FC2ブログ
2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

2018年夏、月曜ドラマ『青と僕』

kage

2018/08/13 (Mon)

Arikaシネマ2014b4

★7月9日スタート 

フジテレビ系 毎週月曜 24:55~25:25

 青と僕

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:下田悠子
監督:山田智和、吉田卓功、スミス
プロデューサー:櫻井雄一

E13-b043.gif
外部サイト:青と僕

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
ぼく:井之脇海
都内のITベンダーに勤務する。5年前に亡くなったはずの親友から届いたメールをきっかけに、彼の死の真相を探り始める。

あいつ:寛一郎
ぼくの親友で、5年前に謎の死を遂げた。

紫織 :池田エライザ
ぼくの高校の同級生。ぼくと一緒に、かつての高校時代を思い返していく中で、あいつの死の真相に迫っていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
「ぼくは麻理のなか」の制作陣がおくる、時空を越えたオリジナル青春ミステリー! 
死んだ親友の名で突然届いたメールをきっかけに、5年前の死の真相を探る男女の青春ミステリー。同局で放送された「ぼくは麻理のなか」の制作チームによるオリジナルストーリーで、過去と現在が交錯しながら描かれる。

主人公の“ぼく”に井之脇海、謎の死を遂げたぼくの親友“あいつ”に寛一郎、ぼくと共にあいつの死の真相に迫っていく紫織に池田エライザが扮し、誰もが大人になるにつれて感じる人生の転機を、3人の結び付きと別れを通して描く。

チーフ監督は、サカナクションや水曜日のカンパネラ、Charaなどのミュージックビデオを手掛ける山田智和。脚本監修を、岸田國士戯曲賞を受賞した、劇団ままごとの柴幸男が務める。



----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年7月10日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
日々仕事に追われている、都内のITベンダーに勤めるぼく(井之脇海)。そんなある日、5年前に謎の死を遂げた親友のあいつ(寛一郎)から、メールが届く。それは、「自分のことを忘れるなんて許さない」という、ぼくへの憎しみがこもった内容だった。
謎のメールを皮切りに、オフィスや自宅に嫌がらせが始まるなど、ぼくの周りで事件が起き始める。あいつの死と、身の回りに起きている事件はどんな関係があるのか。ぼくは、高校の同級生・紫織(池田エライザ)と共に、高校時代を思い返しながら、あいつの死の真相を探り始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年7月9日更新】
■ あらすじ(第1話  2018/7/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
日々仕事に追われるぼく(井之脇海)の元に、親友で5年前に死んだはずのあいつ(寛一郎)からメールが届く。その日を境に、ぼくの周りにさまざまな事件が起き始める。ぼくは、犯人を探すために、あいつの死の真相を探り始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年7月10日更新】
■ あらすじ(第2話  2018/7/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
死んだはずのあいつ(寛一郎)からのメールが届いて以降、エスカレーションするぼく(井之脇海)への嫌がらせ。いったい誰が犯人なのか? 塗りつぶされた自画像との共通点は、高校時代にあった‘ある事件’と類似していて…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年7月10日更新】
■ あらすじ(第3話  2018/7/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ホストクラブで働いていたあいつ(寛一郎)の意外な一面を知ったぼく(井之脇海)は、あいつと交流のあった紺野を探すことに。そして、あいつが抱えていたある疾患が明かされる。そんな中、ついに嫌がらせ犯人の姿が…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年7月24日更新】
■ あらすじ(第4話  2018/7/30放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ぼく(井之脇海)の周りで起きた嫌がらせの真相が黒岩(金子大地)という謎の青年から語られる。自身が間違ってふりかざした“正義”を知るぼく。そして、紫織(池田エライザ)もまた、心の闇を抱えていた。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年8月6日更新】
■ あらすじ(第5話  2018/8/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
自分が捕まえた痴漢の容疑者がえん罪で死んでしまった事実を知り、さらにひどいことを言って傷つけた紺野によって助けられたことから、深く自分を見つめ直す僕。ずっと親友が死んでから、見ないようにしてきたあいつと、ちゃんと向き合うため、詩織とともに再び、あいつの家へと向かう。あいつの誕生日を3人で祝う最中、目に疾患があったこと、誰かから金をゆすられてしまったことを母親に突きつけるが・・・

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年8月13日更新】
■ あらすじ(第6話  2018/8/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
記憶の断片がつながり、再起をかけて立ち上がろうとしていたあいつに決定的な一言を放ってしまったのは僕だと告白する。死ぬ間際に自分の死を見せつけたかったのか、自分が犯してしまったあまりにも重い罪にさいなまれる僕。痴漢に間違えられた人を傷つけたり、知らぬ間に周りの人々を傷つけていた自分に嫌気がさし、あいつのもとへ行くとメールをうち、あいつが死んだ屋上へと向かう僕。降り出す雨のなかフェンスを上る僕がみた景色とは・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック