FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

≪2018年5月号:映画・ドラマ≫ メディア化ピックアップ【戌】

kage

2018/05/31 (Thu)

≪2018年5月号:映画ドラマ
イヌP

 5月に映画ドラマアニメ化された作品の中からピックアップ!

5月に公開された、

映画ドラマアニメ化されたメディアミックス作品の中からピックアップしました。

話題作と合わせて原作本・コミックを今一度お楽しんでください!

映画
ラプラスの魔女 
恋は雨上がりのように
友罪

ドラマ
60 誤判対策室/石川智健(著)
風の市兵衛/辻堂魁(著)



Arikaシネマ2014b5
ジャンル:推理/化学
 ラプラスの魔女   【5月4日公開】

離れた場所で二つの死亡事件が連続して発生し、両方同じ自然現象の下での硫化水素中毒死だと判明。

さらに死亡した二人は知り合いであることがわかり、警察は地球化学の研究者である大学教授の青江に協力を依頼する。

青江は事件性はないと考え調査を進めていると、そこに謎の女・羽原円華が現われ、これから起こる自然現象を見事に言い当てる。


ラプラスの魔女 (角川文庫)

■内容紹介
ある地方の温泉地で硫化水素中毒による死亡事故が発生した。地球化学の研究者・青江が警察の依頼で事故現場に赴くと若い女の姿があった。彼女はひとりの青年の行方を追っているようだった。2か月後、遠く離れた別の温泉地でも同じような中毒事故が起こる。ふたりの被害者に共通点はあるのか。調査のため青江が現地を訪れると、またも例の彼女がそこにいた。困惑する青江の前で、彼女は次々と不思議な“力”を発揮し始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1竜巻?温泉で事件?円華、謙人、青江、中岡はどう繋がる?  
遠く離れた2つの温泉地で硫化水素による死亡事故が起きた。検証に赴いた地球化学研究者・青江は、双方の現場で謎の娘・円華を目撃する――。東野圭吾が小説の常識をくつがえして挑んだ、空想科学ミステリ!

18~19世紀に活躍したフランスの数学者ラプラスが提唱した「ラプラスの悪魔(知性)」が元ネタ。簡単に言うと、超精密かつ超高速の情報処理能力を有する存在のことかと。今起きている物理現象の情報を瞬間的に把握、処理することによって次に起こりうる現象を確実に予測する。本書はこの能力を持つ者によって惹起される事件の顛末を描いている。

竜巻?温泉で事件?円華、謙人、青江、中岡はどう繋がる?何がどうなるのか気になって気になって、引き込まれ感マックスだった。ストーリーとその描写力はさすが東野である。”手に取るように頭に浮かぶ”のであります。文学として美しい情景を、多彩な語彙力を駆使して描く。小説とはすべてそういうものだと思っていましたが東野作品は違いましたね。まるで見てきたかのように写実的でリアリティ溢れた文章、淡々と事実を明かしていくように見えて飽きが来ない。よくここまで多くの謎を考え一つの事件にまとめきれたと感嘆しています。 中でもラプラスの魔女はからくりのない不思議な力と現実を、まるで溶接したかのようにがっちりと結びつけている。円華の不思議な力に魅せられていく読者が安易に想像できます。SF的という超常的というかそんな話の組立もおもしろいですが、盛り上がりのタイミングがもう少しドラマチックでも(竜巻発生など)よかったかも。故に『ガリレオ』シリーズと比べると少々荒唐無稽とも言えるが、本多孝好作『ストレイヤーズクロニクル』の主人公荏埼昴も同じ能力の持ち主であったことを想起し、妙にリアルな特殊能力に感じられ面白いです。自然現象を操るトリックとはいかがなものかとあれこれ思いを巡らせていたけれど、これは…。著者も書いているようにまずまだ不可能な範囲ですが理論上は確かに出来なくはないですからね。 今は非現実的かもしれないけれど、今後もしかしたらそんな時がやって来る可能性もあるのでは…と、とても興味深かった。しかし、実際あんな能力があったらどんな風に使うんだろうね。使いようによっては幾らでも金儲けが出来そうですけどね。謙人クンと円華ちゃんが少しでも明るい未来を予測できる世の中であってほしいと願いつつ、映画が楽しみです(*´ー`*)♪







■映画ストーリー
離れた場所で二つの死亡事件が連続して発生し、両方同じ自然現象の下での硫化水素中毒死だと判明。さらに死亡した二人は知り合いであることがわかり、警察は地球化学の研究者である大学教授の青江(櫻井翔)に協力を依頼する。青江は事件性はないと考え調査を進めていると、そこに円華(広瀬すず)という女性が現れ……。

★映画チェック★
『ヤッターマン』の三池崇史監督と櫻井翔が再び組み、ベストセラー作家東野圭吾の小説を映画化した本格派ミステリー。連続して起きた奇妙な死亡事件をきっかけに、その調査を進める大学教授らが事件の真相をあぶり出す。『ちはやふる』シリーズなどの広瀬すずがヒロインを演じ、『ちょっと今から仕事やめてくる』などの福士蒼汰が共演。脚本を、テレビドラマ「半沢直樹」「下町ロケット」などの八津弘幸が担当している。

■スタッフ
監督: 三池崇史
原作: 東野圭吾
脚本: 八津弘幸
音楽: 遠藤浩二
製作: 市川南
共同製作: 堀内大示 / 藤島ジュリーK. / 吉崎圭一 / 弓矢政法 / 高橋誠 / 奥野敏聡 / 渡辺勝也 / 荒波修
エグゼクティブプロデューサー: 山内章弘
企画・プロデュース: 臼井央 / 臼井真之介
プロデューサー: 坂美佐子 / 前田茂司
プロダクション統括: 佐藤毅
アソシエイトプロデューサー: 二宮直彦 / 西崎洋平
ラインプロデューサー: 今井朝幸 / 善田真也
キャスティングプロデューサー: 杉野剛
撮影: 北信康
照明: 渡部嘉
美術: 林田裕至
整音: 中村淳
録音: 小林圭一
装飾: 坂本朗
編集: 山下健治
助監督: 長尾楽
制作担当: 柄本かのこ
VFXスーパーバイザー: 太田垣香織
キャラクタースーパーバイザー: 前田勇弥
ヘアメイク: 酒井啓介
宣伝プロデューサー: 鎌田亮介
音楽プロデューサー: 杉田寿宏
サウンドエディティングスーパーバイザー: 勝俣まさとし
製作年:2018年
製作国:日本
日本公開:2018年5月4日 (全国東宝系)
上映時間:1時間56分
製作プロダクション:東宝映画 / OLM 制作協力:楽映舎
配給:東宝

■キャスト(役柄:俳優)
青江修介: 櫻井翔
羽原円華: 広瀬すず
甘粕謙人: 福士蒼汰
奥西哲子: 志田未来
水城千佐都: 佐藤江梨子
桐宮玲: TAO
中岡祐二: 玉木宏
武尾徹: 高嶋政伸
羽原美奈: 檀れい
羽原全太朗: リリー・フランキー
甘粕才生: 豊川悦司





『ラプラスの魔女』を54倍楽しめるメーキング特別映像




ジャンル:年の差/恋愛/雨
 恋は雨上がりのように 【5月25日公開】

怪我で陸上の夢を絶たれた高校2年生の橘あきらは、偶然入ったファミレスの店長・近藤正己の優しさに触れたことをきっかけに、その店でアルバイトをはじめる。

あきらはバツイチ子持ちでずっと年上の近藤に密かな恋心を抱き、ついに思いを抑えきれなくなり告白するが、近藤は彼女の真っ直ぐな気持ちを受け止めることができず……   


恋は雨上がりのように 10 特製クリアカバー付き特装版 (特品)
眉月 じゅん
小学館 (2018-04-27)
売り上げランキング: 1,962


■内容紹介
陸上部のエースだったが怪我で走ることをやめてしまった橘あきら(17歳)と、夢を諦めた過去を持つあきらのバイト先、ファミレス「ガーデン」の店長・近藤正己(45歳)。海辺の街を舞台に、青春の交差点で立ち止まったままの彼女と、人生の折り返し地点にさしかかった彼が織りなすものがたり。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1 28歳の年の差を軽々と飛び越える真っすぐな純愛!  
「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載中のコミック。17歳の女子高生×45歳のファミレス店長。年の差恋愛モノにして、ド直球の純愛路線が幅広い世代の胸をズキューンと貫き。大きな反響を呼んでいる。ある事件をきっかけに走ることを諦めた元陸上部の女子高生・橘あきらと、かつて夢を諦めた過去を持つバイト先の店長である冴えない45歳・近藤正己――とある海辺の街を舞台に、不器用な2人のもどかしくも思わず応援したくなる恋愛の行方は……?著者の眉月じゅんは少女誌出身。だからして少女マンガ成分が強めだが、あきらの心情をモノローグで表すことはほとんどない。これが素晴らしくハマった。不愛想で何を考えてるのかわからない彼女が店長のことになると、とたんに表情が豊かになる。その殺人的落差が可愛いさたるや! 一方、店長はバツイチで、加齢臭もキツくなってきた冴えないオヤジ。そんなオヤジをなぜあきらが好きになったのか? 二人を繋ぐキーとなっているのが”雨”です。若さと純粋さを、ただただ眩しく感じていた店長が、あきらの想いをどのようなカタチで受け止めるのか。大好きな陸上をケガで諦めたあきらが、店長に恋をしたことで、どう再生していくのかをヤキモキしつつも、28歳差の恋の行方を見守らざるをえない。






■映画ストーリー
陸上競技に打ち込んできたが、アキレス腱のけがで夢をあきらめざるを得なくなった高校2年生の橘あきら(小松菜奈)。放心状態でファミレスに入った彼女は、店長の近藤正己(大泉洋)から優しい言葉を掛けてもらったことがきっかけで、この店でアルバイトを始めることにする。バツイチ子持ちである上に28歳も年上だと知りながらも、彼女は近藤に心惹(ひ)かれていく。日増しに大きくなる思いを抑え切れなくなったあきらは、ついに近藤に自分の気持ちを伝えるが……。

★映画チェック★
眉月じゅんのベストセラーコミックを原作にしたラブストーリー。ファミレスの店長の男と、彼に心を奪われた女子高校生が織り成す恋模様をつづる。メガホンを取るのは『世界から猫が消えたなら』『帝一の國』などの永井聡。『渇き。』『溺れるナイフ』などの小松菜奈、『探偵はBARにいる』シリーズや『アイアムアヒーロー』などの大泉洋が主演を務める。28歳という年齢の差がありながらも心を通わせていく主人公たちの姿を繊細に描く。

■スタッフ
原作:眉月じゅん
監督:永井聡
脚本:坂口理子
音楽伊藤ゴロー
主題歌:鈴木瑛美子×亀田誠治
製作:市川南
共同製作:久保雅一、村田嘉邦、弓矢政法、山本浩、中江康人、高橋誠、細野義朗、吉川英作、田中祐介
エグゼクティブプロデューサー:山内章弘
プロデューサー:春名慶、石黒裕亮、唯野友歩
ラインプロデューサー:熊谷喜一
プロダクション統括:佐藤毅
撮影:市橋織江
照明:崎本拓哉
美術:杉本亮
録音:豊田真一
装飾:安藤千穂
スタイリスト:櫻井まさえ
ヘアメイク:荒木美穂、波多野早苗
編集:二宮卓
VFXスーパーバイザー:神田剛志
スクリプター:田村寿美
助監督:藤江儀全
製作担当:若林重武
キャスティング:田端利江
音楽プロデューサー:北原京子

■映画詳細データ
製作国:日本
製作・配給:東宝
製作・製作プロダクション:AOI Pro.
製作:小学館、博報堂DYミュージック&ピクチャーズ、ジェイアール東日本企画、博報堂、KDDI、S・D・P、日本出版販売、GYAO
製作プロダクション:東宝映画
カラー(全国東宝系)

■キャスト(役柄)
小松菜奈(橘あきら)
大泉洋(近藤正己)
清野菜名(喜屋武はるか)
磯村勇斗(加瀬亮介)
葉山奨之(吉澤タカシ)
松本穂香(西田ユイ)
山本舞香(倉田みずき)
濱田マリ(久保佳代子)
戸次重幸(九条ちひろ)
吉田羊(橘ともよ)




小松菜奈が全力疾走! 映画「恋は雨上がりのように」主題歌「フロントメモリー」MVが公開



ジャンル:少年犯罪
 友罪   【5月25日公開】

ジャーナリストの夢破れた益田純一と也人との交流を頑なに避ける鈴木秀人。

町工場で出会い、少しずつ友情を育んでいく二人。

しかし益田は、鈴木が17年前に日本中を震撼させた連続児童殺害事件の犯人”少年A”ではないかと疑い始める。


友罪 (集英社文庫)
友罪 (集英社文庫)
posted with amazlet at 18.05.26
薬丸 岳
集英社 (2015-11-20)
売り上げランキング: 78


■内容紹介
あなたは友が犯した過去の罪を許せますか。
少年犯罪を償い出所した鈴木。
住み込みの職場で仲良くなった益田は、あることをきっかけに彼の過去に気付き…。
著者渾身の長編小説。
(解説/瀧井朝世)

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1「心を許した友は、あの少年Aだった。」
あなたは“その過去”を知っても友達でいられますか?   

埼玉の小さな町工場に就職した益田は、同日に入社した鈴木と出会う。無口で陰のある鈴木だったが、同い年の二人は次第に打ち解けてゆく。しかし、あるとき益田は、鈴木が十四年前、連続児童殺傷で日本中を震え上がらせた「黒蛇神事件」の犯人ではないかと疑惑を抱くようになり―。少年犯罪のその後を描いた、著者渾身の長編小説。14歳の少年が犯した残虐な殺人。少年院を出てから、ある工場で出会った人々の話。彼を取り巻く人間模様がリアルに描かれている。実際の事件を元に、その後の加害者と彼に関わった人達の生き方。これはかなり考えさせられる内容。単なる犯罪者より、特異性のある殺人故に恐ろしさも増すだろうし、真実を知ってしまった後でも友人関係を保てるか?益田自身の過去の悔恨と照らし合わせながら良い展開に持っていくなぁと感心。自分ならどうするか?最後の益田の手記を鈴木がどこかで読んで少しでも救われ感謝してほしいと思う。ただし彼には一切の同情の余地は無いし、一生苦しむべきだけど。こういう事件、実際にもあったし、私は今まで被害者家族の心情しか想像できなかった。本当に許されないけど、犯人の心情も、分からないでもないと思った。しかし、最後のこのかんじ。いいんだけど、物足りないもどかしさがある。






■映画ストーリー
ジャーナリストを目指していたが挫折し、生活のため町工場で働くことになった益田(生田斗真)は、同時期に働き始めた鈴木(瑛太)という男と出会う。鈴木は周囲と交流せず、過去を語ろうとしなかったが、同い年の二人は次第に打ち解け友情を育んでいく。しかしあるきっかけから、益田は鈴木が17年前に世間を騒然とさせた連続児童殺傷事件の犯人ではないかと考え……。

★映画チェック★
「天使のナイフ」「Aではない君と」などで知られる作家・薬丸岳のミステリー小説を、『ヘヴンズ ストーリー』などの瀬々敬久監督が映画化。凶悪事件を起こした元少年犯と思われる男と、その過去に疑念を抱く同僚の友情と葛藤を描く。『人間失格』などの生田斗真と、生田とは『土竜の唄 香港狂騒曲』などで共演し瀬々監督とは『64-ロクヨン-』で組んだ瑛太が2人の男を体現する。

■スタッフ
原作:薬丸岳
監督:瀬々敬久
撮影:鍋島淳裕
照明:かげつよし
美術:磯見俊裕
音楽:半野喜弘

■映画詳細データ
製作国:日本
製作幹事:WOWOW、ハピネット
配給:ギャガ
カラー

■キャスト(役柄)
生田斗真(益田純一)
瑛太(鈴木秀人/青柳健太郎)
夏帆(藤沢美代子)
山本美月(杉本清美)
富田靖子(白石弥生)
奥野瑛太
飯田芳
小市慢太郎
矢島健一
青木崇高
忍成修吾
西田尚美
村上淳
片岡礼子
石田法嗣
北浦愛
坂井真紀
古舘寛治
宇野祥平
大西信満
渡辺真起子
光石研
佐藤浩市(山内修司)


『友罪』スペシャルムービー


Arikaシネマ2014b4
【5月6日(日)放送】
 60 誤判対策室/石川智健(著)

60 誤判対策室 (講談社文庫)
石川 智健
講談社 (2018-03-15)
売り上げランキング: 213,510


■ドラマタイトル:連続ドラマW「60 誤判対策室」

■放送日:5月6日スタート 

WOWOWプライム 毎週日曜 22:00~23:00 


■原作/原案…原作:石川智健「60 誤判対策室」 (講談社文庫)

■スタッフ
脚本:高田亮
監督:熊切和嘉
プロデューサー:加納貴治、松田広子、押田興将

E13-b043.gif
外部サイト:連続ドラマW 60 「誤判対策室」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
誤判対策室
元警視庁捜査一課刑事・有馬英治:舘ひろし
「誤判対策室」に勤める、定年退職を間近に控える刑事。警視庁捜査一課のすご腕刑事として知られていたが、かつて担当した事件で無実の者を冤罪に陥れた過去がある。ある事件の情報を入手し、冤罪の可能性に気付いて調査を始める。

弁護士・世良章一:古川雄輝
志願して「誤判対策室」に入った、エリート弁護士。有馬の熱意に押され、ある事件の再調査に協力していく。

検察官・春名美鈴 :星野真里
検察庁から左遷された、「誤判対策室」所属の検察官。上司である検察官・西島の指示に従って行動していたが、次第に冤罪事件に向き合っていく。

検察官・西島慎太郎:村上 淳
春名の上司で、古内事件の担当検事

風俗嬢・マミ:酒井若菜
有馬の通う風俗店「ヘブンズガーデン」に勤務

冤罪被害者・中倉 徹:竹原ピストル
有馬に自白を強要される。釈放後に自殺

世良の父・世良光蔵:若松武史
衆議院議員で誤判対策室の設置を主導

矢野高虎の妻・矢野琴乃:ハマカワフミエ
幼少期に虐待を受け右目を失明。

詐欺集団の首謀者・矢野高虎:赤堀雅秋
リサイクルショップを経営。傷害の前歴がある

死刑囚・古内博文:康すおん
母子殺害事件の死刑囚。有馬が事件を再調査

妙善寺の住職・梶永:小林勝也
教誨師で獄中の古内をよく知る

古内事件の担当刑事・坂口克之:井上 肇
有馬とは因縁があり、誤判対策室に追いやられた有馬を見下す

古内事件の担当弁護士・古畑勝茂:利重 剛
古内が罪を認めていたため、ろくに弁護せず

有馬の娘・松下詩織:水崎綾女
家庭を顧みなかった有馬とは距離がある

----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ内容紹介…舘ひろしが定年間近の刑事に。タイムリミットまでに冤罪を立証できるのか!? 
 

----------------------------------------------------------------------------------------
警察ミステリー小説「エウレカの確率」シリーズの石川智健のミステリー小説を連続ドラマ化。国の政策で創設された、死刑囚の冤罪(えんざい)の可能性を探る組織である「誤判対策室」を舞台に、定年間近の刑事がある死刑囚の冤罪の可能性に気付き、隠された真実へと迫っていく姿を描く。

主人公となる、60歳を迎える刑事・有馬英治を演じるのは、連続ドラマW初主演の舘ひろし。「誤判対策室」のメンバーである若手弁護士・世良章一に古川雄輝、検察官・春名美鈴に星野真里が扮する。監督を務めるのは、映画「私の男」「武曲 MUKOKU」の熊切和嘉。脚本は「武曲 MUKOKU」に引き続き熊切監督とタッグを組む高田亮が手掛ける。

------------------------------------------------------------------------------------
■原作内容紹介
------------------------------------------------------------------------------------
老刑事・有馬と、女性検察官・春名、若手弁護士・世良の三名は、「誤判対策室」に配属された。無罪を訴える死刑囚を再調査し、冤罪の可能性を探る組織だ。配属から半年後、有馬は行きつけの飲み屋の女将・綾子から不穏な話を聞く。最近来た二人組の男客が、殺人の犯行を仄めかすような話をしていたというのだ。冤罪事件に関わっているのではないかと有馬は疑い、該当する事件を突き止める。2011年に母親とその子供二人を殺害した罪で、古内博文という男の死刑が裁判員裁判で確定していた。誤判対策室は調査を開始し、綾子が言っていた怪しい二人の内の一人の身元を割り出す。大窪という男が判子詐欺の容疑で捕まったのだ。有馬と世良がその線を調べていくうちに、古内の娘・琴乃が詐欺事件に関わっている可能性が浮かび上がる。しかも、その夫の矢野高虎は、殺人を仄めかしたもう一人の男かもしれないのだ。──迫りくる古内の死刑執行。有馬は警察の取り調べ記録を、春名は検察の証拠品リストを、世良は解剖医の鑑定書を、それぞれ洗い直すとに!

📚原作の感想
死刑囚の冤罪を調査する部署、刑事・検事・弁護士からなる誤判対策室
死刑執行までのタイムリミットと阻まれる捜査がテンポよく描かれていて、面白い!!!

Arikaアイコン(小)1老刑事・有馬は、刑事と弁護士、検察官の3名から成る「誤判対策室」に配属された。無罪を訴える死刑囚を再調査する新組織だ。半年後、有馬は小料理屋の客が殺人を仄めかしていたという情報を入手。該当する3人殺害事件の冤罪を疑い動き出す。自身が関わった冤罪事件への贖罪の気持ちから…。傑作法廷ミステリー!無罪を訴える死刑囚を再調査する、老刑事・弁護士・検察官の3人から成る「誤判対策室」という新組織。なかなか噛み合わない三人が、一つの冤罪事件を通して自分と向き合っていく。老刑事が過去に悔恨を残した事件関係者から聞いた話を基に、ある事件の冤罪の可能性を調査するが…。頑なに冤罪ではないと言い張る死刑囚に対する刑の執行のタイムリミットが迫るさなかの、刑事の予想だにしなかった行動に「えっ!」だったΣ(゜Д゜;)!! 誤判対策室が作られた本当の理由や、無罪の人間が死刑囚になっているかもしれない冤罪の恐ろしさ。ラストの、真相は闇の中…真実を追い求める難しさ、うーんと唸りながらの読了。死刑執行までのタイムリミットと阻まれる捜査がテンポよく描かれていて、面白い。最後の最後で、真実が曖昧になるのが憎い。まさに藪の中。良作!


【5月19日(土)放送】
 風の市兵衛/辻堂魁(著)

風の市兵衛 (祥伝社文庫)
辻堂 魁
祥伝社
売り上げランキング: 710


修羅の契り 風の市兵衛 弐 (祥伝社文庫)
辻堂魁
祥伝社 (2018-05-11)
売り上げランキング: 1,573


■ドラマタイトル:「そろばん侍 風の市兵衛」

■放送日:5月19日スタート 

NHK総合 毎週土曜 18:05~18:43 


■原作/原案…原作:辻堂魁「風の市兵衛」シリーズ(祥伝社文庫)

■スタッフ
脚本:池端俊策、小松與志子、森岡利行
演出:榎戸崇泰、中島由貴
制作統括:陸田元一、土屋勝裕

E13-b043.gif
外部サイト:そろばん侍 風の市兵衛

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
唐木市兵衛:向井理
目付の家に生まれながら、さまざまな家に雇われて家計を預かる“渡り用人”として己の力で自由に生きる。「風の剣」と呼ばれるほどの剣の達人。

渋井鬼三次:原田泰造
北町奉行所の同心。一筋縄でいかない食えない人柄で、“鬼渋”とあだ名される。組織に捉われず単独行動も辞さない、たたき上げの現場捜査官。

佐波:橋本マナミ
小料理屋のおかみで市兵衛の兄・信正の恋人。身分の違いから正式に連れ添うことはできないが、信正と生涯を共にすると誓い合っている。

矢藤太:渡辺いっけい
用人をあっせんする口入屋「宰領屋」の主人。市兵衛とは旧知の間柄で、難儀な仕事ばかりを持ち込んでくる。

片岡信正:筒井道隆
旗本・御家人を取り締まる筆頭目付で、市兵衛の年の離れた異母兄。家を出た市兵衛と20数年ぶりに再会し、共に悪に立ち向かう。

----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ内容紹介…向井理が悪を成敗する“そろばん侍”に! 江戸を舞台に繰り広げられる新感覚時代劇! 
----------------------------------------------------------------------------------------
辻堂魁の時代小説「風の市兵衛」シリーズを向井理主演で連続ドラマ化。向井は、武家や商家の家計を預かる“渡り用人”で剣の達人・唐木市兵衛に扮する。そのほか、北町奉行所の同心・渋井鬼三次を原田泰造、小料理屋のおかみ・佐波を橋本マナミ、渡り用人をあっせんする口入屋の主人で市兵衛と旧知の仲の矢藤太を渡辺いっけい、旗本・御家人を取り締まる筆頭目付で市兵衛の年の離れた異母兄・片岡信正を筒井道隆が演じる。実直に生きながら悪に苦しめられている人々のもとに、市兵衛が爽やかな風を吹き起こして悪を成敗するさまを、第1部「春の風」、第2部「雷神」、第3部「帰り船」と3回ずつを一くくりに痛快に描く。


放送予定
第1部「春の風」
第1、2、3回・5月19日、5月26日、6月2日放送予定
ゲスト:村川絵梨、鈴木福、でんでん、鶴見辰吾

第2部「雷神」
第4、5、6回・6月16日、6月23日、6月30日放送予定 ※6月9日は放送休止
ゲスト:高橋克実、小芝風花、山中崇、阪田マサノブ

第3部「帰り船」
第7、8、最終回・7月7日、7月14日、7月21日放送予定
ゲスト:前田亜季、川口覚、渡辺徹、木下ほうか

------------------------------------------------------------------------------------
■原作内容紹介
------------------------------------------------------------------------------------
柳原堤下で、武家の心中死体が発見された。旗本にあるまじき不祥事に、遺された妻と幼い息子は窮地に陥る。そこにさすらいの渡り用人唐木市兵衛が雇われた。算盤を片手に家財を調べる飄々とした武士に彼らは不審を抱くが、次第に魅了される。やがて新たな借財が判明するや、市兵衛に不穏な影が迫る。心中に隠されていた奸計とは? “風の剣”を揮う市兵衛に瞠目!

📚原作の感想
窮地の旗本を救う、さすらいの渡り用人、登場!
Arikaアイコン(小)1主人公は期間限定で家の経理を担当する渡り用心。元は武士だが、算盤で武家の財政面を補佐する用人の唐木市兵衛が主人公。1巻目の派遣先は主が亡くなり、遺された妻子のいる高松家。そこから主の死因の謎や借金の謎等が浮上し、事態は幕府すら揺るがすような規模の事件に膨らんでいく。起伏の激しい展開と算盤侍の痛快な活躍が小気味良かったです。特に剣の強さは池波正太郎のような背景の説明が無く、薄く感じたが、次々とおきる事件を紐解いて行くミステリーさと、北町奉行所同心渋井との関係が銭形とルパンっぽかったのは面白かった。経済に行き詰った武家の立直し。まるで武士の家計簿を彷彿するないようだが、捕物あり、兄弟愛あり、おもしろく読んだ。ドラマでどう表すのか、楽しみです。市兵衛役は向井理さん。得意の算盤で渡り用人をしている市兵衛は、頭脳明晰なだけでなく剣も凄腕。心根は優しく、実は十人目付 千五百石の片岡家のご出身という絵にかいたようなヒーローなのだ。ステキだわあ(n‘∀‘)η 悪を懲らしめ風のように去っていく…どうやら続きがあるようなので楽しみだ。主たる8歳の頼之が次第に心酔していく様がおもしろかった。一気に読んでしまった。(*´ω`*)ちなみに 続刊18巻以上あるので地道にコツコツ読んでいくしかない。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック