FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

(宝塚入門本)すみれの花咲くガールズ(1~2巻)/朱良観(著)

kage

2018/05/20 (Sun)

宝塚1

100周年を迎えた宝塚歌劇団。

「高尚なものなのでは?」と思っている人も多いようですが、100年前から庶民向けの「国民劇」であることに変わりはなく、わかりやすい物語やロマンチックな世界観を味わえます。

宝塚って気になるけど、観に行きづらい……という方のための、宝塚入門本を紹介。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

 すみれの花咲くガールズ(1~2巻)/朱良観(著)

すみれの花咲くガールズ 1 (ビッグコミックス)
朱良観
小学館 (2014-11-28)
売り上げランキング: 59,029


すみれの花咲くガールズ(2) (ビッグコミックス)
小学館 (2015-07-03)
売り上げランキング: 75,725


Arikaアイコン(小)1下町情緒がちりばめられた、青春ヅカ漫画!
少女は、宝塚歌劇を愛する男子生徒と出会い…。

タカラジェンヌを目指す女子高生が主人公の青春マンガ。女子高生MEETSタカラヅカ!!主人公・宇佐美真由は、ただの遊び場と化していた演劇部で自由気ままな放課後を過ごしていた・・・・・タカラヅカを「超」溺愛する、あの「男」が現れるまでは――タカラジェンヌになりたい男子高校生がほとんど活動していない演劇部に入ることから始まる物語。宝塚への愛を感じる。宝塚の魅力を知り「宝塚で横綱になります」と決意する主人公。たたでさえ狭き門、その中でトップスターになるのは容易じゃない。女しか入れない宝塚と男しか土俵にたてない相撲を対比させているのはなかなか斬新で面白いかも。主人公の宝塚の横綱になりますというセリフは熱くて良かったです!2巻で終わると思うと物足りない気もするが、ほんまもんの宝塚ファンの感想はいかに☆東京・下町の女子高校生が、タカラジェンヌを目指し仲間達と駆け抜ける!宝塚100周年を勝手に(?)祝う、ロード・トゥ・タカラジェンヌ物語!しかも、男性誌連載というなかなか冒険。男だから宝塚に入れない、女だから力士になれない、みたいなのは切なくていい。絵とかコマ割りは不思議な感じもするけど、宝塚をこういう方向からマンガで描くのは珍しい。




関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック