FC2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

(2018年メディアミックス作品)7/6(金)アニメ化された原作&コミック

kage

2018/07/06 (Fri)

いぬ1

2018年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 (2018・夏)7/6(金)アニメ化された原作&コミック

2018年7月6日(金)
┣・殺戮の天使/原作:真田まこと
┣・ちおちゃんの通学路/川崎直孝
┣・はるかなレシーブ/如意自在

放送前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!






ジャンル:ホラー・怖い
 殺戮の天使/原作:真田まこと

殺戮の天使 1 (MFコミックス ジーンシリーズ)
KADOKAWA / メディアファクトリー (2016-01-27)
売り上げランキング: 55,593


アニメタイトル:「殺戮の天使」

最速放送日:2018年7月6日(金)20:30~(AT-X)

■キャスト
千菅春香、岡本信彦、櫻井孝宏、藤原夏海、伊瀬茉莉也、大塚芳忠

■スタッフ・制作会社
原作:真田まこと(ゲームマガジン)、監督:鈴木健太郎、シリーズ構成:藤岡美暢、キャラクターデザイン・総作画監督:松元美季、美術監督:魏斯曼、色彩設計:田辺香奈、撮影監督:高橋昭裕、編集:近藤勇二、音響監督:岩浪美和、音響効果:小山恭正、音楽:ノイジークローク、音楽制作:ランティス 、制作会社:J.C.STAFF

■ 主題歌
【OP】遠藤正明「Vital」
【ED】レイチェル(CV.千菅春香)「Pray」

公式サイト:http://satsuriku.com

≪あらすじ・作品解説≫
ビルの地下の最下層で目を覚ました少女、レイチェル。 彼女は記憶を失い、自分がどうしてここにいるかさえ分からずにいた。 地上を目指し、ビルの中をさまよう彼女の前に現れたのは、顔を包帯で覆い、死神のような鎌を持った殺人鬼ザック。 「お願いがあるの…お願い、私を殺して」 「一緒にここから出る手助けをしてくれよ。そしたらお前を、殺してやるよ」 二人の奇妙な絆は、その""誓い""をキッカケに深まっていく。 果たして、ここはどこなのか。二人は何の目的で閉じこめられたのか。 彼らを待ち受ける運命とは。 密閉されたビルから脱出する二人の決死行がはじまった……!

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1願い、私を殺して―
同名のサイコホラーアドベンチャーゲームのコミカラーズ!

2015年9月15日より「電ファミニコゲームマガジン」にて連載配信を開始した同名のサイコホラーアドベンチャーゲームのコミカライズ。関連書籍はシリーズ累計170万部を突破する人気作。閉ざされたビルの地下を舞台に、そこに閉じ込められた記憶喪失の少女レイチェルと殺人鬼の青年ザックの脱出劇を描いた物語。「お願い、私を殺して」「一緒にここから出る手助けをしてくれよ。そしたらお前を、殺してやるよ」――2人の奇妙な絆は、その"誓い"をキッカケに深まっていく。レイチェルの眼が死んでる描写が漫画の方がアニメよりしっくりくる。レイチェルの驚き・喜び・呆れが、死んだ眼ながらも綺麗に表現されていると思う。名前で「レイ」と呼ばれるのも、アニメだとあまりなく、呼ばれる方が読者視点では嬉しさがある。ホラーなのかと思ってたけど、そうでもない??



ジャンル:コメディ
 ちおちゃんの通学路/川崎直孝

ちおちゃんの通学路 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
KADOKAWA / メディアファクトリー (2014-10-23)
売り上げランキング: 4,255


アニメタイトル:「ちおちゃんの通学路」

最速放送日:2018年7月6日(金)22:00~(TOKYO MX)

■キャスト
大空直美、小見川千明、本渡楓、大地葉、篠田みなみ、皆口裕子、間島淳司、飛田展男

■スタッフ・制作会社
原作:川崎直孝(月刊コミックフラッパー連載/KADOKAWA刊)、監督:稲垣隆行、シリーズ構成:稲垣隆行、キャラクターデザイン:松本麻友子 、制作会社:ディオメディア

■ 主題歌
【OP】三谷裳ちお(CV.大空直美)野々村真奈菜(CV.小見川千明)細川雪(CV.本渡楓)
【ED】三谷裳ちお(CV.大空直美)野々村真奈菜(CV.小見川千明)

公式サイト:http://chiochan.jp

≪あらすじ・作品解説≫
自称「中の下」を行く女子高生のちおちゃんことちおは、自宅から学校まで徒歩通学している。しかしその登校途中には、思わぬ通行止め、微妙な距離感の同級生との遭遇から、道をふさぐ暴走族、そして尿意……などなど、あらゆる障害が待ち受ける。ちおちゃんは今朝も無事遅刻せずに登校できるのか…!?

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1乱万丈!エクストリーム登校コメディ!!
川崎直孝さんが月刊コミックフラッパー(KADOKAWA刊)にて連載中の人気コミック。登校中の女子高生・三谷裳ちおが、道路工事や暴走族、突然の尿意など、通学路で体験するさまざまなトラブルを描いた波瀾万丈のエクストリーム登校コメディ。薄幸な主人公が通学するだけなのにとんでもないアクシデントに見舞われまくって毎回なんとか乗り越えて登校するお話…と、思いきや見た目はちょっと地味なくらいの女の子だけど中身はゲスまくりな主人公の割と自業自得な通学ライフ漫画。主人公ちおちゃんや親友の真奈菜がほんとゲスく手楽しすぎる。アニメほどの勢いはないけど、すごく面白かった。ちおちゃんと真奈菜の百合になりそうでならない友達関係とかもう最高。この漫画の作者さんは元々ギャグを織り交ぜたエロ漫画系を描かれていたみたい。そっち方面の漫画は読んだことないからわからないけどギャグだけでも充分良いんじゃないかな。ちおちゃんの中の下を目指しつつ自分の正義を貫くところや友達を裏切ると思いきや友達のために泣くところとかすごく好き。あと眼鏡で少し三つ編みなところも可愛い。




ジャンル:スポーツ
 はるかなレシーブ/如意自在

はるかなレシーブ 1巻 (まんがタイムKRコミックス)
芳文社 (2016-03-12)
売り上げランキング: 10,908


アニメタイトル:「はるかなレシーブ」

最速放送日:2018年7月6日(金)21:00~(AT-X)

■キャスト
優木かな、宮下早紀、種﨑敦美、末柄里恵、島袋美由利、伊藤かな恵、木村千咲

■スタッフ・制作会社
原作:如意自在(芳文社『まんがタイムきららフォワード』連載)、監督:窪岡俊之、助監督:髙橋英俊、シリーズ構成・脚本:待田堂子、キャラクターデザイン:小田武士、サブキャラクターデザイン・衣装デザイン:山田真也、総作画監督:小田武士/津幡佳明/松川哲也、特技監督:池下博紀/千葉茂、メインアニメーター:松尾信之/宝井俊介、プロップデザイン:水村良男、美術設定:杉山晋史、美術監督:一色美緒、背景:スタジオワイエス、色彩設計:勝田綾太、画面設計・3Dディレクター:向純平、撮影監督:桑良人、撮影:スタジオシアン、編集:柳圭介、音響監督:藤田亜紀子、音響制作:HALF H・P STUDIO、音楽:ラスマス・フェイバー、音楽制作:KADOKAWA 、制作会社:C2C

■ 主題歌
【OP】大空遥(CV.優木かな)比嘉かなた(CV.宮下早紀)「FLY two BLUE」
【ED】大空遥(CV.優木かな)比嘉かなた(CV.宮下早紀)トーマス・紅愛(CV.種﨑敦美)トーマス・恵美理(CV.末柄里恵)「Wish me luck!!!!」

公式サイト:http://www.harukana-receive.jp

≪あらすじ・作品解説≫
東京から沖縄に引っ越してきた高校2年生、大空遥。いつでも明るく前向きな遥だが、彼女にはコンプレックスがあった。それは普通の女の子より身長が高いこと。一方、遥を空港に迎えに来た彼女と同い年の従姉妹、比嘉かなたにも悩みがあった。かなたは身長が伸びなかったせいで、大好きなビーチバレーを諦めてしまった過去を持つ。そんな凸凹な2人が、ふとしたきっかけでビーチバレーのペアを組むことに……。広い砂のコートに味方はたった1人だけ。何よりもパートナーの存在が大切なビーチバレーで、2人はどんなプレーを見せるのか!? 真夏の太陽が照りつける沖縄のビーチで、今、少女たちの汗と情熱が輝き始める!!

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)1わたしたちは、砂の上でペアになった――!
如意自在さんが「まんがタイムきららフォワード」(芳文社)にて連載中のマンガ。高身長がコンプレックスの大空遥(はるか)と、身長が伸び悩みビーチバレーをあきらめた比嘉かなた。沖縄の砂浜でビーチバレーに魅せられた遥はかなたとパートナーになり、数多のペアとの試合を通じて二人の絆を深めながら、夏の全国大会出場を目指す姿が描かれる。 身長が大きいことを気にしている主人公・大空遥。身長が小さいことで逃げ出したもうひとりの主人公・比嘉かなた。彼女たち2人が、初めて、もしくは再び、ビーチバレーに挑む……という絶賛アニメ放送中のスポーツ漫画。きらら系列らしく、ビーチバレーという競技の特性上、2人ペアの描写が多いこともあって、百合分が非常に高くて素晴らしい。ちなみにアニメは、ストーリー補完が行き届いており非常に良い仕事。競技としてのビーチバレーはルールは把握してるのですが、漫画では上手くルール説明できてたと思います。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック