、真海が偶然を装い接近した不動産業者・神楽(新井浩文)と入間(高橋克典)の2組の夫婦も招かれる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年5月10日更新】
■ あらすじ(第4話  2018/5/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
真海(ディーン・フジオカ)は神楽(新井浩文)の妻・留美(稲森いずみ)に近づき、若き実業家・安堂(葉山奨之)と引き合わせる。入間(高橋克典)から真海を警戒するよう忠告された留美だが、誘いを断れず別荘を再び訪ね、共に招かれた安堂と親しくなる。一方で真海は、神楽と国有地を巡って争うライバル会社に融資を行い、払い下げを有利にするため、幸男(大倉忠義)とすみれ(山本美月)の夫婦をCMに起用するよう持ち掛ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年5月12日更新】
■ あらすじ(第5話  2018/5/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
入間(高橋克典)は、父親の貞吉(伊武雅刀)に娘・未蘭(岸井ゆきの)の結婚を邪魔され、いら立つ。貞吉は、入間の決めた婚約者・出口と未蘭が結婚したら、30億円の遺産全てを寄付に回すと遺言を書き直したのだ。真海(ディーン・フジオカ)は、帰国した外交官の出口に、このままでは遺産が手に入らなくなると耳打ちし、あることを依頼する。同じ頃、真海に近づこうとするすみれ(山本美月)は、愛梨(桜井ユキ)に連絡を頼む。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年5月20日更新】
■ あらすじ(第6話  2018/5/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
幸男(大倉忠義)のスキャンダルを探す神楽(新井浩文)は、彼が香港マフィアと関係があったことをつかむ。折しも香港で、13年前の俳優一家失踪事件にマフィアが関与している疑いが報じられた。幸男は当時その俳優の付き人だった。神楽は同事件の捜査資料を持つという真海(ディーン・フジオカ)に協力を依頼するが断られ、寺角(渋川清彦)を使って情報を盗むことを決意。一方、幸男の前にマフィアのダニーが現れる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年5月26日更新】
■ あらすじ(第7話  2018/5/31放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
幸男(大倉忠義)は香港マフィアのダニー(葉山ヒロ)から、13年前の事件の目撃者・エデルヴァを買い取った‘日本語を話す男’の正体を突き止めるよう命じられる。一方、入間(高橋克典)は鎌倉で見つかった他殺体が、ラデル共和国と人質交換をした15年前の事件の関係者・寺角(渋川清彦)と聞き、不審を抱く。エデルヴァの行方を捜し神楽(新井浩文)を問い詰めた幸男は、真海(ディーン・フジオカ)こそが捜していた‘男’と気付く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年6月2日更新】
■ あらすじ(第8話  2018/6/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)の復讐は予定通り南条家を崩壊に導き、幸男(大倉忠義)が自ら命を絶とうとするまでに至る。だが、幸男の娘、明日花(鎌田英怜奈)の存在が江田愛梨(桜井ユキ)を惑わせてしまった。真海が暖だと気づいたすみれ(山本美月)の存在も大きなものとなる。

自分の中にある揺れに呆然としながら真海が釣りをしていると、守尾信一朗(高杉真宙)が現れた。信一朗と話すことで気分転換になった真海の心は、すぐに曇ることとなる。信一朗の交際相手が入間未蘭(岸井ゆきの)と知ったからだ。
その頃、未蘭は父の入間公平(高橋克典)に信一朗と会ってほしいと頼んでいた。しかし、入間は頑なに拒絶。瑛理奈(山口紗弥加)は時間をかけて説得しようと未蘭を慰め、貞吉(伊武雅刀)の部屋に連れて行く。瑛理奈の殺害計画を知る貞吉は必死に未蘭に危険を伝えようとする。しかし、会話用のタッチパッドが瑛理奈に操作されていたため、未蘭に伝えることは出来なかった。と、そこに真海が貞吉に会いに来たと現れる。

入間は神楽清(新井浩文)と会う。神楽は幸男の自殺、そして寺角類(渋川清彦)殺害は真海の仕業だと話す。さらに、神楽は真海が自分と入間もターゲットにしていると告げた。真海は何者だと思うと問う入間。もちろん、入間と神楽の脳裏には共通の人物が浮かぶ。入間は真海を呼び出す。真海と話すために使う取調室は15年前に柴門暖を陥れた部屋で…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年5月26日更新】
■ あらすじ(第9話・最終回2時間スペシャル  2018/6/14 21:00~22:48放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
南条幸男(大倉忠義)、神楽清(新井浩文)、入間公平(高橋克典)へのモンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)の復讐は、彼らの家族たちも巻き込みながら結末を迎えようとしていた。

真海が守尾信一朗(高杉真宙)に渡した薬を飲んだ未蘭(岸井ゆきの)は未だに昏睡したままで面会謝絶。信一朗は入間からも促され、真海の別荘を訪ねる。詰め寄る信一朗に、真海はもうすぐ死んで償うと詫びた。

未蘭を排除した瑛理奈(山口紗弥加)は、いよいよ貞吉(伊武雅刀)を殺害しようとする。だが、そこに入間が帰ってきてしまう。すると貞吉は眼で話があると入間に合図。入間と2人きりになった貞吉は、真海が残していったボードを使って会話を始める。
倉庫に閉じ込められた神楽は、国有地売却の件で議員と自分に闇献金疑惑がかけられ東京地検特捜部が捜査に動いたことを知る。そこに天野満(栁俊太郎)が手下を連れて現れた。天野は神楽に拷問を始めるが、それはかつて柴門暖が受けたような過酷なものだった。

幸男とすみれ(山本美月)は真海に会いに行こうとしていた。だが、その途中、愛梨(桜井ユキ)から明日花(鎌田英怜奈)と一緒にいると連絡が入る。自分に恨みを持つ愛梨と娘が一緒だと知った幸男は、すみれを帰して独りで真海に会いに行くことに。
その頃、真海は入間と会っていた。真海は入間に留美(稲森いずみ)と安堂完治(葉山奨之)が一緒に逃げていると教える。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック