FC2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

(僕が女性に読ませたいマンガ-229)おやこっこ(上・下)/武田一義

kage

2018/03/25 (Sun)

Arikaうさたく本2

Arika嬢から、「女性に読ませたいマンガや見てほしいアニメをテーマに書いてみませんか?」

その企画を聞いた時、僕は「書きたいです!」とふたつ返事した。

小説よりも、映画よりも、僕はマンガやアニメから学んだ事が多い。

そしてずっと、マンガやアニメと共に生きてきた。

僕にとって、マンガを読む、アニメを観ることは子どもの頃から生活の一部です。

という事でうさタクの企画☆顔文字アヒヒ

おやこっこ(上) (イブニングコミックス)
講談社 (2015-03-23)
売り上げランキング: 66,711


おやこっこ(下) (イブニングコミックス)
講談社 (2015-03-23)
売り上げランキング: 67,164



第229回目
  
『さよならタマちゃん』作者が描く父と子の物語

おやこっこ(上・下)/武田一義


回、僕が選んだのは、 武田一義 『おやこっこ』です。

ある時、急な知らせを受けて帰省する事になった孝志。

長く音信不通だった父が危篤となり心進まぬながら病院に駆けつけた孝志は、変わり果てた父の姿に動揺する。

うまくいかなかった親子関係。もう父の事で煩わしい思いはしたくない。

孝志はそんな思いを胸に、妻・亜紀とふるさとの地を踏む。

久しぶりの父との邂逅に、孝志が思う事、それは——。

大人になって初めて知る父の素顔と、かつての父との記憶は、凍てついた孝志の心を容かしていく。

深く感動を呼ぶ父と子の物語。

|*-ω-)ノsee you NEXT Time☆★

では、また.。.:*・




関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック