FC2ブログ
2021 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2021 04

2018年秋、土曜ドラマ『ぬけまいる~女三人伊勢参り』

kage

2018/12/22 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★10月27日スタート 

NHK総合 毎週土曜 18:05~18:43

 ぬけまいる~女三人伊勢参り

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:朝井まかて「ぬけまいる」(講談社文庫)
脚本:小松江里子、桑原裕子
演出:黛りんたろう、福井充広、田中諭
制作統括:小松昌代、土屋勝裕
主題歌:今を生きよう(Seize the Day)/竹内まりや

E13-b043.gif
外部サイト:ぬけまいる~女三人伊勢参り

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
お蝶:田中麗奈
小物問屋「鳩屋」の主人。“馬喰町の猪鹿蝶”の蝶。母と妹とぎくしゃくしている。愛人の仙吉の浮気や、うだつのあがらない夫の次兵衛にいらつく毎日をおくる。

お以乃:ともさかりえ
一膳飯屋「こいこい」の娘。“馬喰町の猪鹿蝶”の猪。職を転々とし、料理人を辞めさせられたばかり。男前な性格。

お志花:佐藤江梨子
武家の奥方。“馬喰町の猪鹿蝶”の鹿。姑の嫁いびりに腹を立て、伊勢への抜け詣りを提案する。剣の達人。

お凛:大地真央
お蝶、お以乃、お志花の3人と渡し船で乗り合わせる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
田中麗奈、ともさかりえ、佐藤江梨子演じる三十路過ぎ3人が“抜け詣り”する旅物語! 
直木賞作家・朝井まかての同名小説を原作に、伊勢へ“抜け詣り”する三十路を過ぎた3人組の珍道中を描く時代劇。“抜け詣り”とは、いきなり姿をくらまして伊勢詣りに行ってしまうという当時のはやりのこと。田中麗奈、ともさかりえ、佐藤江梨子が、若い頃は“馬喰町の猪鹿蝶”と呼ばれて憧れを持たれていたが、今はそれぞれに悩みを抱える女たちに扮する。伊勢へと旅する中で出会う人々を、滝沢秀明や舘ひろしなど、豪華ゲストが演じるのも見どころの一つ。泣き笑いの旅で幸せの物差しを見つめ直して、伊勢へゴールすることで、人生の再スタートを切ることができるのか。脚本は、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」などで知られる小松江里子が担当する。




----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年10月27日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
若い頃は“馬喰町の猪鹿蝶”と呼ばれ、憧れの的だったお蝶(田中麗奈)、お以乃(ともさかりえ)、お志花(佐藤江梨子)の3人組も今や三十路。お蝶は家業の小物問屋「鳩屋」を立て直し、飯屋の娘・お以乃は女料理人を目指し、お志花は武家に嫁入りしていた。しかし、それぞれ人には言えない不満を抱えており、お志花が「はやりの“抜け詣り”に行こう」とお蝶とお以乃に提案する。
そして、3人は仕事や家庭を放り出して、伊勢参拝の旅に出掛ける。しかし、3人は旅先でもさまざまな騒動を起こしてしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年10月27日更新】
■ あらすじ(第1話  2018/10/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
小間物屋主人で商才のあるお蝶(田中麗奈)、勝負勘が鋭い一膳飯屋の娘・お以乃(ともさかりえ)、武家の妻で姑の仕打ちに耐えるお志花(佐藤江梨子)は若い頃は‘馬喰町の猪鹿蝶(いのしかちょう)’と呼ばれた評判の3人。しかし30歳を過ぎた今、それぞれに事情を抱えている。ある日、3人は仕事も家庭も放り出し、伊勢を目指して通行手形も持たず「抜け参り」に出立。川崎の宿場で巡礼をかたり寄付をせしめる娘達に遭遇し…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年10月30日更新】
■ あらすじ(第2話  2018/11/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
一文無しになってしまったお蝶(田中麗奈)、お以乃(ともさかりえ)、お志花(佐藤江梨子)。空腹を抱えながら伊勢を目指す途中の小田原で、3人は転んで動けない老女・チヨ(浅茅陽子)を助ける。そして、チヨと夫・与平(泉谷しげる)が切り盛りする茶店を手伝う傍ら、旅人相手に足裏をもみほぐす商いをして路銀稼ぎをする。偏屈な与平まで3人と打ち解けていく一方、夫妻は訳ありのようで、息子の話になると急に口をつぐむが…。


※11月10日の放送はお休みです。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年11月‐日更新】
■ あらすじ(第3話  2018/11/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
手形を持たないお蝶(田中麗奈)、お以乃(ともさかりえ)、お志花(佐藤江梨子)は、難関である箱根の関所越えの前に温泉で一休みすることに。そこに、長五郎(滝沢秀明)という男が現れる。長五郎の供の政(福士誠治)も加わり、お蝶ら3人は彼らと花札勝負を開始。お以乃と長五郎は、他を寄せ付けない1対1の勝負に夢中になる。そして、勝ち気で強がりな性格のお以乃が気に入った長五郎は、関所を越える秘策をこっそりと教える。


----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年11月24日更新】
■ あらすじ(第4話  2018/11/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
お蝶(田中麗奈)は島田の茶店で、隣の男(舘ひろし)が川に入るのを止めようとして心中と間違われる。その男・伊作の小間物屋はさびれていたが、3人の子と朝顔の世話に夢中な伊作は気にも留めない。家を出て隣に別の小間物屋を開いた妻・おたつ(渡辺えり)はそんな伊作に離縁状を書くよう迫っていた。見かねたお蝶は江戸で行われる朝顔の品評会へ伊作を送り出し、お以乃(ともさかりえ)、お志花(佐藤江梨子)と留守を預かる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年11月26日更新】
■ あらすじ(第5話  2018/12/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
闘争心に火が付いたお蝶(田中麗奈)は、伊作(舘ひろし)の留守中に彼の小間物屋を妻・おたつ(渡辺えり)の店より繁盛させることを決心する。そんなお蝶に、お以乃(ともさかりえ)、お志花(佐藤江梨子)も協力することに。そして、朝顔のかんざしを目玉商品にした秘策で伊作の店は大にぎわい。おたつの店は閑古鳥が鳴く。その頃、伊作は江戸でお蝶の亭主・次兵衛(三宅弘城)を訪ねていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年12月4日更新】
■ あらすじ(第6話  2018/12/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
桑名に着いたお蝶(田中麗奈)、お以乃(ともさかりえ)、お志花(佐藤江梨子)は、川崎で宿代を肩代わりさせられたみすず(吉本実憂)ら「おしゃま連」を発見。彼女達が2組の老夫婦、善蔵(北見敏之)・お春(原日出子)、金太(六平直政)・お秋(柴田理恵)の懐を狙っていると気付く。幼なじみだという4人と共におしゃま連を懲らしめることにしたお蝶らは、4人が旅に出た理由を知り…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年12月12日更新】
■ あらすじ(第7話  2018/12/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
お蝶(田中麗奈)、お以乃(ともさかりえ)、お志花(佐藤江梨子)は伊勢に着く。だが、宿泊する宿は怪しげで、宿主・平左衛門(堀内正美)のおい・修作(宮舘涼太)は、平左衛門が賭場でつくった借金のかたに宿を乗っ取られそうだと嘆く。そんな中、お志花が倒れた。伊勢参りに出た理由と秘密をお蝶とお以乃に打ち明けたお志花は、かつて結婚の約束をした人に文を出し、5日後に再会することになったと言う。そこへ、修作がやって来て、平左衛門が賭場に監禁されたと、お蝶らに告げる。助けを求められたお蝶は、賭場に乗り込む。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2018年12月18日更新】
■ あらすじ(第8話  2018/12/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
平左衛門(堀内正美)を救い出すため賭場に乗り込んだお蝶(田中麗奈)と修作(宮舘涼太)は、賭博に参加することになった。勝ち続けて浮かれるお蝶は、平左衛門が隙を見て賭場から逃げ出したことにも気付かない。一方、お以乃(ともさかりえ)とお志花(佐藤江梨子)は、お蝶を助けるため賭場に駆け付ける。



関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック