FC2ブログ
2021 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2021 03

2018年秋、金曜ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』

kage

2018/12/14 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★10月12日スタート 

TBS系 毎週金曜 22:00~22:54

 大恋愛~僕を忘れる君と

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:大石静
演出:金子文紀
プロデューサー:宮崎真佐子、佐藤敦司
主題歌:オールドファッション/back number

E13-b043.gif
外部サイト:大恋愛~僕を忘れる君と

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
北澤尚:戸田恵梨香
「KITAレディースクリニック」の医師。美人だが本気の恋をしたことがない。お見合い相手のエリート医師・侑市と婚約するが、新居への引っ越しで、アルバイト作業員の真司と運命的に出会う。

間宮真司:ムロツヨシ
元小説家。生まれてすぐに親に捨てられ、児童養護施設で育つ。さまざまな職業を転々としながら、深い孤独と独特な感性で小説を書き、26歳の時に新人賞を受賞する。しかし、2作目は全く売れず世間から忘れ去られている。

北澤薫:草刈民代
尚の母。「KITAレディースクリニック」の院長。夫を早くに亡くし、女手一つで尚を育てた。侑市との婚約を破棄し、真司との恋に走る尚に大反対する。

井原侑市:松岡昌宏
精神科医。有名建築家の父とデザイナーの母を持ち、自身もアルツハイマー病の最新研究に携わるエリート。尚と婚約するが、結婚式を1カ月後に控えて婚約破棄される。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
戸田恵梨香が若年性アルツハイマーの医師役に挑む!
大石静脚本で描く純愛ストーリー! 

若年性アルツハイマーに冒されてしまった医師と、彼女を明るくけなげに支える元小説家の10年にわたる愛の奇跡を描く純愛ストーリー。戸田恵梨香が34歳にして若年性アルツハイマーとなる主人公・北澤尚を、そして彼女との偶然の出会いから、本気の恋にのめり込んでいく間宮真司をムロツヨシが演じる。戸田が同系の連続ドラマで主演を務めるのは、「SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~」以来8年ぶり。また、ムロは連ドラでの本格ラブストーリーには初出演となる。脚本は、数々の人気ドラマを手掛け、“ラブストーリーの名手”と言われる大石静の完全オリジナル。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年10月10日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
母親が院長を務める「KITAレディースクリニック」で医師として働く北澤尚(戸田恵梨香)は、エリート医師の井原侑市(松岡昌宏)とお見合いをして婚約。結婚式を1カ月後に控え、新居へ引っ越しすることになる。そこで尚は、引っ越しのアルバイトをする不愛想な男・間宮真司(ムロツヨシ)と運命的に出会い、初めて本気の恋に落ちてしまう。そんな矢先、尚が若年性アルツハイマーに冒されていることが判明。徐々に記憶が薄れてしまう中で、尚と真司は愛することの意味や喜びを知り、やがて尚の存在が真司の眠っていた小説家としての才能を呼び覚ましていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年10月10日更新】
■ あらすじ(第1話  2018/10/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
尚(戸田恵梨香)は、母・薫(草刈民代)が院長を務めるレディースクリニックで働く産婦人科医。米国で働く精神科医・侑市(松岡昌宏)と見合いをして婚約、1カ月後に結婚式を控えていた。ある日、尚は結婚後の新居となる侑市のマンションで、引っ越し作業に立ち会う。作業を担当するアルバイトの引っ越し業者・真司(ムロツヨシ)は、尚の持ち物の中から1冊の小説を見つける。それは、真司が若い頃に書き、大きな賞を獲得した小説だった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年10月18日更新】
■ あらすじ(第2話  2018/10/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
真司(ムロツヨシ)への気持ちが止められなくなった尚(戸田恵梨香)は、侑市(松岡昌宏)に婚約解消を申し出る。予定より早く帰国した侑市は、尚と会うことに。翌朝、侑市は遅れてきた尚を診察室に案内。アルツハイマー病の前段階・軽度認知障害(MCI)の可能性があると告げる。物忘れについては自覚症状があった尚だが、なぜ侑市が突然そんなことを言うのか、戸惑いを隠せない。同じ頃、真司のアパートに薫(草刈民代)が押し掛けてくる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年10月26日更新】
■ あらすじ(第3話  2018/10/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
尚(戸田恵梨香)は真司(ムロツヨシ)の質素なアパートに抵抗を感じて、引っ越しを提案する。育ちの差を痛感しつつも、真司は引っ越し業のアルバイトを増やし、自宅もきれいに掃除して尚を迎える。ところがやって来た尚に、小説家として成功するまで金銭面は負担すると言われて困惑する。一方で、真司は尚の主治医が侑市(松岡昌宏)だと知り、複雑な気持ちに。その侑市は、母・千賀子(夏樹陽子)の薦めで見合いをすることになる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年10月30日更新】
■ あらすじ(第4話  2018/11/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
尚(戸田恵梨香)の言葉にショックを受けた真司(ムロツヨシ)は、必死に平静を保とうとするが、尚が自分に向ける恋心も病気のせいなのではないかと疑念を抱き始める。一方、侑市(松岡昌宏)は尚のことを気に掛けながらも、病院理事長を父に持つ消化器外科医・レイ(桜井ユキ)と見合いをする。レイは察しが良くユーモアもあり、侑市に対し積極的にアプローチする。そんな中、真司は尚との恋愛を題材に新たな小説を書こうと考える。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年11月4日更新】
■ あらすじ(第5話  2018/11/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
尚(戸田恵梨香)に侑市(松岡昌宏)と名前を間違えられただけでなく、侑市との差を痛感し、打ちのめされた真司(ムロツヨシ)。一方、傷心の尚を見た薫(草刈民代)は真司に会いに行き、その態度に激高。二度と娘に関わるなと告げる。半年後。侑市はうつ傾向が強くなった尚の個人的事情にどこまで踏み込むべきか悩んでいた。そんな中、「記憶を確認するための三つの質問」を試した尚はそのまま外出。ふらりと入った書店である小説を見つける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年11月11日更新】
■ あらすじ(第6話  2018/11/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
受診した尚(戸田恵梨香)は、侑市(松岡昌宏)から症状が半年前より改善していることを知らされ、喜びをかみしめる。一方で、侑市は尚を食堂へランチに誘い、医学生のために病気について講演してほしいと依頼する。そこへ強引に同席してきた侑市の担当患者・公平(小池徹平)が、尚の名前や病気のことをあれこれと聞き、尚は戸惑うばかり。その頃、新しい小説に取り組む真司(ムロツヨシ)は編集者の水野(木南晴夏)からある申し出を受けるが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年11月23日更新】
■ あらすじ(第7話  2018/11/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
真司(ムロツヨシ)は、尚(戸田恵梨香)に無遠慮に接近してくる公平(小池徹平)を警戒する。その一方で自分のことが分からなくなった尚の姿に動揺し、なぜこんなことになったのかと侑市(松岡昌宏)に食ってかかる。翌日、目を覚ました尚は真司のことを思い出すが、講演とその後のことは何も覚えていなかった。そんな中、尚の病室に再び公平が現れる。公平は「尚を理解できるのは同じ病気の自分だ」とうそぶき、真司の心を揺さぶる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年11月26日更新】
■ あらすじ(第8話  2018/11/30放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
公平(小池徹平)が尚(戸田恵梨香)を狙っていることに気付いた侑市(松岡昌宏)は、公平に転院を勧める一方で、そのしつこさが気になり、真司(ムロツヨシ)に連絡。電話がつながらなかったため、薫(草刈民代)にも注意を促す。その公平は、侑市の言葉を無視してひそかに尚に接近していた。そんな中、取材を受けていた真司は、自宅に忘れた携帯電話を水野(木南晴夏)に取りに行ってもらう。尚は真司が水野を頼っていることがショックで…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年12月4日更新】
■ あらすじ(第9話  2018/12/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
尚(戸田恵梨香)との恋を描いた小説の続編を新聞紙上に連載する真司(ムロツヨシ)は、水野(木南晴夏)と二人三脚で執筆に取り組んでいた。そんな真司を少し遠く感じる中、尚の妊娠が判明。「自分にしかできないこと」を得た尚は、真司と2人、喜びを持って受け入れる。一方、侑市(松岡昌宏)と薫(草刈民代)が会っていると知った千賀子(夏樹陽子)は激高。だが侑市は意に介さない。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年12月12日更新】
■ あらすじ(第10話  2018/12/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
侑市(松岡昌宏)の作った軽度認知障害の薬が認可され、侑市は一躍時の人となる。この機会を生かせという父・誠一郎(橋爪淳)の進言で、侑市と薫(草刈民代)は千賀子(夏樹陽子)との関係の修復に成功。だが真司(ムロツヨシ)は、認可がもっと早ければ尚(戸田恵梨香)にも適用できたとの思いを拭えず、侑市の成功を手放しで喜べない。そんな折、真司は公平(小池徹平)の姿を見掛ける。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック