FC2ブログ
2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

気になる作家の魅力*17(カナダの作家:L.M. モンゴメリ「赤毛のアン」 )

kage

2018/07/17 (Tue)

2018年07月17日号
Arika作家紹介2

担当:風うろこArika報告書1gアイコン

気になる作家『L.M. モンゴメリ 』さん

日本でも有名な外国人絵本作家のひとりであるレオ・レオニさんですが、そのプロフィールはあまり知られていません。

10年以上前に東京・板橋区美術館で開催された「レオ・レオニ原画展」の目録を元に、レオ・レオニさんを知る6冊を紹介します。


 赤毛のアンの手作り絵本〈1〉少女編
 赤毛のアンの手作り絵本〈2〉青春編
 赤毛のアンの手作り絵本〈3〉夢の家族編/白泉社書籍編集部


赤毛のアンの手作り絵本〈1〉少女編
白泉社書籍編集部
白泉社
売り上げランキング: 356,220


赤毛のアンの手作り絵本〈2〉青春編
白泉社書籍編集部
白泉社
売り上げランキング: 222,675


赤毛のアンの手作り絵本〈3〉夢の家族編
白泉社書籍編集部
白泉社
売り上げランキング: 246,315


ArikaかぜちゃんPC3 アンの世界を実際に作ってみることができるなんて!
パッチワーク・キルトや三つ編みの床敷き、ポプリ、数々のケーキ、クリスマスのディナー……グリーン・ゲイブルズにはさまざまな風習やしきたりがあって、『赤毛のアン』に登場する手作りの品々も私たち読者を惹きつけてやみません。今は多くの情報が得られるけれど、日本で刊行された当時は読む人それぞれが、いろんな形で想像していたのかもしれません。この本ではアンの成長に合わせて、数々のエピソードにあわせたカナダ風家庭料理や手作り小物の作り方が紹介させています。大好きなエピソードから作ってみるのも楽しそうです!


 完訳クラシック 赤毛のアン(全10巻)
 /L.M. モンゴメリー(著) 掛川恭子 (訳)


クラシック赤毛のアン(全10巻) (完訳クラシック 赤毛のアン)
モンゴメリ
講談社
売り上げランキング: 1,400,498


ArikaかぜちゃんPC3 時代は変わっても、アンは永遠に女性の生き方の見本です。
日本にアンを普及させたのは村岡花子さんの名訳でしたが、これは一部省略させたものだったそうです。その後、いくつもの邦訳が登場しましたが、現在完訳で読むことができるのはこの掛川恭子さんのものだそうです。アンのイメージぴったりの愛らしい表紙は、手にするだけで少女の頃のときめきがよみがえってきます。初めてアンを読む人に、再び読み直してみたい人に、どちらの方にもおすすめです。




 赤毛のアンへの旅〜秘められた愛と謎/松本侑子(著)

赤毛のアンへの旅〜秘められた愛と謎
松本 侑子
NHK出版
売り上げランキング: 187,927


ArikaかぜちゃんPC3 『赤毛のアン』に秘められた謎やしかけを解き明かす旅
刊行100周年を記念して制作されたスペシャルガイドブック。著者・モンゴメリが生まれ育ち、物語の舞台にもなったプリンスエドワード島の美しい写真や、初版に描かれた挿絵は眺めるたびに想像が広がります。また、登場人物のせりふに込められた深い思いや、キリスト教に関係する名前の由来、花言葉が伝えるギルバートの恋、物語に香る英文学、キリスト教の愛、聖書のことば、スコットランド系のアン、赤毛の謎……などの舞台裏を知ると、より深くアン世界に親しむことができます。訳者のひとりでもある松本侑子さんも読み返すたびに新しい発見があるという『赤毛のアン』。そんな松本さんが丹念に辿ったガイドブックを手に、もっと深くアンを知る空想の旅に出かけてみませんか?




関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック