FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

アニメPick Up:こんなスポ根アニメもおすすめです。|選考担当:Arika?

kage

2018/04/20 (Fri)

ArikaアニメPU2 
D01-c008.gifこんなスポ根アニメもおすすめです。

バスケ、野球、サッカーといった王道から、自転車、フィギュアスケートまで…。

新旧多彩なスポーツがラインナップ!

アイコンりす選考担当:Arika?




-+-+-★┃ラ┃ク┃ビ┃ー┃★-+-+-+-

🏉ALL OUT!!

ALL OUT!! 第1巻(初回限定版) [Blu-ray]

ALL OUT!! オリジナルサウンドトラック

『ALL OUT!!』(オール アウト)は、雨瀬シオリによる漫画。講談社の漫画雑誌『月刊モーニングtwo』で2013年1号から連載中。神奈川県の高校ラグビーが舞台。県立神奈川高校、通称:神高(ジンコー)で主人公・祇園健次がチームメイトと奮闘する姿を描く。背の低さにコンプレックスを持ち、喧嘩っ早い性格の祇園健次は、県立神奈川高校(ジンコー)の入学式当日、自分とは対照的に高身長でおとなしい性格の石清水澄明に出会い、同行して見学する形で「ラグビー」と出会う。「どんな人間だって主役になれる」「ボールを持ってる奴が主役」の言葉、そして楽しそうにボールを追う部員たちの光景に惹かれ、祇園は入部を決意する。物語は、この時点ではチームとしては弱小で、発展途上である神奈川高校ラグビー部を中心に、チームの成長、個々の部員の抱える問題、ライバルチームとの交流、それを見守る大人たちの様子が、丁寧かつ非常に「熱く」描かれる。

アニメ:ALL OUT!!
放送局:TOKYO MX・MBS・BS11ほか
放送期間:2016年10月 - 2017年3月
話数:全25話




-+-+-★┃野┃球┃★-+-+-+-

⚾ドカベン

ドカベン [レンタル落ち] (全33巻) [マーケットプレイスDVDセット商品]

『ドカベン』は、水島新司による神奈川県の明訓高校野球部に所属する主人公の「ドカベン」こと山田太郎と、同級生でチームメイトの岩鬼正美、殿馬一人、里中智、微笑三太郎などの仲間達を中心とした野球漫画。『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)にて1972年から1981年まで連載された。

アニメ:ドカベン
放送局:フジテレビ系列
放送期間:1976年10月6日 - 1979年12月26日
話数:全163話


⚾野球狂の詩
野球狂の詩 DVD-BOX

『野球狂の詩』は、1972年から1977年に『週刊少年マガジン』に掲載された、水島新司の野球漫画。1997年に『ミスターマガジン』で『野球狂の詩 平成編』として復活、廃刊後は『コミックモーニング』に移籍、『野球狂の詩2000』、『新・野球狂の詩』として掲載された。1977年に木之内みどり主演で日活で実写映画化。フジテレビ系で1977年にテレビアニメ化され、そのうちの1エピソード『北の狼南の虎』が1979年にアニメ映画として公開された。また1985年に斉藤由貴主演で、月曜ドラマランド枠にてテレビドラマ化された。

アニメ:野球狂の詩
放送局:フジテレビ系列(『金曜ファミリーアワー』内)
放送期間
┣第1話:1977年末
┣第2話‐6話:1978年5月-9月(毎月1回のスペシャル番組)
話数:全11話


⚾ダイヤのA

運命の一球

アニメ「ダイヤのA」公式ファンブック 18.44mのキズナ (KCデラックス 週刊少年マガジン)

『ダイヤのA』は、寺嶋裕二による野球漫画。『週刊少年マガジン』(講談社)にて2006年第24号から2015年第7号まで第1部が連載され、当初は同年春から第2部を連載予定だったが延期され、同年第38号で第2部『ダイヤのA act2』(ダイヤのエース アクトツー)が連載開始した。主人公である野球少年・沢村栄純が、野球名門校で甲子園出場を目指して奮闘し、エースピッチャーを目指し成長していく姿を描く。本作は強豪校への野球留学を肯定的に描き、部員数が100人近くいる野球部を舞台としている。強豪校がひしめく東京地区を制し、さらに全国制覇することを目標としている。主人公のピッチングスタイルは、バックを信じ打たせて取るというものである。タイトルの「ダイヤのエース」は、野球の内野を「ダイヤモンド」と呼称することと、沢村が投手として「ダイヤの原石」であるという2つの意味からつけられたものである。第53回(平成19年度)小学館漫画賞少年向け部門、第34回(平成22年度)講談社漫画賞少年部門受賞。(特に『週刊少年マガジン』連載作品の小学館漫画賞受賞は本作が初めて)[2]。総発行部数は2500万部を突破[3]。 2013年10月より2016年3月まで、テレビアニメが放送された。2015年8月に舞台化作品が上演された。

アニメ:ダイヤのA
放送局:テレビ東京系列・AT-Xほか
放送期間
┣第1期:2013年10月 - 2015年3月
┣第2期:2015年4月 - 2016年3月
話数
┣第1期:全75話
┣第2期:全51話


⚾おおきく振りかぶって

おおきく振りかぶって COMPLETE Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)

『おおきく振りかぶって』は、ひぐちアサによる日本の漫画、及びそれを原作としたテレビアニメ作品、ゲーム作品。『月刊アフタヌーン』(講談社)にて2003年11月号より連載中。テレビアニメは2007年4月よりTBS・毎日放送ほかで放送された。2010年4月から6月まで第2期が放送された。スポーツマンガであるが「スポ根」要素は全くない。主人公の投手が「弱気で卑屈な性格」という、野球漫画として異例の性格造形となっている。新入生ばかり10人の無名の野球部が甲子園を目指すという王道を受け継ぐ筋書きながら、斬新な表現方法により「全く新しいタイプの野球漫画」「描き尽くされたと思われていた野球漫画に新風を吹き込んだ」などと評価された。従来のスポーツマンガにはない繊細な心理描写や日常の細やかな描写が高く評価され、2006年、第10回手塚治虫文化賞「新生賞」受賞をはじめ多くの賞を受賞した野球漫画に革命をもたらしたと評される作品である。

アニメ:おおきく振りかぶって
放送局:TBS・MBS
放送期間
┣第1期:2007年4月12日 - 9月27日
┣ 第2期:2010年4月1日 - 6月24日
話数
┣第1期:全25話 + 未放送1話
┣ 第2期:全13話 + 未放送1話


⚾巨人の星

TVシリーズ放送開始50周年記念企画想い出のアニメライブラリー 第75集巨人の星 劇場版 Blu-ray

『巨人の星』は、原作:梶原一騎、作画:川崎のぼるによる日本の漫画作品。主人公の星飛雄馬は、かつて巨人軍の三塁手だった父・星一徹により幼年時から野球のための英才教育を施される。プロ野球の読売ジャイアンツに入団後、ライバルの花形満や左門豊作やオズマらを相手に大リーグボールを武器に戦う。いわゆるスポ根野球漫画の走りともいえる作品。『巨人の星』、『新・巨人の星』、『新・巨人の星II』としてTVアニメ化され、毎週土曜日の19時から19時30分までの30分番組として日本テレビ系列で全国放送された。また、2002年10月には花形満の視点でテレビアニメ『巨人の星』全182話を再構成した『巨人の星【特別篇】 猛虎 花形満』がWOWOWで放送され、2007年4月から日テレプラス&サイエンス(現・日テレプラス)で、星一徹の視点で上記3シリーズを再構成した『巨人の星【特別篇】 父 一徹』が放送された。

アニメ:巨人の星
放送局:日本テレビ系列
放送期間
┣巨人の星(第1作):1968年3月30日 - 1971年9月18日
┣新・巨人の星(第2作):1977年10月1日 - 1978年9月30日
┣新・巨人の星II(第3作):1979年4月14日 - 9月29日
話数
┣第1作:全182話
┣第2作:全52話
┣第3作:全23話

アニメ:巨人の星【特別篇】 猛虎 花形満
┣放送局:WOWOW
┣放送期間:2002年10月 -
┣話数:全13話

アニメ:巨人の星【特別篇】 父 一徹
┣放送局:日テレプラス&サイエンス
┣放送期間:2007年4月 -
┣話数:全13話




-+-+-★┃サ┃ッ┃カ┃ー┃★-+-+-+-

⚽ホイッスル!

ホイッスル! [レンタル落ち] 全13巻セット [マーケットプレイスDVDセット]

『ホイッスル!』は、樋口大輔によるサッカー漫画作品。1998年から2002年まで週刊少年ジャンプ(集英社)で連載された。全216話。主人公・風祭将はサッカーが大好きな中学生。夢はJリーガーとなり、世界でプレーすること。サッカーの名門である武蔵森学園中等部に通っていたが、背が低いという理由で3軍に回され、練習に参加することも許されなかった。サッカーをしたい一心で桜上水中学校に転校するも、武蔵森のレギュラーが来たと誤解されて恥をかき、一度は姿を消す。しかし、桜上水の水野やシゲ、不破といった仲間たちと切磋琢磨する中で、サッカー選手としても人間としても成長していく。

アニメ:ホイッスル!
放送局:アニマックス
放送期間:2002年5月6日 - 2003年2月3日
話数:全39話




-+-+-★┃ボ┃ク┃シ┃ン┃グ┃★-+-+-+-

☆(゚o゚(○=(-_-○あしたのジョー

EMOTION the Best あしたのジョー2 DVD-BOX 2

『あしたのジョー』 は高森朝雄(梶原一騎)原作、ちばてつや画による日本の漫画作品。ボクシングをテーマにしたスポーツ漫画。講談社の『週刊少年マガジン』に、1968年(昭和43年)1月1日号(発売日は1967年(昭和42年)12月15日)から1973年(昭和48年)5月13日号にかけて連載された。 『週刊少年マガジン』連載中から社会的反響は大きく、ジョーのライバルである力石徹が作中で死んだ時には、架空の人物であるにも関わらず、寺山修司の提案で天井桟敷のメンバーにより東由多加演出による葬儀が行われた(1970年3月24日、講談社講堂にて)。さらに、辰吉丈一郎をはじめ現実のボクシング界にも大きな影響を与えた。これら社会的反響の大きさから、「戦後最大のヒットマンガ」の1つに数えられ、劇画路線にシフトした昭和40年代の『週刊少年マガジン』を「巨人の星」とともに支えた。本作以降のボクシング漫画は、全て本作の影響下にあると言われている。

アニメ:あしたのジョー
┣放送局:フジテレビ系列
┣放送期間:1970年4月1日 - 1971年9月29日
┣話数:全79話

アニメ:あしたのジョー2
┣放送局:日本テレビ系列
┣放送期間:1980年10月13日 - 1981年8月31日
┣話数:全47話

 
☆(゚o゚(○=(-_-○はじめの一歩

はじめの一歩 Rising DVD-BOX partI

『はじめの一歩』は、ボクシングを題材とした森川ジョージによる日本の漫画作品。1989年から『週刊少年マガジン』(講談社)で連載中。母子家庭のいじめられっ子であり、釣り船屋を親子で支えている主人公・幕之内一歩が、プロボクサー鷹村守との出会いをきっかけに鴨川ボクシングジムに入門。「強いとは何か?」という問いの答えを求め、プロボクサーとして、また人間としても成長していく過程を、周囲との交流やライバル達との戦いを通じて描いてゆく。主人公のみならず脇役である仲間やライバル達の戦いも詳細に描いている点が特徴的であり、作者は「登場人物全員が主人公です」とコメントしている。 登場人物の多くにボクシングの歴史を彩った実在選手の姿が投影されている。作者自身も実際にボクシングジムのオーナーで著名なプロボクサー達と親交があり、『週刊少年マガジン』誌上でも若手を応援するコメントなどを載せている。 発行部数は2013年時点で9400万部を達成[2]。1991年(平成3年)度、第15回講談社漫画賞少年部門受賞。 2012年12月5日発売の週刊少年マガジン2013年1号で、連載1000回を迎えた。

アニメ:はじめの一歩
放送局 :日本テレビほか
放送期間 :2000年10月 - 2002年3月
話数 :全76話

アニメ:はじめの一歩 Champion Road
┣放送局 :日本テレビ系列
┣放送期間 :2003年4月18日 - 4月18日(テレビスペシャル)
┣話数 :全1話

アニメ:はじめの一歩 New Challenger
┣放送局 :日本:日本テレビほか
┣日本以外:New Challenger 国外放映参照
┣放送期間 :2009年1月6日 - 6月30日
┣話数 :全26話

アニメ:はじめの一歩 Rising
┣放送局 :日本テレビほか
┣放送期間 :2013年10月 - 2014年3月
┣話数 :全25話




-+-+-★┃バ┃レ┃ー┃ボ┃ー┃ル┃★-+-+-+-

アタックNo.1

アタックNo.1プレミアムDVD コンプリート・コレクション

想い出のアニメライブラリー 第78集 アタックNO.1 劇場版 Blu-ray

『アタックNo.1』は、浦野千賀子による漫画作品。一大バレーボールブームを起こしたスポーツ根性(スポ根)漫画として有名であり、連載当時は『サインはV!』と並ぶ2大バレーボール漫画として知られていた。1968年1月から1970年12月まで『週刊マーガレット』(集英社)にて連載。マーガレットコミックスから全12巻が刊行、少女漫画の単行本として初めて10巻を超えた作品となった。続編に1975年に連載された『新アタックNo.1』がある。また、2004年11月からは小沢花音作画によってリメイク版の『新・アタックNo.1』が『マーガレット』に連載されている。1969年から1971年までフジテレビ系列でテレビアニメ化。また、アニメを編集した映画版が1970年から1971年の東宝チャンピオンまつりで上映された。2005年4月からはテレビ朝日系でテレビドラマ化された。

アニメ:アタックNo.1
放送局:フジテレビ系列
放送期間:1969年12月7日 - 1971年11月28日
話数:全104話




-+-+-★┃卓┃球┃★-+-+-+-

ピンポン

ピンポン / PING PONG THE ANIMATION: COMPLETE SERIES

『ピンポン』は、松本大洋による日本の漫画。卓球を題材として友情を描く青春漫画で、神奈川県藤沢市が舞台となっている。『週刊ビッグコミックスピリッツ』(小学館刊)に1996年から1997年まで連載された。全55話。ペコとスマイルは、片瀬高校卓球部に所属する幼馴染。ペコは卓球が強いが自分の才能に自惚れているところがあり、先輩に対しても挑発的である。スマイルは、決して笑わないことからペコが「スマイル」と渾名した。内気で無口だが卓球は強い。片瀬高校は、かつては名門と呼ばれたが近年は選手に恵まれず、県内の選手でも片瀬高校を知らない者がいるほど。ペコやスマイルの実力が評価されるにつれ、再び注目を浴びるようになる。

アニメ:ピンポン
放送局:フジテレビ
放送期間:2014年4月 - 6月
話数:全11話


----------------------------------------------------------------------------------------
link09_c1.gif 
外部リンクD01-g031.gif


内部リンクD01-g031.gif
ジャンル別・好きなアニメランキング:作品編:選手の汗と涙に感動…!「スパ根アニメ10」 |選考担当:Arika?

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック