FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

(8月の特集本)写真でみる世界の子どもたちの暮らし―世界31ヵ国の教室から/ペニー・ スミス、ザハヴィット・シェイレブ (編・著) 赤尾秀子 (訳)

kage

2018/08/03 (Fri)

2018年8月の特集本:
平和について考える

になると第二次世界大戦にまつわる報道が多くなります。

戦争の悲劇はきちんと語り継いでいくべき責任がありますが、悪いのはこの戦争だけでしょうか。

多くの国がさまざまな争いで大きな傷を負ったというのに、いまだにテロや爆撃がなくならないのはなぜでしょう。

”今一番、平和というものを見つめ直してみませんか?”

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika

 写真でみる世界の子どもたちの暮らし―世界31ヵ国の教室から
 /ペニー・ スミス、ザハヴィット・シェイレブ (編・著) 赤尾秀子 (訳)


写真でみる世界の子どもたちの暮らし―世界31ヵ国の教室から
ペニー スミス ザハヴィット シェイレブ
あすなろ書房
売り上げランキング: 813,659



Arikaアイコン(小)1地球に住むすべての子らに幸あれ!
世界の子どもたちの“今”が見えてくる、楽しい1冊。

「まぁ、かわいい。へぇ!そうなんだ」緊張して開いた写真集でしたのに、知人の子どもたちからの手紙をみているようでした。アメリカ・アフリカ・ヨーロッパ・アジア・オセアニア。みんな、どんな生活をしているのかな? 学校では、どんなふうに勉強しているのかな? 授業は? お昼ごはんは? 夜の学校に通うインドのリーナ(8才)。学校での豆乳とパンがその日の最初の食事というベルーのマリア(10才)。その笑顔は生き生きしていて元気で恵まれた国々の子どもたちと一緒です。ページをめくるたびに驚いたり感嘆したり。世界31カ国の教室から、42人の子どもたちの今(生活の様子)をビジュアルで紹介しています。こんなに違うのとびっくりです。本1冊当たり約100円がユニセフに寄付され、子どもたちの未来につながるそうです。世界の子どもたちの“今”が見えてくる、楽しい1冊。


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック