FC2ブログ
2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

2018年夏、火曜ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』

kage

2018/09/18 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★7月17日スタート 

フジテレビ系 毎週火曜 21:00~21:54

 健康で文化的な最低限度の生活

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:柏木ハルコ「健康で文化的な最低限度の生活」(小学館)
脚本:矢島弘一
監督:本橋圭太
プロデューサー:米田孝、遠田孝一、木曽貴美子、本郷達也
主題歌:Tomorrow/AAA

E13-b043.gif
外部サイト:健康で文化的な最低限度の生活

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
義経えみる:吉岡里帆
東区役所福祉保健部生活課の新人ケースワーカー。安定を求めて公務員となったが、生活保護受給者を支援する部署に配属され、戸惑いながらも、受給者の人生そのものに向き合い、寄り添っていく。不器用だが情に厚く、ひたむきで一生懸命な性格。

半田明伸 :井浦新
えみるの指導係の先輩ケースワーカー。受給者に寄り添い、支援を行う。物腰は柔らかいが、強い信念を持つ。

栗橋千奈:川栄李奈
えみるの同期のケースワーカー。頭脳明晰で知識も豊富だが、優等生タイプで寄り添い型の対話が苦手。

七条竜一 :山田裕貴
えみるの同期のケースワーカー。熱い男で、はっきり物を言う。母子家庭で育ち、マザコン気味。働かない人に厳しい。

京極大輝:田中圭
えみるの上司である係長。受給者やケースワーカーの甘えを許さず、「金を出せるか、出せないか」を常に冷静に判断する。

阿久沢正男:遠藤憲一
えみるがケースワーカーとして初めて深く関わることになる受給者。おちゃめで几帳面な性格。役所には言えない秘密を抱えている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
吉岡里帆が新人ケースワーカーに! 笑って泣けるヒューマンドラマ! 
生活保護のリアルな実態に切り込み、福祉の現場からも高い評価を受けた柏木ハルコの同名コミックを連続ドラマ化。生活保護受給者を支援する新人ケースワーカー・義経えみるが、さまざまな事情を抱えた受給者らと向き合い、ひたむきに奮闘していく姿を描くヒューマンドラマ。

主人公のえみるを演じるのは、フジテレビ系連ドラ初主演の吉岡里帆。えみるの指導係となる先輩ケースワーカー・半田明伸役の井浦新、お金にシビアなえみるの上司・京極大輝役の田中圭、えみるが初めて担当する生活保護受給者・阿久沢正男役の遠藤憲一ら実力派が脇を固める。脚本は、「毒島ゆり子のせきらら日記」「コウノドリ」(共にTBS系)の矢島弘一が手掛ける。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年7月日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
安定を求めて公務員になった義経えみる(吉岡里帆)は、いきなり、“生活保護受給者”を支援する部署に配属される。戸惑うえみるだったが、やがて新人ケースワーカーとして生活保護現場の壮絶な現実に直面することになる。

担当する110世帯には、知れば知るほど奥の深いそれぞれの人生があることを理解していくえみる。普通に生きてきたはずの彼らの人生は、どこでどう歯車が狂ってしまったのか? そして、どうすれば希望ある明日へ向かうことができるのか? えみるに課せられたミッションは、そんな彼らの人生に向き合い、寄り添い、そして自立への道筋を見つけ出していくことだった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年7月17日更新】
■ あらすじ(第1話  2018/7/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
東区の新人職員・えみる(吉岡里帆)が、栗橋(川栄李奈)、七条(山田裕貴)らと配属されたのは「生活課」。生活保護を受給する110世帯を1人で担当すると知って驚くえみるは早速、指導係の半田(井浦新)と、幸子(小野和子)が孫のハルカ(永岡心花)と暮らす丸山家を訪ねる。翌日、えみるは上司の京極(田中圭)からショッキングな現実を知らされぼうぜん。仕事への決意を新たにする中、面談した阿久沢(遠藤憲一)が1日1食と聞き…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年7月24日更新】
■ あらすじ(第2話  2018/7/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
阿久沢(遠藤憲一)の件を解決したえみる(吉岡里帆)が担当する日下部家は、聡美(江口のりこ)が父の介護をしながら、高校生の欣也(吉村界人)と中学生のリナ(瑞城さくら)を育てている。家庭訪問で聡美に褒められ、気を良くしたえみるは、欣也にアルバイトを提案した。後日、課税調査の結果が出て、そこに欣也の名前を発見したえみるはがくぜん。生活保護世帯では前もって賃金を申告しないと「不正受給」となってしまい…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年7月29日更新】
■ あらすじ(第3話  2018/7/31放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
えみる(吉岡里帆)は生活保護受給者・聡美(江口のりこ)の息子・欣也(吉村界人)のアルバイト代の件で、徴収の一部免除もあり得ると期待させた手前、京極(田中圭)に何とかならないかと食い下がるが、相手にされない。全額返済に納得がいかずギターをたたき壊した欣也が、ずっと家に帰っていないと知ったえみるは、京極から譲り受けたギターを手に家を訪ねるが、聡美は「音楽をやっている場合ではない」と言い放つ。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年8月2日更新】
■ あらすじ(第4話  2018/8/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
えみる(吉岡里帆)の同期の七条(山田裕貴)が担当する生活保護受給者・岩佐(安達祐実)は、夫の暴力が原因で離婚し、保育園児の娘・咲(吉澤梨里花)と2人暮らし。面談中、咲の相手をしたえみるは違和感を抱き、それを七条に伝える。しかし、自身も母親に女手一つで育てられた七条は、岩佐と咲への思い入れも強く、えみるの不安を即座に否定。一方、娘からの手紙に衝撃を受けた阿久沢(遠藤憲一)は、仕事に身が入らなくなる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年8月14日更新】
■ あらすじ(第5話  2018/8/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
うつ病で無職だという26歳の島岡(佐野岳)が生活保護の申請に訪れる。えみる(吉岡里帆)は、親族に援助の可否を問う「扶養照会」をすると説明するが、島岡は「無理」を繰り返すばかり。半田(井浦新)はえみるに、家族関係悪化の原因にもなりかねないので‘保留’という選択肢もあると助言する。そんな中、島岡の父・雷(小市慢太郎)が静岡在住の医師と判明。京極(田中圭)に促され、えみるは扶養照会を進めることにするが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年8月20日更新】
■ あらすじ(第6話  2018/8/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
島岡(佐野岳)は、父・雷(小市慢太郎)の来訪を知り、思いもよらぬ行動に出る。動揺するえみる(吉岡里帆)は雷に、島岡とはすぐには会えないと伝えるが逆上されてしまう。えみるに「扶養照会」を促した京極(田中圭)は、判断が甘かったと痛感。えみると共に、最後まで責任を持ってこの件に対応することに。一方、桃浜(水上京香)には、受給希望者・水原(広岡由里子)の息子・悟(宇賀神亮介)から援助できないとの返答が来る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年8月27日更新】
■ あらすじ(第7話  2018/8/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
栗橋(川栄李奈)は正義感が強くしっかり者だが、幼い頃から「愛想のない子」と言われ、皆と笑顔で接するえみる(吉岡里帆)に内心、引け目を感じていた。その栗橋が担当する利用者の中林(池田鉄洋)は、同居の姉が病死して以来、1年以上がたつ今も就労意欲がない。求職活動に改善が見られないことを理由に、栗橋は生活保護廃止を見込んだ指示書を手渡すが、後日、栗橋の不在時に中林が来訪。応対したえみるは中林が抱える問題を知る。一方、えみるは阿久沢(遠藤憲一)と娘の麻里(阿部純子)に遭遇する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年9月2日更新】
■ あらすじ(第8話  2018/9/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
えみる(吉岡里帆)が担当する利用者の赤嶺(音尾琢真)が、急性膵炎(すいえん)で救急搬送された。アルコール依存症が疑われ、飲み続けたら死ぬような状態だという。えみるは赤嶺に、禁酒して体を治すことを約束させる。しかし、赤嶺は翌日には泥酔して大暴れ。半田(井浦新)は、アルコール依存症について調べ始めたえみるを断酒会に連れていく。会に出席したえみるは、金森(遊井亮子)ら参加者の話に衝撃を受ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年9月11日更新】
■ あらすじ(第9話  2018/9/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
えみる(吉岡里帆)は京極(田中圭)から、受給者の幸子(小野和子)と孫のハルカ(永岡心花)が暮らす丸山宅でぼや騒ぎがあったと知らされ、半田(井浦新)と共に駆け付ける。すると、6年前に離婚し、男と失踪した幸子の娘・梓(松本まりか)が4年ぶりに戻っていた。そして、今後は介護と育児に専念するので自分も生活保護を受けたいという。一方、阿久沢(遠藤憲一)は娘・麻里(阿部純子)の救急搬送先の医師から、妊娠を知らされる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年9月14日更新】
■ あらすじ(第10話  2018/9/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
えみる(吉岡里帆)は、ハルカ(永岡心花)を1週間以上放置して連絡のつかない梓(松本まりか)に入る生活保護費を、銀行振り込みから窓口支給に変更。すると梓が恋人・洋介(渋谷謙人)と乗り込んで来る。京極(田中圭)、半田(井浦新)と応対し、ハルカを梓の元に帰すのは危険だと判断したえみる。だが児童養護施設入所には親の同意が必要だ。一方、阿久沢(遠藤憲一)は麻里(阿部純子)におなかの子の父親と話してみるよう促す。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック