FC2ブログ
2019 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 02

(宝塚入門本)宝塚(ヅカ)読本/中本千晶(著)

kage

2018/05/24 (Thu)

宝塚1

100周年を迎えた宝塚歌劇団。

「高尚なものなのでは?」と思っている人も多いようですが、100年前から庶民向けの「国民劇」であることに変わりはなく、わかりやすい物語やロマンチックな世界観を味わえます。

宝塚って気になるけど、観に行きづらい……という方のための、宝塚入門本を紹介。

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

 宝塚(ヅカ)読本/中本千晶(著)

宝塚(ヅカ)読本 (文春文庫)
中本 千晶
文藝春秋
売り上げランキング: 462,991



Arikaアイコン(小)1「ヅカを観ずして死んではいけない!」
仕事にも恋にも(?)効く、愛と勇気のビタミン剤タカラヅカ。  

宝塚歌劇団に対する”よくある疑問”に、著者が答えていく。「一生に一度でいいから宝塚を観たいのですが、どうしたらいいですか?」「トップスターになれる人の条件は何ですか?」「宝塚って、いつも「ベルばら」ばかりやってるんじゃないんですか?」「本当に「清く、正しく、美しい」世界なのですか?」「帝国ホテルの向かいに集う女性集団、あれはいったい何者ですか?」・・・などなど、読めば読むほど宝塚が面白くなる一冊!歴史やシステム、見所やハマりポイント、チケットの買い方から情報の集め方、ファンの生態、観劇方法、劇団構成などの他、『スターになれる人の条件は?』といったQも。ちなみに二次と三次の一番の違いは「視線が来るか来ないか」なのだそうで。視線が来ないアニオタは身なりに構わず、視線が来るドルオタは身繕いにも金をかけるそうな。今までの宝塚本とはひと味違う、あるようでなかった「宝塚歌劇」入門書。


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック