FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

集英社文庫ナツイチフェア『ほっこりする本よまにゃ 』①/3(逢魔が時に会いましょう/フーテンのマハ/旅屋おかえり/我が家のヒミツ/寄席品川清洲亭/東京日記1+2:卵一個ぶんのお祝い。他)

kage

2018/07/03 (Tue)

ナツイチ

平成最後の夏は、のんびり読者を楽しみませんか?

文庫「ナツイチ」フェア

集英社文庫

英社文庫『ナツイチ2018』。

2018年のテーマは、「本をひらけば 夏びらき。」

さぁ、本をひらこう。

夏をはじめよう。

かたくなったこころのすじを思い切り伸ばして。

ドキドキしたり、ハラハラしたり。

ほっこりしたり、きゅんとしたり。

読んで、こころを自由に動かせば、きっと心地よい夏になる。

さぁ、よまにゃ。

■今年の特典


かわいく揺れて 手ざわりやわらか!
【ナツイチ限定】よまにゃ”ねこじゃらしおり”(全4種類)

※「参加書店の店頭でナツイチ対象文庫を一冊買うと、その場でひとつプレゼント!」

※なくなり次第終了になります。


2017/05/18 に公開
読書が大好きな、集英社文庫の新しいキャラクター。
どこかの町の本屋さんで、まいにち本を読んで暮らしている。
口癖は「よまにゃ」

😻マスコットキャラクター、「よまにゃ」とは?
読書が大好きな、集英社文庫の新しいキャラクター。
どこかの町の本屋さんで、まいにち本を読んで暮らしている。
次に好きなのが人間観察。
お店にやって来るお客さんたちの心を読んで、日々、オススメの本を紹介している。
口癖は「よまにゃ」。

人気イラストレーター、Noritake氏デザインの愛くるしいポーズがたまりませんにゃん♪



2017/08/18 に公開
読書が大好きな、集英社文庫の新しいキャラクター。どこかの町の本屋さんで、まいにち本を読んで暮らしている。
口癖は「よまにゃ」

■フェアのジャンル項目


注目の本よまにゃ
ほっこりする本よまにゃ
切ない本よまにゃ
すっきりする本よまにゃ
ドキドキする本よまにゃ
なるほど!な本よまにゃ

・・・・の6ジャンル。



吉岡里帆のスペシャルムービー「夏びらき。」

7月21日「ナツイチの日」

😻好きな本の世界へ、冒険できる日だよ。
その一冊と出会いに、本屋さんへ行こう。


7月21日は「ナツイチの日」



夏だからって、
冷し過ぎには気をつけなくちゃ。

こころはどこかずっと
ぽかぽかあたたかでいたいもんね。

ほっこりする本
よまにゃ



 逢魔が時に会いましょう/荻原浩(著)

逢魔が時に会いましょう (集英社文庫)
荻原 浩
集英社 (2018-04-20)
売り上げランキング: 6,149


日本各地の“あやしいもの”を捜索する珍道中!

民俗学者と助手の迷コンビが、天狗や河童、座敷わらしの目撃情報をもとに、あちらこちらへ調査の旅へ! 

笑いと涙のなかに郷愁を誘う、心温まるもののけ物語。

…‥‥‥…
民俗学の准教授と学生バイトが妖怪を調査するユーモアファンタジー
Arikaアイコン(小)1 民俗学者布目准教授と助手の真矢。座敷わらしを探す旅で、子供が8人いる家族を訪問。いつしか子供が9人になり……。座敷わらし、河童、天狗と怪しいもの探しの笑って泣ける珍道中。小説すばる2000年3月号:座敷わらしの右手、9月号:河童沼の水底から、の2編に加筆修正をし、書下ろし:天狗の来た道、を加えて2018年4月集英社文庫から刊行。3つの連作短編。オリジナル文庫。

妖怪などの世の中に溢れる不思議や謎に現地調査や資料をもとに仮説を立て、迫る…。 民俗学者・准教授の「布目」と妖怪さがしにアルバイトで同行することになった大学4年生の「真矢」さてさて妖怪は実在するのか、しないのか!?昔話に出てくる座敷童子に河童に天狗と…妖怪たちが登場してきて幼心に戻り短い時間夢をみさせてもらいました。あってもおかしくないと思える、または、そうあってほしい展開で、なかなか楽しめる一冊。布目先生も真矢も可愛くて好き♡ 妖怪もフィールドワークも好き♡ と、好き要素が満載だったから面白くないはずがない…。物語として楽しいのは言うまでもなく、民俗学ってこういうものだよ、というのを楽しく読みながら優しく教えてくれるような本でした。個人的にほっこりはそれほどしなかったけど、勉強になる事やクスリとする事はありました。




 フーテンのマハ/原田マハ(著)

フーテンのマハ (集英社文庫 は 44-3)
原田 マハ
集英社 (2018-05-18)
売り上げランキング: 2,911


心のなごむ取材(!?)旅エッセイ!!

自称〝移動フェチ〟の原田マハ。

「祭り」「花」「乗りたいローカル線」「観てみたい絵」、そして「ご当地グルメ」。

多種多様なフーテン旅を詰め込んだ面白旅エッセイ!

…‥‥‥…
「旅」がテーマのマハさんのエッセイ。
旅がとても魅力的でうらやましい、こんな旅したいなぁ。

Arikaアイコン(小)1モネやピカソなど、美術にまつわる小説をはじめ、精力的に書籍を刊行する著者、その創作の源は旅にあった!? 世界各地を巡り、観る、食べる、買う。さあ、マハさんと一緒に取材(!?)の旅に出よう!

食、アート、旅、興味をひかれるテーマと可愛いイラストつきのマハさんのエッセイ。
気心の知れた友人との旅然り、執筆に向けての取材旅行然り、旅する事が好きで好きでたまらない気持ちが読み手にヒシヒシと伝わってくる。特に興味深かったのはアート小説の為の取材の数々。今まで興味がなかった絵画の世界が俄然魅力的に見えてきた。このような綿密な下地があってこそ「ジヴェルニーの食卓」や「たゆたえども沈まず」のような素晴らしい作品が産み出されたのだなと感心させられ、再びの感動が蘇る。そして要所要所でマハさんに影響を与えてきたお父さん。フーテンの父の思い「この世界は旅するに値する。好きなところへ行って、好きなことをすればいい。自由にすればいいんだ」の言葉に背中を押されて、フーテンの旅を続けて欲しいと思います。最後のいってらっしゃいの言葉が胸を打つ。彼女を支える芯を見た気がします。まずは近場の道後(愛媛県松山市)からかな。旅がとても魅力的でうらやましいです。色々笑わせていただいたけど、一番可笑しかったのはパリでオスカルごっこをしたところ(気持ちがよくわかる)。フーテンのマハさんにはとても及ばないけれど読み終わるとどこかへ行きたくなりました。こんな旅したいなぁ。さて、私の自由になれる好きなこと探しはいつ目的地が見えるのかなぁ。さぁ探そ探そ(笑)愉快、軽快でテンポよく、重圧のある紀行文でした。




 旅屋おかえり/原田マハ(著)

旅屋おかえり (集英社文庫)
原田 マハ
集英社 (2014-09-19)
売り上げランキング: 16,475


みんなの笑顔が見たいから。日本全国どこへでも! 

元アイドルのタレント丘えりか、通称〝おかえり〟。

失業の危機に意を決し、始めたのが人の代わりに旅をする仕事。

依頼人の夢をかなえるために、大奮闘!

…‥‥‥…
唯一のレギュラー番組を失ったアラサータレント〝おかえり〟。
Arikaアイコン(小)1売れないアラサータレント“おかえり”こと丘えりか。ひょんなきっかけで始めた「旅代理業」は依頼人や出会った人々を笑顔に変えていく。『楽園のカンヴァス』の著者が贈る感動の物語。

アイドルとしてデビューして低空飛行していた主人公が唯一のレギュラーだった旅番組を打ち切りにされるところから始まり、旅を通して人の心の様々な問題を解決しているような話。旅に出たいと思わせる素敵な描写。この作品の一番の魅力であり、マハさんの魅力でもあるのは、人との繋がりが温かいこと。人間って、実はドロドロと汚い思いや感情を引きずって生きているものだと思う。でも、旅を通して浄化されたり、人との出会いに救われたりする。出て来る人々がみんな人間らしくて、人柄も生き方も魅力的!おかえりみたいな旅がしたいなぁ!誰とどこに行って、天気はどうで、何を食べて、何を話して、と旅はかけがえのない生きている時間そのものだよね。解説にもあったように、旅に行きたい、そう思える体と心がある私は幸せだと思う。おかえりちゃん、みたいに1つひとつ楽しんで、お出かけしたい。欲を言えば一人でのんびり旅したい派。ちょっとだけ読みながら旅気分は味わえた。最近この作家の本をいろいろなところでみかける。安定感があって、さらに読みやすい。おかえりさんの人柄が周囲を盛り上げ、物事が前に進む。最後は予想外、本当に泣けました。




arikaいちおし
 我が家のヒミツ/奥田英朗(著)

我が家のヒミツ (集英社文庫)
奥田 英朗
集英社 (2018-06-21)
売り上げランキング: 832


家族ってきっと、優しさでつながっているんだ。 

憧れのピアニストと出会い、心ときめかす妻。

昇進レースに敗れ、落胆する夫。

どの家族にも起こり得る、ささやかで重大な瞬間を描いた、笑って泣ける家族小説。

…‥‥‥…
家族の数だけ、かけがえのないドラマがある。
あるあると思いながら読み進み、最後の数行で涙し、そしてスッキリ浄化を得る。

Arikaアイコン(小)1どこにでもいる平凡な家族のもとに訪れる、かけがえのない瞬間を描いた6編を収録。『家日和』『我が家の問題』に続くシリーズ第3弾。昇進レースに敗れ、心がぽっかり穴が空いた50代サラリーマン…、16歳の誕生日を機に、実の父親に会いに行こうと決意した女子高生…、母の急逝で憔悴する父のために実家暮らしを再開する青年…。それぞれの家族のささやかながらも大切なひと時を描いた、全6編の短編集。

笑って泣いて、読後に心が晴れわたる家族小説。物語は大きな展開はないのだけれど、家族一人一人の心の奥を覗き見るようなそんな短編集。奥田英朗の家族シリーズほんま好き。事実は小説よりも奇なり、ではなく、リアリティありありな分、驚きの展開はないけれど、どの話もじわりと温かい気持ちが湧いてくる。前々巻、前巻に引き続きでてきた大塚家も、この先シリーズが続いてその後の行く末が読めることを楽しみにしています。「我が家の問題」よりか心を動かされ、そのぶん温もりも増した本作。さすがの奥田ワールド。やはりこのシリーズは裏切らなかった。深刻な問題や人間が抱く悲しみや喜びが、リアルに表現されている。各短編、最後の数行で私は必ず涙してしまう。そして浄化に近い感覚を得る。ホンマにスッキリなのだ!またひとつ優しさを貰えた気がしています。




 寄席品川清洲亭/奥山景布子(著)

寄席品川清州亭 (集英社文庫)
奥山 景布子
集英社 (2017-12-14)
売り上げランキング: 79,644


世は幕末、舞台は品川。人情たっぷり笑い満開! 

気のいい大工の棟梁・秀八は恋女房おえいと共に、念願の寄席開きに大奮闘! 

道を誤った噺家くずれ、変人、ならず者、浪人、因果な女…… 江戸の庶民が輝く人情喜劇。

…‥‥‥…
品川で寄席を立ち上げた大工夫婦を主人公にした連作。
当時の寄席のしくみや興行の手順などが詳述されて興味深い!

Arikaアイコン(小)1幕末の品川宿。大工の棟梁・秀八の寄席「清洲亭」をめぐる人情たっぷり、笑いたっぷりの物語。さて、無事に杮落しができるのか!? 落語好きにはたまらない時代小説シリーズスタート!

幕末の江戸品川宿で寄席を営む大工の棟梁夫婦の奮闘を描いた物語。寄席の邪魔をする者、助けてくれる人、イロイロ癖のある人が出てくるが、夫婦でなんとか乗り越えていく。江戸時代の庶民の暮らしを歴史的事件、身内のゴタゴタ、ホロリとする人情を交えてテンポよく描く今作はちょっと意外。主人公の秀八さんとおえいさんは、お互いを思いやるステキな夫婦。各話の題名も何だかくすっと笑える。登場する噺を知らなくても充分楽しいけれど、知っていると作者の仕掛けが分かってもっともっと楽しめるのだろうと思うと元根多も知りたくなる。落語好きとしては設定が嬉しい。秀八夫婦がとてもいい。おえいさんがしっかり者でさっぱりしてて、どこか可愛いらしい。芸人さんたちも個性豊か。天狗師匠の芸にかける心意気と潔さがかっこいい。話の展開がキビキビしている。ササっと読める。寄席の場面などはもう少しじっくり読みたい。出てくる人物が気持ちのいい性格の人が多い。落語他、芸事は詳しくないけど人間模様が面白く楽しめた。と思ったらラストの一章がとても良い。やり直すっていうのはどういうことか、本人にも主人公にも成長が見られて好み。シリーズものになるとのこと、気になる伏線もいろいろ張られていて、続編があれば読みたい一冊でした。



arikaおすすめ
 東京日記1+2
 卵一個ぶんのお祝い。/ほかに踊りを知らない。/川上弘美(著)


東京日記1+2 卵一個ぶんのお祝い。/ほかに踊りを知らない。 (集英社文庫)
川上 弘美
集英社 (2018-06-21)
売り上げランキング: 19,087


不思議におかしい、大人気作家の日常生活記。 

不思議な出会いや、謎の夢。

カワカミさんの、5分の4くらいはホントの日々のアレコレ。

ライフワーク的エッセイ初の文庫化!

単行本2冊分で、お得な気分です。

…‥‥‥…
ふわふわ、ふわふわ、不思議な毎日。
大きな出来事などは起こらなくても 毎日些細で面白い!!

Arikaアイコン(小)1不思議におかしい、カワカミさんの日常生活記。めかぶのことが頭から離れない。猿が来そうな気がして、怖い。電車で隣に座っている人が、くわがた専門誌を読んでいる。「少なくとも、五分の四くらいは、ほんとうです」――ふつうに暮らしているのに、なんだかへんてこな川上弘美氏の身辺雑記。2001年から04年の日記を集めた第1弾と、04年から07年分の第2弾を一冊に。文庫化にあたり単行本1巻と2巻を合本。門馬則雄氏のイラストもたっぷり収録しました。

エッセイのような日記たち。川上さん、面白い!! お酒を飲んだり、お子さんとオクラごっこをしたり、はたまた落ち込んだ気分がしばらく続いたり…。現実とそうじゃない部分がふんわり混ざってよい読後感。何だろう? このお腹だけがふるふるって震える感じは、ネタになりそうな特別なことを言っているわけでもないのに、いちいちつっこみたくなるような、聞き流せない感じの面白さ。著者の描く、なんだか不思議なぼんやりした感じの中にある鋭さが好き。明石焼き、あるいは関西風のうどんの薄口のダシの旨味で読ませるようなそんな作風というか…だから一読しただけでは分からないお出しのきいた旨味が、関西系には丁度良い。川上弘美の飾らない日常が綴られたエッセイ風日記たちは読んでいたホッとしたり、クスッと笑えたり、気分転換にちょうどいい楽しい本でした。『よそいきのブラジャー』や『ほかに踊りを知らない』などなどは、もう声を出して笑っちゃいました。なんだかどこかへんてこなのに、日常的で、どこかしらなんとなく寂しい、この迷路感、脱力感、最・高です!!



関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック