FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

(2018年メディアミックス作品)10月「木曜日にアニメ化」された原作&コミック

kage

2018/10/18 (Thu)

いぬ1


2018年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 (2018秋)10月「木曜日にアニメ化」された原作&コミック

2018年10月11日(木)
・からくりサーカス/藤田和日郎

放送前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!






2018年10月11日更新

ジャンル:アクション
 からくりサーカス/藤田和日郎





アニメタイトル:「からくりサーカス」

最速放送日:2018年10月11日(木)22:30~(TOKYO MX)

■キャスト
植田千尋、小山力也、林原めぐみ、櫻井孝宏、佐々木望、黒沢ともよ、井上麻里奈、江川央生、岩崎諒太、石川界人

■スタッフ・制作会社
原作:藤田和日郎 「からくりサーカス」(小学館 少年サンデーコミックス刊)、監督:西村聡、シリーズ構成:井上敏樹、キャラクターデザイン:吉松孝博、音楽:林ゆうき 、制作会社:studio VOLN

■主題歌
【OP】BUMP OF CHICKEN「月虹」
【ED】ロザリーナ「マリオネット」

公式サイト:http://karakuri-anime.com

≪あらすじ・作品解説≫
大手家電メーカー・サイガ社の社長・才賀貞義の莫大な遺産を相続した血のつながらない息子の勝。若く腕の立つ拳法家だが謎の奇病「ゾナハ病」に侵された熱血漢の鳴海。あるるかんと呼ばれる懸糸傀儡を巧みに操るしろがね。偶然出会った3人は、遺産を狙う大きな陰謀に巻き込まれていく。

アニメの監督は西村聡さん、キャラクターデザインは吉松孝博さん、音楽は林ゆうきさんが担当。シリーズ構成は井上敏樹さんと原作者・藤田和日郎さん自らが担当し、アニメーション制作はスタジオヴォルンが担当する。

----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)13人の出会いが、運命の歯車を動かす―
誰もが熱くなり涙した、伝説の舞台劇の幕が上がる!!

藤田和日郎さんが「週刊少年サンデー」(小学館刊)にて1997年から2006年まで連載していた累計発行部数 1500万部をほこる人気マンガ。大企業サイガの社長と愛人の子供 才賀 勝が主人公。 本来兄弟に分配されるはずの遺産が小学5年生の才賀 勝だけが相続することになり、殺したい兄弟、養子にしたい親戚から人形を使って狙われることになる。莫大な遺産を相続して親族から狙われた少年・才賀勝(さいが まさる)を守るために戦う拳法家の青年・加藤鳴海 (かとう なるみ)と、人形遣いの女性・しろがねの辿る数奇な運命が描かれる。

個々のキャラが魅力的で、物語も1巻とは思えないくらい熱く勢いのある展開が続き、躍動感が凄く面白くワクワクする。 莫大な遺産を継いだことで命を狙われる勝と、勝を守る為に集った鳴海と白金。 今は出会ったばかりでバラバラだが、彼らがどうまとまっていくのかも楽しみ。 連載時サンデーで一時期だけ読んでました。全43巻あるんだけど、アニメ化をきっかけに多くの人に原作も読んで面白さを感じてほしいと思う。苦しい時や辛い時、部分的に読み直して何度もやる気や勇気をもらったなあ。『うしおととら』もそうだけど、やっぱり本当にスゴい!!! 喜び、悲しみ、希望、絶望、出会い、別れ、勇気、愛、すれ違い、少年マンガのいいところが全部入ってる。打線が組めるレベルの名ゼリフの宝庫。しかも伏線が大量に入った壮大なストーリーな上に、全ての登場人物に魅力がある。絵柄は人を選ぶけど、食わず嫌いは後悔するレベル。ここからあんな風に、こんな風に展開するなんて、当時は思ってもいなかったなあ。とにかく、鳴海としろがねがとても魅力的。勢いよく突き進んでいく展開に圧倒されつつ「人形」との戦闘が今見ても斬新で面白いなと。3クールしかないアニメもちゃんと原作の良さを維持してほしいなあと思う。



関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック