FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

集英社文庫ナツイチフェア『注目の本よまにゃ』東野圭吾Wミリオンシリーズ×2(マスカレード・ホテル/マスカレード・イブ)

kage

2018/07/02 (Mon)

ナツイチ

平成最後の夏は、のんびり読者を楽しみませんか?

文庫「ナツイチ」フェア

集英社文庫

英社文庫『ナツイチ2018』。

2018年のテーマは、「本をひらけば 夏びらき。」

さぁ、本をひらこう。

夏をはじめよう。

かたくなったこころのすじを思い切り伸ばして。

ドキドキしたり、ハラハラしたり。

ほっこりしたり、きゅんとしたり。

読んで、こころを自由に動かせば、きっと心地よい夏になる。

さぁ、よまにゃ。

■今年の特典


かわいく揺れて 手ざわりやわらか!
【ナツイチ限定】よまにゃ”ねこじゃらしおり”(全4種類)

※「参加書店の店頭でナツイチ対象文庫を一冊買うと、その場でひとつプレゼント!」

※なくなり次第終了になります。


2017/05/18 に公開
読書が大好きな、集英社文庫の新しいキャラクター。
どこかの町の本屋さんで、まいにち本を読んで暮らしている。
口癖は「よまにゃ」

😻マスコットキャラクター、「よまにゃ」とは?
読書が大好きな、集英社文庫の新しいキャラクター。
どこかの町の本屋さんで、まいにち本を読んで暮らしている。
次に好きなのが人間観察。
お店にやって来るお客さんたちの心を読んで、日々、オススメの本を紹介している。
口癖は「よまにゃ」。

人気イラストレーター、Noritake氏デザインの愛くるしいポーズがたまりませんにゃん♪



2017/08/18 に公開
読書が大好きな、集英社文庫の新しいキャラクター。どこかの町の本屋さんで、まいにち本を読んで暮らしている。
口癖は「よまにゃ」

■フェアのジャンル項目


注目の本よまにゃ
ほっこりする本よまにゃ
切ない本よまにゃ
すっきりする本よまにゃ
ドキドキする本よまにゃ
なるほど!な本よまにゃ

・・・・の6ジャンル。



吉岡里帆のスペシャルムービー「夏びらき。」

7月21日「ナツイチの日」

😻好きな本の世界へ、冒険できる日だよ。
その一冊と出会いに、本屋さんへ行こう。


7月21日は「ナツイチの日」


注目の本よまにゃ
東野圭吾Wミリオンシリーズ×2


☑原作に見る、ここに注目
原作は、人気ミステリー作家・東野圭吾氏の『マスカレード・ホテル』(集英社文庫)

「マスカレード」シリーズとして累計265万部突破!既刊3作品が発売されています。

.「マスカレード・ホテル」は、単行本・2011年9月9日、文庫版・2014年7月18日に発売されました。刑事とホテルマンの男女コンビが登場する長編作品です。
.「マスカレード・イブ」(2014年8月21日発売/集英社文庫オリジナル) …短編集で「マスカレード・ホテル」の前日譚にあたります。
.「マスカレード・ナイト」(単行本・2017年9月15日発売)…コルテシア東京のカウントダウンパーティを舞台に刑事×ホテルマンのコンビが再タッグです!


【第1弾】125万部突破!
arikaいちおし
 マスカレード・ホテル/東野圭吾(著)

マスカレード・ホテル (集英社文庫)/集英社

¥価格不明
Amazon.co.jp

ホテルウーマンと若き刑事が謎多き事件を追う!

連続殺人事件を追って、一流ホテルで潜入捜査を始めた刑事の新田。フロントクラークの尚美と反目しながらも共に事件を追うが、怪しげな客が次々と現れる。二人は真実に辿り着けるのか!?



…‥‥‥…
仕事小説といても楽しめる極上ミステリー。
刑事とホテルウーマンが、犯人の”仮面”を暴く!

Arikaアイコン(小)1 都内で起きた不可解な連続殺人事件。 不可解な連続殺人事件が起き、残された暗号から次は都内の一流ホテルが犯行現場と浮上、ターゲットも容疑者も不明のまま、警察は潜入捜査を決定する。若き刑事・新田浩介は潜入捜査のためホテルマンに化け、教育係の山岸尚美とフロントに立つが、次々と不審な客があらわれて……。東野圭吾の最高に華麗な長編ミステリー!傑作新シリーズ、ここに始まる。人はどこで恨みをかっているかわからない。思いもよらぬところで誰かを深く傷つけていることもある。そう思うと怖いよね。ホテルでの日常がどのように事件と絡み合っていくんだろうと、ドキドキしながら一気読み、ラストの緊迫感と意外な犯人に心臓がどうにかなってしまいそうでした。ホテルならではの珍事も解決しつつ、それをヒントに連続殺人事件の謎に迫っていくストーリーで楽しめました。 ホテルマンとしての気概、プライドを見せる山岸さんのお仕事小説としてもよい感じ。やり取りや展開が良い意味でドラマっぽく、特に後半の緊迫感や伏線回収はエンターテイメント作品として一級品の出来栄え。読んでいて先の展開がなかなか予想できず、難解に見えて実は単純な結末に見事にやられた。相棒(?)の所轄の能勢刑事がいい味出していた。新田刑事と山岸さんの2人が今後どうなっていくのかが知りたいです。プロ意識についても深く考えさせられた、満足度の高い一冊。シリーズ物ということで、とりあえず、イブにいきます♪


Arikaシネマ2014b5

主演:木村拓哉×長澤まさみ×「HERO」監督
東野圭吾の累計275万部を突破した人気小説が待望の実写映画化。

 マスカレード・ホテル   2019年1月 ROADSHOW

■スタッフ
監督: 鈴木雅之
脚本:岡田道尚
原作:東野圭吾『マスカレード・ホテル』
プロデューサー上原寿一
音楽:佐藤直紀
製作年:2019年
製作国:日本
配給:東宝

■キャスト(役柄:俳優)
新田浩介 :木村拓哉
山岸尚美 :長澤まさみ


E13-b043.gif
映画『マスカレード・ホテル』公式サイト

■映画ストーリー
東京都内で3件の殺人事件が起きた。現場には不可解な暗号があった。警視庁の捜査本部は、数列の暗号が次の犯行現場を予告するものであると解読。第4の殺人は高級ホテル「ホテル・コルテシア東京」で起こると推理。捜査員が、第4の事件を未然に防ぐ為フロントスタッフやベルボーイに扮してホテルに配置される。いわゆる“潜入捜査”である。捜査一課の刑事・新田浩介(木村拓哉)は、英語ができる帰国子女。そのためホテルのフロントスタッフに扮して、宿泊客の“仮面(=マスカレード)”を剥がそうとする。新田の教育係には、優秀なフロントクラークの山岸尚美(長澤まさみ)が任命された。当然、お客様の“仮面”を守ろうとする。

「犯人逮捕が優先」の刑事 VS 「お客様の安全が優先」のホテルマン

…衝突すべくして衝突した2人だったが、やがて二人の間には信頼と共闘意識が生まれる。

そして、ある特別な1日が始まった…。異色のバディが、連続殺人事件に挑む物語!

★映画チェック★
シリーズ累計275万部を突破した東野圭吾のベストセラー小説を実写映画化し、木村拓哉が初の刑事役に挑んだミステリードラマ。都内で3件の殺人事件が発生した。現場にはいずれも不可解な数字の羅列が残されていたことから、連続殺人事件として捜査が開始される。警視庁捜査一課のエリート刑事・新田浩介は、その数字が次の犯行場所を予告していること、そして高級ホテル・コルテシア東京が4件目の犯行場所になることを突き止める。犯人を見つけるためホテルのフロントクラークに成りすまして潜入捜査に乗り出した新田は、教育係である優秀なフロントクラーク・山岸尚美と衝突を繰り返しながら、事件の真相に近づいていく。ヒロインの尚美役に長澤まさみ。「HERO」シリーズの鈴木雅之がメガホンをとり、「ライアーゲーム」シリーズの岡田道尚が脚本を担当。

Arika感想(映画)a人気作家・東野圭吾の小説「マスカレード・ホテル」が、「HERO」シリーズの鈴木雅之と、「ライアーゲーム」シリーズの岡田道尚がタッグを組み、2019年に実写映画化されることが決定。主演は今回が刑事役初挑戦となる木村拓哉、そして初共演となる長澤まさみをパートナーに迎え、連続殺人事件の真相に迫っていく。

都内で起こった3件の殺人事件。すべての事件現場に残された不可解な数字の羅列から、事件は予告連続殺人として捜査が開始された。警視庁捜査一課のエリート刑事・新田浩介(木村拓哉)はその数字が次の犯行場所を示していることを解読し、ホテル・コルテシア東京が4番目の犯行場所であることを突きとめる。しかし、犯人への手掛かりは一切不明。そこで警察はコルテシア東京での潜入捜査を決断し、新田がホテルのフロントクラークとして犯人を追うこととなる。

そして、彼の教育係に任命されたのは、コルテシア東京の優秀なフロントクラーク・山岸尚美(長澤まさみ)。次々と現れる素性の知れない宿泊客たちを前に「犯人逮捕が第一優先」の刑事として利用客の“仮面”を剥がそうとする新田と、「お客様の安全が第一優先」のホテルマンとして利用客の“仮面”を守ろうとする尚美はまさに水と油。お互いの立場の違いから幾度となく衝突する新田と尚美だったが、潜入捜査を進める中で、共にプロとしての価値観を理解しあうようになっていき、2人の間には次第に不思議な信頼関係が芽生えていく。そんな中、事件は急展開を迎える。追い込まれていく警察とホテル。果たして謎の真犯人の正体とは…。

原作「マスカレード・ホテル」は、シリーズ累計275万部を突破した東野作品の中でも、屈指の人気を誇る「マスカレード」シリーズの第1作。また、先日発売された最新作「マスカレード・ナイト」も話題となっている。



【第2弾】119万部突破!
 マスカレード・イブ/東野圭吾(著)

マスカレード・イブ (集英社文庫)/集英社

¥価格不明
Amazon.co.jp

立場が異なる二人は
それぞれの正義を貫けるか!?


尚美にとっては、真実だろうが噓だろうが客の〝仮面"を守り抜くのが仕事。一方で新田にとっては犯人の〝仮面"を暴くのが職務。二人が出会う前の、それぞれの物語。



■□登場人物■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新田浩介👦
警視庁捜査一課の若手刑事。
プライドが高くひねているが正義感が人一倍。
頭がキレて、語学堪能な帰国女。


山岸尚美👩
ホテル・コンテシア東京のフロントクラーク。
思慮深く心配しすぎる面があるが、深い洞察力を持った接客のプロ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■□■

…‥‥‥…
Arikaアイコン(小)1 「マスカレード」シリーズ第2弾⁉ 都内で起きた不可解な連続殺人事件。次の犯行現場としてあるホテルが浮上、ターゲットも容疑者も不明のまま、警察は潜入捜査を決定する。東野圭吾の最高に華麗な長編ミステリ!読み始めたら止まらない。刑事とホテルマンがどちらも気が強くて、喧嘩一歩手前の掛け合いが面白い。そして段々と互いを認めあっていく感じも良い。終盤も盛り上がるし、オチもナイス。 東野さん、幅広く書かれていますが、こういうのが好きです。立場、観点の違いにより反発する男女が次第にお互いを認め合うという王道を踏まえつつ、こんなお客様が居た、というようなさりげない伏線を用いた、後半の怒濤の逆転に次ぐ逆転を経ての解決シーン。前半は丁寧にエピソードを拾っている感じで、対する後半のスピード感は爽快でした。 またホテルマン・山岸も警察官・新田もそれぞれの仕事に誇りを持っていてすごく良い。プロの仕事とは何かを、ホテルマンと刑事を通して魅せられました。キャラが立ってて読みやすいし、後半はドキドキした。でも自分の知らないところで誰かに恨まれているなんて怖いね。潜入捜査を通じて通常交わることのないホテル従業員と刑事の異色のコンビが、殺人事件の捜査を彩る東野圭吾の新シリーズ。次々に明らかになる登場人物たちの仮面で隠した素顔。見たくないものほど見たくなる。ホテルに来る宿泊客とのやり取りから事件解決へのヒントを見つけていく展開がすごい!特にイチャモンをつけてくる(元)塾講師の電話の使い方はよく思いついたな〜と脱帽です。新進気鋭の小説家タチバナサクラをめぐる話が一番好みでした。

東野圭吾(ひがしの けいご)
┣1958年大阪府大阪市生野区生まれ(本籍は東区玉造・現中央区)
┣職業:小説家。
┣ジャンル:ミステリー、サスペンス
┣デビュー作:『放課後』(1985)

📚代表作
『秘密』第120回直木三十五賞候補・第20回吉川英治文学新人賞候補・第52回日本推理作家協会賞(長編部門)受賞(1998)
『白夜行』第122回直木三十五賞候補(1999年)
『容疑者Xの献身』第134回直木三十五賞受賞・第3回本屋大賞4位・第6回本格ミステリ大賞(小説部門)受賞(2006)
『流星の絆』第43回新風賞受賞(2008年)





関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック