FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

(僕が女性に読ませたいマンガ-231)わがままちえちゃん/志村貴子

kage

2018/04/18 (Wed)

Arikaうさたく本2

Arika嬢から、「女性に読ませたいマンガや見てほしいアニメをテーマに書いてみませんか?」

その企画を聞いた時、僕は「書きたいです!」とふたつ返事した。

小説よりも、映画よりも、僕はマンガやアニメから学んだ事が多い。

そしてずっと、マンガやアニメと共に生きてきた。

僕にとって、マンガを読む、アニメを観ることは子どもの頃から生活の一部です。

という事でうさタクの企画☆顔文字アヒヒ


わがままちえちゃん (ビームコミックス)
志村 貴子
KADOKAWA/エンターブレイン
売り上げランキング: 50,004




第231回目
  
双子姉妹の「わがまま」の行方。

わがままちえちゃん/志村貴子


回、僕が選んだのは、志村貴子 『わがままちえちゃん』です。

「ちえ」は、「さほ」とくらべられるのが、いやでした。

ある雨の日。青蘭中学の入学式を待ちわびる「塙さほ」は、傘もささずに青蘭の制服を着て立っている少女と出会う。

「あたしがみえるの?」と語りかけてきたその少女は、みつあみで、幽霊で、名前は「ちえ」。

それを聞いた両親は、その子は、「さほ」の亡くなったお姉さんだという。

だが、母のお腹の中で死んだはずの自分が、なぜ成長して、青蘭の制服を着ているのか?

疑問に思った「ちえ」が、あることに気がついた、そのとき……。

「ちえ」と「さほ」、ある姉妹が遭遇した不思議なものがたり、その真実はどこに?

雨の日に出会った「ちえ」と「さほ」。必然か偶然か、「ちえ」は生まれる前に死んださほの双子の姉と同じ名前。

現実と夢が入り混じる謎めいた物語から浮かび上がる、少女たちの複雑な想いが切なくほろ苦しい。

|*-ω-)ノsee you NEXT Time☆★

では、また.。.:*・


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック