FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

(その進化は次元を超えて!アニメニュースタイムライン2018)みんな大好き永井豪先生がデビュー50周年です。

kage

2018/05/23 (Wed)

ArikaアニメPU2

その進化は次元を超えて!
20

★人気作品の新シリーズや劇場版の登場から、アニメを楽しむツールの変革まで、アニメ界にあける気になる情報を編集部がピックアップ!

みんな大好き永井豪先生がデビュー50周年です。

『デビルマン』『キューティハニー』『マジンガーZ』をはじめとする、数々の超有名アニメ作品の原作を手掛ける漫画家・永井豪先生。一度見ると忘れられない魅力的なキャラクターに、人に善悪を問う哲学的なものからエロスまでを扱った幅広いストーリーで、ずっと熱い支持を受け続けています。そんな先生が、石ノ森太郎先生のアシスタントを経て、1967年に発表された『目明しポリ吉』でデビューをしてから、なんと2017年秋で50周年!

それを受け、各地で展示会やイベントが開催されたり、記念グッズやフィギュアが作製されるなど、お祭り騒ぎ状態。さらに2018年1月には、『劇場版マジンガーZ/INFINITY』の公開が予定されている。せっかくの記念イヤー、昔の作品から最新作まで、永井豪ワールドを堪能してみては。



永井豪先生のTVアニメ化代表作年表

Arikaシネマ2014b3

放送期間:1972年7月8日 - 1973年3月31日
 『デビルマン』

デビルマン-THE FIRST- (1) (復刻名作漫画シリーズ)
永井豪とダイナミックプロ
小学館
売り上げランキング: 9,886


監督:勝間田具治 ほか 、脚本:辻真先 ほか 、キャラクターデザイン:小松原一男 、音楽:三沢郷 、アニメーション制作:東映動画
製作:NET、東映動画
放送局:NET系
話数:全39話

1放送期間:1973年10月13日 - 1974年3月30日
 『キューティーハニー』

第2話 夜の火牡丹剣の舞
(2017-11-22)
売り上げランキング: 44,848


脚本:辻真先、高久進、藤川桂介 、キャラクターデザイン:荒木伸吾 、アニメーション制作:東映動画(現・東映アニメーション)、製作:NET、東映
放送局:NET系列、毎日放送
話数:全25話


放送期間:1973年10月4日 - 1974年3月28日
 『ドロロンえん魔くん』

ドロロンえん魔くん Vol.1 [DVD]
東映ビデオ (2003-06-21)
売り上げランキング: 74,638


制作局:フジテレビ、東映動画 、企画:別所孝治、籏野義文 、演出:矢吹公郎ほか
放送時間:木曜19:00 - 19:30(30分)


放送期間:1974年(昭和49年)4月4日‐1975年(昭和50年)5月8日
 『ゲッターロボ』



放送局:フジテレビ系で毎週木曜日19時00分 - 19時30分に
話数:全51話


放送期間:1978年3月6日 - 1979年1月29日
 『魔女っ子チックル』

魔女っ子チックル VOL.1 [DVD]
東映ビデオ (2005-12-09)
売り上げランキング: 137,573


アニメーション制作:東映 、製作:テレビ朝日、大広、東映
放送局:テレビ朝日
話数:全45話


1放送期間:1989年3月11日 - 1990年1月27日
 『獣神ライガー』

獣神ライガー DVD-BOX I
獣神ライガー DVD-BOX I
posted with amazlet at 18.05.25
ジェネオン エンタテインメント (2006-08-25)
売り上げランキング: 168,201


監督:鹿島典夫 、アニメーション制作:サンライズ 、製作:名古屋テレビ、東急エージェンシー、 サンライズ
放送局:名古屋テレビ
話数:全43話


放送期間:1998年10月10日 - 1999年5月8日
 『デビルマンレディー』



監督:平野俊貴 、シリーズ構成:小中千昭、 キャラクターデザイン:西岡忍、 メカニックデザイン:石野聡 、音楽:渡辺俊幸 、アニメーション制作:キョクイチ東京ムービー 、製作:デビルマンレディー製作委員会
放送局毎日放送、他
話数:全26話


放送期間:2002年8月31日 - 11月23日
 『魔王ダンテ』

魔王ダンテ(1) [DVD]
魔王ダンテ(1) [DVD]
posted with amazlet at 18.05.25
ケンメディア (2002-11-25)
売り上げランキング: 268,155


監督:前島健一、シリーズ構成:上原正三、キャラクターデザイン :小林利充、クリーチャーデザイン :清水恵蔵
話数:全13話


放送期間:2009年4月4日~2009年9月26日
 『真マジンガー 衝撃!Z編』



監督:今川泰宏、シリーズ構成・脚本:今川泰宏、キャラクターデザイン:竹内進二、マジンガー&機械獣デザイン野中剛、音楽:宮川彬良、音響監督:本山哲、美術監督:武藤正敏、色彩設計:菊地和子/井上あきこ、撮影監督:桑良人、編集:松原理恵


2011年4月~
 『Doronえん魔くん メ~ラめら』

Dororonえん魔くんメ~ラめら 3(期間限定版) [Blu-ray]
キングレコード (2011-10-26)
売り上げランキング: 153,701


Doronえん魔くん メ~ラめら


D01-c008.gif現在放送中!|ジャンル:美少女・ヒロイン
 Cutie Honey Universe

Re:キューティーハニー コンパクトBlu-ray

最速放送日:2018年4月8日(日)21:00~(AT-X)

■キャスト
キューティーハニー/如月ハニー:坂本真綾
♡♡ハニー:内田真礼
♡♡ハニー:黒沢ともよ
♡♡ハニー:花澤香菜
♡♡ハニー:田村ゆかり
♡♡ハニー:三森すずこ

秋夏子:堀江由衣
早見青児:浅沼晋太郎
シスタージル:田中敦子
タランチュラパンサー:釘宮理恵

■スタッフ・制作会社
原作:永井豪『キューティーハニー』、監督:横山彰利、副監督:若林厚史、シリーズ構成・脚本:高橋ナツコ、キャラクターデザイン:井関修一、色彩設計:渡辺亜紀、美術監督・美術設計:柴田聡、音響監督:なかのとおる、録音調整:菊池一之、音響効果:今野康之、音響制作:ポニーキャニオンエンタープライズ、音楽:中山真斗、音楽プロデューサー:磯山敦、音楽制作:エグジットチューンズ 、制作会社:PRODUCTION REED

■ 主題歌
【ED】luz

公式サイト:http://cutiehoney-u.com

■作品解説
如月ハニーは聖チャペル学園に通っている女子高生。 だが、その正体は天才科学者・如月博士によって生み出された美少女アンドロイド・愛の戦士キューティーハニーである。 ハニーは謎の秘密結社 パンサークローを捕まえるべく、対パンサークロー捜査官とともに行動する。 しかし パンサークローの幹部であるシスタージルが偽名を使い潜入。 ハニーは敵であることを知らず、シスタージルを純粋に信じ続けるが……

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)3漫画家・永井豪さんのデビュー50周年を記念
4月よりTVアニメが放送開始される新たな「キューティーハニー」──

永井豪さんによるアクションマンガ。天才科学者・如月博士により作られた美少女アンドロイド・キューティーハニーと、謎の犯罪結社・パンサークローとの死闘を描く。1973年に「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)で連載が開始されるとセクシーな変身シーンなどが人気を博し、これまでに数々のTVアニメやOVA、実写映画が制作されている。今回の作品では「カッコかわいい女の子」がコンセプトとなっている。

主人公、如月ハニー/キューティーハニーを坂本真綾さんが演じることが決定しており、さらに、如月ハニーとキューティーハニー以外の、【ハリケーンハニー】【ファンシーハニー】【フラッシュハニー】【ミスティーハニー】【アイドルハニー】と、5つの変身したハニーを、それぞれ別々の声優陣が演じるという、前代未聞のプロジェクトであることが解禁となり、大きな話題となっている本作。変身する姿によってハニーのキャストが変わり、坂本真綾さん、内田真礼さん、黒沢ともよさん、花澤香菜さん、田村ゆかりさん、三森すずこさんがそれぞれハニー役を演じる。犯罪組織「パンサークロー」の首領“シスタージル” の声を務めるのは田中敦子さん。そして、その従者“タランチュラパンサー”には、釘宮理恵さんが決定した。



Arikaシネマ2014b5
ジャンル:※アニメ作品
 劇場版 マジンガーZ INFINITY   【1月13日公開】

改訂版 マジンガーZ(1) (KCデラックス)/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

改訂版 マジンガーZ(2) (KCデラックス)/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

改訂版 マジンガーZ(3) (KCデラックス)/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

改訂版 マジンガーZ(4)<完> (KCデラックス)/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1 大人の楽しみ方で読むなら、十二分に楽しめるアレンジ 
マジンガーZは、永井豪コミック版、桜多吾作コミック版、アニメ版、それぞれに特有の魅力がありますが、特に永井豪版における最大の魅力はマジンガーZの「顔」です。連載当時の絵はペンの勢いがあって迫力あるな〜。デッサンの乱れも味のうちで好きだから個人的には描き直した部分が少々残念ですがそれを否定派しません。全部書き直してしまえば、それはもうオリジナル版ではなくなるので、部分的に直すというやり方もそれはそれでありだと思いますし、新しい漫画復刻の形ではないかと?永井先生も楽しんで構成を入れ替えたりしておられるのならそんな姿を想像して楽しむぐらいの、いわば大人の楽しみ方で読むなら、十二分に楽しめるアレンジだと思います。




■映画ストーリー
光子力研究所の仲間たちと力を合わせ、さらにスーパーロボット・マジンガーZを操り、人類を滅亡の危機に陥れようとした悪の科学者Dr.ヘルと彼の率いる地下帝国を壊滅させた兜甲児。それから10年の月日が流れ、世界は平和を取り戻し、彼は祖父や父と同じ科学者の道を歩んでいた。ある日、兜は富士山の地中で巨大な構造物と未知の生命反応に遭遇。それを機に人類は新たな脅威にさらされ、兜は再び人類を守ろうとマジンガーZを操縦して過酷な戦いに身を投じることになる。

★映画チェック★
絶大な人気を誇る永井豪作の「マジンガーZ」の新たな劇場アニメ。宿敵Dr.ヘルを倒して科学者となった兜甲児が、マジンガーZらと共に新たな脅威に立ち向かう。監督を『プリキュア』『ONE PIECE ワンピース』シリーズなどの志水淳児が務める。ボイスキャストを森久保祥太郎、茅野愛衣らが担当。重厚感の増したマジンガーZの勇姿に注目。

■スタッフ
原作: 永井豪
監督: 志水淳児
脚本: 小沢高広
メカニックデザイン: 柳瀬敬之
キャラクターデザイン: 飯島弘也
美術監督: 氏家誠
CGディレクター: 中沢大樹 / 井野元英二
助監督: なかの★陽
音楽: 渡辺俊幸
オープニングテーマ: 水木一郎
エンディングテーマ: 吉川晃司
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2018年1月13日
上映時間:1時間35分
製作:MZ製作委員会
アニメーション制作:東映アニメーション
配給:東映

■キャスト(役柄:声の出演)
兜甲児: 森久保祥太郎
弓さやか: 茅野愛衣
リサ: 上坂すみれ
兜シロー: 花江夏樹
ボス: 高木渉
ムチャ: 山口勝平
ヌケ: 菊池正美
弓首相: 森田順平
のっそり博士: 島田敏
せわし博士: 塩屋浩三
マジンガールズ(オレンジ): 田所あずさ
マジンガールズ(グリーン): 伊藤美来
あしゅら男爵(女): 朴路美
ブロッケン伯爵: 藤原啓治
Dr.ヘル: 石塚運昇
石丸博也
松島みのり
マジンガールズ(ブルー): オカリナ
マジンガールズ(ピンク): ゆいP
あしゅら男爵(男): 宮迫博之






関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック