FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

集英社文庫ナツイチフェア『なるほど!な本よまにゃ 』②/2(江戸前 通の歳時記/海外で恥をかかない世界の新常識/「心の掃除」の上手い人 下手な人/大人の発達障害:アスペルガー症候群、AD/HD、自閉症が楽になる本)

kage

2018/07/18 (Wed)

ナツイチ

平成最後の夏は、のんびり読者を楽しみませんか?

文庫「ナツイチ」フェア

集英社文庫

英社文庫『ナツイチ2018』。

2018年のテーマは、「本をひらけば 夏びらき。」

さぁ、本をひらこう。

夏をはじめよう。

かたくなったこころのすじを思い切り伸ばして。

ドキドキしたり、ハラハラしたり。

ほっこりしたり、きゅんとしたり。

読んで、こころを自由に動かせば、きっと心地よい夏になる。

さぁ、よまにゃ。

■今年の特典


かわいく揺れて 手ざわりやわらか!
【ナツイチ限定】よまにゃ”ねこじゃらしおり”(全4種類)

※「参加書店の店頭でナツイチ対象文庫を一冊買うと、その場でひとつプレゼント!」

※なくなり次第終了になります。


2017/05/18 に公開
読書が大好きな、集英社文庫の新しいキャラクター。
どこかの町の本屋さんで、まいにち本を読んで暮らしている。
口癖は「よまにゃ」

😻マスコットキャラクター、「よまにゃ」とは?
読書が大好きな、集英社文庫の新しいキャラクター。
どこかの町の本屋さんで、まいにち本を読んで暮らしている。
次に好きなのが人間観察。
お店にやって来るお客さんたちの心を読んで、日々、オススメの本を紹介している。
口癖は「よまにゃ」。

人気イラストレーター、Noritake氏デザインの愛くるしいポーズがたまりませんにゃん♪



2017/08/18 に公開
読書が大好きな、集英社文庫の新しいキャラクター。どこかの町の本屋さんで、まいにち本を読んで暮らしている。
口癖は「よまにゃ」

■フェアのジャンル項目


注目の本よまにゃ
ほっこりする本よまにゃ
切ない本よまにゃ
すっきりする本よまにゃ
ドキドキする本よまにゃ
なるほど!な本よまにゃ

・・・・の6ジャンル。



吉岡里帆のスペシャルムービー「夏びらき。」

7月21日「ナツイチの日」

😻好きな本の世界へ、冒険できる日だよ。
その一冊と出会いに、本屋さんへ行こう。


7月21日は「ナツイチの日」




新しいことを知るとわくわくする。

そしてもっと知りたくなる。

たくさんの「なるほど!」が重なって

ぼくの世界はできている。

なるほど!な本よまにゃ


 江戸前 通の歳時記/池波正太郎(著) 挿絵:矢吹申彦

江戸前 通の歳時記 (集英社文庫 い)
池波 正太郎
集英社 (2017-03-17)
売り上げランキング: 137,798


今は無き、江戸深川の味と風情が鮮やかに蘇る。 

時代小説の名手にして食通。

池波正太郎は〝老け顔〟の幼少期から食道楽だった。

戦前の東京下町で食べた美味い物と忘れえぬ人々。

粋なグルメエッセイの決定版。


“てんぷら屋に行くときは腹をすかして行って、親の敵にでも会ったように、揚げるそばからかぶりつくようにして食べていかなきゃ”「通のたしなみ」より。―料理人が喜ぶ意外な食べ方から、小鍋だて、白魚の卵落とし、鯛茶漬、小鰭の親子等々、旬の味を堪能する料理まで。食通作家をうならせた酒肴のメニューと人生の折々に出会った忘れられない味。本当の通のたしなみを知る食道楽による名エッセイ集。

…‥‥‥…
成熟は舌とともにあると考える池波流“通"の嗜み。
下町生まれの作家が、人生の折々に出会った江戸前の忘れられない味と暮らし

Arikaアイコン(小)1成熟は舌とともにあると考える池波流“通”の嗜み。下町生まれの作家が、人生の折々に出会った忘れられない味。東京に残る“江戸前”を味わう暮らし。本物の食通による名エッセイ集。高級なものを食べるのが通じゃない。旬のものを一番適した方法で食べるのが一番のぜいたく。子どもの頃から大人の真似をして、料理したり外食したりしてたなんてびっくり。しかも、下町の子どもはみんなそうらしい。そういう下地があるからこそ通になれたのかな.....?旬の物を味わう。庶民でも手に入れやすい食物をシンプルに料理して食べる。時に贅沢もする。付け焼き刃では真似できない粋な食道楽ですねぇ。その師匠でもある池波さんの生粋の江戸っ子っぷりも、また粋で格好いいです。食べ物はどれもとても美味しそうで絵も上手。語り口の塩梅がとても好ましく格好良い。池波正太郎を楽しく読めるようになってきたことがとても嬉しい。ここまで徹底するのは無理でも、追体験できそうなのも嬉しいところです。池波さんの書く食べ物は、いつもどうしてこんなにおいしそうなんだろう。食いしん坊には堪らない一冊でした。やっぱり旬の味は大切だなぁ!!




 海外で恥をかかない世界の新常識/池上彰(著)

海外で恥をかかない世界の新常識 (集英社文庫)
池上 彰
集英社 (2017-07-20)
売り上げランキング: 229,324


旅の予定はなくても、読んで得する常識ばかり。 

44都市の歴史、政治から文化、料理、日本に対する感情まで、心得ておきたい大人の常識が満載。

テレビでおなじみの語り口そのままのわかりやすい文章も魅力。


果物のドリアンは地下鉄に持ち込み禁止(シンガポール)。「徒歩で何日」が距離感覚の基準(ティンプー)。信号機でわかる旧東・旧西のエリアの違い(ベルリン)。人口一人当たりの書店密度は世界一(レイキャビク)―。世界の街には、知らないことばかり。歴史や文化、政治に宗教…その街その街のポイントを、池上彰がナビゲート。いざという時に恥をかかないための世界の常識は、大人の常識!

…‥‥‥…
近代史の知識をからめた観光ガイドの趣き。
「池上流 世界の歩き方」で各国の歴史、文化、現状を広く浅く知ろう。

Arikaアイコン(小)1アジア、中東、ヨーロッパetc.……池上彰流にぐるりと世界を一周。その街の文化や歴史、政治、宗教などを少し知っているだけで、世界の見方は大きく変わる。大人に必須な常識が構えずに身につく一冊。44の都市の歴史、文化、現状を広く浅く知る基本情報が載っています。ほんの3回ページを捲るだけで都市、国家の特徴や歴史を概観できるほか、著者自身の体験やおすすめスポットやグルメ、ちょっとした豆知識なども添えられている。よくある池上本(?)とは一味違うPOPな構成になります。いつもより軽いノリで楽しく読めたが、欲を言えばもう少し写真を多めに掲載してほしかったです。




😻よこにゃナツイチ限定カバー
 「心の掃除」の上手い人 下手な人/斎藤茂太(著)

よまにゃナツイチ限定カバー

「心の掃除」の上手い人 下手な人

「心の掃除」の上手い人下手な人 (集英社文庫 (さ28-6))

イライラやクヨクヨの悪循環を断ち切る! 

「人生がうまくいかない」と感じる時には、心のホコリがたまっている――。

モタ先生が伝授する、前向きな自分を取り戻すための〝心の掃除〟のヒントが満載!


ストレスをためているから人の目が気になる。引け目があるから卑屈になる。そんな悪循環を断つ為にはまず明るい挨拶。笑顔にスイッチすれば、クヨクヨした気分がオフ、周りにいい空気が生まれる。失敗だって笑い飛ばせば引きずらない。人に思いやりを持てば心に余裕が生まれる。心のホコリを上手に払って、前向きな自分を取り戻すコツは?ポジティブ人生の達人・茂太先生のハート・クリーニング。

…‥‥‥…
心のホコリを払えば、ため息の数も減る!
Arikaアイコン(小)1心のホコリを払って爽快、スッキリ前向き!明るいあいさつに返ってくる笑顔。1日をそれで始めればクヨクヨ気分からスイッチ転換。人に思いやりを持てば心に余裕も生まれる。ポジティブ人生の達人・茂太先生のハート・クリーニングブック。健全な心を維持するにあたり、基本的なことが書かれている。劇的な変化をもたらすようなことはないけれど、じわじわと効いてくる「心のバイブル」「心の常備薬」となりそうな本。夫婦で互いにユーモアのあるイタズラを仕掛け合う事例はとても微笑ましかった。心がモヤモヤしてる時に読んでほしい本。モヤモヤしてる時って確かに何事もネガティブに考えてしまって、さらにモヤモヤしてしまう。考え方を少し変えて、ポジティブに物事を捉えてみようかな、って思わせてくれました。斎藤茂太の本は、当たり前によく言われていることも大事だが、逆もなかなか良し、そうやって考えていくと楽になり、また良いのではないかと。表裏の2つの視点で語られている。目から鱗の時があるし、辛い大変な時に読むと助けられるヒントや考えに出会えたりもする。「苦労は買ってでもしろ」という諺があるが、作者はつらく苦しい事を経験をしなくて済むならその方が良いと言いはなつ潔さは軽快。結婚についても、末永く続ける事に重きをおく事に疑問を提するあたりは20年前はさぞセンセーショナルな事だったろうと想像する。





 大人の発達障害
 アスペルガー症候群、AD/HD、自閉症が楽になる本/備瀬哲弘(著)


大人の発達障害 アスペルガー症候群、AD/HD、自閉症が楽になる本 (集英社文庫)
備瀬 哲弘
集英社 (2015-10-20)
売り上げランキング: 106,507


あの人の「ちょっと変」には理由がある! 

最近注目されている大人の発達障害について、10のケースを例に徹底解説。

〝ちょっと変な人〟の謎が解ければ、みんなが気持ちよく暮らせる社会ができる!


【目次】
第1章 軽度発達障害について知る(“KY”はうつなのか?/「変」を見分ける三つの視点 ほか)
第2章 発達障害の三つの特徴(社会性はあるか?-1の特徴/コミュニケーションは取れるか?-2の特徴 ほか)
第3章 さらに注意すべき二つの傾向(話を聞いているか、キレやすくないか?/不注意ー1の傾向 ほか)
第4章 周囲の知識が自信喪失や引きこもりを防ぐ(なぜ理解する必要があるのか?/コミュニケーションには“間”が大切)
第5章 「ちょっと変」を疑似体験して知る(疑似体験で百聞は一見にしかず/本を読んで隣人を知る ほか)

…‥‥‥…
「ちょっと変だな」と思うあの人の、なぞに答えます。
Arikaアイコン(小)1身の回りにいるちょっと「変わった」人は、なぜ周囲の人とうまく付き合うことができないのか? 現役精神科医の著者が10のケースから、発達障害を徹底解説。読めば、本人も周囲の人も楽になれる!お医者様が書かれた「発達障害」に関する本です。発達障害である、無いに関わらず、相手を理解して受け入れることって人間関係を築いていくことの基本だと思う。でも、こうでなければならないとか、出来て当たり前だとかが多すぎる世の中で、皆んな大なり小なり生きにくいなぁと感じているのではなかろうかと。私も何処かおかしいんじゃないか、狂ってるんじゃないか、って不安になることもあるし、空気読むの苦手だなーって思うことも。発達障害がどういう障害なのか具体的にエピソードを交えて紹介してあるのでわかりやすいです。「発達障害は心でなく、脳機能の偏りが原因である」という文章が、いちばん心に残りました。とても興味深い内容でした。自分自身も社会も大らかに受け入れる、認める、助け合えるようになれば良いなぁ。何回も読みなおして、理解を深めたいと考えています。




関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック