FC2ブログ
2018 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 01

2018年夏、日曜ドラマ『ゼロ 一獲千金ゲーム』

kage

2018/09/16 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★7月15日スタート 

日本テレビ系 毎週日曜 22:30~23:25

 ゼロ 一獲千金ゲーム

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:福本伸行「賭博覇王伝 零」(講談社週刊少年マガジン)
脚本:小原信治
演出:丸谷俊平
プロデューサー:福士睦、櫨山裕子、秋元孝之
主題歌:生きろ/NEWS

E13-b043.gif
外部サイト:ゼロ 一獲千金ゲーム

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
宇海零:加藤シゲアキ
街の進学塾に勤める非正規教員だが、裏では社会で苦しむ弱者を救う義賊の顔を持つ。ひょんなことから1000億円を懸けたサバイバルゲームに参加する。

後藤峰子:小池栄子
「在全グループ」の幹部秘書。「ドリームキングダム」で行われるゲームを支配進行する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
加藤シゲアキが福本伸行原作の連続ドラマで主演! 真の友情を紡ぐストーリー! 
「カイジ」や「アカギ」で知られる福本伸行の人気漫画「賭博覇王伝 零」を原作に、NEWSの加藤シゲアキ主演で連続ドラマ化。進学塾で教える非正規教員ながら、社会で苦しむ弱者を救う“義賊”という裏の顔を持ち、1000億円を懸けたサバイバルゲームに参加
する宇海零を加藤が演じる。加藤がゴールデン・プライム帯の連ドラで主演するのは本作が初めてとなる。さらに、今年結成15周年を迎えたNEWSのメンバーも重要な役どころで友情出演する点も見どころ。人生の一発逆転を目指して、「命懸けのゲーム」に身を投じる若者たちが助け合い、笑い合い、真の友情を紡ぎ上げていく。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年7月10日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
街の進学塾に勤める非正規教員の宇海零(加藤シゲアキ)は、社会で苦しむ弱者を救う“義賊”という裏の顔を持っていた。
零はひょんなことから、政財界だけでなく、裏社会にも絶大な影響力を持つ「在全グループ」が建設中のアミューズメントパーク「ドリームキングダム」が主催するサバイバルゲームに参加することになる。

勝てば1000億円を手にできるが、負ければ命を失う壮絶なゲームの中で、零は天才勝負師としての能力を発揮し、自らが勝つことよりも、他人が負けないことを選んでいく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年7月15日更新】
■ あらすじ(第1話  2018/7/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
 進学塾講師の零(加藤シゲアキ)は、ゼロと名乗り詐欺師から金を取り戻す義賊。ある日、やくざの末崎(ケンドーコバヤシ)が首謀者のゼロを呼び出すため仲間のチカラ(加藤諒)、ヒロシ(岡山天音)、スナオ(杉野遥亮)を監禁する。だが、ゼロはやすやすと仲間を奪還。そこへ、「在全グループ」会長の在全(梅沢富美男)と秘書・峰子(小池栄子)が姿を見せる。峰子は在全の後継者を決める賞金1千億円のサバイバルゲームにゼロらをいざなう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年7月22日更新】
■ あらすじ(第2話  2018/7/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ゼロ(加藤シゲアキ)達は次の段階に進む。それは20以上あるゲームに自由に挑み、勝利したらリングを獲得、四つ獲得した者が1千億円と在全(梅沢富美男)の後継者になる権利を得るというもの。だが、リングを奪う者も現れ、参加者の秩序が乱れていく。そんな中、在全が姿を見せる。彼は自身の後継者たる‘王’の可能性を感じる者として、既に取り巻きを連れているゼロと標(佐藤龍我)を挙げ、2人に生存率25%のゲームでの勝負を命じる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年7月24日更新】
■ あらすじ(第3話  2018/7/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
生存確率25%のゲーム「クオータージャンプ」で、ゼロ(加藤シゲアキ)はカズヤ(増田貴久)のうその誘導に従い、ジャンプしようとする。だが、直前にゼロはうそに気付く。ゼロと高校の同級生でもあるカズヤは、何もかもゼロに勝てず逆恨みし、殺害しようとしたのだ。そして3番目の誘導係として、ゼロと対立するセイギ(間宮祥太朗)が現れる。ゼロは在全(梅沢富美男)からもらった小銭で、セイギの誘導文句の真偽を見抜こうとする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年8月5日更新】
■ あらすじ(第4話  2018/8/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ゼロ(加藤シゲアキ)達が次に挑むゲームは、3人1組で行う「迷宮のトライアングル」。拘束された1人が「水時計」として水槽に入れられ、水量の上昇で経過時間を示す中、30分以内に問いに答えるというものだ。末崎(ケンドーコバヤシ)、セイギ(間宮祥太朗)と組んだゼロは、自身が水時計に。「部屋は全て同じ。君達は何」という難問に取り組む。水位が鼻と口に達するのが約25分後。セイギは25分以降に解答すると言い放つ。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年8月12日更新】
■ あらすじ(第5話  2018/8/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ゼロ(加藤シゲアキ)の水槽の水位が胸部を超えた。問題「部屋は全て同じ。君達は何か」の正解には末崎(ケンドーコバヤシ)のひらめきが必要と考えるゼロは、数学嫌いの末崎に、まずは部屋の一角の角度がどう導き出されるかを粘り強く解説。末崎に分かるわけがないとセイギ(間宮祥太朗)が侮る中、理解に至った末崎は初めての経験に感動する。だが当初の問題にどのチームも正解できないまま、残るはゼロ達と標(佐藤龍我)達だけになる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年8月19日更新】
■ あらすじ(第6話  2018/8/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
標(佐藤龍我)がゼロ(加藤シゲアキ)に、自分と組んで在全(梅沢富美男)を倒し、資産を奪おうと持ち掛ける。一方、ゼロはヒロシ(岡山天音)、ユウキ(小関裕太)の3人でゲーム「ザ・アンカー」に挑むことに。それは、進行役の小太郎(手越祐也)が出すクイズに、拘束された状態で順番に解答するもの。正解だと頭上にある鉄のいかり‘アンカー’が上がり、不正解だと下がってくる。程なく、ゼロはアンカーの動きに不審を抱く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年8月26日更新】
■ あらすじ(第7話  2018/8/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
友情を壊す「ザ・アンカー」に挑んでなお、ゼロ(加藤シゲアキ)とヒロシ(岡山天音)の絆が強まる様子を目の当たりにした小太郎(手越祐也)は悔しさをにじませる。その一方で、「友情ごっこは勝負の邪魔」と言い切るユウキ(小関裕太)は、他人の命はどうでもいいとうそぶき、ゼロらは不安に駆られる。そんな中でもゲームは続くが、突然のル-ル変更やむちゃな問題で正解を出すことができず、頭上のアンカーは下がるばかり。小太郎の卑劣なやり方に憤るゼロは、次の問題は必ず正解すると宣言する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年9月2日更新】
■ あらすじ(第8話  2018/9/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ゼロ(加藤シゲアキ)はヒロシ(岡山天音)ら友人達、セイギ(間宮祥太朗)とユウキ(小関裕太)、そして自分を当てにする他の挑戦者と共に、参加する21人全員の協力が必要な「魔女の館」に挑む。館の門柱には「鏖(みなごろし)の魔女」とあり、それに気付いたゼロは気を引き締める。会場は双頭の魔女像が鎮座する密室。「死から逃れたければ部屋に埋め込まれた見えない数字と呪いを解け」との難問が峰子(小池栄子)から提示される。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年9月2日更新】
■ あらすじ(第9話  2018/9/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
標(佐藤龍我)が4個のリングを獲得し、賞金1千億円を手にする権利を得た。だが、峰子(小池栄子)は20分間の猶予を与え、その間にリングを4個集めた参加者と標が決勝戦を行うと発表する。ゼロ(加藤シゲアキ)は標に近づき、彼から以前持ち掛けられた「在全(梅沢富美男)を倒す」という言葉の真意を聞く。それは、無謀かつ危険な策だった。自分が勝たないと標の暴走を止められないと悟ったゼロは、リングを揃えるべく動き出す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年9月16日更新】
■ あらすじ(第10話  2018/9/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
【前回のあらすじ】標(佐藤龍我)との決勝戦に勝利し、在全(梅沢富美男)と向き合ったゼロ(加藤シゲアキ)。ところが、在全が急に胸を押さえて苦しみ、倒れてしまう。在全に仕える黒田(松田慎也)はゼロ達に、在全があらかじめ用意していた遺書の内容を通達。それは「勝利者が在全グループの全権を継承する」というものだった。ヒロシ(岡山天音)達が舞い上がる中、現れた峰子(小池栄子)がゼロに最終決戦を挑む。(今回の内容は未定)
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック