FC2ブログ
2021 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 05

2018年秋、土曜ドラマ『結婚相手は抽選で』

kage

2018/11/24 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★10月6日スタート 

フジテレビ系 毎週土曜 23:40~24:35

 結婚相手は抽選で

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:垣谷美雨「結婚相手は抽選で」(双葉文庫)
脚本:関えり香、川嶋澄乃
演出:石川淳一、紙谷楓
プロデューサー:河角直樹、山崎淳子
主題歌:aquarium/高橋優

E13-b043.gif
外部サイト:結婚相手は抽選で

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
宮坂龍彦:野村周平
恋愛下手で内気なオタク系の26歳。コンピューターソフト会社でSEとして働く。中学時代のトラウマから潔癖性になり、女性とのコミュニケーション能力の欠落に悩んでいる。「抽選見合い結婚法」によりさまざまな女性たちと対峙させられて、少しずつ成長し、社会に向き合っていく。

冬村奈々:高梨臨
都内の実家で暮らすプチお嬢さま。28歳。厳格な祖母に逆らえず、コネ入社したラジオ局で目的意識もなく働き、人生の目標を見失っている。法律施行直前に、付き合っていた嵐望に振られてしまう。

銀林嵐望:大谷亮平
奈々の元カレで、広告代理店勤務のイケメン。34歳。父は大学教授で母は有名着物スタイリストと条件は良いのに、なぜかお見合いで振られ続ける。そんななか、お見合いで会った好美に一目ぼれする。

鈴掛好美:佐津川愛美
田舎から上京した地味でモテない看護師。5年前にアルコール依存症で家族を苦しめた父親が他界して以来、母親に依存されている。

山口一朗太:平山祐介
厚生労働省のエリート広報官。小野寺大臣の広報担当となり、陰で支える。独身だが、45歳のため法律の対象外。

小野寺友紀子:若村麻由美
抽選見合い結婚法を担当する、内閣府特命担当大臣。かつてはシンクロナイズドスイミングの選手として活躍。その後結婚して娘を産むが夫の浮気が原因で離婚し、その際の毅然とした態度が話題となり政界入りした経緯がある。法律の施行によって、矢面に立たされ苦悩する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
結婚相手は国が選ぶ!? 野村周平主演の社会派ヒューマンドラマ! 
垣谷美雨の同名小説を、野村周平主演で映像化する社会派ヒューマンドラマ。政府が打ち出した、結婚相手を抽選で決める「抽選見合い結婚法」に、コミュニケーションの苦手な若者たちが振り回されつつ成長していく姿を通して、「結婚は人間の義務なのか?」を問いかける。野村扮する潔癖性でモテないオタク系男子・宮坂龍彦の結婚相手に選ばれる、実家暮らしのプチお嬢さま・冬村奈々を高梨臨が演じる。そのほかに、大谷亮平、佐津川愛美、平山祐介、若村麻由美らが脇を固める。演出を担当するのは「リーガル・ハイ」(同系)や映画「ミックス。」の石川淳一。



----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年10月6日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
25歳から39歳までの男女が無作為に選ばれる「抽選見合い結婚法」が施行された日本。中学時代のトラウマから、人間不信と極度の潔癖性となった26歳独身の宮坂龍彦(野村周平)は、この法律に不安と期待の両方を抱いていた。
一方、コネとルックスで生きてきたプチお嬢さまの冬村奈々(高梨臨)は、法律施行直前に彼氏の銀林嵐望(大谷亮平)に振られ、お見合いに挑むも失敗続き。そんな、本来ならば出会うはずのなかった龍彦と奈々が、ついにお見合いで対面する。一方、奈々を振ったモテ男の嵐望は、なぜか見合いで断られ続ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年10月6日更新】
■ あらすじ(第1話  2018/10/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
モテないシステムエンジニアの龍彦(野村周平)、ラジオ局に勤める美しい奈々(高梨臨)、広告代理店勤務のイケメン・嵐望(大谷亮平)、地味な看護師・好美(佐津川愛美)ら多くの男女が抽選見合い実施会場を訪れる。その3カ月前。内閣府特命担当大臣・小野寺(若村麻由美)は25歳から39歳までの独身者は抽選で決まった相手と見合いして結婚するという少子化対策のための法案「抽選見合い結婚法」を提出。衆参両院で可決される。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年10月10日更新】
■ あらすじ(第2話  2018/10/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
龍彦(野村周平)は「抽選見合い」の提出書類を前に、1点だけ書くことができる「相手への希望条件」を何にするか悩む。好美(佐津川愛美)は「飲酒をしない人」、嵐望(大谷亮平)は「母性の強い人」と記入。奈々(高梨臨)は祖母の紅子(冨田恵子)から、できるだけ難しい条件を書くことで見合いを無効に持ち込む作戦を取るべきだと言われていた。見合い当日、オタクと気付かれた龍彦は会話もしていないのに断わられてしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年10月18日更新】
■ あらすじ(第3話  2018/10/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
「抽選見合い結婚法に思うこと」という自身のブログで同法への疑問をつづった龍彦(野村周平)に、ジャーナリストのひかり(大西礼芳)からメッセージが届く。2回目の見合い相手に気に入られた奈々(高梨臨)は、元恋人の嵐望(大谷亮平)とよく訪れた店で高価な料理や酒を頼み、嫌われるように仕向けるが効果はない。そこへ偶然、嵐望が現れる。そんな中、龍彦は3回目の見合いに臨み、年上の予備校事務員・早苗(平岩紙)と会う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年10月27日更新】
■ あらすじ(第4話  2018/10/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
「抽選見合い結婚法の被害者たち」というブログを始める一方、龍彦(野村周平)は4回目の見合いへ。だが、潔癖症を理由に相手からすぐに断られてしまう。そんな折、自力で結婚相手を見つけた場合、抽選見合い対象者から外す改定案が発表された。奈々(高梨臨)は嵐望(大谷亮平)を呼び出して求婚する。そんな中、龍彦は友人・北風(松本享恭)からの言葉に勇気づけられ、ブログに潔癖症の原因となった中学時代の出来事をつづる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年10月30日更新】
■ あらすじ(第5話  2018/11/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
龍彦(野村周平)の5回目の見合い相手は奈々(高梨臨)だった。既に見合いを2回断っている奈々は「テロ対策活動後方支援隊」行きを回避するため、龍彦から断られるような振る舞いをする。だが、美人の奈々に気後れした龍彦は自ら身を引こうとする。一方、好美(佐津川愛美)と見合いした嵐望(大谷亮平)は彼女に強い母性を感じる。だが、嵐望は好美の希望条件「飲酒をしない」に一致しなかった。しかし、2人は再び会う約束をする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年11月9日更新】
■ あらすじ(第6話  2018/11/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
龍彦(野村周平)は北風(松本享恭)からゲイであることを打ち明けられ、LGBTについて調べる。性的マイノリティーの社会的現状を知った龍彦は「抽選見合い結婚法」改定の必要性を痛感し、上申書を作成してひかり(大西礼芳)に見てもらう。その頃、奈々(高梨臨)は、龍彦からの連絡がないことにいら立っていた。一方、母親に紹介してほしいと嵐望(大谷亮平)から言われた好美(佐津川愛美)は、母・あき恵(山口美也子)を東京に呼ぶ。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年11月11日更新】
■ あらすじ(第7話  2018/11/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
見合いした奈々(高梨臨)に頼まれ、抽選見合い事務局に断りの電話を入れた龍彦(野村周平)だが、どこか気分がさえない。しかし、ひかり(大西礼芳)から抽選見合い法改正の上申書を小野寺(若村麻由美)に提出したとのメールが届き、改正実現のために気持ちを切り替える。数日後、小野寺が病気を患っている該当者の見合いの即時中断を発表。喜ぶ龍彦らは、情報交換の場としてSNS上で「抽選見合い結婚法目安箱」を始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年11月24日更新】
■ あらすじ(第8話  2018/11/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
「抽選見合い結婚法」の施行から1年あまりが経過し龍彦(野村周平)たち活動団体「ASBE」は世界から注目されていた。そんな折、奈々(高梨臨)と再会した龍彦。お互いの近況を話す中、奈々は集会で壇上に立ち自己主義をした龍彦を、「ヒーロー気取りの似非ヒーロー」とわざと突き放す態度を取るが、2人は決別してしまう……



関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック